Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

我が家に新車がやって来た!そいつの名前はフェロー君

2月15日にアップした「おやじのスバルは幻のデメキンだった!」の続編となる今回のブログは、またしてもクルマに全く興味の無いウチのオヤジの愛車のお話です。 Wildman実家の最初の乗用車は1965年頃、中古にて購入した幻のデメキンスバル360(推定61~62年型)でしたが、その次もなぜか中古のスバル360(推定64年型)でした。とってもスバルな一家でしたが、特に意味は無く、近所のM自動車さんでたまたま店頭にあった安いクルマをたまたま買っただけの事でした。 1台目のデメキンは本当によく壊れてファミリーを悩ませたそうですが、2台目の推定64年型はそこそこよく走ってくれて、おやじは「クルマは軽自動車で十分、値段も維持費も安くて最高!」という考えが頭にインプットされたようでした。 しかし2台とも中古車だった事と、60年代の工作精度の低い自動車ですからトラブルは付き物だったので100%満足は出来なかったようです。特におふくろはスバルが路上で止まってしまうのが本当に嫌だったようで、「次のクルマは絶対に新車!」と決め付けていたとの事です。 そして推定1967年頃、ついに我が家に新車がやって来たのです。なじみのM自動車さんに行き色々相談した結果、今度はスバルはやめてダイハツの新車にしようという事となりました。ついにテレビよりも高い買い物をする事になったのです。 66年10月にデビューしたそいつはダイハツ初の軽乗用車でそれまでミゼット等の三輪車のイメージしかなかったダイハツ期待の新設計モデルでした。 空冷2サイクルのスバルに対し水冷2サイクルエンジンとなり、駆動方式もRRのスバルに対しFRのレイアウトをとっていました。デザインも丸くて大福餅のようなスバルとは対極にあるようなプリズムカットと呼ばれた宝石のイメージの直線的なデザインになっていました。 さらに国産乗用車初の角目ヘッドライトも装備しておりました。(ちなみにホンダ・ビート50は世界初のデュアルハロゲンヘッドライト装備です)356ccで23psを発揮する水冷エンジンと、4輪独立懸架の足回りをも持つそいつの名前は「ダイハツフェロー360」でございます。 フェローとは仲間という意味で、我が家の仲間になりました。白いボディーのフェローは幼年Wildman から見てもスバルと比べてとっても高級そうに見えました。我が家のはモールが付いていたので、スタンダードではなくデラックスかスーパーデラックスだったようです。当然おやじはそんな事は全く覚えておりません・・・・ 我が家のスバルに関しては自分が小さ過ぎて殆ど記憶が無く、うっすらとブルーのボディだった事を覚えているくらいです。しかしフェローが来た時はすでに幼稚園に入っていて、自動車の研究にもいそしんでいたのでたくさんのフェローの記憶があります。という事で「我が家のクルマ」という意味ではスバルよりもフェローの方が強く印象に残っているのです。何しろ初の新車です、おやじはシートにかぶせられたビニールを名残惜しそうにいつまでもはがさずにいましたが、私が指で穴をたくさん開けてしまい猛烈に怒られました。 なんてったって水冷エンジンだったのでスバルより静かなエンジン音と、とっても立派な(スバルに比べて)ダッシュパネルの事もよく覚えております。方向音痴のおやじがこのクルマで正月に家族旅行に伊豆まで行き、旅館にたどり着かないまま深夜になって遭難しそうになった事や、昭和44年頃に海水浴の帰り道でフェローの後ろに付いた茶色い涙テールのクラウンセダンのナンバーが我が家と同じナンバーだった事もよく覚えております(変態ですから) 画像はその伊豆旅行の時のフェローと幼年Wildmanです。思いっきり万歳していますがその後の思いっきり間違った人生を予感させます・・・ 何よりも新車だったことで故障する事が(殆ど)なくなり、長距離ドライブの機会も増えました。クーラーなんか付いていなかったので今考えると怖しいですが・・・おやじもおふくろもWildmanもみんなフェローに満足し70年代に入るまでWildman家の愛車として可愛がられました。 残念ながら当時ミニカーにはなっておらず、ブリキ玩具やプラモデルによってモデル化されたのみでした。 このブルーのモデルはフジミのミニペットシリーズという小さなミニカーサイズのプラモデルですがとってもよく出来ております。もちろん当時物です。ブリキのフェローは未入手なので、だれか白色のそいつをお持ちでしたらぜひ譲ってくださいな。思い出をコレクションしたいのです。 初代フェローは幾多のマイナーチェンジを繰り返し、SSというスポーティグレードでは360ccで32psをたたき出しこの後、軽自動車の世界はついにリッター100馬力という狂った世界に突入して行くのです。 そしてWildman家ではこのフェローの次のクルマで、ついに夢のカセットデッキが搭載されたのでした。時代は70年代に突入いたします。つい最近の事ですよね。

号外:サンタモニカの風、アメリカ出張は暑かったぜ!

