Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

1979年 横浜 Street Bombers

最近このブログで全く車のお話をしていない事に気付きましたので(暴走が止まらなくなっていたようなので・・・)今回は70年代にタイム スリップしてたまには車の話を致します。 スーパーカーブームが盛り上がっていた’76~’77年頃(Wildmanが小学校高学年から中学生の頃ですね)ちょうど学校への通学路に大きなお屋敷がありました。最初の頃はたくさんのオートバイが並び、当時ではとても車検が取れそうにないChopperのフレームが転がっていたり、Honda S600&S800がとまっていたりと、毎日Wildmanの目を楽しませてくれていました。 するとその内クルマがHondaからアメリカ車に変わって行き、しかもたくさんの車種が入れ替わり立ち代り並ぶようになりました。今ではコレクターズアイテムのMuscle Carがお屋敷の回りに毎日並ぶのです。Ford Torino” Cobra Jet429″やPontiac GTO, BarracudaやChallenger,C2 Corvette等々、今考えるととっても貴重なディーラー車たちのオンパレードでした(まあ、この頃は10年落ちにもなっていないような現役車輌ですが)このお屋敷はKさんという方が住んでいて、クルマはその仲間たちが毎日のように訪れてくるので色々と車種が変わっていたのです。本牧や根岸のベースも近いので米軍の兵隊さんたちも出入りしていたようです。 クルマはノーマルの綺麗な車輌もありましたが、だんだんといじり始めるのも出てきてディッシュホイールにサイドマフラー&ヒップ アップ スタイルというベタな70’sホット ロッド スタイル?に変わって行きました。「なんか知らんがカッコイイぞ、これがホットロッドだ!!」とまたもや少年Wildmanの勝手な解釈が始まっていました。 そして岡村中学校に入学した’77年、KISS初来日の年にグリーンのMustangがKさん宅に並ぶようになりました。ちなみに岡村小学校&中学校時代にWildmanはミスター女子プロレス、現参議院議員の神取忍と同級生でした。とっても恐かったです。そしてグリーンのMustangはノーマルとは明らかに違うディティール満載で不思議なクルマでした。何しろ顔つきはゴツくて恐く、ボンネットやサイドにはエアスクープがたくさん開き穴だらけで、そこらじゅうに馬ではなくヘビのエンブレムが付きまくり、なにやらGT350と描かれたストライプが走ります。調べた結果コイツが本物の’68 Shelby Cobra GT350だったのです。貴重なディーラー車の生き残りだったのでしょう。「ウヒー、かっこいいなあ、馬とヘビの掛け合わせのこんなMustangがあったなんて!!」と感動しまくり強烈な印象となりました。 そして1979年の雑誌ポパイ47号にKさんとその仲間たちの記事が”Yokohama Street Bombers”として紹介されていたのです。その中にグリーンのGT350も出ていました。 ページのタイトルは「V8の重たい咆哮が横浜の乾いた空気を震わす」となっています、「カッコイイぞ、俺もいつかBombersになって本牧通りを疾走し、横浜の空気を震わせなければ」と単細胞の少年は心に誓ったのでした。 それから10年の日々が過ぎ、少年Wildmanは青年Wildman(借金王)となり多数の偶然により本当に’68 GT350のオーナーになってしまったのです。 10年振りのKISS来日コンサートにGT350で乗り付けたのは言うまでもありません(Wildman’s Blog vol,1~3参照)そして、GT350でKさん宅前をうろつきKさんに声を掛けてもらいました。(その時Kさんは’72 Barracudaに乗っておられました)「カッコいいの乗ってるじゃん」と言われて「ハイ、カッコいいんですよ、これ」と緊張してわけの分らない返事をしていました。 あのなつかしのグリーンのGT350の事を聞くと「あのクルマ、燃費良かったんだよな」と力の抜ける答えと「あれはベースの兵隊が買い取ってフロリダに持ち帰ったちゃったんだ」という事でした。 グリーンのGT350は幻となってしまいましたが、Wildmanは一人でBombersを気取り本牧通りを疾走し、デニーズ新本牧店でエンジンが掛からなくなって立ち往生していたのでした。 1979 YOKOHAMA Street Bombers Wildman noticed recently he has not talked about Cars, (as Wildman can not be stopped once he started […]