Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Wildmanの休日、力道山編

あまりにも最近の話で本当に申し訳ないのですが、今週の月曜日はとっても充実した「Wildmanの休日」を過ごしました。 うわっ!こんな書き始めだと普通の人の普通のブログみたいで恥ずかしいですね。 このまま昼飯はラーメンを食べて「スープの出汁は良かったがチャーシューはまずかった」とか「帰りは渋滞にはまってしまった」とか書いてみたいですが、やっぱりそんな普通な出来事は変態には恥ずかしくて書く事が出来ません・・・・・(あれ、そういうのがブログっていうんでしたっけ???) という事でその日は念願の「力道山ゆかりの地巡り」となりまして、東京は赤坂に出撃となりました。 ここ数年、力道山の研究に余念がないWildmanなのですが、力道山本来のビジネスであるプロレスの事は全く分かりません。興味を持ったのは彼の半端でないカーマニアぶりと(1月4日Wildman’s Blog参照)とっても怖い裏社会とのつながりやプロレス以外のビジネスマンとしての先見性に興味を持たさせて頂きました。どんどん奥の深い力道山の世界にはまってしまい、最近はついに尊敬の念を抱いてしまったので今後は「力道山先生」と勝手に呼ばさせて頂きます。 先生がご活躍されたのは戦後の日本復興時にプロレスという新しいスポーツ(ビジネス)を日本に持ち込み、出たばかりのテレビを利用し見事にスーパースターになられたのですが、全てはこの変態が生まれる前の出来事(東京オリンピック以前)なので何一つ原体験はございません・・・・だからこそ先生の事を調べて行くうちに、その生き様が凄過ぎて何でもかんでも知りたくなってしまったのです。 しかし没後45年が経ち先生のご活躍は遠い昔のことになってしまい、石原裕次郎や美空ひばりクラスのスーパースターだったにもかかわらず、先生の事は最近ではあまり話題になりません。「こんな事ではいかん、先生のご活躍を風化させてはいかんぞ!少しでも先生の足跡に触れておかなくては」と思い、変態はどうしても昭和38年以前にタイムスリップしたくなり、先生ゆかりの地、赤坂に出向きました。 ゆかりの地でもありますが、悪夢の地でもあり、先生は昭和38年に赤坂のクラブで刺され亡くなってしまいました。 これが当時の新聞でございます、資料は大切にしないと… そしてもう一つの画像は大変貴重な物なのです。この宝石箱は先生が昭和38年にご結婚された時の結婚式の引き出物なのです!!!!すごいでしょ、これ貴重ですよ!!!チャンピオンベルトがあしらわれた宝石箱はとっても作りが良く、先生のこだわりが感じられるのです。でもこれは残念ながら私の物ではございません。私の知り合いの方の知り合いがお持ちで、当時結婚式に出席されたそうで、ご丁寧にも変態の撮影の為に貸して頂いたのです。その節はありがとうございました。いつか絶対手に入れます。 先生は本業のプロレス以外のビジネスを着々と展開し、高級マンションのはしりであるリキ・アパートやリキ・マンションを赤坂に建て、渋谷にはプロレスの常設会場であるリキ・スポーツパレスを作り、まだ珍しかったボウリング場やサウナもその中に入っていました。ボクシング・ジムも経営してその後、藤猛が世界チャンピオンになっています。さらに相模湖周辺の土地を買収しゴルフ場建設にも手を広げましたが、建設中に死亡してしまいその計画は途中でたち消えとなってしまいました・・・・・その広大な土地は現在、ブルー・パニックさんがトラックマスターズの常設会場とした「相模湖ピクニックランド」となっております。時代は変わったのう・・・・・ 45年の歳月が経ち力道山帝国は残念ながら崩壊してしまい、現在先生が手がけた物件で残っているのは赤坂リキ・マンションのみとなってしまいました。カリスマ店長の本牧Styleブログのようですが「あるうちに訪ねておかないと」と思い、休日を利用し聖地に出向きました。出向いたのはいいのですが東京のコインパーキングってちっともコインじゃなくって、こんな法外な金額でした・・・クルマを入れてから気付き、失神しそうになりました。東京って怖いと思いました。 放心状態でトボトボ坂道を登ると小さな看板が見えてきました。ありましたよ、変態憧れのリキ・マンションが!!!!!「ウオ~、先生の手がけた物件だ!よくぞ残っていてくれた、これはタイムスリップだ」と興奮し誇らしげにRマークの描かれたマンションの周りをグルグル3周ほど廻ってしまいました。 変態はとっても感動致しました。現在では「ビンテージ・マンション」としてこういった60年代に建てられた古いマンションにファッション的な付加価値が付き人気があるそうですが、実際住んでみると「忍耐」がいるそうです。60年代のクルマに乗るようなものですよね・・・・ いつかBIG宝くじが当たったあかつきには一部屋購入し、コレクションルームにすると心に誓って赤坂を後にしました。しかしこのままではなんか物足りないので変態は一路、大田区は池上に出向きました。 夕暮れ迫る中、着いた先はこのたいそう立派な寺院「池上本門寺」でございます。そうです、ここに力道山先生は眠っていられるのです。意味不明の変態による唐突なお墓参りをお許し下さい・・・・さすが先生、墓地のいたるところに看板標識が立っていました。色褪せしていた部分は今度勝手にワンショット・ペイントでリペアしたいくらいですね。 そしてとっても立派な先生のお墓に到着しました。右側には先生の銅像が建っていて、左側には「力道山の碑」がありました。 恐れ多くも手を合わせてお参りし、そそくさと退散しようと思いましたが、ふと「力道山の碑」を見てみると日本最大のフィクサー「児玉誉士夫」の名が刻まれていました。改めて裏戦後史の一幕が感じられました。「やっぱり先生は凄すぎる」と思いつつ一路横浜に向かいました。 こうして「Wildmanの休日」はとっても素晴らしい充実した一日となったのです。さて、次はなんの歴史探究に行こうかな、変態道は奥が深いのです・・・・・