先週末から今週まで3泊5日の長期に渡ってアメリカ遠征に行ってまいりました。あまりにも最近のお話なので今回のブログは号外扱いとなるので注意して下さい。 成田空港では我が愛機、大韓航空のチェックインカウンターで預ける荷物の重量チェックが行われるのですが、小心物のWildmanは事前に大韓航空のHPを見て昨年末より1ヶあたりの荷物の重量制限が23kgに変わったことを見逃がしませんでした(前は30kg)一緒に行ったMooneyes StaffのGoshuとPan君の荷物も当然「事前にチェック」3人分計6ヶの荷物を全て23kg内に抑え「俺達の勝ちだな」と大韓航空に勝利宣言し機内に乗り込んだのでした。「どうだ、まいったか!気分がいいぜ、全く!!」 機内で眠る事がとっても苦手なWildmanは、いつも通り大好きな西村京太郎先生のトラベルミステリー文庫本を買い込み、アメリカに向かう機内で日本中を旅しておりました。読書って素晴らしいですね!来月は湯河原の西村京太郎記念館に参上する予定です。西村先生待っていて下さい。 今回の出張目的は、サンタモニカのTRACK 16 Galleryにて開催されるTattooの世界で有名なArtistであるDon Ed Hardy氏が発行したKustom Japan Bookの発行記念レセプションへの参加と、El Mirageにて行われるSpeed TrialにMooneyes USAのChicoサンが自分で作ったクルマで200マイルに挑戦という暴挙を観戦しに行くというものでした。ああ恐ろしい・・・・ 3日間であっちこっち移動したので訳がわからなくなってきました・・・・ とっても暑いEl Mirageは昨年’32 Moon Coupeの撮影に来て以来2回目となりましたがやっぱり暑かったです。Bonnevilleは塩湖が干上がって出来た地面がしょっぱい塩なので(Salt Flats)照り返しが熱いだけですが、El Mirageは湖の水が干上がって出来た乾湖(Dry Lake)なので地面は固い土なので砂埃が凄い!風が吹くと暑さよりも吹き荒れる砂埃にまいってしまいます・・・・ そんな中、Chicoサンの’27ロードスターは無事車検をパスし、本番出走に向けて準備が進んでいます。なんたって偉大なRacerだったFred Larsenの307マイルを記録したStreamliner(小田急ロマンスカーではありません)のエンジンが積まれているので、それだけで興奮します。エンジン音を聞くと17年前に行ったBonnevilleの記憶が甦り、ひとりタイムススリップする変態でした。同時にロマンスカーのオルゴール音も聞こえてきそうです・・・ とぼとぼ歩いていると、すんごい昔に見た記憶のあるクルマがあります。Salty CudaとLetterされたBarracudaですが、このクルマは17年前のBonnevilleで走っていたヤツです。17年ぶりの再会に喜ぶ変態でした。アメリカは気が長くていいですね!! そうこうしているうちにChicoサンの出走の順番が回ってきました。伝説のエンジンを積んだMoon Equipment Companyのクルマという事で注目度も高い中、普段から何を考えているのかわからないポーカーフェイスのChicoサンはヘルメット越しにもわかるポーカーフェイスのまま走りだしました。最初のRunなのでトップスピードは150マイルの設定とし、砂ぼこりの中に消えて行きましたが、この時の走りは目標通リ153マイルを記録し幸先良いスタートとなりました。 いろんなクルマやバイクの走りを見ていると自分も走りたくなってきました。いつの日か愛機ホンダビート50を持ち込み、原付水冷2ストスクーターのカテゴリーを作ってもらい、V-TACS全開、11000rpmでワールドレコードを出してみたいものです。