Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

絶対欲しいぜ!衝撃の2ストV4”ヤマハRZV500R”

死ぬまでに欲しいオートバイがあと何台かあります(ほんのちょっとですけど・・・)カワサキ党を自認するWildmanでありますが、コイツだけは例外といえるバイクが1台ございます。2ストローク大好き人間にとっては最後の大型2ストバイクとして思い出に残る車両「ヤマハRZV500R」がWildman欲しいものリストの上位にランクされております。 イヤー本当にコイツがデビューした時は衝撃的でしたよ。1980年代中盤、世は空前のレーサーレプリカブームで各メーカーこぞって公道にレーシングマシンをほっぽり出したような危険な市販車を平気な顔をして売りまくっておりました。特に250ccクラスは2ストロークレーサーそのものといった感じでヤマハRZシリーズから火が点き、ホンダのMVXやNSシリーズ、軽量ハイパワーがウリのスズキは超過激なRG250γ(ガンマ)をデビューさせ、我がカワサキも空冷トリプルに代わる新世代の水冷2ストKR250を送り込んで来ました。まあその頃はWildmanはカエル君(KH250)やマッハ号(350SS)を転がしていたので我感知せずといったスタンスでしたが、それら250ccレーサーレプリカの速さには驚いておりました。だって当時の4スト400ccや型遅れのナナハンなんかでは全く相手にならないようなスピードを誇っていたのです。 「2ストの進歩はスゴイのう・・そのうちマッハみたいにデッカイ排気量の2ストが出たら笑えるのう・・・」と思っていたら本当に大笑いするようなバイクが現れました、そいつがRZV500Rだったのです。83年の東京モーターショーでお披露目されたRZVは水冷2ストの500ccしかもV型4気筒エンジンなんてまさに当時のワークスレーサーそのものだったのです。 国内版はアルミフレームでパワーは自主規制のような形で64ps、輸出仕様は名前がRD500LC(LCはLiquid Cooledの意味)こちらはフルパワー86psですが、フレームはスチールとなっていました。国内版はパワーが抑えられていましたがキャブ調整やサイレンサーの加工で簡単にフルパワー仕様に出来ました。 国産2ストロークマシンの集大成としてデビューしたRZVは当時のテクノロジーを全てつぎ込んだような豪華レーサーレプリカで走り屋ライダー達の憧れの的となりました。なんたってこの頃は2輪免許も改正前で400cc以上に乗れる大型免許は一発試験しかなく、その合格率も数パーセントの詐欺に近いような世界一難しい免許で、さらにRZVの価格ときたら¥82万5千円也!!というナナハン以上のプライスでこれも詐欺まがい?でした。つまり免許もあって乗りこなす腕もあって、さらにお金もありますよという3拍子揃ったエリート様のバイクと勝手に解釈しておりました。 中免しかなく腕もなくローンで苦しみお金もないWildmanにとっては別世界のバイクそれがRZVだったのです。しかし別世界のバイクが一瞬だけWildmanの世界に入って来ました。当時看板屋に務めていたWildmanでしたがこの看板屋の先輩Mさんが大のオートバイ好きでなんとも渋いヤマハXJ750というバイクに乗られておりました。このMさん猛烈に運転が上手いというか気が狂っているというかスピード感がおかしいというか別世界の走りというか、とにかく異常に速かったのです。XJも休みの日にはサーキットに持ち込みスポーツ走行をしたり、箱根などの峠にもしょっちゅう行かれておりました。 そんなある日カエル君(KH250)で通勤途中、右高速コーナーをボケッーと流していた所、いきなりハングオン状態で4本マフラーから煙を吐きながら狂ったようなスピードでカエル君をパスして行くバイクが1台「うおー、スゲーRZVだ!!」と思ったら前方でウィンカーを出して止まり、Wildmanを手招きして呼んでいます。「ん?あのアライのメットは??もしかしてMさんではないか!!」とビックリのWildman。そーです、Mさんはいつの間にやらRZVを購入されていたのです(内緒にしないで下さい) 速い走りを追い求めるMさんはトーゼンの成り行きとして最高峰のレーサーレプリカRZVにたどり着き、XJ750は保安部品を外してサーキット専用にされてしまいました・・・RZVは購入と同時に輸出仕様のフルパワーに改造し、Mさんはその走りに大変満足されておりました。 