Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

我が家に新車がやって来た!そいつの名前はフェロー君

2月15日にアップした「おやじのスバルは幻のデメキンだった!」の続編となる今回のブログは、またしてもクルマに全く興味の無いウチのオヤジの愛車のお話です。
Wildman実家の最初の乗用車は1965年頃、中古にて購入した幻のデメキンスバル360(推定61~62年型)でしたが、その次もなぜか中古のスバル360(推定64年型)でした。とってもスバルな一家でしたが、特に意味は無く、近所のM自動車さんでたまたま店頭にあった安いクルマをたまたま買っただけの事でした。
1台目のデメキンは本当によく壊れてファミリーを悩ませたそうですが、2台目の推定64年型はそこそこよく走ってくれて、おやじは「クルマは軽自動車で十分、値段も維持費も安くて最高!」という考えが頭にインプットされたようでした。
しかし2台とも中古車だった事と、60年代の工作精度の低い自動車ですからトラブルは付き物だったので100%満足は出来なかったようです。特におふくろはスバルが路上で止まってしまうのが本当に嫌だったようで、「次のクルマは絶対に新車!」と決め付けていたとの事です。
そして推定1967年頃、ついに我が家に新車がやって来たのです。なじみのM自動車さんに行き色々相談した結果、今度はスバルはやめてダイハツの新車にしようという事となりました。ついにテレビよりも高い買い物をする事になったのです。
66年10月にデビューしたそいつはダイハツ初の軽乗用車でそれまでミゼット等の三輪車のイメージしかなかったダイハツ期待の新設計モデルでした。
空冷2サイクルのスバルに対し水冷2サイクルエンジンとなり、駆動方式もRRのスバルに対しFRのレイアウトをとっていました。デザインも丸くて大福餅のようなスバルとは対極にあるようなプリズムカットと呼ばれた宝石のイメージの直線的なデザインになっていました。
さらに国産乗用車初の角目ヘッドライトも装備しておりました。(ちなみにホンダ・ビート50は世界初のデュアルハロゲンヘッドライト装備です)356ccで23psを発揮する水冷エンジンと、4輪独立懸架の足回りをも持つそいつの名前は「ダイハツフェロー360」でございます。
フェローとは仲間という意味で、我が家の仲間になりました。白いボディーのフェローは幼年Wildman から見てもスバルと比べてとっても高級そうに見えました。我が家のはモールが付いていたので、スタンダードではなくデラックスかスーパーデラックスだったようです。当然おやじはそんな事は全く覚えておりません・・・・
我が家のスバルに関しては自分が小さ過ぎて殆ど記憶が無く、うっすらとブルーのボディだった事を覚えているくらいです。しかしフェローが来た時はすでに幼稚園に入っていて、自動車の研究にもいそしんでいたのでたくさんのフェローの記憶があります。という事で「我が家のクルマ」という意味ではスバルよりもフェローの方が強く印象に残っているのです。何しろ初の新車です、おやじはシートにかぶせられたビニールを名残惜しそうにいつまでもはがさずにいましたが、私が指で穴をたくさん開けてしまい猛烈に怒られました。
なんてったって水冷エンジンだったのでスバルより静かなエンジン音と、とっても立派な(スバルに比べて)ダッシュパネルの事もよく覚えております。方向音痴のおやじがこのクルマで正月に家族旅行に伊豆まで行き、旅館にたどり着かないまま深夜になって遭難しそうになった事や、昭和44年頃に海水浴の帰り道でフェローの後ろに付いた茶色い涙テールのクラウンセダンのナンバーが我が家と同じナンバーだった事もよく覚えております(変態ですから)
05312008-001.jpg
画像はその伊豆旅行の時のフェローと幼年Wildmanです。思いっきり万歳していますがその後の思いっきり間違った人生を予感させます・・・
何よりも新車だったことで故障する事が(殆ど)なくなり、長距離ドライブの機会も増えました。クーラーなんか付いていなかったので今考えると怖しいですが・・・おやじもおふくろもWildmanもみんなフェローに満足し70年代に入るまでWildman家の愛車として可愛がられました。
残念ながら当時ミニカーにはなっておらず、ブリキ玩具やプラモデルによってモデル化されたのみでした。
Fellow II 001.jpg
このブルーのモデルはフジミのミニペットシリーズという小さなミニカーサイズのプラモデルですがとってもよく出来ております。もちろん当時物です。ブリキのフェローは未入手なので、だれか白色のそいつをお持ちでしたらぜひ譲ってくださいな。思い出をコレクションしたいのです。
初代フェローは幾多のマイナーチェンジを繰り返し、SSというスポーティグレードでは360ccで32psをたたき出しこの後、軽自動車の世界はついにリッター100馬力という狂った世界に突入して行くのです。
そしてWildman家ではこのフェローの次のクルマで、ついに夢のカセットデッキが搭載されたのでした。時代は70年代に突入いたします。つい最近の事ですよね。

Be Sociable, Share!

???????????