[…]

御世話になったぜ!!キャル・マガジン

ついこの前の話で申し訳ないのですが、昭和63年の夏のとある日、看板屋さん時代のWildmanは仕事が終わった後、恒例の本屋さん巡回をする為に愛車マッハ号(カワサキ350SS)にまたがり、古本屋さんから街の本屋さんといつものルートにて散策を開始致しました。 この頃のWildmanはクルマとバイクの本を猛烈に読みまくっていた時期でございまして、定期購読だけでも5~6冊、さらに大好きな古本を買いまくっていたので、蔵書はどんどん増え続けて、もはや実家は「一千冊の本の森」と化し、自分でもどうしてよいのかわからない状況となっていました。 その日の巡回で最後に「スクランブルカーマガジン」を仕入れようと、ひなびた商店街にあるいつもの本屋さんに寄ってみると見慣れない本がクルマ雑誌の棚の所に山積みになっておりました。「チッ、なんだこのギャルって本、ドンドン別冊だって、売り場間違えておるぞ、エッチな本はあっちの棚だろうが!」と思いました。 表紙は金髪ビキニのお姉さんがニッコリとしているのでてっきりエッチな本かと思いきや、よく見るとバックには黄色のカルマンギアが写っていました。 「ありゃ、よく見たらギャルじゃなくてキャルって書いてある、奥が深い本だのう」と気を取り直しページをめくってみると、そこには多数のカスタムカーが掲載 されていて、まるでムーンアイズ・ストリートカー・ナショナルズの世界が広がっていました。もう一度表紙をよく見てみると、「カリフォルニアスタイルモーターファッション誌」となっています。「うーむなんのこっちゃ、ますます奥が深い本だのう、こりゃ買ってみなけりゃわからん」と判断し、スクラン、別冊モーターサイクリスト誌と一緒に購入となり、またもや蔵書を増やす事になりました。 実家変態部屋に引きこもり、さっそく「キャル」を読んでみると「なんかとっても面白い、こんな本はあんまりなかったぞ!」と好印象、しかも「ムーンアイズの社長さんがコラムを書いている、早速元町に行って感想をのべなくては」と思い、次の日曜日に納車2年目、税金滞納中の’68 Shelby Mustang GT350に乗って元町に乗り込みました。「社長、あのキャルって本、読みましたよ!色んなカスタムカー出てるし、社長のコラムも面白かったですね」と伝えると「ああ、あの本見てくれたんだ、面白かった?いっぱい売れ残ってたでしょ」と切ないお返事が。「いや、面白いですよ、それに売れ残っていたんじゃなくて山積みになっていただけです」と訳の分らない事を言っておりました。 シゲ菅沼のコラム「’77 Japanese Graffiti ぼくが’60 T’Birdに乗っていたころ」の文末に「’78年春、T’BIRDをコレクターの方に譲り、’69 El Caminoをドライブするため、ぼくは渡米した。ぼくのT’BIRDは今もこのコレクターのウエアハウスのなかで当時のままの姿で静かに眠っている」とありました。 「カッコいいな~こんな世界、オレもこんなだったらな~」と思いましたが、当時の現実は「’87 Yokohama Graffiti ぼくが’68 Shelbyに乗っていたころ」となり「’86年夏、カローラ1600GTを売っぱらい’68 Shelbyをドライブするため、ぼくは莫大なローンを組んだ。ぼくのShelbyは今、税金を滞納しガス代もままならず、静かに駐車場にとまっている」となってしまいました・・・・・・ キャルは「カリフォルニアは粋なモーターランド」という事で、それまでジャパニーズ スタイルのバニング中心だった日本のカスタムカーシーンにカリフォルニアスタイルのカスタムを提案するものでした。Rod、Bug、Mini Truck & Low Riderとあらゆるジャンルのカスタムを網羅していました。まさに初期のSCNみたいですね。金髪お姉さんの創刊号を見てみると、とっても懐かしいカスタムカーがいっぱいで、Bug SundayのMiss Contestもワンレングスのお姉さんでいっぱいです・・・バブル華やかりしころの思い出でございます。 そしてキャル創刊から約1年が経ち、変態はMooneyesにてPro Pinstriperとなる訳ですが、キャルにはその後長期に渡ってStudioのCMを掲載していました。今、見てみるととっても懐かしいですね。The Magic Of The Blue(クラウンP/U)Aqua Tudoor(クラウン改2ドアバン)Deuce FactoryのHilux Dually等、Wildman思い出のクルマたちがCMに使われています。ついこの前の事で恐縮ですが・・・・ キャルはその後発行部数を伸ばし’90年代を駆け抜け、サイズも大きくなったり小さくなったりしながら日本のカスタムシーンでバイブルとなりましたが、残念ながら2005年の12月号(Vol.161)をもって休刊となってしまいました。 特殊なジャンルの本として17年間も続いたキャルの功績は大きいと変態は思っております。私も最後の方ではPinstriperと変態を完全に両立させ、スニーカーの紹介をさせていただいております。F編集長により迷走するキャルです・・・・ 伝説となった「キャル」あなたの本棚にはどれくらい並んでいるでしょうか?その数で簡単な変態度のチェックが出来ます。

