Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

おやじのスバルは幻のデメキンだった!

「長すぎてこれはブログじゃない!いいかげんにしろ!!」とか「長くて楽しいですね!もっと長くしてください!!!」とか賛否両論たくさんの方のご意見を頂いたこのWildman’s Blogも気が付けば2月で一周年を迎えて、今回でちょうど50回目のアップとなりました。 この間にたくさんの同士がいる事が判明し、私の生き方は間違っていなかったという感じになりました。やはり考えている事は皆同じ、変態というのは特種な生きものではなくなって来ていると痛感する今日この頃です・・・ という事で記念すべき50回目のお話はウチのおやじのFirst Carだったスバル360について語らさせて頂きます(Wildmanのスバルではありません) 1964年(昭和39年)東京オリンピック開催&東海道新幹線開通というおめでたい年に生まれたWildmanでしたが(本当はあと10年早く生まれたかったのですが)この時点で我が家にはまだマイカーはありませんでした。というか、まだマイカーを一般庶民が所有するというのは結構難しい時代でして、ご近所でもほんの数軒の家に軽自動車か仕事用のトラックがあったくらいだそうです。 ウチのおやじははっきりいってクルマにはほとんど興味がなく、免許も当時自動二輪しか持っていなくて、今乗っていれば変態の資格十分の三菱シルバーピジョンというスクーターを仕事で転がしていたくらいで、自家用車を持つという観念はほとんどなかったようです。しかし、Wildman 実家は駅まで歩くには結構距離があり、Wildmanが誕生した事により移動がとっても面倒臭くなり、仕方なくクルマを購入する計画が持ち上がったそうです。 といってもバイクの免許しか持っていなく、普通免許を取るのも嫌だったので、当時は何とバイクの免許でも乗れた360cc以下の軽自動車にターゲットを絞りました。国民車構想で生まれた小さな軽自動車たちは一般庶民の夢として昭和30年代末期の時点ではかなり普及していましたが、いきなり新車を購入するというのはかなりハードルが高く、「とりあえず最初は中古車にしましょう」とおやじは家から徒歩40秒の所にあった小さな町工場兼自動車販売業を営んでいたM自動車さんに相談に行きました。 そこではダイハツやスバルの新車&中古車を扱っていましたが、何しろ運転にも自信がなかったので「動けばいいや」という感覚で一番安い値段で店頭に並んでいたスバル360の中古車に目を付けました。価格は5万円、もちろんこの頃は軽自動車には車検制度もなかった夢のような時代だったのですぐに乗って帰れたそうです。 すぐに乗って帰ったのはいいのですが、バイクの免許で乗っているので初めての自動車はとっても運転が難しく、練習がてら街中に繰り出したら狭い道に入りこんでしまって行方不明となり遭難寸前でやっと家にたどり着いたそうです。 これがおそらく1965年くらいの事なのですが「はっきりした年はもう忘れた」との事で確証が取れないのですが、何でも昔の事が知りたいWildmanには辛いところです。このスバルの記憶はうっすらとしか覚えていないWildmanですが、リアシートに座ると後ろからエンジン音が聞こえた事はかすかに覚えているのと、色がブルーだった事が唯一の思い出です。 しかし変態としてはこのスバルの事が知りたいと思っても、おやじにとってはただの道具だったのであいまいな記憶しか無く、「とにかく中古車で調子が悪かったぞ!そうだ混合給油だった」ということしか覚えていません。残っている写真も少ないのであとはWildmanによる検証しかありません。 アルバムに残された小さな写真は実家前で昭和41年5月5日に撮影されたスバル君の姿です。鯉のぼりも高らかに上がり、まさに三丁目の夕日の世界ですね…我が家のFirst Carスバルは驚くなかれスバルマニア垂涎の存在、スバル360第一世代の通称「デメキン」と呼ばれるウルトラレア車だったのです。 欲しい・・・・・おやじの話によると「ミッションは縦H式だった」というのが唯一の確かな情報で(60年後期まで横H式)あとは写真から判断するとフロント一本バンパーなので、当然マイナーチェンジ後のモデルで(最初期型はセパレートバンパー)エンジンは16psから18psにパワーアップされているはずで、フロント部に”SUBARU”の小さな文字のエンブレムも見当たらないのでこのあたりから大まかな推測をすると1961年前期型~62年後期型(昭和37年8月生産分まで)と思われます。という事は我が家に来た頃で4~5年落ちくらいのクルマだったのですが、それにしてはよく壊れたそうです。 62年のデラックスモデルからヘッドライトがデメキンタイプではなく、おなじみの3ビームタイプになり、現存するスバルはほとんどがこのタイプのヘッドライトのモデルです。Wildmanが小学生の頃の70年代でもデメキンのスバルにはほとんど遭遇しませんでした。偶然見た時はランボルギーニミウラよりもトヨタ2000GTよりも興奮したものです。結局このスバルにはほんの2~3年くらいしか乗らなかったそうですが、そのあとも懲りずにスバル360の中古車を買ったそうですが、これも混合給油のタイプでしたが、デメキンではなく64年くらいの型だったようです。 スバル360は結局この2台を乗り継いだのみで、次は違うクルマになったのですが昔の人はよくこんな小さなクルマに家族を乗せて、ドライブや買い物にいったもんだといまさらながら感心してしまいます。デメキンのスバルは完璧な設計理念のもとに作られ、シンプルなデザインも素晴らしく、その性能も当時としてはずば抜けていて、てんとう虫の愛称と共に永遠に語り継がれて行く、国産車の中では名車中の名車だと変態は太鼓判を押します。(ビート50のような迷車ではありません) 写真の実家もとっくの昔に建て替えられ、このスバル君なんて昭和44年頃にはスクラップになった事でしょう・・・・来年には免許を返納すると豪語しているおやじですが、スバルの写真を見せて「もう一度乗りたい!」などと言ってくれればいいのですが、残念ながらそんな変態ではないようです。