Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

東京モーターショーに行って来ました。

ちょっと前の話題ですが、第40回東京モーターショーに行ってきました。日産GT-Rは黒山の人だかりで写真もろくに撮ることが出来ず、さんざんなイベントでしたね・・・・・・じゃなくって2007年の東京モーターショーなんて私は行っておりません!もうちょっと前のお話しですが1983年の第25回東京モーターショーに行ってまいりました。ほんとについこの前の事ですよね・・・ 電車とバスを乗り継いで幕張メッセじゃなくって東京は晴海国際見本市会場に高校の同級生のN君とたどり着きました。 83年のモーターショーはWildmanにとって自身3回目のショー出撃となりました。この頃はカエル君(KH250)に乗っていてまだバイクに夢中だったので(普通免許持ってなかったし)バイクの会場をメインに見た記憶があります。 この年は明らかに日本製バイクの世代が大きく変わって行く時期で、以前ブログで紹介した2ストの最高峰ヤマハRZV500Rの発表や、カワサキといえば空冷のZ系だったのが、ついに水冷となりその後ベストセラーとなるGPz900Rニンジャが発表されたショーでした。 一緒に行ったN君はGPz400Fをこのショーで見て一目ぼれ、その後購入されヨシムラの集合管を付けた数日後に転倒していました・・・・若いって素敵です。 カワサキは当時ブームとなっていた250cc、2ストレーサーレプリカにも最後発で参入し、水冷タンデムツイン&アルミフレームのKR250をこのショーでお披露目していました。 「ついに我がKH250以来のカワサキ製2ストか、しかも水冷だなんてスゲえな・・・・でもやっぱりカエル君がいいや!3気筒じゃなきゃダメだ、水冷3気筒なら買ってもいいかも」と一人アホなことを考えておりました。 3気筒といえばホンダは打倒RZを目指して2スト市場に参入し、この年の1月に欠陥車の誉れ高き?MVX250Fを発売していましたね。水冷V型3気筒なんて変態がそそられてしまう素晴らしいエンジンレイアウトでしたが、とにかく評判が悪くて同時期に発表されたRZ-Rやスズキのガンマに性能でも人気でも大きく水をあけられてしまった悲しい変態バイクだったのです。大好きですMVX・・・・ 超デリケートな3気筒エンジンは完璧な慣らしを必要としましたが、そこは当時の飛ばし屋さんたち、夢中でRZを追ってしまい慣らしなんてどこえやら・・ガスもオイルもよく食って、街中ではすぐにカブり、当時としてもうるさいエンジン音、サイレンサーからまき散らす異常な量のオイル、そして目出たく2番シリンダーの焼きつきと・・・・特に初期ロットのMVXは調子が悪く、友人も買って数か月で売り飛ばしてしまったのを思い出します。 当時のホンダワークスGPライダーのフレディ・スペンサーをキャラクターに起用し鳴り物入りでデビューしたMVXでしたが、欠陥車のレッテルを貼られ、RZ-Rの43ps、ガンマの45psに対し40psのカタログデータは数値的にも見劣りしてしまい(当時はこれがとっても重要だった)人気はさらに急降下、あっさりと1年ほどでNS250Rにバトンタッチされてしまった悲しいバイクは変態的には魅力タップリです。このモーターショーにも展示されて跨ったりしましたが、そういえばこれ以降2度と触れていないバイクだった事に今気付きました。乗ってみたいぜ変態3気筒の同志、MVX250Fよ!! この画像が83年の東京モーターショーにおけるMVXとWildmanでございます。足元に注目、ナイキのテラTCは自慢のMade in USAです。かっこいいな~テラTC!このスニーカーもうボロボロですがまだ持ってます・・・確か82年に買ったので26年間ワンオーナーですね、変態だから仕方がありません。もうボロ過ぎて履けませんが一生持っている事でしょう。 またも話が訳の分らない方向に行ってしまいましたが、ここからが本題なのです。このショーで衝撃的な車両がデビューしていました。ホンダのブースで異様なオーラを発していたそいつはその後20数年間Wildmanを悩ませ、21世紀になってから、手元にやってきたのです。変態を満足させた変態車輌の正体は・・・次回のお楽しみに!!

