Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ああ、憧れのMade in USA Part.4

皆様、まだ寒い日が続きますが心温まる話題が一つ。温まるのは自分の心だけなんですけど、この数日間嬉しくてしょうがありません。このブログで昨年6月29日より3回に渡っての連載となり大変好評を博しました?「ああ、憧れのMade in USA」の続編となります。見ていらっしゃらない方は早急にチェックをお願いします。話について来れません・・・・
1981年の早春、メンマ潰しの必死のアルバイトをこなし、当時最高の憧れだったMade in USAのスニーカー、Nike Bermuda(バミューダ)を友人のT君と一緒に大枚¥14,800にて購入し興奮しまくった少年Wildmanでしたが、そのままずっと興奮がおさまらず、気付けばワンオーナーのバミューダと共に27年の歳月が経ち、Wildmanおじさんになっていました。
27年落ちのバミューダはリペアを受けながらいまだに現役を貫き通し、鑑賞用では無く、実用のワンオーナースニーカーとしては手持ちの中で最古参となりました。誰が何と言おうと自分の中では最も好きなスニーカーで、その後、例の台湾製とマイナーチェンジした最終型アメリカ製を入手し、計3足のバミューダを揃えて、楽しい老後に備えておりました。
しかし「3足では不安だ、あと何年このバミューダたちは履けるのだろうか!」と常日頃より大きな悩みを持つWildmanは考えすぎて眠れない日々が続いておりました。
昨年くらいからNikeは業績の低下の為なのか、過去の栄光にすがるように70年代の名品をヴィンテージラインとして何種も復刻し、マニアさんたちを楽しまさせてくれていました。それまでも90年代から復刻版と称し、古いタイプのスニーカーを再販していましたが、これらはどいつもコイツもとっても出来が悪くて、当時の本物を知っている変態の目には名前だけが同じで、あとは全く違うスニーカーに見えました。「復刻版なんてこんなもんでいいだろう、適当に似せておけばいいや」という開発担当者の声が聞こえて来そうな仕上がりで、とてもじゃないけど復刻とは呼べないシロモノばかりでした。
しかしヴィンテージラインではやっと本気になってくれたのか、これまでのナンちゃって復刻バージョンとは違い、細部にまでこだわりを持って製作してくれています。パッと見はオリジナルモデルと見まごうばかりの仕上がりで、「これなら変態もきっと満足」という感じとなり、小さなマーケットですが結構話題となりました。
細かいところを見れば、イチャモンはいくらでもつけられるのですが、基本的なデザインはかなり忠実に復刻していて、シューズの素材自体が21世紀生産なので当然良くて、どれも当時物よりずっと軽くて履きやすく仕上げられておりました。
まるで1JZ換装のクラウンかレクサスハイブリットモーターを積んだトヨタ2000GTのような感じでございます。
でも復刻されるのは当然ヴィンテージ市場で人気が高いモデルが主流で、復刻版最後の切り札と思われていたLD1000や変態のみんなが大好きなオレゴンワッフル、コルテッツ、エリート、デイブレイク等々、名の知れたモデルばかりでした。しかし昨年インターネットにて変態はある情報をキャッチしました。何と我がバミューダが復刻されるというではありませんか!!しかもヴィンテージラインで!!!
Wildmanにとっては最高の思い出であり、いまだ現役のバミューダでしたが、変わったデザインの為かそれほど人気があるモデルではなく、どちらかというとコアな存在で、あえて本気で復刻してもそんな物一体誰が喜んで買うのですか? という感じです。「ハイ、Wildmanが喜んで買わさせて頂きます!」と数ヶ月間首を長くして待っておりました。ヨーロッパ先行発売でしたが、2月より日本でも発売となり、ついに27年振りに「新品」のバミューダが再び変態の手元にやって来ました。
箱を開けた瞬間「我、タイ経由にてバミューダトライアングルより帰還せり」とあいつは言っていました。そうなんです、もう「ああ、憧れのMade in USA」である訳はなく、今回のモデルはMade in Thailndとなっております。「そんな事はどうでもいい、クオリティーが高ければ製造国なんて関係ないのだ!」と数々のスニーカーを履いた変態は経験上納得しています。そして21世紀のバミューダ君を手に取って見てみると・・・・・「す、素晴らしい!!!何て出来の良さだ!!これはもう犯罪だ!」と部屋の中で一人ブルブル震えておりました。
今回の復刻はかなりオリジナルに忠実で、各パーツの形、色味、全体の雰囲気、どれをとってもヴィンテージラインの中でも最高の出来と思えるクオリティーを誇っています。バミューダならではのつま先部を全体的に囲むメッシュ素材や、ソールの形状、微妙なブルーの色味等々、及第点のつけられる出来栄えです。
これでは製作担当者がまるでWildman’s Blogを見たとしか思えません(希望的観測)あえて、文句を言うとしたらオリジナルでは取り外し式だったインソールが固定タイプになった事と、シュータンのNikeロゴの文字が少し小さいのとその下のオレンジスウォッシュの色が濃い事ですが「まあこのくらいは勘弁しましょう!」と一人納得しています。ヴィンテージ加工というのがなされていて、少し履きこんだようにミッドソールやシューレースが茶色く変色している感じやスウェード部も古っぽく加工されています。履く前からヴィンテージと変な感じですが、ヴィンテージラインはこの加工がお得意のようです。
Vermuda VNTG 005.jpg
1枚目の画像の左側のシューズが27年前に購入したオリジナル「ああ、憧れのMade in USA」のバミューダ君そのものです。いまだ現役で頑張っております。そして右が今回の復刻版ですが、どうです?なかなかのもんでしょう・・・27年後をお楽しみに!!
Vermuda VNTG 002.jpg
2枚目の画像は「バミューダ揃い踏み2008」になります。Wildman所有のバミューダ全てですが前列左より順にMade in USA、となりが問題であり笑劇の、しかし耐久性抜群でもあるMade in Taiwan、そして一番右が最終型となるマイナーチェンジ後のMade in USA(結構レア)になります。どれも20数年を経て風格さえ漂っております、本当に素晴らしい!!
後列でBoxに鎮座するのが今回の復刻版ですが、これから数十年どれくらいの耐久性が有るのか見ものですね・・・・・Wildmanとともに新たな歴史の始まりです。このブログを見てバミューダが欲しくなったアナタ、一緒に歴史を刻みましょう。どちらが長持ちさせるかバトルの始まりですよ!!

Be Sociable, Share!

???????????