Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ピンストライプことはじめ、初期の作品は今いずこ・・・

皆さん、あと少しで東京はお台場にて22回目のSCNが開催されますね。天気も(たぶん)大丈夫そうなので楽しい一日を過ごしましょう。このブログを見ている変態の皆様はとりあえずWildman’sブースにお集まりいただき、点呼を取ります。そのあと楽しいマニアな一日を過ごしましょう。 SCNといえば大井競馬場で開催された3回目(1989年)までは一般エントリーとして参加しておりました(看板屋時代です)昭和最後となる天皇ご崩御の年となった89年の夏よりMooneyes Signs &Pinstriping Studioの歴史は始まりました。19年前なんて話が新し過ぎて申し訳ありません。ついこの前の事ですよね・・・ 伝説の御所山8にて作業開始となりましたが、まだまだお客様はそんなに来てもらえませんでしたが、ウワサを聞きつけて何組かの方々が御所山を訪れてくれました。横浜ベイブリッジは完成間近で、ランドマークタワーに至ってはまだ着工もしてない頃です。 皆さん100%の確率で道に迷ってくれまして、携帯電話もない時代なので誘導するのもそれは大変でございました。四苦八苦して来て頂いた皆様のお車を四苦八苦して?Pinstripingさせて頂きました。そんなWildmanの超初期作品を今回ご紹介いたします。昭和から平成元年に変わったこの年に御所山を訪れてくれてPinstripeを入れたとってもレアなクルマたちです。 ゴールドのクラウンセダンは本当に初期に予約を入れてもらって作業したクルマです。数年前のCruisin’誌に紹介されたのでご存知の方も多いと思いますが、いまだ同じオーナーのもと、ほぼこのスタイルのまま現存しています。もちろんPinstripeも当時のままです。20年近く良いコンディションを保ち現在も乗り続けるオーナー様の変態度に脱帽です。 お次は当時横浜で活動していたVWのCar Clubの方の’64のビートルですが、このクルマもStudioがスタートして2週間くらいの時にやって来たと思います。サイドのグラフィックやペイントされたポルシェ・アロイが時代を感じさせますね。作業翌日、オーナー様がPinstripeの部分をおもいっきり至近距離でスチーム洗車してくれてペイントがペロンとはがれてしまった事が印象深いクルマです・・・・しかしこの後もエスカレートしてどんどんストライプのデザインを追加していったのを覚えております。 山梨は甲府よりわざわざ来て頂いたのはClassic Tasteさんの製作車であるDatsun 320ダブルピックでございます。貴重なクルマですね。強烈なパープルのボディにブルーとピンクのストライプが80’sを表し、又もやポルシェ・アロイを履いております。クルマ周辺に置かれたペンキ入り紙コップが夜遅い時間にやっとこ作業終了した当日の慌てぶりを物語っております・・・・・ そしてアイボリーのタテグロバンですが、当時のカスタムベースとしては人気車種でしたね。逆にクラウンなんかとってもマイナーな存在でしたが、2008年現在では立場が逆転しております。あんなにたくさんあったカスタムされたタテグロたちは一体どこに行ってしまったのでしょうか?気になります・・・・ 黒ボディーの変態的なクルマは静岡のVannuysさんが持ち込まれたいすゞフローリアンです。どう見てもへんなクルマですよね・・・・・ジウジアーロのホイールとやかましいディーゼルエンジンがとっても素敵でしたが、やっぱりへんなクルマです。ハンドルが異様に重かった事も印象深いです。 最後にアメリカ車も1台という事で、長い歴史を誇るBlue Maxさん御持込みのCamaroです。ぶっといディッシュホイール&タイヤに、これまたぶっといマフラーも勇ましく御所山にやって来ました。 この頃はこの型のCamaroも10年落ちくらいだったのでちっとも旧い感じはしませんでした。内装なんか新車みたいにピカピカでしたね。今ではこの年代のCamaro やTrans Amも稀少車となり、アメリカではどんどん値上がりしていますね。欲しい方は早めに押さえておかないと・・・・ という事で、たった19年前にタイムスリップ致しましたが楽しんで頂けたでしょうか? 今回ご紹介したクルマたちは今どうなっているのでしょうか、消息が気になります。(フローリアンは昇天したそうですが・・・)そして19年後にこのブログで2008年にタイムスリップする予定ですので、変態の皆様は覚えておいて下さいね。 それでは週末はSCNでお会いしましょう。Go! Odaiba, Rainbow Town Tokyo.

