Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

我がスーパースター”ビヨン・ボルグ” オートバイ編

80年代初頭高校生の頃、テニス部に所属し当時のスーパースターであるビヨン・ボルグに陶酔しきっていたWildman少年でしたが、ボルグのクールなプレイスタイルやダブルハンドのトップスピンによる強烈なパッシングショットなどは簡単にマネの出来るものではありませんでした。とにかく常に冷静沈着で、不利な判定にも文句一つ言わずもくもくとプレイし、最後には必ず勝ってしまう全盛期のボルグは当時のプレイヤーの憧れの的でした。 対照的に生意気なアメリカ小僧のジョン・マッケンローはサウスポーのサーブ&ボレーを武器とし、ストロークも変幻自在でしたがボルグと対照的だったのは審判に文句を言いまくりラケットをブチ折るなんてゆうのは日常茶飯事でありまして、罰金もたくさん収めていました。 両極端な2人だったからこそ試合は面白く、ライバルとして世界中の注目を集めテニス人気を引っ張っていたのです。 「やっぱりボルグ様のほうがカッコいいや!ボルグ最高!マッケンローなんかに絶対負けるな!!」と 常にボルグを応援し、ついに超高級品であるFilaのBorgモデル ウォームアップ スーツをレッドピン チャレンジ マッチ(ボウリング場)によるアルバイトで入手し、コートでは恥ずかくて着れないので(ヘタクソな大学生同好会がよく着ていたので・・)街中で颯爽と?着こなしビヨン・ボルグを気取っていたWildman少年でした。歩く広告塔といわれた ボルグは世界中で色々な企業とスポンサー契約し、莫大な資産を 築いていましたが、テニスブームに沸く日本でもボルグ人気に目をつけない訳がありません。そして82年の早春、テレビを見ていたWildmanはそのCM画像に釘付けになりました。 「ダッシュ!スクーターGT、リード誕生」と言うキャッチと当時の英国のニュー・ウェイブ・グループ “Pigbag”というバンドの軽快なリズムと共に何とボルグ様が新型スクーターに乗って快走しているではありませんか!! 「あわわわわ!!ボ・ボルグ様がスクーターに乗っとる!なんじゃこりゃ!」 とビックリ仰天のWildman少年でした。 「なんという事だ、ついに日本企業までボルグ様と契約なさったのか! 大変だぞコレは!!」と感激と驚きと物欲がいっぺんにやって来ました。レーサーレプリカによるバイクブームが始まっていたこの頃ホンダとヤマハは有名なHY戦争 によって販売合戦を繰り返していて各排気量別に新型のバイクを次々と発表し、熾烈な争いは原付の世界でも広がっていました。それまで原付のスクーターはカブやモンキー、ダックスとは違うジャンルとしてラッタッタのホンダロードパルから始まりヤマハ パッソル&パッソーラによって利便性が認められホンダタクトに至って豪華さも増しシェアをどんどん広げて行きました。しかし、あくまで便利な足としての発展でパワーも3馬力程度でしかなく「走り」という面では今ひとつの感がありました。 そこにホンダが突然Dash!スクーティングのキャッチコピーと共に5馬力のハイパワー2ストロークエンジンを搭載して走りを意識し、デザインもそれまでのスクーターとは一線を画す豪華快速スクーターとしてリードを発表してそのイメージキャラクターにビヨン・ボルグを起用したのです。ホンダはそれまでもスティーブ・マックイーンやサッカーのペレ、ピーターフォンダ等その時代のスターをCMに起用していましたが、さすがボルグ様!!その役が回ってきたのです。 次の日「見たかホンダのコマーシャル!!ボルグ様が新型スクーターに乗っておったぞ!!」と興奮しながらテニス部仲間にお知らせするWildmanでした。なぜかモナコの街をスーツ姿のボルグ様がリードで快走するCMでしたが、強烈なインパクトがあり、もちろんCMソングのPigbagなるグループのシングルレコードも当然買いました。「ああ、何てカッコイイのでしょう!!ボルグ様とホンダリード、オレもこうなりたいぞ!!」