Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ヤンキースの主砲レジー・ジャクソンはひょっこり現れた!!

もうすぐプロ野球が開幕しますね。愛すべき横浜ベイスターズは今季は間違いなく最下位争いに加われるので今からゾクゾクしてしまいます。弱いから楽しい!これがプロ野球観戦の醍醐味でしてFAやトレードで主力選手が抜けるとそれはもう楽しさ倍増です。
こんな事を真顔でを言っていると、先週のロマンスカーイラスト製作から始まって、ついに気が狂ったと思われているようですが、私はいたって正常ですので心配無用でございます。
70年代よりプロ野球は少ない趣味の一つでしたが、変態だったので当時からメジャーリーグ(大リーグの方が言いやすい)にも興味があり野茂以降大騒ぎしているわけではなく、昭和の時代に雑誌ポパイのメジャーリーグ特集なんかを見ては、一人騒いでおりました。何よりも当時のメジャーのユニフォームがカッコよく、Houston AstrosやOakland A’sのデザインがお気に入りで、「なんで日本のプロ野球のユニフォームはカッコ悪いんだ!(除く:オレンジの大洋ホエールズ)俺にデザインさせろ」と意気込んでおりました。確か79年の秋頃にお遊びでメジャーのオールスターが来日し、我が横浜スタジアムでお遊びゲームをやったのですが、その時も一人で観戦に行き、ユニフォームを研究する変態中学生がライトスタンドに陣取っておりました。その時のチケットの半券があるはずなのですが、不覚にも今回のブログまでに発見する事が出来なく、皆様に深くお詫び致します。80年代初頭にメジャーリーグのオフィシャルベースボールジャケットがポツポツと日本にも輸入されるようになって、王道のDodgersやYankeesは皆が着ていたので「俺は同じは嫌だ」と豪語し必死に他チームのジャケット探し廻り、超マイナーなMinnesota Twinsの物を手に入れ、高校の修学旅行に着ていった変態でございます。
そんな小僧がメジャーリーグに夢を寄せ、ベースボールマガジンの特集号なんかを見てはいまだ見ぬメジャーのスーパースターの研究にいそしんでおりました。「ヤンキースは強いのう、このビリー・マーチン監督ってのは怒っている写真ばっかりだのう」と雑誌のみを頼りにし、70年代後半から80年代前半に掛けて乏しい資料を元に勝手にメジャーリーグ通と名乗っておりました。
そしてこの頃一人のスーパースターの存在を知りました。ヤンキースの主砲である彼は77年のワールドシリーズで初球3打席連続ホームランという離れ業を演じたりして、とにかく秋の優勝が掛った大舞台になると重要な場面で異常なほど打ちまくり「ミスターオクトーバー」と言われたニューヨークの名物男「レジー・ジャクソン」です。サングラスをかけたコワモテの彼は、誰もが認めるこの時代のスーパースターで、93年には野球殿堂入りを果たしています。しかも在籍したヤンキースとアスレチックスの両方のチームで2つの背番号が永久欠番になっているという、すんごいお方なのです。
Wildman的になぜこの人に興味があったと申しますと、レジーは変態級のカーコレクターだったからです。画像にもありますように彼は変態なので80年代初頭、自身のコレクションの1台であるAC Cobra 289がAMTから“Reggie Jackson Collector Series”としてプラモデルにもなっていたのです。
Reggie 003.jpgReggie 002.jpg
パッケージ側面には彼はエンスーで「他にもDeuceや’59 コルベット、’23T-Bucket等、いろいろクルマを持っているぜ」と書いてあります。「こんなスゲえカーコレクターがメジャーリーグにはいるんだな、愛車がコブラだぜ!やっぱ違うな日本のプロ野球選手なんかメルセデス買って喜んでいるだけだからな」と変態少年は一人つぶやいておりました。
そして時は流れて2007年の秋、変態はラスベガスはSEMA Showに出張していました。Mooneyes USAのブースにて一人せっせとPinstripeのデモを行っていましたが既に作業3日目となり、かなりクタビレテおりました。夕方になり「そろそろ今日は撤収だぜ」と思っていると、Mooneyes USAのChico-sanが「レジー・ジャクソンが携帯電話に何か描いて欲しいって言っていてるよ、そのうち来るから」といつもながら訳のわからない発言をしたのです。「エッ、ジャクソンて何?携帯?どういう事??」と思っていると眼の前にニコニコと笑うおじさんが現れました。
「ゲッ、なんのこっちゃ、この顔はレジーだ!本物のレジー・ジャクソンだ」と呆然とする変態の前に30年前にポパイやベースボールマガジンで見た憧れのスーパースター、ヤンキースの主砲が出現したのです。「アワワワワ」と緊張してしまいましたが携帯にヤンキースの永久欠番である44という数字を描いてくれとのリクエストでした。興奮しながら筆を走らせましたが、走らせ過ぎて野球のボールまで描いてしまうというサービス精神旺盛のWildmanでありました。描き終わって携帯を渡すと、とっても喜んでくれて”Thank You!”と言ってPepsiのペットボトルを差し出してくれました。「こちらこそサンキューだぜ」と思いました。
まさかガキの頃、雑誌で見て憧れていたメジャーのスーパースターに30年も経ってお会い出来るとは変態冥利につきました・・・・・・「長く生きていると色々な出会いがあるのう、これも人生だ」とつぶやく変態はすでに40代になっておりました。
ジャクソンは相変わらずカーコレクターのようで、いろいろなクルマ関連のイベントにも顔を出し、コレクションもさらに充実しているようです。
03142008-003.jpg
野球もスゲえ、クルマもスゲえなんていうプロ野球選手が日本にも出現してくれないかなと思う今日この頃です。元ベイスターズの駒田選手が国産旧車のファンでして、旧いファミリアで現役時代横浜スタジアムに乗りつけておりましたが、それを除けば日本のプロ野球選手なんかAMGのエンブレムに憧れる程度の趣味しか持ち合わせていないようですね。Wildman的には変態プロ野球選手の出現を待ち望んでおります。

Be Sociable, Share!

???????????