Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

2ストローク 3気筒、Wildmanオートバイ物語 Part.4

連載4回目を迎えてしまった恐怖の長編ブログは今回でこのお話に関してはピリオドを打つ予定です(書き始めのこの時点では・・・・) ついに2ストローク3気筒のオートバイ、カワサキKH250を買ってしまったWildmanでしたが東京は赤羽まで引き取りに行くのはあまりにも面倒 くさくて(というより横浜まで運転して来るのが恐かったので)運送屋さんに運んでもらう事になりました。 家まで運んでもらうと少し料金が高かったので、運送屋の支店までという事にしてもらいバスを乗り継いでまだ何も無かった八景島そばの運送屋に出向きました(あのメンマ工場の近くでした!)Wildmanの心配性はこの頃からの専売特許で、プラグ3本と簡単な工具を持参したのは言うまでもありません。 ひっそりとたたずむ真っ赤なKH250を確認し、運送屋さんに鍵を渡されエンジン始動となりました。「何でみんなこっちを見てるんだよ、恥ずかしいな、エンジン掛からなかったらどうしよう」と思いましたが軽いキック数発で我KHは目覚めました。「やった、早く逃げよう!」と思い、さっさと運送屋を後にし、広い埋立地の道を走り始めました。この時点ではコイツは調子良く低回転ではバラン、バランといっていたエンジンは5000rpmを過ぎるとさすがマッハシリーズ、末弟とはいえ3気筒独特のクワーンというサウンドになり3本のマフラーから3本の煙を吐きこのバイクだけの世界となります。「バンザーイ!オレのトリプル!マッハじゃないけど気分はマッハだ!」と至福の時がやってきました。 あっちこっち走り回り、テニスに行くのもKH、ミニカー探しに行くのもKHとどこに行くのもKHとなりましたが、その数ヶ月後悲劇が待ち受けていました。ある時一人で(基本的にバイクは一人で乗るものと思っておりますので・・・)「よし、今日は三浦半島を一周してこよう」と思い立ち城ヶ島を回り、帰りは観音崎経由で横須賀を抜けて行きましょうと横須賀ストーリーを口ずさみながら走っていた所、観音崎周辺で何か調子が悪くなってきます。「なんだろう、カブッたのかな?」と思っているとエンジンが止まってしまいます。しかしキックするとすぐに掛かり走る事は出来ます。何回かそんな事を繰り返し走っていましたが、直線を70kmくらいで走行していた所、突然ギュワーンと後輪がロックし転びそうになりましたが、ヘタなくせに偶然クラッチを切り何とか止まる事が出来ました(カーブだったらどうなっていた事でしょう・・・) 「アー、恐かった!!何、何?どうしちゃったのこのバイク?」と思うとエンジンは完全に止まっています。キックをしようとするとキックペダルはびくともしません。一瞬パニック状態になるWildmanでしたが時間が少し経ち冷静に考えてみると「これは恐ろしい事に違いない、エンジン焼き付きではないか!!!」と結論が出ました。ハイ、見事に焼きついておりました。購入後ろくに整備もせず走っていましたが、特に異常は感じられなかったので(未熟者だったので)今思えば走りっぱしに近い状態だったのです。「やってしまった・・・どうしよう」と途方にくれましたが、まだ4輪の免許も無く、レンタカーのトラック等で運ぶ事も出来ません。バイクの周りをウロウロしていると目の前のお菓子屋さん(ほとんど駄菓子屋さん)のオバサンが出てきて「なに、お兄さんどうしたの」と声を掛けてきます。「どうしたもこうしたもバイクが動かなくなっちゃったんです」と情けない説明をするとオバサンが「電話を貸してあげるからバイク屋さんに電話すれば」と温かいお言葉が!!(昭和50年代ですから携帯電話なんてありませんので)オバサンに感動しながらバイク屋に電話をし状況を説明すると完全に焼き付きとの答えを頂きました。「今からでは取りに行けないから、納車した時の運送屋を明日行かせるよ」との指令が出ました。「明日って言われても・・・どうしようこのバイク」と困り果てると又もオバサンが「一晩だったらウチの店に置いておけば、預かってあげるよ」と信じがたいお言葉を頂きました。「なんていい人なのこのオバサマは!!偶然この駄菓子屋さんの前で壊れて本当に良かった!!」と感動のWildmanでした。もう閉店まぎわだったので、KHを店の片隅に入れてさせて頂き、オバサマに最敬礼をしその日は立ち去り、次の日にもう一度出向き、運送屋にKHを引き渡しました。その日以来オバサマを「観音崎の観音様」と呼ぶ事にし、お店の前を通る時はいつも最敬礼をしていましたが、10年くらい前にお店の前を通った所、お店は無くなっておりました。寂しい限りです。 