Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

20年の時を超えてやって来た、Meet The Beat50!

超前衛的スーパースクーター、ビート50との笑劇の出会いから約20年、時代はすでに21世紀を迎え、2サイクルスクーターの生産中止の声も上がり始めていた頃でした。 環境問題による排ガス規制で小排気量ハイパワーの2サイクル原付&原付2種は苦境に立たされ、クリーンな4サイクルの低パワーエンジンへの移行を余儀なくされていました。悲しいですね・・・「ついに我がリード100も生産中止か・・・ボルグ様20年間有難うございました」と感慨に耽っていると、懐かしい80年代2サイクルハイパワースクーターの事を思い出してしまい、思考回路はどんどん逆行し、ビート50の鼓動が聞こえて来てしまいました。「ビートか、あいつは本当に欲しかったけどついに乗る事もなかったなあ・・・今乗れば真の変態として世の中に認められそうだなぁ・・・」と思うと昔の本やカタログを引っ張り出してはいかにビートが変だったかを再認識しておりました。 インターネットを検索してもビートといえば軽オープンのビートばかり出てきます。しかし約3年前のある日の事でした、全く知らないバイク屋さんのHP在庫車両にヘンテコな物体の在庫情報を見つけてしまったのです。 「これってビートに見えるんだけど・・・まさか売っているの????し、新車だって!!!ウソでしょ、本当にビートなの!!!!」と興奮状態になる変態は失神しそうになりました。お店の住所を見ると横浜のちょいはずれの方になっています。「そんなバカな!!ありえない!今時ビートだなんて!でも見てみたい」と思っていると、いまだに自らが変態の一人だと認めていない某Truck Trends編集長のO氏から絶好のタイミングで素敵でHotな情報がもたらされたのです。 「たぶんそれその物と思われるビートがどこそこの十字路にあるバイク屋に並んでいた!」 とご自分もとっても嬉しそうに熱く語ってくれたのです。まさに変態としか思えません。そしてついに20年の時を超えてそいつと対面する時がやって来たのです、Meet The Beat! そこはWildman自宅よりクルマで約1時間弱の寂しい山の中の交差点、解体屋さんかと思ったそのお店にたどり着く変態が一人・・・・ 「あのー、ビート50っていう旧い原付があると聞いて来たんですけど」とお店のおじさんに言うと「あ、ビートね、そこのはじっこに置いてあるよ」と解体車か販売車だかよくわからない原付たちの列の端の方に真紅のスーパースクーターはポツンと鎮座しておりました。 「お、おまえこんな所にいたのか・・・・」と絶句のWildman、1983年の東京モーターショーで笑劇の出会いをしてからすでに20数年、最後に走る姿を目撃してからも約10年の月日が流れ去り、心肺停止状態だと思っていたホンダの鼓動はついに変態の前にその姿をさらけ出したのです。「何てこった、これは夢か幻か、それともついにオレは気が狂ったのか」とビートの前で震えて自分が心肺停止になりそうになったのです。 オリジナルのビートレッド(純正カラー)のカウルをまとったボディは特に欠品もなく程度良好、オドメーターに目をやると走行距離は何と4キロ・・・・「お、おじさんこれってホントーに新車なの!!」と聞くと「そうだよ、未登録の車輌だよ、ずーっと倉庫に眠ってたみたい」と信じがたいコメントを頂きました。そうなんです、このビートは20数年間もの長きに渡り、1度も登録されることなく眠りこけていたタイムスリップ車両だったのです。いつも自分自身がタイムスリップしているWildmanにとって奇跡的な出会いが訪れました。 21世紀になって突然現れた新車のビート50、もう我が家に迎え入れる事は決定的でした。買わない理由なんてこれっぽっちもありません。気になるお値段は1983年コイツが新車時の全国標準現金価格\159,000(当時は消費税なし)のピッタリ半額でよいとの事でした!! 「ウオオオオ~」と叫んだ次の瞬間、手付金を払っていました。 「動こうが動かまいがそんな小さな事はどうでもいい、ビートは存在自体に意味があるのだ!」と言ってはみたものの、やっぱり動く方がいいや・・・と思いおじさんに「ところでこれって動くんですか?」と聞いてみると「たぶん動くよ」と怪しいお答が返ってきました。突然バッテリーをつなげてセルを回してくれましたが「プヨプヨプヨ」とセルの音がするだけでエンジンは一向にかかりません。 何とビートには最初からキックが付いていないのです!