Dry Lakeを疾走する真紅のビート50・・・興奮してきました、今度イラストを描いてみます。 という事で時間が無くなった私とGoshuはPanをEl Mirageに残し、桜田淳子が「来て、来て」と呼んでいるサンタモニカに旅立ちます(サンタモニカの風:by阿久悠) 今回Chicoサンのクルマにはとっても貼りにくいウルトラビンテージなMoonのEyeballステッカーを張ったのとヘルメットのStripe作業だけでしたが、次回Bonneville出走時までには素敵なPaintを施す予定ですのでご期待下さい。ここから先のEl Mirageのお話は、今週末のMMMに掲載するPan君のReportを読んで下さいませ。必要以上に大汗をかく通称「汗青竜」のPan君捨て身の初アメリカ遠征記です。 そしてWildmanとGoshuは風に吹かれてサンタモニカにやって来ました。 TRACK 16 Galleryという巨大な建物で、5月17日から6月14日まで”When East Meets West”という展示会が開催されます。すでに目を通した方もいらっしゃると思いますが”Kustom Japan”という日本のカスタムシ-ンをMichael McCabe氏が取材撮影し、Tattoo ArtistのDon Ed Hardy氏が監修したバイリンガルな本があるのですが、その本の出版記念レセプションが展示会の初日に行われたのです。 約1ヶ月に渡り開催される作品展示には日本からはWildman、M&KのMakoto、 Mr. G、Grimb、筆前、Psychoらの作品が展示されます。 そしてMcCabe氏がKustom Japan用に撮影した写真を引き伸ばして多数展示し、さらにEd Hardy氏製作の有田焼 !!や絵画も展示され見どころ満載であります。 特に有田焼はアメリカ人がとらえた和洋折衷という感じで面白いです。 今回のレセプションにはWildman、Makoto、Mr,G、Grimbの4名が日本から参加しました。ここのところ日本人Artistは人気であります。 […]

いいじゃないの演歌だって、速さこそ正義GT-Rの世界

国産車にとってビンテージ・イヤーというのは1989年になりますね。 この年はトヨタ・セルシオ、ホンダNS-X、ユーノス・ロードスターといった後年名車と謳われるクルマたちが次々と発表され、バブル景気にも後押しされ、日本車が色々な意味で世界に認められた年だったと思っております。 そんな中、最終兵器と言えるクルマが16年振りに復活することとなり、話題沸騰となりました。スカイラインが人気物に戻るために(本当はグループAレースの完全制覇を目指すために)日本人が大好きなGT-Rを作っちまいました。この頃すでに国産車はかなり高性能になっていて、フェアレディZやトヨタスープラ、マツダRX-7等、ヨーロッパ車に引けを取らないスピードを誇っていましたが、そんなものを全て時代遅れにしてしまったのがR32 GT-Rでした。RB26ツインターボエンジンとアテーサET-Sというトルクスプリット4WDシステムというハイテクで武装したGT-Rは問答無用で国内最速はおろか、ポルシェやフェラーリをもうっちゃってしまうような存在となり世間を驚かせました。当然Wildmanも驚いてしまい、その存在が気になって仕方がありませんでした。ノーマルで280ps、ちょっといじれば400ps超え、気が狂ってしまえば600psという途方もない性能のエンジンを搭載している最新兵器がBNR32 GT-Rでした。 子供のころスカイラインGT-Rというのはトヨタ2000GTの次に偉いクルマで街でオーバーフェンダー付きのハコスカやケンメリを見ると本物かどうか自分なりにチェックポイントを決めてその真偽を伺っておりました。