[…]

ついに22回目の出撃だぜ!ストリートカーナショナルズ

思い起こせば21年前(ついこの前ですけれど)人生初のアメリカ車となる身分不相応なShelby Mustang GT350を手に入れて(第一回Wildman’s Blog参照)週末になるとMustangでまだ元町にあったMooneyesに乗り付けてせっせとお買いものをしていると、これも当時週末限定でしか会えなかったBossが突然「今度Car Showをやるんだけど、もちろん来るよね、場所は東京の大井競馬場なんだ」とお誘いの言葉を頂きました。 「Car Showか、そんなの行った事ないから楽しそうだな!!行こう!行こう!」と指折り数えて、まだ昭和だった1987年3月21日(春分の日)を待ちました。 待っていたのはいいのですけれども、この日は土曜日の祝日でして、当時務めていた看板屋はこの時期繁忙期で、とても休めそうにない状況が発生しつつありました。 「トホホホ、どうしよう」と悩みましたが「俺が行かなくてどうする!ケッ、その日は誰かの葬式に決定だ!」と勝手な判断により看板屋時代唯一のウソツキによる休みを取る事となりました。 そしてアルバイトでアワード賞品用のMoon Disc Signをたくさん描かせてもらう事にもなり、それから現在に至るまでずっと描き続けております。この頃はDeuce Factoryの笠井さんが描いていた、イベントポスターの着色もマジックと色鉛筆でやらさせて頂きました。いい時代ですね・・・・ イベント数日前にBossが「当日少し手伝ってくれるかな?、朝6時に会場に来てクルマの搬入をいっしょにやって」と言われたので「もちろんOKですよ、早起きは得意ですから!」と軽く引き受けました。 当日の早朝曇り空のもと、まずは彼女(現カミサン)の家に行き、エンジンを切って待っていると、弁当の製作に手間取って出て来やしない・・・「何やってんだ、これじゃ遅刻する!」と小心物Wildmanが焦り始めること15分食い切れないほどの量の弁当を抱えてフラフラと現れたので「早く乗ってくれ、行くぞ!」と怒鳴ったその直後、エンジンが掛りません・・・・・「な、なんだこりゃ、ウンともスンとも言わないぞ、なんでこんな時にこーなるの??」とまだ納車後数か月のアメ車初心者だった変態にMustangは試練を与えるのです。 「やっぱりズル休みしたバチが当たったのか?エントリー中止で会社に引き返した方が良いのでしょうか?」とますます小心モードに突入します。何をやってもエンジンは掛らないので、もう諦めて生涯初のJAF呼び出しを行いました。待つこと30分、JAFがやって来て、色々と見てくれました。「さっきまで動いていたんです、早く直してください、遅刻すると恥しいんです!」と訳の分らないことを言ってJAFのおにーさんをせかしました。 何のことは無い、古いアメ車には付き物のスターターリレースイッチ(ソレノイド)の不良で直結したらすぐにエンジンは掛りました・・・・そんなこと初心者には全然わからなかったので、JAFの人が神様に見えました。 結局まだベイブリッジもない時代で首都高横羽線の渋滞にもはまり、会場着は8時過ぎになってしまい、搬入の手伝いどころではなく、自分が搬入されました・・・Bossに事情を説明すると、「あーソレノイドね、そんなのひっぱたけば直るよ」と心強いアドバイスを頂き、新しい部品が来るまでしょっちゅうひっぱたいておりました。 大井競馬場に集まる変態集団、それは素敵な光景でした。まだ日本では珍しかったEl CaminoやDeuceがナンバーを付けて走っている姿に感動したのです。でもこの日の一番の思い出はJAFと食べ切れない量のお弁当の事でした・・・・ 結局大井競馬場でのSCNは3回開催されて、最後の89年にはEd.Rothが初来日しLive Pinstripingを行って変態の度肝を抜き、結局この変態は看板屋からPinstriperに転身してしまい、もうすぐ20年経ってしまいます(たったの20年ですが・・・) 画像のTシャツとステッカーは第一回ストリートカーナショナルズの記念品です。もちろん手元にあります。ちっこいモノクロのカタログは当時のMooneyesカタログです。商品掲載数は今のカタログの3ページ分くらいしかありません・・・・ という事でカタログですよカタログ!4月25日に発売予定ですが、今回からはこれまでとデザイン、内容も一新し”Moon Illustrated 2008″となって生まれ変わります。楽しい記事満載でもちろん商品もフルラインナップで掲載。 さらにこの本には秘密が隠されております。このブログを読んでいる方は手にせざるおえませんよ・・・・秘密のページがあるのです、秘密の・・・・ 22回目の出撃となるSCNのWildmanブースでも取り扱っておりますので、変態の皆様はお集まり下さい(ご希望であれば現場でサインもします、楽しく語りあいましょう) それまでに我慢できない方はもう予約しちゃってください。 あー、楽しみだ!!!