[…]

今は好きさ!ボルグ様の敵は悪童マッケンロー

ついに関東地方も嫌な、嫌な、嫌な、嫌な梅雨に突入してしまいましたね。この季節になると思い出すのが全英オープンテニス大会「ウィンブルドン」ですよね。 今年も6月末から始まりますが、またもやタイムスリップ致しまして、今からたった27年前の1981年のウィンブルドンの悪夢が蘇って来ました・・・・ ちょうどこの頃は高校2年生のWildmanでしたが、テニス界のスーパースター、ビヨン・ボルグ様に陶酔し切っておりましてテニス部の練習に励んでいました。(意味のわからない方は2007年11月9日ブログ参照)ボルグ様は1976年から1980年のウィンブルドンで前人未踏の5連覇という偉業を達成し、81年も当然優勝して6連覇は間違いないと誰もが信じていたのです。ボルグ様は予想通り勝ち進み決勝に進出しました。 しかし小心物のWildmanは「今年はいやな予感がする、相手が悪すぎるぞ」と勝手に解説者になりきり、深夜の衛星放送をテレビの前で勝手に解説しておりました。 前年見事に5連覇を達成したボルグ様でしたが、その試合はフルセットの壮絶な物になりテニス史上に残る名勝負と言われました。どっちを勝ちにしてもおかしくない試合内容で、たまたまボルグ様が勝ったと言われても仕方のないようなゲームだったのです。 その死闘を繰り広げた相手の名はアメリカの新鋭「ジョン・マッケンロー」でした。そいつが2年連続でボルグ様と決勝を争うことになったのです。マッケンローはスタンフォード大を中退してプロ入りし、79年にはボルグ様がついに取れなかった全米オープンのタイトルを手中にし、その後も勝ち続けて、ATPランキング1位のボルグ様を脅かす最大のライバルだったのです。 しかしですね、Wildmanがこいつの事を気に入らなかったのは、そのプレースタイルだったのです。冷静沈着で不利な判定にも文句ひとつ言わないでプレーし、サイボーグのような正確無比なテニスを繰り広げ最後には必ず勝ってしまう我がスーパースターボルグ様に対して、マッケンローときたら審判には暴言吐きまくり、気に入らなけりゃラケットをぶん投げ、しまいにゃ対戦相手にも文句言いまくりで「悪童」の名を欲しいままにして、罰金や出場停止も朝飯前といった空前絶後のプロテニスプレーヤーだったのです。 とにかくCoolなプレースタイルのボルグ様に陶酔し切っていたWildmanは当時マッケンローが大嫌いで、「こいつはいつか会ったら絶対にこらしめてやる」と常々意味不明な事を口走っておりました。そして81年のウィンブルドン決勝戦が始まり、眠い目をこすりながら衛星放送のテレビにくぎ付けになっていたのですが、だんだんボルグ様の情勢がおかしくなってきました。 「あれ、やっぱりおかしーな、もしかしてほんとーにボルグ様がマッケンローなんかに負けちゃうの?? ウソでしょ」と思っているとほんとーに試合が終わってしまい、小心物が心配していた通りボルグ様はほんとーに負けてしまい、ウィンブルドンの栄冠は悪童マッケンローの元に輝いてしまったのです・・・・・ 「ああ、なんてひどいことをするんだ!!あのアメ公、ぶっ殺してやる」と、その時Wildmanは心に誓ったのです。陶酔し切っていたボルグ様が負けてしまいショックは隠しきれず、夏の大会シングルスは2回戦で負けてしまったのは言うまでもありません、夏の日の寂しい思い出でございます・・・・・ マッケンローはその年の全米オープンでもボルグ様を破って優勝し、ついにボルグ様をATPランキング1位の座から引きずりおろしてしまいました。