やれガラスが透明だの、音が違うだのと勝手に判断し「あれは本物、これは偽物」と決めつけておりました。何も分かっていない子供はとにかく「キャブっていうのが3つ付いていて、カムって言うのがダブルになっていて、バルブっていうのが4つあるからGT-Rは偉いんだ」という理論が成り立っていました。トミカのスカイライン2000GTがマイナーチェンジしてGT-Rレーシングになるという情報を得た時は、毎日のようにホームグラウンドの小笠原文具店に通い、その入荷を待っていました。1975年秋の事でした・・・・・ そんな感じでGT-Rというのは変態にとっては特別な存在でございまして、BNR32のデビューというのは久々に国産車の新車で興奮してしまうという状況になっていました。 この頃は身の程知らずで個人輸入した’68 Shelby GT350に乗っていましたがどうしても「GT-Rに乗ってみたい!ハイテクに侵されてみたい!」という気持ちが強くなってしまい、5年間連れ添ったShelbyに別れを告げ、身の程知らずPart IIとして新車価格¥445万円也のGT-Rを注文するという暴挙に出てしまったのです! そんなお金どうしたかって?平成の車転がしと謳われた変態はとっても上手にクルマの売買を行いまして、溺愛していたShelby君をとっても高く引き取って頂いたのでございます。その前にもちゃんとGT-R貯金なる物を続け、当時は実家に生息させて頂いておりましたので、昼飯はお袋に最低賃金を支払い、お弁当を作ってもらったりして、一定の期間は散財も防いでおりました。そしてシルバーのBNR32 GT-Rがやって来たのです。小心物は入念過ぎるくらい入念なナラシ運転を行い、ついにそのパフォーマンスを味わう日がやって来ました。1991年5月東名高速下り線秦野中井インター付近よりGT-Rに鞭をくれ、アクセル全開バビューンと弾丸の如くGT-Rは加速して行きます。「ハ、ハエー!!ほんとにハエーぞこのクルマ、バカみたいだ!」と興奮する変態は上り坂をグングン加速し、全てのクルマを置き去りにして行きます。「ふっふっふ、俺は世界最速だ、どーだまいったか!」とマッハ号の時のような妄想が広がっていました。 気持ち良く走っていると、後ろから真紅の物体が迫ってきます。「う、フェラーリ348ではないかあれは敵だぞ、迎撃してやるぜ!」と3速にシフトダウン、フルブーストのツインターボエンジンは雄たけびをあげ、登りのコーナーを駆け抜けて行き、最後のトンネルを抜ける時には348はミラーの中で小さくなっていました。ただ相手が本気でなかっただけかもしれないのに変態は勝手に勝ち誇り「フェラーリなんて敵じゃねえな、まるで公道グランプリで優勝した風吹裕也みたいだぜ」と一人で「サーキットの狼」状態になり恍惚の気分に浸っておりました。でもホントーに加速では当時のV8フェラーリなんか問題じゃありませんでした。 「飛ばすことに意義があるクルマ」と勝手に解釈し、そのスピードに酔いしれておりましたが時間が経つと「速いのは自分じゃなくてクルマが速いだけなんだ」という事に気がつきましてなんかとっても醒めた気分になってしまいました・・・・ 画像は我が戦闘機GT-Rで、手放す年に荒崎海岸周辺にて撮影したものです。ノーマルホイールをクロームメッキしたWildman号でございます。かっこいいなコイツ。 結局このハイテクカーには4年くらい乗って手放してしまい再びローテクカーへの道に逆戻りするわけなのですが、あの加速感は忘れられませんね、GT-Rだけの世界です。 89年の国産車は傑作揃いでございます。その中の1台を所有出来たことは変態冥利に尽きますね・・・いいじゃないですか、たまにはスカイラインという演歌も。アメリカ車にもヨーロッパ車にも無いあの世界・・・「ジャパンオリジナル、速さこそ正義なり」カッコいいぜGT-Rよ!!