[…]

つらかったぜ、25年前KISSがメイクを取った日

30年以上の長きに渡りKISSファンのWildmanでございますが、その間色々な事がありました。77年の初来日時、TV番組NHKヤングミュージックショーでの出会いから始まり、88年に十年ぶりの再来日コンサートにシェルビーでの乗り付け(そしてエンジン停止)97年のオリジナルメンバー再結成の時、東京ドームへの出撃、02年の嘘っぱちだったFarewell Tour(サヨナラツアー)における生涯初のアリーナ5列目の席確保、04年のスーパー雨男Wildmanによる雨中の富士スピードウェイ屋外ライブのびしょ濡れコンサート等々・・・・・・あまりにも思い出が多過ぎましてKISSだけであと300回は書かないと気がすみませんので、このブログの犠牲者は覚悟しておいて下さい。 たくさんのKISSとの思い出がありますが、その中でも未だに忘れる事が出来ない事件が四半世紀前にありました。といってもメンバーに会ったとか、レアな物を入手したとか人様に自慢できるような思い出ではありません。 1983年はKISSファンには忘れられない年なのです。そんなのオマエだけだろと言われても困りますが、本当につらかったんです、あれは・・・・デビュー以来人気街道爆進中だったKISSは70年代後半にはコンサートチケットが51日間連続ソールドアウトという記録や、出すアルバムは数百万枚も売れまくり、日本に来れば武道館の動員数でビートルズのレコードを破ったり、Wildman が未だにはまっているオモチャ関連等のグッズの売り上げが3年間だけで一億ドルを超えてしまったりと、まさに第一期黄金時代を77年から79年にかけて過ごしておりました。 しかし79年末位からは人気に陰りが見え始め80年代に入ると一気にKISS人気は下火となり82年に10th Anniversary Tourなる10周年記念のツアーを行った際には全く客は入らず、KISSなんてすでに過去の物となり、レコードもグッズも売れない状況になっていました。そしてこのツアーがメイク時代最後のツアーとなりましたが、あまりにも客が入らなかったのでコンサート会場でTシャツ等のグッズが全く売れず、数が出ていないので、結果的には皮肉ですが、今となってはこのツアーの記念グッズが最もレア度の高い入手困難なものになっています。もちろん来日もしていません。 画像はその時に売られた記念Tシャツですがもったいなくて一度も着た事がありません。このまま一生着ないかもしれませんが・・・ 当時Wildmanの周りの奴らも今まで散々KISSに狂っていたくせに、「まだ、KISSなんて聴いてんの?古いよ!」とバカにして皆さんHeavy Metalなる物に移行したりして、信じられないくらいの勢いでKISS離れが進んで行きました。 そのうち音楽誌も全くKISSの事を取り上げなくなり「KISSってまだやってんの?」などと失礼な発言もたくさんありました。 こうなってくると燃えてくる変態はどんどんKISSにのめり込んでしまうのですが、ついに衝撃の事件が起こってしまったのです。 KISSといえばあのメイクで、元祖ビジュアル系としてメイクはまさにKISSの象徴でした。が、なんと次のアルバムからその象徴であるメイクを落として素顔で勝負!!という暴挙に出るというのです。