Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

2ストローク3気筒、Wildmanオートバイ物語 Part.9

「今度こそフィナーレ」を宣言し(何回目だ?)刻一刻と最終章に向かっている
ブログ小説はついに9回目の連載となり、いよいよ最後のお話となるはずです・・・
マッハ号(350SS)とカエル君(KH250)の2台体制を整え身の程知らずの80年代を楽しく過ごしていたWildmanでしたが、看板屋への通勤手段として順番に乗り換えるという今思えばとっても贅沢な通勤タイムを送っていました。今日は白、明日は緑色のバイクと3本マフラーからの白煙と2ストトリプルのサウンドに酔いしれて、信号待ちでショーウィンドウに写る姿を見て「俺って何てかっこいいんだろう」と完全にナルシストと化して酔っ払っていました。
カエル君には新品のタンクを付けていたのでそこそこキレイに見えましたが、マッハ号は味のあるちょっと色褪せたオリジナル塗装の外観でくたびれ感も少しありました。「もうちょっと外装をキレイにしたいな、パーツを探してみましょう」と近くのカワサキ販売店に行って在庫を調べてもらいました。カエル君の新品タンク等もこのお店でお世話になったのでマッハ号のパーツも何とかなるでしょうと思いましたが何とかなりませんでした。80年代中期ですでにマッハ系のパーツはかなり厳しい状況にあり、外装部品なんて門前払いという感じです。「ウゲッーこんなにもパーツが無いとは!この先どうやって維持して行くんだ、無責任だぞカワサキさん!!」と思いましたがその時点で約15年落ちのバイクです。メーカーとしても旧態依然としたトリプルのパーツなんか商売上どーでもよかったのしょうね。「今は調子よく動いてるけど何かあったらどうしましょう?自力でパーツを探すしかないのでしょうか?」と悩みましたが、物を探すのは好きなのでうんと悩む事にしました。
現在と違ってインターネットも無く情報の収集原も限られていた80年代です、もちろんネットオークションも無いのでマニアのつてを頼るか雑誌からの情報しかありません。「よーし、ミニカーの個人売買のように雑誌の売買欄にとりあえず出してみよう」と思い旧車にも強い別冊モーターサイクリスト誌に恐る恐るハガキを送ってみました。「カワサキS1及びS2パーツ熱望、取りに行きます」なんて短い文章でまとめてみました。(S1というのは250SSのS2は350SSのそれぞれ型式名です)「こんなんで何か反応あるかしら?」と本の発売日を待っていました。するとですね、いきなり自宅に電話が掛ってきたり、年賀状ほどではありませんがハガキがまとめて来たりと想像以上のレスポンスにビックリ仰天でした。
「うおおー、なんでこんなに売り込みがあるの??これじゃどっから返事してよいのかわからんぞ」と嬉しい悲鳴とオヤジの「お前また何かいい加減なものを買ったのか!!」と怒りの悲鳴が聞こえて来ました。「いい加減なものではないですけど何を買っていいのか分らなくなっちゃいました・・」と返事するしかありません。
いや本当にビックリしました。あんな短い文章で求むと出したにもかかわらず、いろいろな方々より沢山の情報をいただいたのです。ある方は350SSの中古パーツがバラであるとか、ある方はまだカワサキに在庫しているパーツの詳細や部品番号を知らせてくれたり、ある方はエンジンが一基あるよとか、逆に「マッハお持ちでしたら売ってください!」という方もいました。こまごました物を含めると10数人の方々よりご連絡をいただきました。「マッハのマニアさん達って何て優しいのでしょう、素晴らしい!!マッハ最高」と感激のWildmanでした。