また話が長くなってしまいましたが、KHはエンジンOHと言う事になり、この頃はトリプルのパーツもまだ出ていたので、比較的早く直って公道に復帰しました。嬉しいけど又借金が増えてまだ10代でしたが人生を見直しはじめました。 1枚目の画像はOH後慣らし運転を兼ねて日光までツーリングに行った時の物です。 今、日光にバイクで行けといわれてもそんな元気はありません・・・ ある時多少の雪が降っていてもバイクは走れるのかと思い実験の為、雪の降る町をバイト先にKHで向かった所、自宅より100mくらい走ったら思いっきり雪ですっころび地面にたたきつけられるWildmanでした。 その時赤タンクにキズが付き嫌になりメタリックグリーンの外装を入手し、カエル君になったのが2枚目の画像で、永い間この色で乗っておりました。 その後4輪の免許も取得しましたがこのKHにはまだずーっと乗っておりました。気に入ってはいたのですが頭の中にはマッハの幻影がちらつき「やっぱりマッハに乗りたいな」と心の中で思っていました。 そんなこんなで1985年になり、ある時バイク雑誌を眺めているとモノクロページの中古屋の広告にカワサキ350SS 昭和46年型 車検2年付、上物、応談というCMを発見「ワオー!マッハだ!!しかも初期型の白レインボー350だ!」と興奮のWildmanはすぐに受話器を握っておりました。 と言う事で今回で終了予定のこのお話でしたがヤッパリ無理なので、次回第5回目は完結編「KHからマッハへ、真のトリプルの実力を見た!納得のWildman」へとお話は続きます。本当で次回で終わらせます、すみません・・・ The longest story of Blog will be ending on this 4th issue. (Well, at this moment of starting anyway) Wildman Finally purchased “3cylinder 2 stroke” motorcycle, Kawasaki KH250 but couldn’t be bothered to ride back from Tokyo Akabane(which is […]

2ストローク 3気筒、Wildmanオートバイ物語 Part.3

マッハを夢見て80年代に突入したWildmanは、中型免許を取得する事になりました。この頃は「3ない運動」真っ盛りの頃で(高校生が)オートバイを「乗らない」「買わない」「免許を取らない」という素晴らしいスローガンのもとに日本の社会は動いておりました。 大型自動二輪免許はまだ一発試験しかなく教習所で取れる時代ではなかったので、合格率数パーセントのはるかかなたの憧れの免許でした。 それもこれもBoss世代の無謀運転による免許制度改正による悪政で、この頃は自分より5歳以上年上の人々を本当に恨んでおりました。 「まあ仕方がない、500と750はとりあえずあきらめて、中型マッハに乗りましょう」と中型免許取得に向け教習所に向かうWildmanでした。 そして教習車両はWildman’sブログ6月22日分でおなじみのHonda Hawk IIでした。「何てかっこ悪いバイクなんだ、こんなバイクを教習車にするセンスが分からん!」(オーナーの方、本当にごめんなさい)と思いながら教習に通っていると、ちょうど第2段階の頃より教習車両の入れ替えとなり当時最新鋭のHonda CBX400にバトンタッチとなりました。「これならいいかも・・・」と思いせっせと教習を受けて、無事免許取得となりました。 さて、あとはマッハを手に入れるのみです。車検のある350SS マッハIIは金銭的に維持が難しいので、マッハの末弟250SS マッハIに的を絞り愛車探しが始まりました。「頑張って探すぞ~!」と意気込み、片っ端からバイク雑誌を読みあさり、ショップの広告、個人売買欄に目を通し、横浜市内のバイク屋を始め、上野のバイク街にも出向きましたが全く無いのです、マッハなんて見つかりません!! 「どうなってんだ、こりゃ??こんなにマッハって無いの!!」と悲痛な叫びのWildmanでしたがこの当時(’80年代初頭)は2007年現在よりも日本でマッハを見つけるのは困難でした。ちょうど製造中止後10年近くが経った初期のマッハシリーズでしたが、大型の500や750は当時のマニアが大切にしていて意外と現存率も高かったのですが、中型の250と350は暴走族車両と化してしまったり、A君のお兄様が川に捨てられてしまったように、てきとーな扱いを受けてしまい、2ストロークという事もあり耐久性の無さも手伝い破棄される事が多かったようす。’90年代になり日本では絶版旧車のブームが起こり、250や350も発掘されるようになり、何よりもショップによるアメリカからの逆輸入で沢山のマッハが専門店に並ぶようになりました。