Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

それは25年前、ホンダの鼓動が聞こえた

前回までのお話で四半世紀前の1983年東京モーターショーに出撃していたWildmanは、たくさんの新型オートバイに囲まれて、あーでもないこーでもないと友人のN君と勝手な論評を繰り返していました。 「カタナがリトラクタブルライトになりやがったぞ! こっちにはホンダのCX650ターボがあるぞ! RZV500Rは一体誰が買うんだ!」と叫びながら会場内をグルグルと廻っておりました。そして笑劇のいや衝撃の出会いはホンダのブースの所でやって来たのです、しかも原付の・・・・・大型バイクを期待していた皆様、それではまだまだ変態にはなれません。タクトやスペイシー、そしてマイナーチェンジした我がリード号が並ぶブースの一番真正面に見たこともない変態ちっくな乗り物が鎮座しておりました。「こっ、これは何???何なんだこのデザインは!!見たことがない!!」と叫ぶWildman、友人のN君も「これってコンセプトモデル?本当に売るのかよ!」と二人はコイツの前で呆然としました。まるで21世紀の世界からやってきたバイクに思えました。 「みっ、見ろ水冷だラジエーターが付いてるぞ!タコメーターも水温計も付いとる!ヘッドライトが2つも付いてるぞ、しかもハロゲンだ!ブレーキにはエアスクープも付いとる!足元のあのペダルは何なんだ!」と全てが衝撃的でした。しかもセンスのかけらもないカラーリングを身にまとっていました。 2人を興奮させたそいつの名前は「ホンダビート50」ホンダの鼓動・・・・でございます。画像がこの時のショーモデルのスペシャルカラーリングで、残念ながらこのカラーでは発売されませんでした。ビートと聞いてあの軽オープンスポーツカーのビートだと思った方がいらっしゃると思いますが、ホンダはそれよりずっと前に違うビートを作っていたのです。ホンダは名前の使い回しが大好きなようで、元祖スリーター(3輪スク-ター)のストリームという名前もなぜか今ではミニバンの名前として平気で使っていますね。 ビートはあらゆる意味で凄いスクーターでした。何が凄いかって言いますとデザインは当然としてもエンジンは原付スクーター世界初の水冷2ストロークエンジンはクラス最強の7.2馬力を絞り出し、デュアルハロゲンヘッドライトも世界初、メンテナンスフリーバッテリーに至っては2輪車で世界初!という栄誉を担った世界初メカニズムがいっぱいのバイク、それがホンダビート50だったのです。「世界初がいっぱいだ、まるでマッハIIIが世界最速になった時みたいだ・・」とまたもやWildman特有の勝手な思い込みが始まったのです。 そして一番気になったのは足元のペダルでございます。いったい何だと思います?このペダルは、ブレーキではありませんよ。すぐに分かったあなたは変態の資格十分です。このペダルはV-TACSと名付けられたまるでアニメの世界にでも出てきそうなメカなのです。ヴァリアブル・トルク・アンプリフィケーション・チャンバー・システムという悪者をやっつけるような名前のシステムは現在でいう所のVTECのような感じでしょうか(大げさですが)日本語で言いますと「可変トルク増幅排気システム」とホンダさんが言っておりますが、どういうものかと言いますと、ペダルを踏まない状態での走行中は排気バルブが開いていてサブチャンバーと主排気系が低回転時にマッチした排気脈動になっていますが、一定の回転数になるとこの流れでは頭打ちになってしまいます。そこでこのペダルを踏むとサブチャンバーは閉ざされ高回転型にセットされた主排気系が脈動効果を発揮しフルパワー7,2馬力を絞り出すのです。何を言っているのかわからなくなって来ましたが、簡単に言いますとエンジンが5500回転の時にペダルを踏むとV-TACSが作動し、クルマで言うとターボチャージャーのフルブースと状態になり真のパフォーマンスを発揮するというわけです。どうですこの意味不明のメカニズム、変態心をくすぐるには十分でした。モーターショーからフラフラと帰ってきましたがカワサキニンジャよりもビートの方が印象深く、暫くの間はビートにうなされていました。そしてモーターショー直後の83年12月にビートは発売されたのです。 しかしWildmanには普段の足としてボルグ様のリード50がありまして、こちらも手放すわけには行かないといった信念があり、ビートは欲しいがカエル君(KH250)もあるしこれ以上の増車は不可能といった状況でした。しかもビートの値段ときたらあまりのハイメカ二ズムとなった為、当時の原付スクーターとは思えない\159,000という破格のプライスタグを引っ下げておりました。原付なんて\10万もあれば立派なものが買えた時代です。性能云々よりもあまりの変態性と高価格が災いし、ビートは立派な不人気車となって80年代を駆け抜けたのです(というより転んだのです)あっという間に生産中止となり人々の記憶からビートは消えてしまって、気が付けば幻のスクーターとなり、ビートといえばあのムーンアイズエリア-1カリスマ店長も乗っていた軽オープンカーといったイメージしか無くなってしまいました。しかしWildmanの心の隅にはいつもビートの鼓動が聞こえていました。1995年JR鶴見駅付近でオッサンが乗る黒のビートに感動しましたが、それが走っているビートを見た最後になっていました。 時は流れて本当に21世紀になってしまい、ビートと出会った衝撃のモーターショーから20年以上の月日が流れておりました。その間Wildmanは歴代リードを4台乗り継ぎ50ccから90ccとなりリード100に到達していました。さすがにこの頃ではビートなんて笑い話にもならなくなっていてWildmanとしてもビートの話をしても通じる相手がいなくなっていました。しかしインターネットより信じがたい情報を変態はキャッチしてしまったのです。「ビートの新車がある、未登録だ、しかも横浜に」とだれも信じてくれないような話ですが、それは紛れもない真実でした・・・・・ この続きは次回のお楽しみに(してくれる人がいるといいのですが・・・)