とりあえず全部買えるわけもないので、買えそうな低い金額の物から連絡を入れ購入の手配をして、買えないものに関しては自分としては丁寧なお断りの返事を順次して行きました。「パーツ売りますフィーバー」もひと段落した頃、一通のハガキがやってまいりました。「まいったな、もう買えませんよ」と思いながらハガキを読むと「350SS部品取り車1台あります、欠品無しのオリジナル、赤レインボーです。不動、抹消済、オイル抜いてあります」と悩ましい文章が…「なにー、オリジナルの部品取り車だと!!ふざけるな!どうしましょう??」と震えるWildmanでしたが、次の瞬間受話器を握っていました。
すぐに連絡が取れた相手の方は何と石川県在住です。詳細を聞くと「レストアするつもりだったが他のバイクの面倒もみなきゃならないのでこれはあきらめました。部品取りには最高ですよ、書類も付けますし」との事でした。「ぐわーまいった!!これ欲しいぞ、大好きな?書類も付いてるし!でももうお金なんてありません、どーすんのこの状況」と又も危険な方向に向かう馬鹿は一つの提案をしてみました。「あのー今ちょっとお金がないので、再来月まで待ってもらうなんて事は出来ないものでしょうか?」とボーナスを当て込んだ捨て身のセリフを発するとMr,石川県は「別にいいですよ、売り急ぐ訳でもないし」とあっさりと契約成立でした。「またやってしまった、本当にバイクが家に来たら今度こそ家から追い出されるかも知れんぞ」と思いましたがマッハのブレーキ同様「止まらない物欲は止まらんのだと!」自分に言い聞かせ再来月を待ったのです。
看板屋よりめでたくボーナス支給後、トヨタレンタリースでハイエースを借りてマップルを買い込み高校時代のテニス部の後輩を拉致し、一路はるかかなたの石川県に向かったのです。「遠いいったらありゃしない、なんでこんなに遠いいの!!」と二人で叫びながら横浜を出発後6時間以上掛ってやっと約束のインターに到着となりました。
「確かバイクで迎えに来てくれるって言っていたぞ早く来ないかな」と思っていると前方より素敵な2ストサウンドを響かせ煙とともにMr,石川県はやって来ました。
「うおー、み、見ろ!!あれは750SSだぞ!!」と叫ぶWildmanのハイエースレンタカーの所にゴールドレインボーのマッハⅣ750SSが到着しました。
「こんにちは、遠い所まで出向いてくれてありがとうございます、早速ウチまで行きましょう」とシビレル サウンドの750SSの後を付いて行きました。その間もずっとウットリしていました。10分くらい走り、Mr,石川県の自宅に到着となりました。いかにも田舎の民家?といった風情の趣きのある建物の納屋の中から引っ張り出されたのは、何とまあフルオリジナルを保った赤レインボーの初期型350SSでした。「こんなんですけど、お気に召しますか?」と言われましたが、「お気に召すどころかこんなにキレーな物を本当に譲って頂いてよいのでしょうか?たったの\10万円で!!」と震えるWildmanでした。そうです部品取りのつもりだったこの車両は、はっきりいってWildmanの白マッハ号よりもキレーだったのです。しかも金額は書類付きで\10万と現在の相場を考えるとタダみたいなものです(当時でも)嬉しくなってしまい、マッハに対する気持ちをベラベラ攻撃でMr,石川県に伝えました。彼のコレクションは他にも多数あり、トリプル数台と旧い国産車が並んでいました。今は750SSに夢中だとの事でした。
09282007-001.jpg
ベラベラしゃべり続けるWildmanでしたが、横浜に帰らなくてはならないのでお土産の崎陽軒のシウマイを渡して、一路横浜に向かいました。「ありがとう、Mr,石川県!赤マッハは大事にするぜ!!」と感動しまくりで石川県を後にしました。
と、ここまで書きましたがやっぱり話が終わりませんでした、すみません・・・・・次回はいよいよ10回記念のお話で本当に最終回となります「サラバ、カエル君、さらばマッハ号」にご期待下さい!!
09282007-002.jpg

Be Sociable, Share!

???????????