お金さえあればいくらでもマッハが手に入る時代になるとは思いもよりませんでした。 「くそー、どうしてもマッハが見つからん、どうすればいいんだ!!」と悩むWildmanでしたが当時の自分のコネクションではどうにもならず、全く見つかるあてもありませんでした。時間は経つけどマッハは見つからず、しかしバイクには乗りたいと苦しみの日々が続きました。 ミニカーコレクションにより旧い物を見つける事に関しては、年齢の割には長けていたWildmanでしたがこの当時マッハだけは手に負えませんでした・・・・そして最終手段(妥協)を考えました。「もうあきらめてKH250にするか・・・」と考え路線変更を目指す事にしたのです(しつこいWildmanにしては珍しい妥協でした) カワサキKH250&400はマッハシリーズの最終型として1980年まで生産されました。2ストローク3気筒のマッハシリーズでもSSとKHは似て非なる物でした。知らない人から見ればそのデザインはカラーリングやテールカウルくらいしか違いが分からず、同じバイクに見えても仕方がありませんが、マニアから見ると別物扱いでした。 世界最速を目指したマッハシリーズは4種の排気量で全てのクラスで世界最速となりましたが時代はオイルショックとも重なり、もっと静かで燃費が良く安全なバイクを要求していました。 マッハシリーズは年々安全性や乗りやすさのほうに重点が置かれたマイナーチェンジが繰り替えされました。最速の化け物750SSは生産中止となり500SSは60ps→59psのパワーダウン後、最終型のKH500では52psとなり牙を抜かれたマッハとなりました。350SSは45ps→44psとなり、その後400SSに排気量アップしたにもかかわらずパワーは42psにダウン、さらにKH400では38psになってしまいました。250SSもKH250となり32PSから28psに大幅ダウンしていました。車重も年々増えていったので実際には数値以上にパワーの差を感じる物となっていました。 スーパーカーにより数値オタクだったWildmanにはこのパワーダウンは許せず「KHなんてカッコだけマッハっぽいダメバイク」と決め付けていていましたが、マッハが見つからないのであれば仕方がありません。「もういいやKHで、色だけ変えてマッハっぽくするか!」とやけ気味で今度はKH250探しが始まりました。その頃はすでにヤマハRZ250がデビューし、日本はレーサーレプリカを中心としたバイクブームに突入し始め、KHなんて時代遅れの乗り物でしたので、安いタマは結構ありましたが、暴走族御用達車輌のためオリジナルは中々見つかりませんでした。 必死の探索の結果雑誌の広告を見て、東京は赤羽の中古車屋に1台の赤いKH250を見つけました。早速見に行くと「試乗してもいいよ」というお店の人のお言葉がありました。「何ていい店なんだ!」と思ったらバイク屋隣のちょっと広めの駐車場の中で乗ってくれという事でした・・・免許をとったばかりでヨロヨロと駐車場を1周しましたが、いいんだか悪いんだか分かるはずも分かりませんでした。「もういいや、コレをください」と込みこみで¥18万円の赤いカワサキKH250(推定1979年型)がWildmanの手元にやって来る事になったのです。 もちろん親父に頭を下げ保証人になってもらい人生初のローン返済が始まりました(これがクセになり数年後の長期ローンによるシェルビー購入にもつながって行きます・・・) という事で又も長くなってしまったので次回Part.4に続きます!!(4回連載は初めてですね!) Wildman in 80s had dreamed of Mach and got license for Mid size Motor cycle. In this time “Three No Protest” was a social movement with nice slogan in Japan and it was for […]

2ストローク3気筒、Wildmanオートバイ物語 Part.2

さて前回のブログからまだまだこの長い物語は続きます。 不良のA君のお兄様がお乗りになっていた物凄い音と白煙と3本マフラーの金色のオートバイのあまりのカッコよさに痺れてしまった少年Wildmanにはこのオートバイについて調べる義務が残っておりました。 早速お得意の資料収集に入りカワサキのエスエスについて調べまくったところどうやらこの時点(1978年)で生産はされていなくカタログにはとってもエスエスに似たオートバイが掲載されておりましたが、それはエスエスでは無くKHというモデルでした。「うーむ、マッハに似てはいるがちょっとかっこ悪いかな・・」と思っておりました。 エスエスはもっと旧い型なのかもしれないと思いさらに多数の古本収集に明け暮れました。