DOHC、5速マニュアルが欲しかった!

ついにマイファーストカーのお話になりました(マイファーストナイキは以前やりましたので)マッハ号やカエル君たち2輪に夢中になり4輪の事なんか誰よりも好きなくせに買うあてもなかったので、教習所はとってもゆっくり通い、普通免許を取ってもバイクばかり乗っておりました。世の中はハイソカーブームなる物が起こり、真っ白なボディーにひどく日本的なワインの内装のGX71マークIIや初代ソアラがなぜか若者にもてはやされ、皆さんナンパなお車でナンパに勤しんでおられました。Wildmanの周りにもそういった方々がたくさんいましたので、元祖デートカー2代目プレリュードを友人が買った時は運転させてもらいましたがフニャフニャした走りのフルオプションのこいつはどう扱っていいのかよくわかりませんでした。友人たちも910ブルーバードSSSターボやクレスタ・スーパールーセント・ツインカム24バルブ等々、オートマチック車輌をどんどん購入して行きWildmanを絶望のどん底に落とし入れてくれました。「みんな、何やってんだ!バイクに乗っていた頃をわすれたのか!」と一人憤慨しておりましたが、皆さん楽で速くてモテる車の方がいいぜと変態の言うことには耳を貸してもくれませんでした。それにしてもあいつらどうやってあんなクルマ買っていたんだろ? 「くそー車買うぞ、ランボルギーニが欲しいけど予算を15倍以上にしないと買えないからそれはやめにする、小さくてFRでマニュアルトランスミッションの車に決定だ、オートマなんか絶対買わんぞ、あいつら叩き直してやる!」とまたもや勝手な思い込みの判断により愛車探しが始まりました。 一番欲しかったのは初代カローラ・レビンTE27でしたが既にその頃は車齢10年を超えていて1年車検となっていたので車検嫌いのWildmanは諦めざるおえませんでした。かといって当時の現役車両はAE86となってしまい、新車は買えるはずもなく中古も高くて最新の4AGエンジンは単なる憧れでした。とにかく何としてもDOHCヘッドのエンジン搭載車両が欲しかったのですが、日産のFJやトヨタの4AG&3SGは高嶺の花で、旧型エンジンの中古車しか選択肢がありませんでした。そうするとDOHCといえばトヨタになり、旧型2バルブヘッドの1600ccの2TGか2000ccの18RGのどちらかの搭載車両となります。何しろカムシャフトが2本付いていれば速いと思い込んでおりましたので・・・・今でこそ軽自動車でも当たり前のメカニズムですが、あの頃はDOHCは偉かったんです。 「2リッターは維持がつらいな、やっぱり1,6リッターしかないな2TGだな、うんDOHCといえば2TGだぞ、レースにもいっぱい使われていたし何しろ中学校の時の担任の木村先生も47トレノやカリーナGTに乗っていたしな、親近感があるぞ」と訳の分らない理由でエンジンは決定しました。当初ソレックスキャブ2連装の2TGでしたが、排ガス規制により一旦生産中止後、EFI仕様のの2T-GEU(インジェクション)となっていました。 2T-GEU搭載車両はカローラ&スプリンター、セリカ、カリーナ等がありましたが「やっぱり車重が軽くて小さいのがいいや」と思いカローラかスプリンターにしようと思いました。となるとレビン&トレノ系はTE55やTE65系もしくはAE86の一世代前となる2TGエンジン最終型のTE71系のどちらかになりますが「どう考えてもTE71の方がカッコイイや!