Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

2ストローク3気筒、Wildman オートバイ物語Part.11

8月の猛暑の中スタートし、多数の皆様に御支援頂いた超長期連載のブログはとうとう11回目を迎え、ほんとーに今回で完結編となることが決定致しました。本当ですよ(たぶん・・・)。3回のつもりが4回に、8回のつもりが10回にそして季節は移り変わり今は秋・・・やめられない止まらないお話は、多数の変態様のコメントも頂き、最近はコメントの方が面白いのでは?と思う今日この頃です。変態参加型ブログは、たぶん最終回のお話が始まります。 2ストローク3気筒、3台体制を整えたWildmanでしたが、とっても楽しいバイクライフを送った80年代は過ぎ去り、時代は90年代になっておりました。Mr,石川県より譲って頂いた赤レインボーの350SSは暫くオブジェとして頑張ってもらうのは良しとして、カエル君はだんだんと出撃の機会が減って来ていました。どうしても白マッハ号のパワーばかりが魅力となってしまい、常に回転を上げて走らなければまともに動かない250ccのカエル君に少し物足りなさを感じていました。「うーむ、2台分の保険料や維持費も大変だし、カエル君には暫く冬眠してもらおうか、でもナンバーを切るのは嫌だから税金位は払っておきましょう」とナンバー付きでの保管という結論を出しました。 乗るバイクは白マッハ号のみとなり、相変わらず250cc登録の犯罪者のまま横浜の街を疾走しておりました。そんなこんなで90年代は刻一刻と過ぎて行くのですが、その頃はWildmanも看板屋からMooneyesのPinstriperになっていて猛烈に忙しい日々を送っていました(この頃はただ単に仕事が遅かっただけなのですが・・・)。赤レインボーのレストアどころではなくカエル君でさえいつ復活するのか分らない状況になってしまい3台もあるのに1台しか動かないというバカらしい事態を招き、世捨て人なりに悩んでおりました。 「まいったな、無駄というかバイクが可哀そうというか、どーしてよいのかわからんというか、何はともあれ自分はバカだ!」という変態なりの結論が出ていました。そんなある日の事、クルマ関係で知り合った方よりカエル君を譲ってくれないか?という御申出を受けたのです。「しばらく乗ってないから何かとOHの必要が有りますよ、抜群に程度が良い訳でもないですし・・・」と当初は謙遜して、あまり売るつもりもなかったのですが、「このまま持っていても乗らないんじゃ可哀そうだし誰かに乗ってもらった方がカエル君のためにも良いのかも!!」と思うようになり、その方の熱意にも押され、カエル君はついに冬眠から目覚めることが決定したのです。初めて買ったオートバイだし、たくさんの思い出もあり1度はマッハ号の下取りに出されそうになって思いとどまり、その後ムキになって所有してきましたが、ここらが限界かなという感じでした。ただ知り合いの所に行くので完全にサヨナラという訳でもなく、新オーナーは同じ横浜市内だったのでナンバーもそのまま継続出来るので、寂しさは半減といった気分でした。この頃はKH250もかなりプレミアが付いておりましたが、そんなんで儲ける気もなく適正価格にてWildmanの手元を離れて行きました。 しかし無くなると無くなるで、たまにカエル君を思い出してしまいウルウルしていました。観音崎で焼きついた時のこと、アクセルワイヤーがぶった切れて死ぬかと思った時のこと、ハンドルをスワローに変えて走ったらものの10分で捕まり、これはオリジナルだ!と豪語したものの、バカ扱いされ整備不良で切符を切られたときのこと、RD250とバトルをし、信号待ちで止まった時、お互い「いやー素晴らしい音とケムリですね!!」と言い合ったこと・・・・Wildmanとともに10~20代を過ごしたカエル君は3本マフラーのケムリと共に思い出の彼方へ走り去っていったのです。 なーんてセンチメンタルになったところで時代は21世紀にシフト致します。ふっふっふ…・この画像を見てください。 そーですこれは21世紀のカエル君です。4年くらい前の写真なのですが、カエル君はオーナーがまた変わっておりましたがいまだ横浜市内で生き続けていました!!!何とナンバーも20数年前に少年Wildmanが取得した時のままであります。しかもこの写真は御所山8で撮影したのですが、走って見せに来てくれたのです。中年Wildman感謝感激であります!!!! 画像のカエル君はタンクが赤で意味不明のカラーリングとなっておりますが、これはWildmanが雪の中の実験走行ですっ転んで傷をつけてしまったあの赤タンクそのものです。カエル君を売る時に一緒に渡したパーツですが、ライムグリーンのタンクに錆が出てしまって使えなくなったそうで、この傷付きタンクを一時的に?使っていたとの事でした。それにしてもあの思い出のカエル君に久々に再開出来て本当に嬉しく、その後一週間は頭の中で80年代にタイムスリップしていました(今もですけど・・・)。カエル君にはその後会っておりませんが、きっと元気にあのトリプルサウンドとケムリを撒き散らし横浜の街を激走している事でしょう、がんばれカエル君!!! とここまで書きましたが、やっぱり終わりませんね…皆様この連載はもはや犯罪となってきました。次回話が終らなかったら切腹致しますので、今度こそ感動の?最終回「ケムリの向こうに消えたマッハ号」をお送りします、ついに終わりだぜ!!!