そのニュースを知った時は本屋で「アワワワワ・・・」と失神しそうになりましたが、気を取り直してボルグ様のホンダリード号で傷心のうちヨロヨロと帰途に着きました。 人気が急落したKISSはカンフル剤のような形でメイクを落として「音楽性だけで一本勝負」という表向きの言い訳を言っていましたが、「急にそんなことを言われても・・・」と東洋の島国で真剣に応援していた変態は納得出来ませんでした。 人気絶頂の70年代にメイクを落として素顔を公表して入ればそれは大ニュースでしたが、いまさらそんな事をしても世間は余り反応しないのは目に見えています。「トップシークレットだったKISSメンバーの素顔、それがついに公開か、情けないのう・・・」とWildmanは一人嘆いておりました。 中学生の頃はどうしても素顔が知りたくてメイクの写真を画用紙にトレースし、それを肌色に着色して素顔のモンタージュ写真を作っていた変態行為を思い出しました。 そして運命のニューアルバム発売日、1983年9月18日にリード号でレコード屋さんに行きいつも通り特典が欲しくて、ちゃんと予約していたLICK IT UP(邦題:地獄の回想)を引き取りました(まだCDではなくレコードですよ)恐る恐るパッケージを開けるとついに素顔のKISSが現れました。「こ、これが素顔のKISSか・・・ついに見てしまった、どうしよう・・・」とミニカーとスニーカーとKISSだらけの自室にひきこもり、とても悪いことをしてしまったような錯覚に陥る初期の変態でした。 素顔のKISSには参りました。白いバックに普段着のような服を着たメンバーが4人スナップ写真のように並ぶデザインはさっぱりし過ぎで、それまでのハチャメチャなデザインの浮世離れしていたKISSのレコードジャケットに慣れていた目には物足りないものでした。 4人の素顔は予想通りでもありましたが予想とは違っていた面もありオロオロするばかりでした。「こんな事になってしまって今後俺は一体どうすればいいのだろう・・・・」と悩みましたが結局どうにもならずその後25年が経ちましたがいまだにファンを続けております、すみません・・・ しかしあの日はあまりのショックでリード号で出かけた際、一時停止を無視してしまい捕まって青キップを切られたことを思い出します。ノーメイクのKISSと青キップ、最悪の思い出です。 メイクを落としたKISSはメンバーチェンジを重ねながら活動し、音楽的にはメイク時代よりもテクニックがはるかに向上して一つのスタイルを作り上げ、10年以上に渡ってノーメイク時代が続きました。その間88年に10年振りに日本に来てくれて、変態は初めてKISS ALIVE!を経験しさらにその変態度に磨きがかかったのです。 この色紙はノーメイク時代最終期1995年に来日した時に日本のファンクラブ宛に書いたジーン・シモンズの直筆サインでございます。変態なのでなぜか手元にあります・・・ そして96年のオリジナルメンバーによる再結成に伴い、またもやメイクが復活して現在に至るのですが、もはや素顔が知れてからのメイクなので70年代のトップシークレットだったころのメイクのようなありがたみはありませんね。(といっても97年再結成来日時、初日の東京ドームでは涙しましたが・・・) 25年前メイク無しの素顔のKISSを見てしまった日の事は忘れられません。衝撃が大き過ぎて30年にわたる変態自身のKISS歴のなかでもトップクラスの事件でございました。

