Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

太陽にほえろ!変態の悩みは裕次郎のガル・ウィング

力道山先生と同時期に御活躍された昭和のスーパースター「石原裕次郎」さんですが、彼も先生に負けず劣らずカーマニアだったのは有名なお話です。なかでも一番溺愛していたのがメルセデス・ベンツ300SL、通称「ガル・ウィング」で、カモメの羽のようにドアーがバカッと跳ね上がるそのクルマは、戦後を代表するスポーツカーの1台であります。 まさに50年代当時のスーパーカーで、世界初のフューエル・インジェクションを装備するその3リッターSOHCストレート6の性能は240hpを発揮し、トップスピードは軽々と200km/hを超えてレースでも大活躍の300SLなのでした。 鋼管スペースフレームのため、設計上どうしても通常のドアーには出来ず、やむなく跳ね上げ式のガル・ウィングとしましたが、途中ロードスターを追加した時にフレームの設計変更がなされロードスターは普通のタイプのドアーを持っています。 外観上ガル・ウィング・クーペとロードスターの違いはドアー以外にヘッドライトの形が大きく違っています。ガル・ウィングはオーソドックスな丸型2灯なのですが、ロードスターは異形の縦型楕円2灯式のヘッドライトになるのです。このミニカーでお勉強して下さい。 左がガル・ウィング・クーペで右がロードスターです。ヘッドライトのデザインの違いにより両車のフロント周りは、だいぶ違った顔つきになっています。 さてこの300SLガルウィングですが、50年代の日本では夢のまた夢といったクルマでしてとても普通の人には買う事も見る事も出来ないような存在でした。 しかしどんな時代にもヘビー級のお金持ちというのはいる物でして、1953年にヤナセに掛け合い新車のガル・ウィングをフルオプション状態で輸入してしまったO氏という方がいらっしゃったのです。外車輸入の規制があったこの時代にどういう手を使って入れたのかはナゾですが、本当にそのクルマは日本の路上を走りだしたのです。センターロックのホイールが装備されていてこれもオプション扱いなので、このクルマの外観上の特徴の一つになっています。さてこのクルマが日本上陸第一号車となったわけですが、それを見て力道山先生も物欲モード全開となり?ヤナセに輸入を掛けあったそうですがあっさりと断られてしまいます。 しかしそこはさすが先生、1956年にプロレスのアメリカ巡業に出た際デトロイトでガル・ウィングの中古車を買いつけて、そこから大陸横断しサンフランシスコまで運んで日本に送ってしまったのです!!戦後間もない!昭和20年代に高級外車を個人輸入とは恐れ入ったものであります。力道山先生アッパレでございます。この時のアメリカでの走行シーンの画像がプライベートフィルムに残されているそうなので、いつか拝見してみたいものです・・・・・ 日本に持ち込んだこのクルマを先生はたいそう気に入ったそうで、しょっちゅう撮影にも使い力道山の代名詞のようにもなりました。当時は赤坂のリキ・アパート建設前で(6月20日のWildman‘s Blog参照)先生は太田区梅田町のとっても立派なお屋敷に住んでいまして、そこにガル・ウィングも保管されておりました。このお屋敷跡はすでに場所を特定しておりますので、今度ガル・ウィングのミニカーを持ち込み、撮影を敢行したいと思っております。簡単に昭和ロマンが味わえます、素晴らしい・・・・・ さて石原裕次郎さんですが、力道山とはスター同志すでに知り合いでありましたが、先生のガル・ウィングを見て惚れこんでしまい「売ってくれ~」攻撃に走ったそうです。しかし先生もお気に入りのこのクルマを売るわけには行かず裕次郎の攻撃にたえず悩んでいたそうです。 そうこうするうちに先生はあの日本上陸第一号のあのヤナセ物の事を思い出し、秘書に捜させたのです。すでにO氏の手元を離れていたこのクルマを見つけ出し紹介して、めでたく裕次郎はガル・ウィングのオーナーとなったのでした。これは1959年頃の事でした。裕次郎はこのクルマを溺愛し、石原プロモーションの経営が傾いた時も絶対に手放さず、亡くなるまで大切にされていました。奥様の北原三枝さんよりも大事だと豪語されていました。 力道山のガル・ウィング以上に裕次郎のガル・ウィングの方が印象が強いのは否定出来ない事実ですね。やっと本題に入るのですが、ついこの前といえる70年代、小学生の頃よりWildmanは悩んでいる事があります。それは裕次郎のガル・ウィングの顔面なのです。 3838のライセンスプレートを持つこの画像のクルマが裕次郎の物なのですが、ガル・ウィングのくせにロードスター用の異形縦型ヘッドライトが装着されていて顔面が通常のクーペとは全く違うものになっているのです。アメリカで買ってきた力道山の物は当然通常の丸型2灯が付いております。「まさか、オプションでそんなボディ・ワークがあったのか?」、「いや、あれは事故を起こして直すときにロードスターの顔面にしちゃったんだよ」などと色々な説があるのですが、かなり古い写真を見ても、裕次郎のはロードスター顔なので、日本で改造したものとは考えにくい面もあります。しかしファクトリー・オリジナルとしての資料が見つからないので、やっぱり日本でカスタムされたという説が有力なのでしょうか・・・・ Wildman的にはオールド・メルセデスといえば異形縦型ヘッドライトの方が好みなので300SLもこの顔面が好きなのです。クーペにもマッチしていると思うのですがいかがでしょうか? いまだにナゾは解明されていないので、だれかご存知の方がいらっしゃいましたら変態まで御一報下さい。どうぞ悩み多き変態を助けて下さい、宜しくお願い致します。 力道山や裕次郎がガル・ウィングを手に入れてからすでに半世紀が経過し、二人とももはや伝説の人物となりましたが、2台のガル・ウィングは両方とも日本に現存していて昭和の伝説を継承し続けております。力道山のクルマは個人オーナーのもとシルバーメタリックのボディに濃紺の内装で当時の姿を保ちつつ大切にされています(先生のサインも描いてあるそうです!!)サマージャンボで三億円を手にしたあかつきには二億五千万円くらいで譲ってほしいものです。 シルバーメタリックのボディに赤の内装をもつ裕次郎のクルマはご存じ北海道は小樽の「石原裕次郎記念館」のメインの展示物としてディスプレイされ、ファンの目を楽しませています。 現場を訪れた方はセンターロックのホイールや3838のライセンスプレートを確認し、さらに力道山先生とのヒストリーを思い出しつつ裕次郎のガル・ウィングを楽しむことが使命なのです。皆さんも頑張ってください。 それにしても何で縦型ヘッドライトなんだろこのクルマ・・・・・

