Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミニカーが先か、実車が先か、名車トヨタ2000GTとの出会い

日本を代表するヴィンテージカーといえばトヨタ2000GTの名が真っ先に浮かびますよね。生産台数も少なく、昔っからプレミアが付いていたクルマで日本車では異色の存在でした。 そうじゃないぞ、他にもあるぞ、フジ・キャビンとかプリンス・スカイウェイとかコニー・グッピーとか三菱レオとか小田急ロマンスカーとか・・・などというお馬鹿な意見は無視しまして、一般的にも世界的にも認知度の高い名車というのはやはりトヨタ2000GTで決まりです。 そうじゃないぞ、あれの構造はロータスのコピーだし、エンジンなんてクラウンのM型にツインカムヘッドを載っけただけで、ハコスカGTRの宝石のようなエンジンと比べればありがたみもないし、スタイルなんてジャガーEタイプのまねっこだし、ステアリングは重いし、オートマはトヨグライドだし、全部がトヨタの自社開発というわけでもないし、スピード・トライアルの記録も翌年あっさりポルシェに破られちゃったし、実際300台以上も作っているし、とにかく大した車じゃないよ!という意見もあっち側に置いておきます。 問答無用で日本車がはじめて国際的にインパクトを与えたのはやっぱり2000GTなのです。だって007シリーズでボンドカーにもなったし、なんたって60年代に海外のミニカー・メーカーが初めて日本車をミニカー化したのはトヨタ2000GTが最初だったという事実がWildman的にはとっても重要で、この事実により「2000GTはとにかく偉い!」という理論が成り立つのです。 だから2000GTの「当時物ミニカー」は全て集めきりました。スーパーカーブーム時には国産車で唯一目撃したり写真を撮ったりして3日間以上自慢出来たのは2000GTくらいですね。 スーパーカー世代には漫画「サーキットの狼」で悪役の隼人ピーターソンの愛車が2000GTで公道グランプリにて海に落下というのも有名なストーリーですね。どうでもいいですけど・・・ このクルマの存在を知ったのはやっぱり実車よりミニカーが先で60年代後半、幼稚園の時に家族で東京へお出かけの際、デパートで猛烈に出来の悪い日本製のダイヤペットというブランドの真っ赤なミニカーを買ってもらったのが2000GTとの最初の出会いでした。そいつを見てボンネットの上の「おにぎりのような形は何かしら?」と常々疑問に思っていたら、街中でついに本物の2000GTに遭遇しました。「ウオ~、あのミニカーのクルマだ、ゲッ、ライトが飛び出している、あのおにぎりマークはライトが出るところだったんだ!」と初めて2000GTはリトラクタブルヘッドライトという事が解明され、悩む幼稚園児の心をほっとさせたのでした(推定1969年)そして1970年になり幼稚園最後の年となった幼年Wildmanは大阪で開催された万博に連れて行ってもらえる事になりました。嬉しいったらありゃしない、だって生れてはじめて「超特急」という昭和のヒーローの乗物のようなサブネームの付いた「新幹線ひかり号」に乗れるという一大プロジェクトが敢行されたのです。新横浜のホームに現れたそいつを見て「僕を時速250キロの世界に連れて行ってくれるんだ!」と興奮しましたが、ずっと250キロで走り続けるものなのかと勝手に思っていたら途中で駅に止まり拍子抜けしたのを覚えています。 楽しみにしていたビュッフェも「途中でそんなとこに行ったら窓側の席を誰かに取られてしまう」と指定席の存在も知らない、この頃から小心者のWildmanはビュッフェで生きた心地がしませんでした・・・・・ どんどん話が横道にそれて行きますが、万博の思い出といえばケンタッキー・フライド・チキンですね。この万博開催時が日本初上陸だったそうで、偶然食べさせてもらったのですが、赤と白のパッケージが強烈なデザインで、「鶏肉とパンが一緒に箱に入った変な食い物」というKFCファーストインプレッションでした。 そしてもう一つの思い出が、帰り道で買ってもらった唯一の自分用のお土産がトヨタ2000GTの巨大なオモチャでした。50センチくらいあるそいつは硬質のポリエチレンのような物で出来た子供がまたがって遊ぶオモチャなのですが、何といってもモチーフが大好きな2000GTだったので猛烈なお気に入りとなりました。 猛烈に気に入り過ぎてしまい、すみませんが今でも持っています・・・・ワンオーナーで38年の付き合いになります。子供のころ遊び過ぎてしまい黄色だったボディーは劣化したので、中学生の時に余った缶スプレーにてレストアを施しシルバーになってしまいました(それからさらに30年の月日が流れ去ってしまいました)ホイールとタイヤの出来が素晴らしく、タイヤにはYokohama GT Specialのレターまで入っているのです。 しかし自分が大きくなってしまったのでこの2000GTには乗れなく(またがれなく)なってしまいました。「トヨタ2000GTに乗ってみたい」と子供のような事を思っても誰も相手にはしてくれません。しかし相手にしてくれる方が一人だけおりました。横浜は保土ヶ谷区の月見台という山岳地帯でとっても素敵なHot Rodを製作しているPublic SpiritsじゃなくてDeuce Factoryの御大である笠井氏が、何とまあ秘密裏のうちに?アメリカで2000GTを購入されていたのです。今では「高速有鉛」誌にスクープされてしまい?カミングアウト済ですが購入間もない頃に偶然アメリカのPinstripeイベントで真っ赤なボディーに”A 2000GT”という素敵なライセンスプレートを持つこの個体を見かけた時はひっくり返りそうになりました。 その後Mooneyes Xmas Partyにも平気で乗って来られるようになり、3年ほど前にイベント会場外周を助手席に乗せてもらい1周して頂きました。大阪万博で買ってもらった子供のオモチャ以来、久々に2000GTに乗ることが出来てとっても嬉しかったです・・・・笠井さんその節はありがとうございました。 幻の名車といわれるトヨタ2000GTはもはや天文学的なプレミアが付いてしまい、運やツテもないと 手に入れる事が出来ませんね。だからミニカーで揃えました。しかし2000GTとフジ・キャビンもしくはプリンス・スカイウェイの実車、はたまた小田急ロマンスカーのどれか1台くれると言われたら悩んでしまうのが変態の辛いところです。

[…]