と又も病気が始まりました。しかし、その頃はテニス部最後の試合に向かって猛練習中?でありまして、進路もまだ決まっていない宙ぶらりんのWildmanは我慢するしかありませんでした。しかし最後の試合なんてあっさりと終わってしまいました。1回戦を突破したかと思うと2回戦でこの大会でベスト8に入ったヤツと当たってしまいボロ負けしたWildmanでありました・・・言い訳も有るのです、大会直前に肩を壊してしまいモルヒネなる物を初めて注射し(あれ効きますね)さらに試合の2日前に自宅の階段から転げ落ち足首捻挫という間抜けな状態で試合に臨んだバカヤロウでした。おかげさまでこの頃より体調管理には十分気を使っております。そしてそれから約10ヶ月後、ボルグ様と同じブルーのリード50が変態の手元にやって来ました。「うおお~これぞボルグレプリカだ!!これでFilaを着て走ればオレもまさにビヨン・ボルグ!!最高だぜ!」 と見事にホンダの戦略にはまるWildmanでした。イメージキャラクターというのは大きいですのぅ・・   変態なのでキッチリと慣らし運転をした後、友人のスクーター全てに勝負を挑みましたがもちろん全勝でした。 最新式のリード50はスクーターGTという名の通り当時最速の原付スクーターでした。 5ポートの2ストロークエンジンはもちろん規制前フルパワーで、5psを駆使し0~200mが17,75sec という原付離れした加速を誇り、最高速も軽々と60km/hを超えてしまい、長い直線があれば70km/h も可能なスピードを体験出来たのです。 この頃原付はノーヘルOKでしたので、スピード感も倍増でした。 当時の原付のホンダタクトやスカイ、スズキのラブやジェンマ、ヤマハベルーガ等々、他のスクーター達は全く問題外で絶対的な性能を誇った初期型リード50でした。 その後4,5psエンジンながら軽量を武器にしたヤマハジョグが登場し、最速の座は奪われましたが リードとは車格がぜんぜん違うのでWildman的には違う乗り物としてとらえておりました。画像はリード号を買った時の領収書と取扱説明書になります。そしてオマケでもらえたホンダ特製 ボルグサイン入りテニスボールです(サインはただのプリントですし、缶もPennというボールメーカー の缶にボルグとリードのシールが貼ってあるだけですが・・・)もちろん宝物として25年間手元にございます。 そんなこんなでWildmanはリードのとりこになってしまい、以来四半世紀に渡り各世代の新車のリードに乗り続け、現在所有のリード100で4台目になります。雨の日も風の日もリードで走り続けております。  2ストロークエンジンの消滅に伴い最終型を購入し4年以上たちましたが、次期リードは4ストロークなのでガックリです・・・・2ストに乗りたい・・・ そして25年という月日は我がスーパースター、ビヨン・ボルグ様にも劇的な変化をもたらしてしまいました。83年に26才の若さであっさりとテニスを引退してしまったボルグ様でしたがその後の人生は あのクールなプレイからは想像もつかない無茶苦茶な物となってしまいました。 相次ぐ離婚での高額な慰謝料や事業の失敗、さらに突然のカムバック&失敗と続き、数十億は有ったはずの稼ぎは底をついてしまい、ボルグ破産!!というニュースが飛び込んできてWildmanはショックを受けました。さすがにオレも破産したいとは思いませんでした・・・(しまいにはウィンブルドンの優勝カップまでオークションに出すという暴挙に出ましたがこれは取り下げたそうです)現在はスポンサーでも付いたのか、母国のスウェーデンに戻り細々と自分の名のアパレルブランドを立ち上げています。デザインとってもかっこ悪いです・・・  結局四半世紀たって何も変わっていなかったのはWildmanだけだったという事ですね・・・ 分かっちゃいるけどやめられない変態人生なのです。これからもボルグ様のコスプレの機会は増やしてゆく予定ですので皆様もどこかでボルグ様(Wildman)に会えるかも知れませんよ!

