Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ピンストライプことはじめ、初期の作品は今いずこ・・・

皆さん、あと少しで東京はお台場にて22回目のSCNが開催されますね。天気も(たぶん)大丈夫そうなので楽しい一日を過ごしましょう。このブログを見ている変態の皆様はとりあえずWildman’sブースにお集まりいただき、点呼を取ります。そのあと楽しいマニアな一日を過ごしましょう。 SCNといえば大井競馬場で開催された3回目(1989年)までは一般エントリーとして参加しておりました(看板屋時代です)昭和最後となる天皇ご崩御の年となった89年の夏よりMooneyes Signs &Pinstriping Studioの歴史は始まりました。19年前なんて話が新し過ぎて申し訳ありません。ついこの前の事ですよね・・・ 伝説の御所山8にて作業開始となりましたが、まだまだお客様はそんなに来てもらえませんでしたが、ウワサを聞きつけて何組かの方々が御所山を訪れてくれました。横浜ベイブリッジは完成間近で、ランドマークタワーに至ってはまだ着工もしてない頃です。 皆さん100%の確率で道に迷ってくれまして、携帯電話もない時代なので誘導するのもそれは大変でございました。四苦八苦して来て頂いた皆様のお車を四苦八苦して?Pinstripingさせて頂きました。そんなWildmanの超初期作品を今回ご紹介いたします。昭和から平成元年に変わったこの年に御所山を訪れてくれてPinstripeを入れたとってもレアなクルマたちです。 ゴールドのクラウンセダンは本当に初期に予約を入れてもらって作業したクルマです。数年前のCruisin’誌に紹介されたのでご存知の方も多いと思いますが、いまだ同じオーナーのもと、ほぼこのスタイルのまま現存しています。もちろんPinstripeも当時のままです。20年近く良いコンディションを保ち現在も乗り続けるオーナー様の変態度に脱帽です。 お次は当時横浜で活動していたVWのCar Clubの方の’64のビートルですが、このクルマもStudioがスタートして2週間くらいの時にやって来たと思います。サイドのグラフィックやペイントされたポルシェ・アロイが時代を感じさせますね。作業翌日、オーナー様がPinstripeの部分をおもいっきり至近距離でスチーム洗車してくれてペイントがペロンとはがれてしまった事が印象深いクルマです・・・・しかしこの後もエスカレートしてどんどんストライプのデザインを追加していったのを覚えております。 山梨は甲府よりわざわざ来て頂いたのはClassic Tasteさんの製作車であるDatsun 320ダブルピックでございます。貴重なクルマですね。強烈なパープルのボディにブルーとピンクのストライプが80’sを表し、又もやポルシェ・アロイを履いております。クルマ周辺に置かれたペンキ入り紙コップが夜遅い時間にやっとこ作業終了した当日の慌てぶりを物語っております・・・・・ そしてアイボリーのタテグロバンですが、当時のカスタムベースとしては人気車種でしたね。逆にクラウンなんかとってもマイナーな存在でしたが、2008年現在では立場が逆転しております。あんなにたくさんあったカスタムされたタテグロたちは一体どこに行ってしまったのでしょうか?気になります・・・・ 黒ボディーの変態的なクルマは静岡のVannuysさんが持ち込まれたいすゞフローリアンです。どう見てもへんなクルマですよね・・・・・ジウジアーロのホイールとやかましいディーゼルエンジンがとっても素敵でしたが、やっぱりへんなクルマです。ハンドルが異様に重かった事も印象深いです。 最後にアメリカ車も1台という事で、長い歴史を誇るBlue Maxさん御持込みのCamaroです。ぶっといディッシュホイール&タイヤに、これまたぶっといマフラーも勇ましく御所山にやって来ました。 この頃はこの型のCamaroも10年落ちくらいだったのでちっとも旧い感じはしませんでした。内装なんか新車みたいにピカピカでしたね。今ではこの年代のCamaro やTrans Amも稀少車となり、アメリカではどんどん値上がりしていますね。欲しい方は早めに押さえておかないと・・・・ という事で、たった19年前にタイムスリップ致しましたが楽しんで頂けたでしょうか? 今回ご紹介したクルマたちは今どうなっているのでしょうか、消息が気になります。(フローリアンは昇天したそうですが・・・)そして19年後にこのブログで2008年にタイムスリップする予定ですので、変態の皆様は覚えておいて下さいね。 それでは週末はSCNでお会いしましょう。Go! Odaiba, Rainbow Town Tokyo.

[…]