Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

小田急ロマンスカーはストリームライナーだ!

好き勝手なことばかり書いているこのブログですが、今回はついに電車の話題に及びます。と言いましてもWildmanは「鉄ちゃん」という訳ではございません。小学生の時一瞬鉄道に興味を持ちそうになった時期もありましたが、クラスの友人に猛烈な鉄ちゃんがおりまして「これはかなわん、やっぱりやめた、俺はクルマ&ミニカーで行くぞ!」と心に誓い間口の狭い変態道を選びました。
しかしですね一つだけ猛烈に好きな電車があるのです。子供の時に「のりもの図鑑」を見て衝撃を受けた車輌は鮮烈なオレンジレッドにグレーとホワイトのストライプがインダストリアルデザインの奥深さを感じさせるものでした。
何よりも先頭車両の運転席を屋根の上に押し上げてしまい、車輌前面を展望席としてしまった大胆な造りは子供の純粋な「電車を運転してみたい!」という気持ちを高ぶらせるには十分すぎる演出でした。ここまで書けば変態の皆様は分かりますね、そうです小田急電鉄が誇った昭和の傑作特急「ロマンスカーNSE3100」がWildmanにとって史上最強の電車なのです。
03072008-001.jpg
似たようなデザインの車輌が「名鉄パノラマカー7000系」として近畿地方の皆様にはお馴染みでしょうが、やっぱりグラフィックの美しさや細かなデザインの違いによりWildman的にはロマンスカーの方に軍配が上がります。何といっても名前がいいですね、「ロマンス」ですよ!!
東京オリンピックを前にした高度経済成長期の真っただ中、1963年にデビューしたNSE3100(NSEはNew Super Expressの意)はWildman少年にとってまるで未来へ連れて行ってくれるような電車に見えました。しかし実際に連れて行ってくれるのは箱根まででした・・・「あの先頭展望席に乗ってみたい、運転手気分を味わいたい、ウェイトレスさんに席まで食事を運んでもらいたい」と子供のころ常々思っておりましたが、小田急のルートというのは我が横浜をわざと避けるように新宿から箱根までを走っていて、横浜市民にとってはとっても使う機会の少ない路線なのでした。箱根の芦ノ湖にはおやじとニジマス釣りによく行っていたのですが、クルマで行くのが我が家の常識で「ロマンスカーで行こうよ」と言っても「時間もお金も無駄」との事で箱根湯本の駅を尻目にいつもクルマで山登りとなりました。それでも湯本駅で初めて遭遇したロマンスカーにはとてつもないオーラを感じ、子供ながら「う、美しい図鑑よりももっと美しい、毎日見ていたいくらいだ!」と強烈な感動を覚えました。毎年釣りのシーズンになるとクルマで湯本駅通過時にロマンスカーと御対面出来ましたが、たまに旧式のSE3000系が停まっていたりすると「チッ、今年はハズレだぜ」と悔しがる少年Wildmanでした(今見ると3000系もカッコイイですが)
そんなこんなで自分がバイクや自動車免許を取ってみると、「やっぱり横浜から箱根にはクルマで行くのが一番まともな行き方だ」という事が判明し、ロマンスカーに乗る事はありませんでした。ここが鉄ちゃんになれなかったWildmanの寂しいところでして、気が付けば1999年をもってNSE3100系ロマンスカーは現役を退いてしまい、2度と乗れない車輌になっていたのです。クルマと違い自分の力ではどうにもなりませんね・・・・・「何という不覚、これでは変態失格だ!」と思いましたが後の祭りで、ロマンスカーはWildmanにとって永遠のかなわぬロマンスになってしまったのです。解体車輌を引き取って顔面を切り取り、家の前に飾っておきたいくらいでした。
こうなったら自分の手元にあのデザインを置いておきたいというミニカー的な発想が生まれましたが、鉄道模型というのはあまりにも出来が良すぎて、Wildmanの美的感覚からは少々ずれてしまいます(オマエがずれているとよく言われますが)という事でもっと製作した職人さんの温かみが感じられるオモチャという事でブリキのロマンスカーに白羽の矢が立ちました。
NSE3100 001.jpg
どうですカッコイイでしょう、湯本駅で遭遇したアイツの美しさが倍増されて伝わって来ますね。箱にのっかっているのが’60年代米澤玩具製のモデルで、車輌内部には何とシートが別パーツで立体的に表現されています。ボックスアート(箱絵)も最高ですね。芸術の域に達しています。
NSE3100 002.jpg
もう1台はイチコー玩具製でこちらはマイナーチェンジしながら’60~’70年代までずっと作られていた人気物です。プロポーションは最高ですが、何といってもプリントで表現された車窓が秀逸ですね。これから箱根に向かう皆様の楽しそうな表情が描かれております。自分もこの中に入りたかったです、返す返すも先頭車両に乗ってみたかった・・・・・
こんなオモチャを見ているとだんだん気が変になってきました。ロマンスカーがストリームライナーに見えて来るのです。流線型というのはNSE3100の為にある言葉ですね。
03072008-002.jpg
「ロマンスカーでボンネビルを走ってみたい、200マイルに挑戦だ!」と夢は膨らみ20分でブログのために書き下ろしたのがこのイラストです。ボンネビルの塩湖を疾走するロマンスカー「世界最速のインディアン」に匹敵するまさに男のロマンですね。 ついに気が狂ったと思われるでしょうが私は平常心ですのでご心配なく。
PS:NSE3100ロマンスカー先頭車両「デハ3181」は開成駅に保存されていますのでそこに行けばスケッチするWildmanに遭遇するかもしれません。

Be Sociable, Share!

???????????