[…]

我がスーパースター”ビヨン・ボルグ”アルバイト編

高校生になりテニス部に入部し、スーパースター”ビヨン・ボルグ”に陶酔しきっていた少年Wildmanは、またもや雑誌ポパイに影響され自分もボルグになりたいと日々考えるようになりました。ボルグの身につけるもの全てが物欲を刺激するカッコイイものばかりで、しかもこれらのテニスグッズはすべてボルグモデルとして販売されていました。つまり簡単に自分がボルグレプリカになれたわけです。 前回のブログで紹介しましたDonnayのラケットは猛烈にカッコ良かったのですが猛烈に使いにくく、しかもそんな物を使っていたら猛烈にテニスがうまくなければならないわけでありまして、当時コートでは逆に恥ずかしいアイテムの一つでした。シューズはイタリア製のDiadoraというメーカーと契約していて、これもカッコイイモデルだったのですが、WildmanはテニスシューズはAdidasが最高!という持論を確立していたので、いくらボルグモデルとはいえ使うわけには行かなかったのです(ガキが何を考えていたのでしょうね…) となると残るはテニスウェアーという事になるのですが、これは当時世界最高の金額ともいえるイタリアのFila社製だったのです。それまで白が主流だったテニスウェアーの世界にとんでもない色使いで登場したFilaは、ボルグとの契約によりビッグなブランドになって行きました。ポパイでもバンバン紹介され、特にボルグのイニシャルをデザインしたBjマークの刺繍の入ったイタリア製ボルグモデルはFilaの中でも最高級ラインで当時のミーハーテニスプレイヤーの憧れでした。(Wildmanはオタクプレイヤーでした) 「うひゃー、ボルグモデルは本当にかっこいいのぅ!絶対に欲しいのぅ」と物欲が始まりましたが、さすがに高校生ごときがこいつを着てテニスをやるのは気がひけます・・・あくまで街中でファッションとして着てみたいというのがWildmanの目的となりました。こんな法外な値段のテニスウェアーを部活用として親が買ってくれるはずもありません。となったら緊急手段のアルバイトとなります。アルバイトニュースをめくり、何か良い仕事はないかと探していると、通学に利用していた京浜急行上大岡駅にあるAボウリングクラブというボウリング場で受付カウンターの仕事の募集をしておりました。時給は¥550とまあまあの金額で、しかも家から徒歩13分の距離だったのでコイツに決定となりました(初の食料品以外のバイトでした) 面接に行ってみるとすぐに来てくれと言われ、夜限定のボウリング場でのアルバイトが始まりました。ああ眠いったらありゃしない。カウンターに座って客から料金をもらったり、クツを貸していればいいのだろうと思っていましたが、とりあえずレーンの裏に廻ってくれと言われました。「?????裏に行って何すんの」と思いながら先輩の後について行くと、そこはガッチャン、ガッチャンとピンを自動でセットする機械のところでした。「なんかココ、怖いな!ガッチャンと機械に吸い込まれて自分がピンになってレーンに出てしまいそうだ」と恐怖を感じます。 すると浪人生の先輩が「各レーンに赤いピンが1本だけ入ってるからさ、それを適当なタイミングで一番ピンにセットしてよ」との指令を出しました。このボウリング場では「レッドピンチャレンジマッチ」なるものを常時開催していて、1投目で1番ピンに赤いピンがセットされている時に見事ストライクを出すと図書券をプレゼント!!というキャンペーンを行っておりました。「なるほど、じゃあ適当に赤いピンを一番前にセットすりゃいいのか、簡単じゃん」とメンマ工場の時のようになめ切っておりました。