Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

F-1が好き!(だった)思い出の赤いペガサス

時は70年代中盤、漫画「サーキットの狼」の爆発的ヒットにより日本はスーパーカー ブームに火が付き始めておりました。日本中の少年たちが一過性の変態となっていたこの頃、何とF-1(Formula 1)が初めて日本で開催されるというニュースが少年Wildmanの耳に入って来ました。「つ、ついにF-1グランプリが日本にやってくるのか、感慨深いのう・・・」と小学生の変態少年は一人ミニカーを握りしめ感動しておりました。
1976年10月24日豪雨の中、富士スピードウェイにて開催された日本における最初のF-1レースはすでに故人となったイギリスのジェームス・ハントが優勝し、この最終戦での逆転劇でニキ・ラウダを退け初のワールド・チャンピオンとなった話題性のあるレースになりました。翌77年(注:KISS初来日の年です、忘れないように)も同じく富士にて開催されましたが、レース中の接触事故でギャラリーが死亡するという悲劇により、この年をもって日本でのF-1開催は一時中止となりました(その後鈴鹿で開催されるのは10年後の87年になります)たった2回の開催でしたが少年WildmanはF-1のとりこになり、この分野の研究活動も始めました。当時はF-1といえど日本では情報は遅く半月から1ケ月遅れのレース結果をレース専門のオートスポーツ誌より仕入れて、ひとり海外で開催されるF-1レースに夢を膨らませておりました。WildmanにとってのF-1というのは70年代中期から82年頃までのレースでそれ以降セナの時代や現在のバーチャル体験のような安全なF-1には全く興味がございません。クラッチペダルやシフトノブのないF-1なんていくら速くても、ちっとも面白くないのです。
80年代初頭までのいつ死んでもおかしくない、危険で美しいバリバリドリフト走行のFord DFVエンジン使用のF-1マシンのみが素晴らしくて、それ以降のフジテレビによるF-1ブームなんてどーでもよいのです(ファンの方本当にすみません・・・・)だからF-1は「好き」ではなく「好きだった」という表現になってしまいます。
という事で初めて日本でのF-1が開催された30年前、少年サンデー誌において、超本格的F-1マンガ「赤いペガサス」の連載がスタートしたのです。
red pegasus 002.jpg
少年ジャンプ誌では池沢先生による「サーキットの狼」がバカ当たりし、スーパーカーブームが巻き起こっていたこの時期に今度はものすごい描写によるF-1マンガが始まったのです。村上もとか先生によるこのマンガは70年代のF-1シーンを実在のマシンやレーサーを登場させ、まるで本物のグランプリを再現しているようでした。主人公のケン・アカバとそのチームであるSVE(Soundervolt Engineering)のみフィクションであとは全て実在の物が登場し、リアル感満点のストーリーで何よりもレースカーのイラストが秀逸で少年Wildmanは村上先生のタッチに憧れてしまいました。「クー、かっこいいぜ!!俺もこんなイラストを描きたい、池沢先生には申し訳ないが鞍替えしよう」と今度はあこがれの対象を村上先生に変えたのです。いいかげんですね・・
この頃のF-1はロータスのコーリン・チャップマンによる革新的な技術が開発され、車全体をウィングに見立てた強烈なグランド・エフェクトを発生する通称ウィング・カーが出た時代でさらに危険度は高まりましたが、個性的なマシンのオンパレードでデザイン重視のWildmanにとっては素晴らしい時代でした(今のF-1は全部同じに見えます・・・)マンガの中でも主人公のケン・アカバのマシンは勿論ウィング・カーになり、その名もSV-01改というとってもかっこいい空想の日本製F-1マシンでした。
「なんてカッコイイんだろうこのクルマ、ミニカーになればいいのに!!」と思っていましたが、空想のクルマなどミニカーメーカーからモデル化はされません。と思っていたら、何と超合金シリーズのオモチャで有名なポピーからポピニカシリーズとしてSV-01改がモデル化されてしまったのです。
SV01 002.jpgSV01 003.jpg
ミニカーというより、オモチャとしての意味合いが強く、プルバックモーターにより走るギミックが付いていて、お子様向けの玩具でしたがそんなことはWildmanにとってはどーでもよく、赤いペガサスがモデル化された事に感動してしまいました。生産量も少なかったこのモデルは今となっては入手が非常に難しく、基本的には子供のオモチャだったので遊ばれてしまい廃車になったものも多くて現存台数は極めて少ないと思われます。
このミニカーを見ていると70年代のカッコ良かった頃のF-1シーンが蘇ってきます。そしてついつい赤いペガサスの単行本を取り出して読みふけってしまい、70年代後半にフラッシュバックしてしまいます。もちろん画像のWildman 所蔵本全14巻は全て初版のオリジナルです。
こんな素晴らしい描写のマンガが30年前にあったなんて感動ものですよ。復刻もされているはずなので探して読んでみて下さい。F-1に興味がなくても、話の中に出てくるアルファロメオ・カングーロやフォード・エスコート、そして主人公ケン・アカバのプライベートカーであるフェラーリ308GTレインボーに変態ならそそられると思います。(変態さんなら分かると思いますが、レインボーがプライベートカーになる分けがありませんね)こんなレア車を登場させるなんて村上先生もきっと変態に違いありません!!
先日30年ぶりに富士で行われたF-1は、またもや豪雨にたたられ何か因縁めいたものを感じますね。大枚をはたいて見に行った方々は悲惨でしたが、ほとんどのギャラリーはセナ以降のF-1ファンだと思われます。きっと少数ですが30年前の富士や赤いペガサスに興奮していた変態さんも含まれていたと信じているWildmanであります。

Be Sociable, Share!

???????????