そして80年代中期はマッケンローの時代となり、相変わらずの悪童ぶりは変わりませんでしたが、そのキャラクターで人気は高くなり92年、33歳で引退するまで常にテニス界では話題の中心にいました。 反対に王座を奪われたボルグ様は若くして引退し、その後は失敗ばかりのハチャメチャな人生を送ってしまいました(11月24日ブログ参照)ハチャメチャなプレーヤーだったマッケンローは反対に引退後は堅実な人生を送り、デビスカップアメリカ代表の監督を務めたり、TV解説者も長く勤め、現在も人気があってマッケンローの名はテニス界では不動の地位を築いております。事業に失敗しビンボー生活を送っていたボルグ様にシニアツアー参加の救いの手?を差し伸べてあげたのもマッケンローだと聞いております。 「なんだ、イイヤツじゃん!」と20数年が経過してからマッケンローの事が好きになったWildmanはすでに「ぶっ殺す」発言は撤回しております・・・・96年にシニアツアーが日本に来た時、観戦に行きましたが「白髪のテニスの上手なおじいさんがコナーズの練習相手をしている」と思っていたらそれがマッケンローで、あまりの老けっぷりに驚いてしまいました。ボルグ様はまだ若かったです。良かったです。 ボルグ様のコスプレを現在でも遂行しているWildman としては、マッケンローの事を外すわけにも行きません。という事で我が家のワードロープには当然マッケンロー変身グッズがございます。 まずはラケットから、これはマッケンローが若い頃愛用したウィルソンの「ジャッククレーマー」というアメリカ製モデルであります。40代でかつてテニスをやられていた方々は懐かしいのではないでしょうか?ラージサイズラケット登場以前のウッドのレギュラーサイズの名品です。しかも未使用のデッドストック!!!どーだまいったか。この頃輸入元は何とSonyでちゃんとステッカーもタグも残っています。 そしてマッケンローといえば、ボルグ様のフィラに対して同じくイタリアのタッキーニでございます。今でこそフィラと共に2流ブランドになり下がってしまったタッキーニですが、当時はあこがれのブランドでした。特にこのマッケンローモデルはフィラのボルグモデルと人気を二分してしておりました。ちんどん屋ではありません。 さらにマッケンローグッズで一番カッコイイのはテニスシューズですね。ナイキからシグネイチャーモデルも出ていましたたが、やっぱりマックといえばこれです。ウィンブルドンでボルグ様を破った時にも履いていた、あまりにも有名なモデルがこのナイキ「フォレストヒルズ」でございます。上質なレザーを使ったこのシンプルなデザインのシューズは当然日本製で、四半世紀以上が経過した今でも、経年変化をものともしないマッケンロー並のタフネス振りです。素晴らしいぞフォレストヒルズ!!! そんなこんなで気がつけばボルグ様のライバルで、敵対視していたマッケンローの事まで好きになってしまったWildmanは、これらのグッズを駆使して完全なマッケンロー化を夢見て日々コスプレに勤しんでおります。 今日はボルグ様、明日はマッケンロー、横浜の街角かどこかのテニスコートでそんな変態に遭遇したらそれはきっとWildmanかもしれません・・・・ああ楽しい。

[…]