Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

我がスーパースター”ビヨン・ボルグ”テニスグッズ編

変態の皆様、大変申し訳ありませんでした。先週はとっても遠くに遠征しておりまして、色んな事もありましたのでブログ風小説の更新が出来ず、多大なるご迷惑をお掛けしました事をお詫びいたします。このブログは永遠に続きますのでご心配のないようお願いします。先週あった色んな事は、少し時間がたって昔話になった時点でお話します。
ちっともタイムリーな話題でないのがこのブログの本当に良い所であります。
さてと今回のお話は27年以上前にタイムスリップとなります。中学生の時のWildmanはミニカーや実車の研究活動が忙しく、とても学校での部活動などやっているヒマなどありませんでした。というか不良の巣窟、岡村中学校では部活の中も不良がたくさん生息しておりましたので、そんなとこに入ったら不良になってしまいます。不良よりも変態が好きだったのでそちらを選び活動しておりました。
しかし順調に変態活動が進み、雑誌ポパイのとりこになっていった頃、世はテニスブームが起こっておりました。ちょうど70年代後半から80年代前半は世界的にテニス人気が高まり、日本でも空前のブームとなっていたのです。ポパイではしょっちゅうアメリカでのテニスの話題が記事となり、ラケットやウェア、シューズ等、物欲を掻き立てるアイテムが紹介されていて、物欲少年Wildmanはそれら舶来品のカッコ良さにしびれておりました。「カリフォルニアのテニス少年たちはカッコイイのう・・・きっと西海岸では全員がテニスをやっているのかもしれないぞ、オレもやらなければ!!」とまたもや妄想が始まっていたのです。
そしてその妄想を現実とする為に、高校に入ったら変態活動とともにテニス部活動も始める事となりました。しかもテニスブームはどんどん高まっていて、いろいろな情報が雑誌やTVから入って来ていました。その頃男子プロテニス界は3人のスーパースターが存在し、世界中で注目を集めていたのです。当時を知っている方ならお分かりでしょうが、ジミー・コナーズ、ジョン・マッケンロー、そしてビヨン・ボルグの3人がテニスブームの中心となっていました。
少年Wildmanはその中でスウェーデンの貴公子と言われた長髪ブロンドのビヨン・ボルグのとりこになってしまいました。「ボルグ最高!ボルグが一番!!オレもボルグになりてえ!!!」と思いマッケンローがウィンブルドンでボルグの6連覇を阻んだ時は、「あのアメ公、なんて事しやがるんだ!いつか会ったらぶっ殺してやる」と本気で思い、「オレも長髪ブロンドに生まれ変わるぜ」とだんだん気がおかしくなって来ていました(いつものことですが・・・)
borg004.jpg
とにかく当時のボルグはカッコよく、強い上にクールで当時最も稼いだスポーツ選手の一人でした。世界中の企業がスポンサーに付き、ラケットのDonnay,ウェアーのFila,シューズのDiadora等のスポーツメーカーはもとよりクルマのSAABやスカンジナビア航空もスポンサードし、ボルグが行く所、どの国でもSAABが迎えに来てくれ(日本では西武自動車が担当)飛行機はスカンジナビア(SAS)のファーストクラス乗り放題といった感じでした。「ああ、あこがれのボルグ様…一歩でも近付きたい」と思うとカッコから入るしかありません。
が、ラケットはボルグモデルはまさにボルグ専用といった感じで異常に硬く、一般人にはとても使いこなせる物ではありませんでした。
borg002.jpg
画像のラケットは下がベルギー製の”Donnay All Wood Bjorn Borg”というモデルで70年代ウィンブルドン連覇中に使用していたのと同型です。上はアメリカ製の”Bancroft Borg Personal”というモデルでスポンサーが大好きなボルグは2重契約のような形で、アメリカでの試合のときはこのラケットを使っていて、2つのメーカーからた~くさんのお金を頂いていたようです…(この2本はコレクションとして後年購入しました)そしてこのDonnayというラケットメーカーが当時日本でも販売に力を入れていて、81年にボルグのサインボールプレゼントという刺激的なキャンペーンを行っていました。
当然必要以上に刺激された少年Wildmanは応募ハガキを何十通も送った所、奇跡の当選を果たし、20名にしか当たらなかったサインボールが我が家に送られて来たのです!!!
borg006.jpg
「ウギャー!やったぜ、ボルグ様が触ったボールに触れる」と興奮し、以来26年間家宝となっております。しかしですね、今思えばこのサインは本当にボルグが描いたのかよくわかりませんね…だって練習した所、Wildmanは簡単に描けるようになりました。今でも出来ます、欲しい方には今度サインしますよ。
そしてBorgといえばFilaですね。スポーツウェアーのブランドですが、今でこそ2流メーカーになり下がり、どうでもよいシロモノばかりですが、80年当時はイタリア製の超高級品で、売っている店も限られていました。普通のテニスウェアーの3倍くらいの価格で高校生ごときがまともに買える物ではありませんでした。という事で、このお話はまたもやアルバイトの話につながって行きます。さらに変態の皆様御期待のバイク話にもなぜかつながって行きますので今後の暴走をお待ち下さいませ。遠くに行って疲れてしまったので今週は短めに切り上げます。
しかしどんどん昔の事を思い出して来ました、これは危険です・・・・・

Be Sociable, Share!

???????????