よし71に決定だ」とやっと買うクルマが決まりました。 1979年にフルチェンジした70系カローラ&スプリンターは直線的なデザインとなり2T-GEU搭載車は3ドアハッチバックのレビン&トレノか2ドアハードトップのGTか最高にカッコ悪い迷車?のリフトバックGTもしくは渋い4ドアのセダンGTの4つのタイプがありました。 「王道はレビンだが、どうせなら和製ロータス・コルチナのセダンGTていうのも変態ぽくていいな!そうだセダンだ!セダンGTにしましょう」とWildmanついに生れて初めて買うミニカー以外の4輪車が決定したのです。この頃看板屋に務めておりましたが、ここはトヨタの仕事をやっておりましたので、そのルートで探してもらうことになりましたが、トヨタ系である以上そうせざるおえませんでした・・・・・ さすがトヨタ直々の紹介、たくさんの候補車両が出てきましたが、なかでもとびきりの1台はマイナーチェンジ後の角目ヘッドライト仕様、走行一万キロの最終型セダンGTという極上車が現れました。とっても程度が良かったのですぐに決定、付いてた値段はちょっと高めでしたがそこはトヨタ系の社割?のようにして頂き、かなりの値引きとなりとっても嬉しかったです(もちろんローンですね・・・) 「ついにやって来たぞ俺のコルチナGT、じゃなかったカローラGT、これからはカロチナGTと呼んでやるぜ!ヒール&トウをマスターして峠を水すましのように走ってやるぞ」と誓い、唯一ハイソカーに行かなかった友人の初代RX-7と週末は箱根に出撃していました。 今思えばたったのグロス115psしかなかったエンジンは良く回るだけでちっともスピードが乗らなかった感じですが、カチカチ決まる5速ミッションとFRのコントロールしやすい足まわりで、運転するのはとっても楽しかったです。2速と3速のアクセルワークで簡単に軽いドリフト状態に持ち込めるのでクルマの運転の練習には絶好の車輌だったと思います。そのうちエスカレートしTRDのサスを組んだりしてどんどんバランスが崩れて行きました。最後は1750ccにボアアップしようとチューニング屋さんに持ち込みましたが「3万キロも走っていないクルマでやるなんてもったいない、帰れ!」と門前払いされてしまいました。若かったですね・・・ 全く故障しないんで「日本製はスニーカーもクルマも最高だ」と思いそれはそれはお金のかからないクルマでしたね。しかも1度もおまわりさんに捕まらなかったクルマです(バイクではしょっちゅう捕まっていましたが・・・) 友人のハイソ軍団に交じり一人ノンパワステ、ノンパワーウィンドウ、5速マニュアルで張り切っておりましたが、86年になりムーンアイズがオープンし、人生を変え、世捨て人となる車との出会いがやって来てしまいカローラGTとはお別れとなってしまいました、サヨウナラ(Wildman’s Blog vol.1参照) マイファーストカー、カローラGT(通称カロチナGT)と過ごした80年代中期からすでに20数年の歳月が過ぎてしまい、もはやTE71は高速有鉛の仲間入りとなり複雑な?気持ちです。とっても錆やすいクルマなのでこれからは維持が大変だと思われますが、オーナーの皆様どうか大事にしてあげて下さい。 もうあのサイズのFR車両は作られませんからね、DOHC最高だぜ!!