[…]

ミニカーが先か、実車が先か、名車トヨタ2000GTとの出会い

日本を代表するヴィンテージカーといえばトヨタ2000GTの名が真っ先に浮かびますよね。生産台数も少なく、昔っからプレミアが付いていたクルマで日本車では異色の存在でした。 そうじゃないぞ、他にもあるぞ、フジ・キャビンとかプリンス・スカイウェイとかコニー・グッピーとか三菱レオとか小田急ロマンスカーとか・・・などというお馬鹿な意見は無視しまして、一般的にも世界的にも認知度の高い名車というのはやはりトヨタ2000GTで決まりです。 そうじゃないぞ、あれの構造はロータスのコピーだし、エンジンなんてクラウンのM型にツインカムヘッドを載っけただけで、ハコスカGTRの宝石のようなエンジンと比べればありがたみもないし、スタイルなんてジャガーEタイプのまねっこだし、ステアリングは重いし、オートマはトヨグライドだし、全部がトヨタの自社開発というわけでもないし、スピード・トライアルの記録も翌年あっさりポルシェに破られちゃったし、実際300台以上も作っているし、とにかく大した車じゃないよ!という意見もあっち側に置いておきます。 問答無用で日本車がはじめて国際的にインパクトを与えたのはやっぱり2000GTなのです。だって007シリーズでボンドカーにもなったし、なんたって60年代に海外のミニカー・メーカーが初めて日本車をミニカー化したのはトヨタ2000GTが最初だったという事実がWildman的にはとっても重要で、この事実により「2000GTはとにかく偉い!」という理論が成り立つのです。 だから2000GTの「当時物ミニカー」は全て集めきりました。スーパーカーブーム時には国産車で唯一目撃したり写真を撮ったりして3日間以上自慢出来たのは2000GTくらいですね。 スーパーカー世代には漫画「サーキットの狼」で悪役の隼人ピーターソンの愛車が2000GTで公道グランプリにて海に落下というのも有名なストーリーですね。どうでもいいですけど・・・ このクルマの存在を知ったのはやっぱり実車よりミニカーが先で60年代後半、幼稚園の時に家族で東京へお出かけの際、デパートで猛烈に出来の悪い日本製のダイヤペットというブランドの真っ赤なミニカーを買ってもらったのが2000GTとの最初の出会いでした。そいつを見てボンネットの上の「おにぎりのような形は何かしら?」と常々疑問に思っていたら、街中でついに本物の2000GTに遭遇しました。「ウオ~、あのミニカーのクルマだ、ゲッ、ライトが飛び出している、あのおにぎりマークはライトが出るところだったんだ!」と初めて2000GTはリトラクタブルヘッドライトという事が解明され、悩む幼稚園児の心をほっとさせたのでした(推定1969年)そして1970年になり幼稚園最後の年となった幼年Wildmanは大阪で開催された万博に連れて行ってもらえる事になりました。嬉しいったらありゃしない、だって生れてはじめて「超特急」という昭和のヒーローの乗物のようなサブネームの付いた「新幹線ひかり号」に乗れるという一大プロジェクトが敢行されたのです。新横浜のホームに現れたそいつを見て「僕を時速250キロの世界に連れて行ってくれるんだ!」と興奮しましたが、ずっと250キロで走り続けるものなのかと勝手に思っていたら途中で駅に止まり拍子抜けしたのを覚えています。 楽しみにしていたビュッフェも「途中でそんなとこに行ったら窓側の席を誰かに取られてしまう」と指定席の存在も知らない、この頃から小心者のWildmanはビュッフェで生きた心地がしませんでした・・・・・ どんどん話が横道にそれて行きますが、万博の思い出といえばケンタッキー・フライド・チキンですね。この万博開催時が日本初上陸だったそうで、偶然食べさせてもらったのですが、赤と白のパッケージが強烈なデザインで、「鶏肉とパンが一緒に箱に入った変な食い物」というKFCファーストインプレッションでした。 そしてもう一つの思い出が、帰り道で買ってもらった唯一の自分用のお土産がトヨタ2000GTの巨大なオモチャでした。50センチくらいあるそいつは硬質のポリエチレンのような物で出来た子供がまたがって遊ぶオモチャなのですが、何といってもモチーフが大好きな2000GTだったので猛烈なお気に入りとなりました。 猛烈に気に入り過ぎてしまい、すみませんが今でも持っています・・・・ワンオーナーで38年の付き合いになります。子供のころ遊び過ぎてしまい黄色だったボディーは劣化したので、中学生の時に余った缶スプレーにてレストアを施しシルバーになってしまいました(それからさらに30年の月日が流れ去ってしまいました)ホイールとタイヤの出来が素晴らしく、タイヤにはYokohama GT Specialのレターまで入っているのです。 しかし自分が大きくなってしまったのでこの2000GTには乗れなく(またがれなく)なってしまいました。「トヨタ2000GTに乗ってみたい」と子供のような事を思っても誰も相手にはしてくれません。しかし相手にしてくれる方が一人だけおりました。横浜は保土ヶ谷区の月見台という山岳地帯でとっても素敵なHot Rodを製作しているPublic SpiritsじゃなくてDeuce Factoryの御大である笠井氏が、何とまあ秘密裏のうちに?アメリカで2000GTを購入されていたのです。今では「高速有鉛」誌にスクープされてしまい?カミングアウト済ですが購入間もない頃に偶然アメリカのPinstripeイベントで真っ赤なボディーに”A 2000GT”という素敵なライセンスプレートを持つこの個体を見かけた時はひっくり返りそうになりました。 その後Mooneyes Xmas Partyにも平気で乗って来られるようになり、3年ほど前にイベント会場外周を助手席に乗せてもらい1周して頂きました。大阪万博で買ってもらった子供のオモチャ以来、久々に2000GTに乗ることが出来てとっても嬉しかったです・・・・笠井さんその節はありがとうございました。 幻の名車といわれるトヨタ2000GTはもはや天文学的なプレミアが付いてしまい、運やツテもないと 手に入れる事が出来ませんね。だからミニカーで揃えました。しかし2000GTとフジ・キャビンもしくはプリンス・スカイウェイの実車、はたまた小田急ロマンスカーのどれか1台くれると言われたら悩んでしまうのが変態の辛いところです。

[…]