しかしこれが意外と、難しいというか怖かったのです。ガッチャンの機械はかなりメカニカルで速い動きをしていて、転がった赤いピンを探して一番前に突っ込むのはタイミングよくやらないと自分がガッチャンとやられてしまいそうでした。レーン裏は音も大きくて怖いのです。 「うひー、怖いな!何でこんな事を俺はやっているんだ!」と叫びながらレーンの裏で一人せこせことレッドピンを並べるWildmanでした。 しかし日にちが経ちだんだん慣れてくると今度は面白くなって来て、あそこのレーンもここのレーンもと次々とレッドピンを並べまくりました。並べまくりすぎてほとんどのレーンの1番ピンがレッドピンになった頃、マネージャーが血相を変えてレーン裏に乗込んで来て「バカかお前は!全部レッドピンになったらキャンペーンの意味がねえだろ!」と猛烈に怒られました。仕事って難しいと思いました。 そのうちマイクを持たされ館内放送も任されました。今でも言えますので放送します。「本日はAボウリングクラブに御来場頂き、まことに有難うございます。当ボウリングクラブではレッドピンチャレンジマッチを開催しております、お客様第一投目、一番ピンにレッドピンがセットされ見事ストライクを出されますと、図書券をプレゼント致します!皆様奮ってご投球下さい」という感じでした。 すみません・・・・・。 しかしここは居心地も良くカウンターに座っていてヒマな時はボーッとしていて楽でした。休み時間はボウリングもタダでやらしてくれ、この時期人生最高のスコアも出しました。しかも屋上にはオートテニス(懐かしい!)があったのでこれも打ちまくりでした。お客さんのプレイを見ているのも結構面白くて、本当に後ろにボールを投げてしまうオバサマや、一番はじっこのレーンで投げていたお姉さんが、レーンではなく横の従業員用の通路に投げてしまい、ドアをぶち破ったのもとってもおもしろかったです。しかし夜ばかり働いていたので眠たくてしょうがありませんでした。 何とかレッドピン並べのバイトを乗り切りお給料を手にして向かった先は今は無き横浜は馬車道のマルイでした。「うおお~Filaを買うぞ~!!高級品だぞ~」と横浜市営地下鉄に乗りマルイに出撃しました。1981年の秋の事のでした。Fila Shopに並ぶテニスウェアーの中で燦然と輝くボルグモデル、「ああ、なんてカッコイイのでしょう!数分後にはオレもビヨン・ボルグだぜ!」と思いながら、「コイツをくれたまえ」と17歳のクソガキは上下セットで当時三万数千円もした超高級ウォームアップスーツ”Fila Bjorn Borg”モデルを買ってしまったのです。 はい、下の画像がそれそのものでございます。26年間ワンオーナーでございます。あまりにも嬉しかったので買った時に入っていたビニール袋も紙タグももちろん取っておいてあります。変態冥利につきますね。しかしちっとも高くありません、今でも平気で街中で着ておりますよ。26年も着れる服なんて安いじゃありませんか!!(カミさんは2.5m離れて歩きますが・・・) ここ数年ボルグモデルのカッコよさを再認識し、こつこつと集めているのが下のVintage Fila Borg Modelコレクションです、全て当時物です。ウォームアップもポロシャツもいろいろとあり、もしこれらを当時持っていたらとてつもない金額になっているはずです。たまに部屋の中で一人で憧れのビヨン・ボルグとなっています、変態です・・・。 何はともあれ、本当にボルグに憧れていたWildman少年でしたが、ある日驚きのテレビCMが目に飛び込んで来たのです、ああ本当に驚いた!!!という事でこのお話はまだ終わらずビヨン・ボルグ オートバイ編へと続いて行きます、お楽しみに!!!