しばらくし白マッハ号(350SS)を購入したWildmanでしたが、カエル君(KH250)にはあまり興味を示さなかったMさんでしたが白マッハ号にはちょっと興味があったようで、ある日仕事が終わってから素敵な提案をされました。「今日俺のRZV貸してやるから君のSS貸してよ、一晩交換しようよ」と危険なスワップ話が持ち上がりました。「だってMさん、僕は大型免許持ってないですけど…」と言うと「そんな事気にすんなって、わかりゃしないよ」と励ましの?御言葉を頂きました。 「そーだよなどうせインチキ書類のインチキバイクに乗っててもわからないんだから、一晩くらいインチキしてもわかりゃしないな!どうせ犯罪者だし、そうだ、そうだ」といい加減な結論をだして一夜限りのスワップは成立しました(この頃は無免許運転ではなく条件違反というものになったようです) 「初めて乗る大型バイク、しかも2ストの最高峰RZV500R!!、俺はGPレーサーだぜ!」と興奮し、発進しようとするとなんかギアが変??「Mさーんなんかコレおかしくないですか?」と聞くと「悪い悪いそれシフトパターン変えてあるから、一番上が1速で、そのあとはニュートラルを挟んで下に向かって6速になっているから」と難しい事を言いやがります。サーキット走行が大好きなMさんはシフトパターンを逆にして1ダウン5アップではなく1アップ5ダウンというレーサーみたいなことをしていていきなりWildmanに試練を与えてくれました。「まったくもう、狂人の考えていることはわからん」と思いながら変態は恐る恐る発進致しました。RZVは意外や意外、V4で500ccは低速トルクも十分にあり普通に街中でも乗れる感じで「なんだ、これなら白マッハ号の方がピーキーで2ストっぽいじゃん」なんて思っていましたが、大好きな安全そうで長い直線路に入りアクセルをガバット開けたところRZVは狂ったような加速を見せてWildmanを未体験ゾーンに連れて行ってくれました! 「は、速えー!何なんだこの乗り物は!!危なすぎる、こんなもの俺の手にはおえんぞ!!」とビックリ仰天の無免許野郎はビビりまくりました。これまでに経験したことのない加速性能をRZVは見せてくれたのです。中免野郎には荷が重すぎましたが、でもせっかく借りたのだから少しでも走り回らねばと思い横浜市内をグルグルと回っていると、信号待ちのたびに熱く感じるライダーたちの視線、そうです当時RZVに乗っていれば街中のヒーローになれたのです。 「どーだ、かっこいいだろう!中免ライダー諸君、でも俺のじゃないし免許も無いけれど…」と一人中途半端な優越感に浸る変態無免許エセオーナーは一夜限りのRZV体験を人に見せびらかす事によって楽しんだのでした。 次の日バイクを返すとMさんが「どうだった乗った感じは?」と聞いてきましたが「どうもこうも、こんな乗り物は免許が10枚と命が5つくらいなければ乗っていられません」と答えるしかありませんでした。反対にMさんは白マッハ号のことを「エンジンはよく回るんだけどさ、このバイクいったいどうやって止まるんだ?」と言っていたので「簡単です、信号3つ前からブレーキを掛けれるようにすれば良いのです」とマッハ号の乗り方を教えてあげました。RZVがデビューしすでに20年以上が経ちこのバイクもビンテージの仲間入りとなりパーツの供給もままならない物となりましたが、大型2ストの最高峰の1台として現在でも色あせる事はないと思います。同時期にスズキがRG500γを出しましたが、軽量ハイパワーのスズキらしくこちらの方がスピード的には速いかもしれませんが、残念ながら400cc版も出してしまったので、500cc専用設計で大型免許が必要だったRZVに比べれば細かな造りも含めてその存在感は薄いかなとWildman的には思っております。 画像のRZVは先月アメリカに行った時、モーニングクルーズ会場で見かけた車両です。やっぱりアメリカにも変態さんはいるのだなと思い嬉しくなってしまいました。 とにかく2度と作られることのない大型2ストロークレーサーレプリカのヤマハRZV500RはWildmanの欲しいものリストの上位にランクインされているのです。