すると色々な事が分って来たのです、エスエスはSSというシリーズでこれが幾多のマイナーチェンジを行って現在(’78年)ではKHというバイクになっていました。さらにSSにはとってもカッコイイシリーズ名が付いていたのです、そうですあまりにも有名な”Mach”(マッハ)というサブネームです。「マッハだって!!なんてカッコイイ名前だ、どう考えても猛烈に速そうだ」と少年Wildmanの心はときめきました。 そしてマッハシリーズの全てを調べまくった結果一つの結論が出ました。「バイクはマッハしかないぞ、いつかこれに乗らなくては!!」という毎度おなじみの激しい思い込みがまた発生いたしました。 長くなるのを承知でカワサキのマッハについて語らさせて頂きます。 1967年まではトライアンフ・ボンネビルが世界最速の市販オートバイでした。 しかしそれを打ち破るために開発された日本車がカワサキのマッハIIIだったのです(もうこれだけのストーリーでWildmanの頭はクラクラでした)マッハという名は音速を表し、IIIは3気筒を意味していました。68年から生産の始まったマッハIIIは空冷2ストローク3気筒500ccという個性的なエンジンレイアウトを持ち当時としては驚異的な60hpというパワーを絞り出し、3速でもフロントが上がり、ゼロヨン12,4秒、最高速度200km/hという圧倒的なスピードを誇り、ついにトライアンフ等の英国車を世界最速の座から引きずりおろし、その後数十年に渡り日本車は世界最速のオートバイを数々生み出して行きました。 「世界最速だって・・・速さは正義だ!マッハ最高!!」とWildman始めスーパーカー世代にとっては スピードはもの凄く重要な物で遅いバイクなんて意味がないと思っていたのです。 マッハIIIは主な輸出国であるアメリカで好評を持って迎えられました、当時のアメリカのマッハの広告はアメリカらしい比較広告で500ccで$995のマッハは$1400以上の750ccよりも速い!!という物で先頭を走るマッハIIIの後をHarleyやHonda,Triumphが追う画像でそれを見た瞬間から少年Wildmanにとってバイクは2ストのマッハのみで4ストのバイクなんて全てファミリーカーと同じレベルという勝手な理論が完成 しました。(何も分かっていない子供の勝手な考えなのであまり気にしないで下さい)マッハシリーズは500ccのマッハIIIに始まりその後色々な排気量のバリエーションを増やして行き、250ccのマッハI、350ccのマッハIIそして究極のモンスター750ccのマッハⅣという4つの排気量が揃い、全てのクラスで最強のパワー、最速のスピードを誇っていました。ここまで調べて少年Wildmanはマッハのとりこになり「いつか免許を取ったら絶対にマッハに乗るぞ、オレは世界最速だ!」という誰にも止められない信念が生まれました(このようにいつも最初の思い込みにより人生がおかしくなります・・) そして中学校卒業の頃、不良ながらイラストが異常に上手なA君に「あのさあ、お兄サンのマッハはどうなっているのかなあ・・・」と恐る恐る聞くと「ああ、あれはアニキがエンジンを焼き付かしちゃって、川に捨てちまった」という悲しいお言葉が・・・ 「か、川に捨てた・・やっぱり不良は凄いな、マッハを川に捨ててしまうのか・・」とがっかりしながらA君の話を聞いていました。 そして80年代に入りWildmanが中型自動二輪免許取得後、マッハシリーズというのはもはやとんでもない希少車になっていて、「こんな事ならA君のお兄様のマッハを川で拾っておけばよかった・・・」と後悔する事態になっていました。ということで次回のオートバイ物語Part.IIIはマッハに乗れないWildmanのKH250物語に話は流れてゆきます。 2 stroke 3 cylinder, Wildmans Motorcycle story. So the long story continues from last blog. The Young Wildman who fell in love with the cool bike with 3 Gold muffler and loud exhaust noise which brother of “A” was riding, […]

2ストローク3気筒、Wildmanオートバイ物語 Part 1