Wildmanとロールスロイス

先週のお話だった「力道山のロールスロイス」に続き、今週のお話は何と「Wildmanとロールスロイス」でございます・・・。クルマ趣味の集大成として力道山と同じく王者のクルマ、ロールスロイスを購入したWildmanでしたが・・・・・なんていうのは真っ赤な嘘でミニカーのロールスならいっぱい持ってますよ!すみません、くだらないですね。 なぜ2週続けてロールスロイスのお話かと申しますと、ちょうど今週のお仕事でロールスロイスにPinstripeを描いたからなのです(珍しくタイムリーな話題ですみません、次週よりまたタイムスリップしますのでご安心下さい)。 何で?と思われるかも知れませんが、ハデなCurlyやFlamesをデザインしたのではなく、直線をピィ~っとFreehandで1本引いたのですよ。そうなんです、超高級車のロールスやベントレーですが、純正のオリジナルでPinstripeが描かれているのです。しかもこれはファクトリーで職人さんが手描きした物で、マスキングテープの塗装とは違うもので実に味わい深いのです。 このStripeが長年、磨きすぎて色が少し薄くなってしまったり、板金補修で消えてしまった物の補修がたまに仕事で入ってくるのです。これまでに何台かのロールスやベントレーに描きましたが、こだわりのあるオーナー様は、マスキングではなくどうしてもオリジナルと同じく手描きが良いという事なのですね。今回のオーナー様は更に洒落た方で、直線以外にももっと模様を描いてくれ!!との事でWildman的にはとっても楽しまさせて頂きました、ロールスロイスへのPinstripingを! 他にも古いところでは、画像のバンデンプラス・プリンセスなんかも純正で1本ちょっと太めのPinstripeが入っていてこちらは何台も描きました。 さらにマニア御用達の趣味車があるのですが画像の濃紺の車です。何だかわかったあなたはWildman側の人、そう、ただの変態です・・・・。 このクルマはランチア・テーマ8・32です。そう通称テーマ・フェラーリといわれた、 超お間抜けなクルマです(オーナーの方、悪気はありませんので・・・)。FWDの全くフツ~のファミリーセダンであるランチア・テーマに何をトチ狂ったのか、フェラーリ308クアトロ・ヴァルヴォーレ用のV8エンジンをフロントに横置きでぶち込んだおバカなクルマです。エンジンルームなんか手も入らないほど、いっぱいつまっていて、「これじゃ冷えるわけがない、イタリアでは信号も渋滞もきっとないんだぞ!」と思わせるような身勝手な設計でした。しかし走り出せば多少デチューンされたフェラーリエンジンとはいえ、その音はまさにフェラーリサウンドでした。壊れまくりベスト10に楽勝で入りそうなクルマですが、最終期は何とマツダ系ディーラーのオートザムが扱っていたのが笑えます。さぞやメカニックの皆様は大変だったでしょう。お気の毒です・・・。しかしこいつも純正で手書きのPinstripeが入っていて、この画像のクルマも塗装補修後に2色のPinstripeを描かさせて頂きました。 こういった純正Pinstripeや画像のマッハIIIのタンクみたいなLetteringも喜んでお引受け致しますので、我こそは変態と自負する皆様の変なクルマの入庫をWildmanは心待ちにしております。

[…]

