Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

伝説のACコブラは横浜で生き続けてるぞ!

「ACコブラ」と言えば、車好きの皆様なら誰もが知ってる名車中の名車ですよね。40年以上も前のクルマのくせに未だにファンは多く、多くのレプリカも作られていますが、本物は天文学的なプレミアが付いてしまいおいそれと買える様なクルマではなくなってしまいましたね。 レーサーとしてル・マンでも優勝経験のある「キャロル・シェルビー」がイギリス製のスポーツカー「ACエース」のシャシーにパワーのあるデトロイト製V8を押し込んだ「ACコブラ」は量産Hot Rodとして数々の伝説を残しました。伝説のスタートはMoon Equipped(現:Mooneyes USA)にて第一号車が組み上げられた事ですね。当時Shelby AmericanはMoonに間借り?していて60年代初期の住所はMoonと同じ10820 S.Norwalk Blvd. Santa Fe Springs,CAになっています。ディーン・ムーン、キャロル・シェルビー、エド・ロスらの関係はこの頃に築かれていますね。ディーンもロスもすでに鬼籍に入ってしまいましたが’23年生まれのシェルビーは心臓移植を受けていますが、とっても長生きしておりまして未だにファンの前に姿を見せてくれます。画像は昨年のSEMA Show会場での物です。サインが欲しくて並びましたが、残念ながら途中で打ち切られてしまいました・・・ フォード・フェアレーン用の260キュービックインチの排気量から始まったコブラはその後289となり、ついには7リッターで425hpを誇るビッグブロックの427ユニットを積んで、スタンディング1/4マイルが12秒台、マキシマム・スピードが280km/hに達するとっても危険な量産車となりました。パワーもでかくなればボディーも横に膨らんでグラマラスな427独特のデザインとなり、現在でも人気のあるのはこの427の方ですね。私は260や289も好きですが子供の頃は断然427でした。 当時カーグラなんかを見て「なんじゃ、このクルマはカウンタックよりも速いじゃん!」と興奮し、コブラ427は未だ見ぬ憧れのクルマとなりました。 そして話は2008年1月4日のWildman’s Blog「絶対に読むべし!力道山のロールスロイスは名著だぜ」に戻ります。この時に皆様にお伝えした、本のお話に登場するクルマでWildmanが実際に運転する機会に恵まれたというのはなんと本物のACコブラ427だったのです。 中沖満氏がグリーンにオールペンしたコブラは’60年代にたった1台だけ輸入されたディーラーカーで、本の中で氏がこのコブラについて色々なエピソードを紹介してくれていますが、なかでも傑作なのは「カワサキのマッハIIIより速いクルマがあるわけないわ」と、クルマやバイクに詳しい女性が豪語し「じゃあ、ためしに乗ってみるかい」と当時のオーナーが助手席に女性を乗せて夜の第3京浜で全開をくれたら失神してお漏らし・・・というエピソードがあります。 たった1台だけ日本に存在したコブラ(今は色々入ってきていますが)はニューエンパイア モータースの手によって日本に入って来ました。シリアルナンバーCSX3268がロスの港から横浜港に入って来たのは1967年の3月9日になります。 そして第一回日本グランプリのウィナーであるトヨタワークスレーサーの式場壮吉氏が購入しファーストオーナーとなり、日本の路上についにコブラが登場しました。 当初アイボリーだったボディーはオーナーが変わってから中沖氏の手によりグリーンに塗り替えられ、この頃カーグラなんかによく登場しましたね(’70年代前半)その記事を見たり「力道山のロールスロイス」を見たりして憧れが募る「グリーンのコブラ」でしたが、’90年代になってからミニカー関連で知り合った横浜在住のM氏がこのたった1台の「ディーラー物のコブラ」を所有されておりました。レーサー式場氏所有だったあまりにも有名なこのコブラはM氏が’70年代に苦労して譲り受けて、現在でも大切に乗られていて今となってはM氏が一番長くこのコブラを所有されている事になります。現在は氏が’60年代からずっとイメージしていたというガーズ゛マンブルーとホワイトのストライプというコブラとしては極めつけのカラーにリペイントされています。 そしてとある日、御所山に咆哮するFord 427ユニットの雄たけび・・・・・・なんとM氏がコブラで御所山にやって来たのであります。古い街並みにビッグブロックのACコブラ427は最高のミスマッチでした。 「昔から憧れていたあのコブラ・・・カウンタックより速いあのコブラ、ディーラーカーのあのコブラ、中沖さんが塗ったあのコブラ・・・・」変態は色々な事が頭を駆け巡り陶酔しきっておりました。しかもシートは一度も張り替えていないそうなので、「あの伝説のお漏らしのシートなのか・・・スゲェ」と偉大な歴史を感じました。 そうこうしていると「運転してもいいよ」と変態を誘惑するM氏のささやきが・・・「いや、怖いからいいですよ」と行った次の瞬間、変態は軽いアルミ製のドアを開けて運転席に座っていました。「ついに来たぞこの瞬間、オレは伝説のコブラに乗っとるんだ!見てろ式場壮吉よ!これから御所山を激走だぜ!」と重た~いクラッチを踏んでGo! Goshoyama Drag Stripとなりました。 大通りに出て国道1号線西平沼の交差点を右折し「いまだ~!」と7リッターV8に鞭をくれると、強大なトルクはぶっといタイヤを簡単にホイールスピンさせ勝手な方向に吹っ飛んで行こうとします。「アワワワ、やっぱり怖い、漏らしてしまいそうだ!」とアクセルを緩め御所山界隈を一周して何事もなかったように御所山8にたどり着きました。車重1tのクルマに7リッター425hpではどうなるか想像がつきますよね・・・「どうだった?」言われたので「イヤ~とっても面白かったです、結構乗りやすいですね」とウソをつきました。あんなクルマ慣れないと恐ろしくて振り回す事なんてとても出来ませんです。 短い体験でしたが伝説のクルマに一瞬だけですが触れる事が出来て変態は大変満足致しました。M氏は現在もこのコブラを大切にしていて、毒蛇は伝説と共に横浜に住みついています。510台が作られた427ですが、やっぱり変態的には日本でコブラといえば、このCSX3268の事を指すのです。

[…]