「世界初のメンテナンスフリーバッテリー搭載の自信の表れか」と思いましたが、ただ単に水冷化による水廻りの配置関係でキックが付かなかっただけのようでした・・・ 元気なく回るセルに見切りをつけ、突然おじさんはキャブをばらし始めたのです。そして待つこと数十分、もう一度バッテリーをつなぐと「プイーン」と水冷2ストローク、7.2psのホンダの鼓動が聞こえたのです。「やった、やった、やった」と飛び上がって喜ぶ変態は一週間後の納車を首を長~くして待っていたのです。その間にひっさしぶりに自分で原付のナンバープレートを取りに区役所なんかに行ってしまい、指折り数えてその日を待ちました。 20数年間思い焦がれたホンダビート50。ついにオーナーとなる日がやって来て原付の前で興奮する40歳の変態。シェルビーだろうが原付だろうが嬉しいものは嬉しい・・・・ お店に到着し、ナンバープレートを付けてまたがってみると「なんてちっちゃいのコレ!」という感じでした。ビートは水冷ですけどとってもちっちゃくて軽いんです(乾燥重量60kg) 「それでは生涯大切にさせて頂きます」とお店のおじさんに分かれを告げ、デッドストック状態、新車のビート50は20数年の時を超えてプイ~ンと走り出したのです。 スピード、タコ、水温計、燃料計の原付離れした凄まじい4連メーターはすべて動き、Wildmanを感動させました。「新車だからな、一応しばらくは慣らし運転しなくちゃな」と小心物はエンジン回転数を抑えて走りました。 ついにやって来た20年落ちの新車ビート50(推定1984年型)高校生の時に初めて原付を運転した時の感動が甦ります。自宅前で真っ赤な原付を眺めウットリする40歳・・・・近所の噂を独り占めでした。それでは新車インプレッションを始めます。ビートは原付のくせにキックがないのでセルスターターのみの始動になります。なので寒い季節はとっても危険な乗り物です。 プインとエンジンが掛ったら水温計の針がぴくりと動くまで待ちます(小心者なので)後はオートマチック(Vマチック)なのでアクセルをひねればプイ~ンと走りだします。水冷の為でしょうか、エンジン音は意外と静かですが走ってすぐ気付くのは低速トルクが細いという事です(気のせいかもしれません) しかしここからがビートの本領発揮です。プイ~ンと走りだしてから車速がのり、タコメーターの針が5500rpmを指した頃「今だー!」の掛け声とともに左ステップ後方に配置されたペダルを踏み下ろすと謎のメカニズムV-TACSが作動し、2段切り替え方式の排気系はサブチャンバーのバルブが閉じて高回転型にセットアップ!! タコメーターの針は一気に11000rpm!!!!まで跳ね上がりそのサウンドは「プイ~ン」から「パイーン」とハイパワー2ストロークの高音に変わります。 そしてさらに面白いのはV-TACS作動の瞬間にタコメーター内に描かれた出力曲線の所にセットされた「バリアブルパワーインジケーター」なるデジタル風?の赤色ランプがピピピピッっと点滅し「うおー、今がフルパワーだ~!」と気分を盛り上げてくれます。まさに80年代のゲームセンター感覚であります、なんて素敵なのでしょう!!スーパースクーターホンダビート50。しかしですね気分はとっても盛り上がるのですが実際のスピードはというとあんまり出ていないような感じがします・・・まあこれはリード100という絶対的に排気量もパワーも違うバイクに乗りなれているせいもあるので仕方がありませんね。 ビートの正しい乗り方というのはですね、80年代に無免許で?RZV500Rを借りて乗りまわして、中免ライダー諸君に見せびらかした時と同じように、21世紀の若者に見せびらかすことです。 ビートに乗ってコンビニやバイク屋行き、高校生軍団に見せつけると「うおー、なんだコレは、こんなの初めて!」とみんな驚いてくれます。「ふっふふ、これは君たちが生まれる前のバイクだぜ、新車だけど」とセリフを残し走り去る変態が一人・・・こんな感じで乗れば良いのです。 ノンフィクションのこのお話、楽しんでいただけたでしょうか?奇跡の新車ホンダビート50(推定1984年型)その後も自分のビート以外とは1度も遭遇しておりません。どこかですれ違って一緒に走ればツービートだ!といつも思っておりますが、走っているトヨタ2000GTを見るよりも走っているビートに出会う方がはるかに難しいかもしれません・・・・横浜市内で真紅のビートに出会ったら必ず声を掛けて下さい、99%の確率でそれはWildmanのはずです。 2度と作られることのない80年代を代表する迷車中の迷車、ハイパワー水冷2ストロークスーパースクーター「ホンダビート50」こいつの鼓動を後世に伝えるため、ビートの伝道師Wildmanは永久保存を決めております。(あんまり素晴らしいので、そのうち部屋に入れるかも知れません・・)

[…]