Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

今は好きさ!ボルグ様の敵は悪童マッケンロー

ついに関東地方も嫌な、嫌な、嫌な、嫌な梅雨に突入してしまいましたね。この季節になると思い出すのが全英オープンテニス大会「ウィンブルドン」ですよね。 今年も6月末から始まりますが、またもやタイムスリップ致しまして、今からたった27年前の1981年のウィンブルドンの悪夢が蘇って来ました・・・・ ちょうどこの頃は高校2年生のWildmanでしたが、テニス界のスーパースター、ビヨン・ボルグ様に陶酔し切っておりましてテニス部の練習に励んでいました。(意味のわからない方は2007年11月9日ブログ参照)ボルグ様は1976年から1980年のウィンブルドンで前人未踏の5連覇という偉業を達成し、81年も当然優勝して6連覇は間違いないと誰もが信じていたのです。ボルグ様は予想通り勝ち進み決勝に進出しました。 しかし小心物のWildmanは「今年はいやな予感がする、相手が悪すぎるぞ」と勝手に解説者になりきり、深夜の衛星放送をテレビの前で勝手に解説しておりました。 前年見事に5連覇を達成したボルグ様でしたが、その試合はフルセットの壮絶な物になりテニス史上に残る名勝負と言われました。どっちを勝ちにしてもおかしくない試合内容で、たまたまボルグ様が勝ったと言われても仕方のないようなゲームだったのです。 その死闘を繰り広げた相手の名はアメリカの新鋭「ジョン・マッケンロー」でした。そいつが2年連続でボルグ様と決勝を争うことになったのです。マッケンローはスタンフォード大を中退してプロ入りし、79年にはボルグ様がついに取れなかった全米オープンのタイトルを手中にし、その後も勝ち続けて、ATPランキング1位のボルグ様を脅かす最大のライバルだったのです。 しかしですね、Wildmanがこいつの事を気に入らなかったのは、そのプレースタイルだったのです。冷静沈着で不利な判定にも文句ひとつ言わないでプレーし、サイボーグのような正確無比なテニスを繰り広げ最後には必ず勝ってしまう我がスーパースターボルグ様に対して、マッケンローときたら審判には暴言吐きまくり、気に入らなけりゃラケットをぶん投げ、しまいにゃ対戦相手にも文句言いまくりで「悪童」の名を欲しいままにして、罰金や出場停止も朝飯前といった空前絶後のプロテニスプレーヤーだったのです。 とにかくCoolなプレースタイルのボルグ様に陶酔し切っていたWildmanは当時マッケンローが大嫌いで、「こいつはいつか会ったら絶対にこらしめてやる」と常々意味不明な事を口走っておりました。そして81年のウィンブルドン決勝戦が始まり、眠い目をこすりながら衛星放送のテレビにくぎ付けになっていたのですが、だんだんボルグ様の情勢がおかしくなってきました。 「あれ、やっぱりおかしーな、もしかしてほんとーにボルグ様がマッケンローなんかに負けちゃうの?? ウソでしょ」と思っているとほんとーに試合が終わってしまい、小心物が心配していた通りボルグ様はほんとーに負けてしまい、ウィンブルドンの栄冠は悪童マッケンローの元に輝いてしまったのです・・・・・ 「ああ、なんてひどいことをするんだ!!あのアメ公、ぶっ殺してやる」と、その時Wildmanは心に誓ったのです。陶酔し切っていたボルグ様が負けてしまいショックは隠しきれず、夏の大会シングルスは2回戦で負けてしまったのは言うまでもありません、夏の日の寂しい思い出でございます・・・・・ マッケンローはその年の全米オープンでもボルグ様を破って優勝し、ついにボルグ様をATPランキング1位の座から引きずりおろしてしまいました。そして80年代中期はマッケンローの時代となり、相変わらずの悪童ぶりは変わりませんでしたが、そのキャラクターで人気は高くなり92年、33歳で引退するまで常にテニス界では話題の中心にいました。 反対に王座を奪われたボルグ様は若くして引退し、その後は失敗ばかりのハチャメチャな人生を送ってしまいました(11月24日ブログ参照)ハチャメチャなプレーヤーだったマッケンローは反対に引退後は堅実な人生を送り、デビスカップアメリカ代表の監督を務めたり、TV解説者も長く勤め、現在も人気があってマッケンローの名はテニス界では不動の地位を築いております。事業に失敗しビンボー生活を送っていたボルグ様にシニアツアー参加の救いの手?を差し伸べてあげたのもマッケンローだと聞いております。 「なんだ、イイヤツじゃん!」と20数年が経過してからマッケンローの事が好きになったWildmanはすでに「ぶっ殺す」発言は撤回しております・・・・96年にシニアツアーが日本に来た時、観戦に行きましたが「白髪のテニスの上手なおじいさんがコナーズの練習相手をしている」と思っていたらそれがマッケンローで、あまりの老けっぷりに驚いてしまいました。ボルグ様はまだ若かったです。良かったです。 ボルグ様のコスプレを現在でも遂行しているWildman としては、マッケンローの事を外すわけにも行きません。という事で我が家のワードロープには当然マッケンロー変身グッズがございます。 まずはラケットから、これはマッケンローが若い頃愛用したウィルソンの「ジャッククレーマー」というアメリカ製モデルであります。40代でかつてテニスをやられていた方々は懐かしいのではないでしょうか?ラージサイズラケット登場以前のウッドのレギュラーサイズの名品です。しかも未使用のデッドストック!!!どーだまいったか。この頃輸入元は何とSonyでちゃんとステッカーもタグも残っています。 そしてマッケンローといえば、ボルグ様のフィラに対して同じくイタリアのタッキーニでございます。今でこそフィラと共に2流ブランドになり下がってしまったタッキーニですが、当時はあこがれのブランドでした。特にこのマッケンローモデルはフィラのボルグモデルと人気を二分してしておりました。ちんどん屋ではありません。 さらにマッケンローグッズで一番カッコイイのはテニスシューズですね。ナイキからシグネイチャーモデルも出ていましたたが、やっぱりマックといえばこれです。ウィンブルドンでボルグ様を破った時にも履いていた、あまりにも有名なモデルがこのナイキ「フォレストヒルズ」でございます。上質なレザーを使ったこのシンプルなデザインのシューズは当然日本製で、四半世紀以上が経過した今でも、経年変化をものともしないマッケンロー並のタフネス振りです。素晴らしいぞフォレストヒルズ!!! そんなこんなで気がつけばボルグ様のライバルで、敵対視していたマッケンローの事まで好きになってしまったWildmanは、これらのグッズを駆使して完全なマッケンロー化を夢見て日々コスプレに勤しんでおります。 今日はボルグ様、明日はマッケンロー、横浜の街角かどこかのテニスコートでそんな変態に遭遇したらそれはきっとWildmanかもしれません・・・・ああ楽しい。

[…]