絶対に読むべし!「力道山のロールスロイス」は名著だぜ

皆様明けましておめでとうございます。変態的にはお正月はミニカーのWax掛けとスニーカーのメンテナンス、数千冊の蔵書の整理等を行い充実しておりました。ミニカーのWax掛けは面白いのですがとっても大変でして、数千台をローテーションでやっていますので、1台あたりはおそらく3~4年に一回の割合で廻っているような気が致します・・・・しかしこれを怠ると湿度の高い日本では塗装面の浮きや劣化をという悲劇に見舞われますので、変態レベルのビンテージミニカーのコレクターは皆様きっと同じような事を行っているのではないでしょうか。もちろんあまりにも旧いミニカーはタイヤのつぶれ防止にジャッキアップも施します(変態冥利につきますね) 読書も大好きなので色々なジャンルを網羅しているのですが最近は力道山について研究しております。そうです昭和の日本復興時のスーパースター、プロレスの力道山です。45年も前に亡くなった力道山ですが、調べれば調べるほど面白いエピソードがあり、もし生きていたら実業家としての方がレスラーとしてよりも成功した可能性もあったので、色々な方が色々な本を書いていて、どれもこれも彼に関する本はとっても面白い物が多いのです。裏社会とのつながりも多かった彼なので当時のヤクザ屋さんの勢力の勉強にもなってしまいます。力道山といえば筋金入りのカーマニアだった事も有名ですね。体一つでアメリカを巡業し莫大なドルを稼ぎ、デトロイトで当時のスーパーカー「メルセデス・ベンツ300SL」を購入し自分で大陸横断し、サンフランシスコまで運びそこから日本に送ったというスケールの大きな話が残っています。300SLは当時の日本では宇宙船を買うくらいの天文学的な買い物で、いかに力道山が莫大な稼ぎを誇っていたかが分かりますね。石原裕次郎も300SLがどうしても欲しく、力道山の元へ売ってくれと日参したそうですが断られ続け、結局違うルートで中古車を購入して亡くなるまで溺愛していました。現在は小樽の裕次郎記念館にこの固体が展示されていますが、力道山の元愛車も海外に出る事なく日本でマニアの元、生息しているそうです。力道山はこの他にも’55キャデラック エルドラード・ブローアムやシボレー・ノマド、ジャガーXK120等々、当時の最高レベルのクルマを所有し、半端でないマニア振りを見せていて2輪のインディアンまで転がしていたそうです。 今回蔵書の整理中に久々に1冊の本を手に取って久々に読みふけってしまいました。タイトルは「力道山のロールスロイス くるま職人思い出の記」中沖満著で高校3年生の時に買った昭和57年出版のもちろん初版本でございます(現在は絶版)著者の中沖さんは昭和を代表するクルマの名塗装職人で、東京にあったわたびき自動車という塗装工場で長年に渡り腕を振るった職人さんです。この本ではご自分の職人としての経験を数々の名車と共に紹介してゆく内容で、素晴らしい文才に驚いてしまい、「うーむ、マニア兼職人というのは文才も必要なのか」と20数年前に感じておりました・・・10年位前のニューイヤーミーティングで始めて中沖さんにお会いする機会がありましたがその時Mooneyesからの出展車輌ゴールドの”Moon Glow”(デボネア:Paint by Specialtie Auto Works)を見て頂き、その板金&塗装に賛辞のお言葉を頂いた思い出があります。 そして本のタイトル「力道山のロールスロイス」ですが昭和30年代当時、力道山は自分のクルマの塗装をわたびき自動車に出していて、その時のエピソードが本のタイトルになっていました。 クルマ趣味の集大成としてロールスロイス シルバークラウドを購入した力道山はさっそく自分の好みの色に塗り替えるため、わたびき自動車にクルマを持ち込みました。濃紺に塗り替え途中のロールスでしたが、完成直前にあの力道山殺傷事件が起こり、力道山は帰らぬ人になってしまい主人を失ったクルマでしたが、中沖さんたちが徹夜で仕上げて葬儀に間に合わせて、小さな箱に入ってしまった主人を乗せる悲しい役目を果たしたそうです。いい話も悪い話もあまりにもエピソードが多い力道山ですが、クルマに関しては本当に好きだったんだなという感じがどの文献を読んでも感じ取れる事が出来ます。 「力道山のロールスロイス」ですが他にもトヨペット・スーパーや日産オースチンという懐かしい国産車からブガッティ、コブラ、アバルト、デ・トマソ・マングスタ、メッサーシュミット等々との楽しいエピソードが書かれていて、マニアさんなら絶対に面白い読み物として変態が太鼓判を押します。Wildman的には数年前そのうちの1台そのものの車輌を運転する機会に恵まれた事がありました。(いずれお話し致します)皆様に読んで欲しいこの本ですが残念ながら現在は絶版本になてしまっています・・・ しかし、神保町あたりの古書店やヤフーオークションで1ヶ月くらい探せば絶対に見つかると思いますので、ぜひぜひ検索してみて下さい、変態のイチオシでございます!!!