Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

2ストローク3気筒、Wildmanオートバイ物語Part.10

今度で最後だ、ついに終わりだと宣言してついに10回記念の長期連載ブログ小説ですが、先日開催のイベント「オールオッズナショナルズ」会場でも
「もっと続けろ!」という声を多数頂いてしまいました。そんな事を言われてしまうとこっちも後には引けなくなります。実はこの連載が始まってからですね、ブログへのアクセス数が異常に増えたのです(何でだろ?)嬉しいんですが、いつまでも同じ話をしていると他の事が話せなくなります。(いまさらそんなこと気にするなって・・・)ということで今度こそ完結を目指して頑張ってみたいと思います!!
世捨て人はMr,石川県より3台目のバイクとなる赤レインボーの350SSマッハIIを¥10万円にて購入してしまい、はるばる石川県より横浜まで無事持ち帰りました。部品取り車のつもりだったのに、とってもキレーなこの車両にウットリでした。「ついに3台体制か、3気筒X3台で合計9気筒だ!!ワハハハハー、これならキカイダーにも勝てるかもしれないぞ」と3台並べて恍惚状態になっておりました。
「赤レインボークンは奇麗すぎるな、部品取りなんてもったいない!!秘密の書類をもう1枚探して250登録しちゃおうかしら?」と思っているうちはまだよかったのですがそのうち「いや待てよ、どうせ白マッハ号と同じバイクなんだから、乗るたびにナンバーを付け替えていればいいのか!!」と犯罪者はもっと前科を増やそうとしていました。「でもカエル君もあるからな、しばらく赤いのは保存しておいていつか復活させましょう」と赤マッハオブジェ計画となりました。
週に1度は3台をまとめて実家前の道路に引っ張り出して、カタログと同じように並べて「クー、カッコイイ!!このカッコ良さは犯罪だぜ!!」と犯罪者は一人悦に入っておりました。近所からは「あそこの息子は頭がおかしいらしい、動かないバイクを見て興奮しているぞ」などと言われても変態は動じませんでした。
そのうちに元町にムーンアイズがオープンし、白マッハ号でよく通いました。「マスタングが大好きなんです!」とほざいていた時期で週に1回しか会えないBOSSが元町プラザの2Fからマッハ号を見て「バイクも旧いのが好きなんだ」と言ってきました。「違います!旧いバイクが好きなんじゃなくて好きなマッハが旧くなっただけです!!」と又も意味不明の会話をプラザの1Fと2Fで交わしておりました。
そういえばこんな事もありましたっけ。ムーンアイズからの帰り道、本牧産業道路にて信号待ちで美しいイエローのフェラーリディーノ246GTと並んだ事がありました。
10062007-001.jpg
オーナーのオッサンは我マッハ号を見てニヤリとしています。「そうか、このオッサンはマッハの事を知っているのか!ならばイイトコを見せなくっちゃ!!」と勝手な解釈をし、信号が青になると同時にケムリモクモクの ロケットスタートを決めました。フルスロットルで加速しディーノはミラーに小さく写っていました、その時何か小さな物体が飛んで行く姿も写ったような気がしました。
赤信号で止まり「へっへっへ、カッコ良かったでしょう!」と自画自賛しディーノが並ぶのを待っているとおっさんが窓を開けてこっちを指差してさらに後ろを指差します。「なんのこっちゃ?、このおっさん」と思っているとさらにWildmanの足元を指差します。「へっ、何でしょう?」と足元を見ると「な、無い!マッハ号のサイドカバーが無いぞ!!、しまったさっき飛んでいた物体はサイドカバーだったのか」と慌てふためきUターンし、産業道路の捜索作業が始まりました。大型トラックが走りまくるこの道路です、もしやぺちゃんこ?と泣きそうになりながらさっき走った所を捜索すると中央分離帯の手前に白い物体がころがっています。「あ、あったぞオレのサイドカバー!!感動だ」と叫びながら拾い上げるとチョコット傷が付いたくらいで大きな損害はありませんでした。「良かったー、奇跡だ!ありがとうディーノのおっさん」と心の中でお礼をしておきました。この時点で右サイドカバーは欠品部品で(なぜか左はありました)ぶっ壊れていたら廃人になっていたでしょう。
 
マッハ号はスーパーカーには縁があり、ある時真っ白のポルシェ・ターボが追いかけて来ました。
10062007-002.jpg
信号待ちのたびにピッタリとマッハ号の後ろに付き何やらこっちばかり見ています。「やだなあの下品なクルマ、何か文句があるのかな」と思っているとポルシェのチョイでぶオヤジが「兄ちゃん、エスエスカッコいいね、何シーシーのやつ?」と質問されました「何だ、いい人ではないか」と思い「これはですね350SSでございます、訳ありでナンバーは250ですけど・・・」答えましたが白バイにつかまって以来、やたらエンブレムとナンバーの差についてのご質問が多くなった感じがして、この頃自分のやっている事の重大さに気付き始めました(でもやっぱりそのままでした)
 
ある時は山下公園のところでグリーンメタリックのランボルギーニ・エスパーダと並走しましたが、この横浜ナンバーの固体はあの伝説のスーパーカーディーラー「シーサイドモータース」(Wildman’s Blog 5/25分参照)が輸入した正規物で珍しいオートマチック仕様でした。
10062007-003.jpg
それから10数年経って今度は伊勢佐木町でそのクルマそのものと再会しビックリしました。オーナーはずっと乗っていたそうですがその後しばらくしてカーマガジンの売買欄に売りに出されておりました、どうなったか心配です・・・欲しいです。
 
なんて余計な事ばかり書いているから話が終わらないじゃないですか!!どうしましょうこの展開・・・とにかくこの頃はバイクに乗るのが楽しくてしょうがなかったのです。しかしだんだんとカエル君には乗る機会が減ってきていました。通勤にもマッハ号ばかり乗るようになり、カエル君は出番が激減して来ました。「うーむ、2台均等に乗るつもりだったがパワーの差はいかんともしがたいな、カエル君にはカエルらしく冬眠してもらった方が良いのかなと考えつつ80年代は過ぎ去ろうとしていました。
という事で皆様の期待に答えて今回も終わるのはやめました(終わらなかっただけですが)次回11回目の連載はついに正真正銘の完結編「2ストローク3気筒は思い出のかなたに」をお送りしてピリオドを打ちます。ほんとーです、覚悟しててくださいね。

Be Sociable, Share!

???????????