楽しいな、ムーン・イラストレイテッドは変態必携の本だぜ!

4月27日に開催された第22回ムーンアイズストリートカーナショナルズにお越し頂きました変態及び変態予備軍の皆様お疲れ様でした。 心配されていた天候も回復し、会場にはナント750台のカスタムカー、100件のスワップミート、そして10000人の入場者が集まり過去最大規模のイベントとなりました。こんなにたくさん集まって頂きホントーにありがとうございました。今後この10000人全員を変態にさせるのがWildmanの義務となっている事を痛感しております・・・・ さて当日Wildmanブースにて点呼を取りましたところ、やっぱり変態の方々は自分の事が変態だということをお認めになり、ブースにお集まり頂きました。ブログ話から始まり、ご自慢のオモチャやコレクションの写真などを持ち寄って下さり、それぞれ楽しいひと時を過ごし、第一回変態の集いは無事終了致しました。 私も自慢の「27年間ワンオーナー」のナイキを展示させて頂きました、満足です。もちろんピンストライプの仕事もちゃんとしましたよ(少しですけど・・・・) そしてついに発売となったムーン・イラストレイテッド2008も我がブースにて販売させて頂きました。もちろん強制的にサインもしましたし、完全な変態と認定された方にはスペシャルプレゼントとして極少数用意した、あの伝説ブログ「小田急ロマンスカーはストリームライナーだ!」の時に書き下ろしたロマンスカーイラストのハンドアウト(ただのカラーコピーですけど)にサインをし進呈致しました。幸運な変態の方々が持ち帰ったイラストは今後ヤフオクに出るかも知れませんのでアラート機能でチェックしましょう。 さてそんなムーン・イラストレイテッドですが、これまでのムーンアイズ・カタログに代わる新しいスタイルの物になりました。雑誌なので本屋さんでも売っているのです。いろんなムーン関連やクラウン等のまじめな記事から、ムーンアイズ商品もたっぷり紹介しております。しかしここまでは序の口であります。 発売前のブログにてイラストレイテッドにはとっても大きな秘密があると情報を漏らしておきましたが、皆様はもう読まれたでしょうか?変態の方はとっくに手元にあると思いますが、予備軍の方々にお伝えしておきます。そうですこのイラストレイテッドにはWildman’sブログより抜粋した楽しいお話が掲載されております。ムーンアイズの本なのに104ページ目を開くとそこにはファンタジーの世界が広がり ます。 小田急ロマンスカー、ナイキ、スバル360のミニカー・・・・本来あってはならないページが存在する本、それがこのムーン・イラストレイテッドなのです。しかしこの本を買う方にとって一番重要なのはこの記事のページのはずです。ストリートカーナショナルズ会場で皆様の反応を見て自信が確信に変わりました。Wildmanは嬉しゅうございます・・・・ ブログから発展し雑誌の記事になる…ここまでは私の思い通りの展開ですな。しかしここからの飛躍が期待されている事は自分が一番よく分かっております。まだまだ今回のイラストレイテッドでは私のページが少なすぎるのです。これから皆様の御声援を頂ければ、次回秋の発売号ではきっとブログが綴じ込み付録となる事でしょう。 そうなれば単行本化も近くなり皆様(変態)ももっと楽しめます。 次回のイベント時には署名活動を行い、変態の人権を認めさせて、まずは綴じ込み付録を目指しましょう。それは変態の皆様の義務になります、一緒に頑張りましょう。 来年のストリートカーナショナルズ会場ではWildman’s Blog単行本出版記念の握手会及びサイン会が開催されていることでしょう。そんな先の話ではありませんね。