復刻版も成長したな、ナイキLD1000は完璧だぜ!

とにかくですね、ナイキの復刻版というのは90年代より色々と展開されていましたが、どいつもこいつもオリジナルとは程遠い造型となってしまい、Wildman的にはとても納得出来る物ではありませんでした。 製作する方々が「大体似たようなのを作っとけばいーや」という態度が見え見えで、丸出だめ夫なモデルばかりでした。 ところがここ数年ヴィンテージラインなる商品展開で70年代の復刻モデルを次々と発表してきたのですが、こいつらの出来は中々の物で(中にはイマイチの物もあるのですが・・・)変態にもある程度満足出来る仕上がりなのでした。 そして昨年の事なのですが「ナイキLD1000」というモデルがこのヴィンテージラインで復刻されました。このシューズは以前のブログ(ああ、憧れのMade in USAシリーズ)で紹介した「バミューダ」に匹敵するくらいWildmanが愛するナイキなのでした。 Wildmanがスニーカーに目覚めたついこの前の1980年頃、LD1000はすでに生産は終わっていましたが、売れ残りをスポーツ店などで見掛ける事は多々ありました。当時は「古臭いモデルだなコイツは」と思い最新鋭のナイキばかりを見ていましたが、時が経つにつれその独特の風貌がとっても70年代を感じられるように思えて来て、我がナイキベスト3に入るようになりました。 90年代のヴィンテージスニーカーブームの頃、LD1000は王様級の扱いを受けていまして、ユーズドでも軽く¥10万を超える金額で取引されていて、その世界では超人気者でした。ナイキもこの事実を見逃すはずは無く、復刻版の切り札として発表した感がありました。 オリジナルのナイキLD1000は1976年に新世代のシューズとして発表されました。もちろん日本ゴムの製造によるHigh QualityなMade in Japanでナイキとしては初めてアッパーにナイロンメッシュが採用されました。過剰なまでのフレアーソールにアウトソールはお得意のワッフルソールを組み合わせ、ネーミングのLDとはLong Distanceを表し、年間1000マイル以上走るランナーの為のシューズという事でLD1000というモデル名になったようです。 しかしながら実際にはかなり重いシューズとなってしまい、フレアーソールはあまりにもフレアー過ぎていて、ソールが自分の足に当たってしまいケガをするという冗談のようなヒストリーを持つモデルになってしまいました。当時の本気ランナーは頭にきてフレアー部を自分で削って使用するというカスタムに走った方々もいたようで、ヴィンテージ市場でもカスタムLD1000も流通していました。 しかしですねこのシューズはそのデザインが全てで、あとはどうでもいいといった昔のクルマのような感じなのです。パワステのついていない高出力V8搭載のマッスルカーと同じ風情を感じるのです。そう、マッスルスニーカーなのです。 まず76年に1枚目画像のブルーXイエローラインのUCLAカラーが発売となりました。 これはマニア憧れの筆記体ナイキロゴを持ち,生産期間も約1年と短くてとってもレアなモデルとなっています。翌77年にはLD1000のイメージカラーとなるイエローXオレンジラインにカラーが変更となりました。左のシューズが筆記体ロゴを持つモデルでちょうどロゴが筆記体からブロック体に変更される過度期に生産された物で生産数が少なくLD1000の中では最も入手難なモデルです。すぐにマイナーチェンジされブロック体ロゴになったのが右側のモデルで、これが79年頃まで生産された最終型ともいえる物です。これのバリエーションとしてはオレンジのスウォッシュラインが細めの物も少数存在しました。