Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

御世話になったぜ!!キャル・マガジン

ついこの前の話で申し訳ないのですが、昭和63年の夏のとある日、看板屋さん時代のWildmanは仕事が終わった後、恒例の本屋さん巡回をする為に愛車マッハ号(カワサキ350SS)にまたがり、古本屋さんから街の本屋さんといつものルートにて散策を開始致しました。 この頃のWildmanはクルマとバイクの本を猛烈に読みまくっていた時期でございまして、定期購読だけでも5~6冊、さらに大好きな古本を買いまくっていたので、蔵書はどんどん増え続けて、もはや実家は「一千冊の本の森」と化し、自分でもどうしてよいのかわからない状況となっていました。 その日の巡回で最後に「スクランブルカーマガジン」を仕入れようと、ひなびた商店街にあるいつもの本屋さんに寄ってみると見慣れない本がクルマ雑誌の棚の所に山積みになっておりました。「チッ、なんだこのギャルって本、ドンドン別冊だって、売り場間違えておるぞ、エッチな本はあっちの棚だろうが!」と思いました。 表紙は金髪ビキニのお姉さんがニッコリとしているのでてっきりエッチな本かと思いきや、よく見るとバックには黄色のカルマンギアが写っていました。 「ありゃ、よく見たらギャルじゃなくてキャルって書いてある、奥が深い本だのう」と気を取り直しページをめくってみると、そこには多数のカスタムカーが掲載 されていて、まるでムーンアイズ・ストリートカー・ナショナルズの世界が広がっていました。もう一度表紙をよく見てみると、「カリフォルニアスタイルモーターファッション誌」となっています。「うーむなんのこっちゃ、ますます奥が深い本だのう、こりゃ買ってみなけりゃわからん」と判断し、スクラン、別冊モーターサイクリスト誌と一緒に購入となり、またもや蔵書を増やす事になりました。 実家変態部屋に引きこもり、さっそく「キャル」を読んでみると「なんかとっても面白い、こんな本はあんまりなかったぞ!」と好印象、しかも「ムーンアイズの社長さんがコラムを書いている、早速元町に行って感想をのべなくては」と思い、次の日曜日に納車2年目、税金滞納中の’68 Shelby Mustang GT350に乗って元町に乗り込みました。「社長、あのキャルって本、読みましたよ!色んなカスタムカー出てるし、社長のコラムも面白かったですね」と伝えると「ああ、あの本見てくれたんだ、面白かった?いっぱい売れ残ってたでしょ」と切ないお返事が。「いや、面白いですよ、それに売れ残っていたんじゃなくて山積みになっていただけです」と訳の分らない事を言っておりました。 シゲ菅沼のコラム「’77 Japanese Graffiti ぼくが’60 T’Birdに乗っていたころ」の文末に「’78年春、T’BIRDをコレクターの方に譲り、’69 El Caminoをドライブするため、ぼくは渡米した。ぼくのT’BIRDは今もこのコレクターのウエアハウスのなかで当時のままの姿で静かに眠っている」とありました。 「カッコいいな~こんな世界、オレもこんなだったらな~」と思いましたが、当時の現実は「’87 Yokohama Graffiti ぼくが’68 Shelbyに乗っていたころ」となり「’86年夏、カローラ1600GTを売っぱらい’68 Shelbyをドライブするため、ぼくは莫大なローンを組んだ。ぼくのShelbyは今、税金を滞納しガス代もままならず、静かに駐車場にとまっている」となってしまいました・・・・・・ キャルは「カリフォルニアは粋なモーターランド」という事で、それまでジャパニーズ スタイルのバニング中心だった日本のカスタムカーシーンにカリフォルニアスタイルのカスタムを提案するものでした。Rod、Bug、Mini Truck & Low Riderとあらゆるジャンルのカスタムを網羅していました。まさに初期のSCNみたいですね。金髪お姉さんの創刊号を見てみると、とっても懐かしいカスタムカーがいっぱいで、Bug SundayのMiss Contestもワンレングスのお姉さんでいっぱいです・・・バブル華やかりしころの思い出でございます。 そしてキャル創刊から約1年が経ち、変態はMooneyesにてPro Pinstriperとなる訳ですが、キャルにはその後長期に渡ってStudioのCMを掲載していました。今、見てみるととっても懐かしいですね。The Magic Of The Blue(クラウンP/U)Aqua Tudoor(クラウン改2ドアバン)Deuce FactoryのHilux Dually等、Wildman思い出のクルマたちがCMに使われています。ついこの前の事で恐縮ですが・・・・ キャルはその後発行部数を伸ばし’90年代を駆け抜け、サイズも大きくなったり小さくなったりしながら日本のカスタムシーンでバイブルとなりましたが、残念ながら2005年の12月号(Vol.161)をもって休刊となってしまいました。 特殊なジャンルの本として17年間も続いたキャルの功績は大きいと変態は思っております。私も最後の方ではPinstriperと変態を完全に両立させ、スニーカーの紹介をさせていただいております。F編集長により迷走するキャルです・・・・ 伝説となった「キャル」あなたの本棚にはどれくらい並んでいるでしょうか?その数で簡単な変態度のチェックが出来ます。

[…]