中学生になるまでオートバイにはさほど興味はありませんでした。 クルマとミニカーには狂っていましたが、バイクと言えばホンダCB750 が一番大きくて偉いという勝手な認識しか持っておりませんでした。人造人間キカイダーに出てくるサイドマシーンならとってもカッコイイから乗っても良いかなとも思っていましたが、この時点でサイドマシーンの実車が何の車種かも知りませんでした。 スーパーカーブームもそろそろ終わりとなる1978年、中学2年生になったWildmanでしたが、毎日ミニカーと旧車の研究に明け暮れていました。2年生になりクラス替えとなりましたが、わが母校岡村中学校というのは2007年現在でもそうらしいのですがとってもたくさんの不良と呼ばれる方々が多く生息する学校として有名でございました。 クラスメートにA君という誰がどう見ても70年代後半当時の不良のスタンダード(リーゼント&ボンタン)といったスタイルで決めたヤツが前の席になりました(出席番号ではWildmanは石井なのでアイウエオ順ではいつも2番の確率が高く、A君のようにアで始まる名字の方が前の席でした)後で分った事なのですがA君のお父様は本物のヤ○ザ屋さんだったのでした・・・ 「コイツ、大丈夫かな?いきなり殴られたらどうしよう・・・」と不安にかられました。なんて思っているとA君から話し掛けてきました。「オマエ、クルマが好きなんだって?」とどこから仕入れて来たのか知りませんがWildmanの趣味(習性)を知っていました。「うん、ミニカーを少々・・・」などとまた訳の分らない答えをしました。 A君が「俺もクルマが好きなんだ、LBとかSGXとかよ」と専門的な言葉を並べてきました。LBというのはセリカリフトバックでSGXはローレルという70年代暴走族の定番車輌の事でした。Wildman もすかさず「やっぱりクルマはプリンスだよね、スカイウェイとかクリッパーとか、アメ車はフォードだよね」と意味不明な返答をしましたが、 話しているうちにA君はかなりクルマの知識があることが判明致しました。A君はホリデーオートのOh!my街道レーサーという暴走族車輌の紹介記事を愛読し、Wildman はそれにプラスしてカーグラフィックとモーターマガジンを愛読していました。「オレは免許を取ったらLB2000GTにソレックス&タコ足で決めるんだ」とA君が言えばWildmanは雑誌で読んだ頭でっかちの根拠の無い知識を元に「いや、そんな事をするよりも18RGエンジンはボルトオンターボのキットを組んだ方が絶対速くなるよ」と切り返していました。 本来絶対に交わらないはずの不良君とオタク(マニア)の関係はこうしてクルマの話題により会話が成りたって行きました。又、A君は不良のくせにマンガ風のイラストが異常に上手いという特性を持ち、車のイラストに関しては絶対的な自信を持っていたWildmanを驚かせました。ある日、学校の帰り道たまたまA君といっしょになり小笠原文具店(不良の巣窟)の前を通っていたとき、前方より物凄い爆音と白い煙が立ちこめ、1台のオートバイが物凄いスピードでこちらに向かって来たのです。「わお、危ない!なんじゃコイツは!!」と思うと目の前で止まりました。「おう、ヤス!今帰りかよ」ととっても恐そうなバイクの方がA君に話し掛けます。 よく見るとA君にそっくりな顔とそっくりな70年代的不良Lookをお持ちでした。そうですA君のお兄様だったのです。「ヤッパリ兄弟揃ってこうか・・」と納得していましたが、お兄様のオートバイを見ると何かとってもカッコよく見えました。A君とお兄様が会話しているうちに、オートバイの回りをグルグル廻って観察してみると、何とマフラーが右2本で左1本という変則的なレイアウトで、塗装はタンクもサイドカバーも、そしてWildmanがしびれたデザインのテールカウルも全部ゴールドでした。「このバイク何かしらんがカッコイイ!!」としなくてもいい感動をしてしまいました。そして恐いお兄様がギュワ~ンという爆音と3本の煙と共に立ち去りました。 すっかり興奮したWildmanが「あの、バイクなんていうの?排気量は何シーシーなの?」とA君に尋ねると「カワサキのSSだよ、アニキのは250ccのエンジンを積み替えて350ccになってるんだぜ」と言いました。「エスエスっていうのか、エンジン積み替えるなんてさすが不良だな!」と思いましが、何よりもあのバイクの音とデザインに感動してしまいました。さてとこうなったらもっとあのバイクについて調べなければとWildmanのオタク心をくすぐったのです。 と言う事で次回に続きますので皆様もエスエスについて調べておいて下さい。 2 Stroke 3 cylinder, Wildman Motorcycle story Part 1 Wildman isn’t that interested in Motorcycle until he was in junior high school. He was crazy about Cars and Mini cars but didn’t know much about motorcycle and had own belief of […]