Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

変態限定の本、それは勝手に作ったミニカーブックです

またもや更新が遅れてしまい、変態の皆様には大変ご迷惑をお掛けした事をお詫び致します。Hot Rod Custom Showに向けての仕事があまりにもたまってしまい、不覚にもブログ更新が出来なかった事を海より深く反省しております。
しかしShow会場ではたくさんの変態の方々に声を掛けて頂き(ブログの話で)このブログの方向性が間違っていなかったことが改めて確認出来てうれしい限りでございます。いまだに疲れが抜けず思ったように筆が進みませんので、申し訳ないのですが今回は残念ながら比較的新しめのお話で12年前の話題となります。
1995年当時、Wildmanのミニカーコレクションは知る人ぞ知るといった感じで細々と?やっているつもりでしたが、周りからはそうは見られていなかったようで、歯止めがきかないこのコレクションの暴走を見かねて、ある日Bossが「お前もういい加減にしてさ、1冊の本にまとめちゃえば?」と素敵な御言葉を掛けてくれました。「ということは自分で本を作ってしまっても良いということですか???」と聞き返しますと「Mooneyesからの出版で写真集みたいに作ればおもしろいんじゃないの」と変態に甘い言葉を掛けてしまったが最後、Wildmanが本気にならない訳がありません。「作りましょう、作りましょう、面白い本を作りましょう!!」と真夏に持ち上がった企画は秋の発売を目指して暴走が始まってしまいました。95年の時点で75年よりスタートしたWildmanのミニカーコレクションはちょうど20周年を迎えていて「コレクションの節目に素晴らしい企画が来ちまったぜ」と勝手に興奮し、充実した数週間の製作期間を過ごしました。この頃はまだデジカメもないので、フィルム式のカメラでミニカーを撮影しなければならないのですが、ミニカーはとっても小さいので上手く撮影するのがとっても難しく、Wildmanの手には負えないのでプロのカメラマンに撮影を
お願いするという、今考えるととっても贅沢な企画でした。
撮影場所はとーぜん御所山8のStudioなのですが、何が大変だったかというと御所山までミニカーを運んでくる作業でして1台ずつティッシュでくるみ箱に入れ厳重な梱包での搬送作業でした。1回に付き50台位運んで撮影して頂きましたが心配症のWildmanはとにかく気を使いまくり最後の1台が無事撮影し終わるまで気が気ではありませんでした。
御所山8でミニカーの撮影に没頭する大人二人…変態冥利につきました・・・最高です。
もっと楽しかったのはミニカーたちにつけるキャプションで「文章を書くのって面白い!!」と、この頃より12年後のWildman’s Blogに向って文才を鍛えておりました。もっともっといっぱい文章を書きたかったのですが、ページ数の制約もあるので我慢しました。その反動がこの長文ブログに表れているのかもしれません。
こうして短期決戦で製作された変態の為に変態が勝手に作った本、”Mooneyes Mini Car Book”は変態限定のマニア本としてほんの一部の方々に好評を持って迎えられました。マニアの方には素晴らしい!!と絶賛されたこの本は、普通の人には理解不能の古いオモチャの写真集でした。
しかし今見るとフルカラーのスーパーデラックスな本でありまして、前半はMooneyes DragsterやEd.Rothの60年代当時の写真とレベルのプラモを組み合わせた貴重な画像満載で、そのあとにどういう訳かマニアと言う事をいまだに隠し続けているBossのビンテージプラモコレクションが続き、そしてWildmanのミニカーコレクション紹介という構成であります。
もちろんすべてのミニカーを紹介するのはとっても無理な事だったので、我慢してお気に入りのモデルに絞っての写真集となりました。今見てもあの製作時の楽しさが蘇ってきますし、どのミニカーをどこで買ったかも全て思い出せるのは変態冥利に尽きますね。
なんて久々にこの本を開いておりますと、ムラムラと危険な思いが募ってきます・・・・・・・・・「この本のPart IIを出してみたい!そうすればもっとたくさんの変態さんが反応してくれるぞ!!
酔狂などこかの出版社さま、ぜひお願い致します」と日々本気で考えております。ミニカーコレクション歴は今年でついに32年目を迎え暴走が止まらずに膨大な量となってしまったモデルたちにキャプションをつけるのは相手にとって不足はありません。
そして付録でこのブログの小冊子をつければ変態の皆様からさらに愛される本となるでしょう。考えるだけでゾクゾクしてきました。変態に妄想はつきものです、今後は署名活動を行い、ミニカーブックPart II「激闘!!我がコレクションは墓場まで」の制作を進めて行く事を希望するWildmanであります。
ちなみにミニカーブック(Part I)はまだ在庫がございますので(残部僅少!!)変態初心者の方々はぜひ購入された方が良いのではないかと思います(MB002 \3,990)
mb002.jpg
御希望であればもちろんサインも致します。Part IIが出版の際は御所山にて出版記念のサイン会も催したいと考えていますので妄想を現実とするには変態の皆様の力が必要です。
一緒に頑張りましょう!!!

Be Sociable, Share!

???????????