[…]

我がスーパースター”ビヨン・ボルグ”テニスグッズ編

変態の皆様、大変申し訳ありませんでした。先週はとっても遠くに遠征しておりまして、色んな事もありましたのでブログ風小説の更新が出来ず、多大なるご迷惑をお掛けしました事をお詫びいたします。このブログは永遠に続きますのでご心配のないようお願いします。先週あった色んな事は、少し時間がたって昔話になった時点でお話します。 ちっともタイムリーな話題でないのがこのブログの本当に良い所であります。 さてと今回のお話は27年以上前にタイムスリップとなります。中学生の時のWildmanはミニカーや実車の研究活動が忙しく、とても学校での部活動などやっているヒマなどありませんでした。というか不良の巣窟、岡村中学校では部活の中も不良がたくさん生息しておりましたので、そんなとこに入ったら不良になってしまいます。不良よりも変態が好きだったのでそちらを選び活動しておりました。 しかし順調に変態活動が進み、雑誌ポパイのとりこになっていった頃、世はテニスブームが起こっておりました。ちょうど70年代後半から80年代前半は世界的にテニス人気が高まり、日本でも空前のブームとなっていたのです。ポパイではしょっちゅうアメリカでのテニスの話題が記事となり、ラケットやウェア、シューズ等、物欲を掻き立てるアイテムが紹介されていて、物欲少年Wildmanはそれら舶来品のカッコ良さにしびれておりました。「カリフォルニアのテニス少年たちはカッコイイのう・・・きっと西海岸では全員がテニスをやっているのかもしれないぞ、オレもやらなければ!!」とまたもや妄想が始まっていたのです。 そしてその妄想を現実とする為に、高校に入ったら変態活動とともにテニス部活動も始める事となりました。しかもテニスブームはどんどん高まっていて、いろいろな情報が雑誌やTVから入って来ていました。その頃男子プロテニス界は3人のスーパースターが存在し、世界中で注目を集めていたのです。当時を知っている方ならお分かりでしょうが、ジミー・コナーズ、ジョン・マッケンロー、そしてビヨン・ボルグの3人がテニスブームの中心となっていました。 少年Wildmanはその中でスウェーデンの貴公子と言われた長髪ブロンドのビヨン・ボルグのとりこになってしまいました。「ボルグ最高!ボルグが一番!!オレもボルグになりてえ!!!」と思いマッケンローがウィンブルドンでボルグの6連覇を阻んだ時は、「あのアメ公、なんて事しやがるんだ!いつか会ったらぶっ殺してやる」と本気で思い、「オレも長髪ブロンドに生まれ変わるぜ」とだんだん気がおかしくなって来ていました(いつものことですが・・・) とにかく当時のボルグはカッコよく、強い上にクールで当時最も稼いだスポーツ選手の一人でした。世界中の企業がスポンサーに付き、ラケットのDonnay,ウェアーのFila,シューズのDiadora等のスポーツメーカーはもとよりクルマのSAABやスカンジナビア航空もスポンサードし、ボルグが行く所、どの国でもSAABが迎えに来てくれ(日本では西武自動車が担当)飛行機はスカンジナビア(SAS)のファーストクラス乗り放題といった感じでした。「ああ、あこがれのボルグ様…一歩でも近付きたい」と思うとカッコから入るしかありません。 が、ラケットはボルグモデルはまさにボルグ専用といった感じで異常に硬く、一般人にはとても使いこなせる物ではありませんでした。 画像のラケットは下がベルギー製の”Donnay All Wood Bjorn Borg”というモデルで70年代ウィンブルドン連覇中に使用していたのと同型です。上はアメリカ製の”Bancroft Borg Personal”というモデルでスポンサーが大好きなボルグは2重契約のような形で、アメリカでの試合のときはこのラケットを使っていて、2つのメーカーからた~くさんのお金を頂いていたようです…(この2本はコレクションとして後年購入しました)そしてこのDonnayというラケットメーカーが当時日本でも販売に力を入れていて、81年にボルグのサインボールプレゼントという刺激的なキャンペーンを行っていました。 当然必要以上に刺激された少年Wildmanは応募ハガキを何十通も送った所、奇跡の当選を果たし、20名にしか当たらなかったサインボールが我が家に送られて来たのです!!! 「ウギャー!やったぜ、ボルグ様が触ったボールに触れる」と興奮し、以来26年間家宝となっております。しかしですね、今思えばこのサインは本当にボルグが描いたのかよくわかりませんね…だって練習した所、Wildmanは簡単に描けるようになりました。今でも出来ます、欲しい方には今度サインしますよ。 そしてBorgといえばFilaですね。スポーツウェアーのブランドですが、今でこそ2流メーカーになり下がり、どうでもよいシロモノばかりですが、80年当時はイタリア製の超高級品で、売っている店も限られていました。普通のテニスウェアーの3倍くらいの価格で高校生ごときがまともに買える物ではありませんでした。という事で、このお話はまたもやアルバイトの話につながって行きます。さらに変態の皆様御期待のバイク話にもなぜかつながって行きますので今後の暴走をお待ち下さいませ。遠くに行って疲れてしまったので今週は短めに切り上げます。 しかしどんどん昔の事を思い出して来ました、これは危険です・・・・・