そしてフルチェンジ版ともいえるLDVというモデルにバトンタッチされLD1000は役目を終え消えてゆきました。 そして今回復刻されたのがこの画像になります。 どうです中々のものでしょう?基本的な形はバッチリでLD1000の特徴は上手く再現されています。メッシュの素材が違うのでちょっとオリジナルと違う面もありますが色合いも含めて上出来なのです。77年過度期の生産数の少なかった筆記体ロゴモデルを再現したのはマニア向けでしたが「ちょっと失敗」な部分でもあります。画像の左がオリジナルで右が復刻版のロゴになります。 どうです、オリジナルの書体の方がかっこいいでしょう?復刻版は文字全体が平べったくなってしまい、変倍コピーに失敗してしまったロゴのような感じです。あ~惜しい!!!後ろから見ると過激なフレアーソールも再現され、LD1000らしさが良く出ていますが、オリジナルとの最大の差は「軽い」という事ですね。 そうです30年のテクノロジーの進歩により、あの重かったLD1000はとっても軽いシューズになったのです。 しかし変態的にはこれが気に入りません。履いたあと心地よい疲労感のあるオリジナルのあの重さが良かったのです。また頭がおかしくなったと思われるでしょうがマニアとしては重要な部分なのです。「あ~70年代のランナーのように重くて幅広のクツでケガをしてみたい!」という欲望に駆られるのです。これでは古き良き時代のマッスルカーがエアコン&パワステ付きのV8搭載車になってしまったようなものです(1JZ搭載の50クラウンとは言いませんが・・・) そんな欠点を差し引いてもこの復刻版LD1000には及第点を付けられます。70年代ナイキの魅力は十分に復刻されました。 残念ながら最初期型のブルーXイエローラインのカラーは復刻されなかったのでオリジナルを持っている変態の同士はお互い大事にしましょうね。 復刻版の登場により私もオリジナルでの出撃は激減し、復刻版ばかり履いてしまうのも旧車の扱いと同じようになって来ました。復刻版は5足揃えたので何とか一生分は確保出来たと思います。足は2本しかありませんが・・・・

[…]

ホットホイール40周年、あのクリスマスは忘れんぞ!

マテルのミニカー「ホットウィール」が今年で40周年を迎えました。「ホットウィール?なんぢゃ、そりゃ??」Wildmanにとっては誰が何と言おうと「ホットホイール」なのです。ホイールですよ、ホイール!!! だってホットホイールが日本に入って来た、ついこの前の昭和43年当時はそう言っていましたもん・・・・よーく覚えております。これがその証拠です、当時の雑誌の広告ですぜ! ね、この通りホットホイールって言うのですよ。最初に言ったほうが正義、だから「ホットホイール」と呼ぶのです。みなさんもカッコつけてウィールなんて呼ばないで下さいね。 ついこの前の昭和44年頃、幼年Wildmanが幼稚園から帰って来てそのテレビコマーシャルに釘づけになったのです。 「ミ、ミニカーが走ってる、一体何なんだコレは???」と思ったのが日本に上陸したばかりの「世界一はやいミニカー、ホットホイール」のTVCMだったのです。オレンジのレールの上を所狭しと走りまくるその物体は、今までに見たことのないものでした。「スゲェ、こんなの初めて!」と感動しましたが、変態に脱皮する前の幼稚園児が驚くのも無理はありませんでした。 それまでミニカーというのは「走る」ものではなく、見たり触ったりドアやボンネットを開けたり、せいぜい「転がして」遊ぶものでしたが、ホットホイールはビュンビュンと走りやがったのです。これを見た瞬間に幼年Wildmanは衝撃を受けてしまい、以降ホットホイールはミニカーではなく、ホットホイールという新たな物体と認識し、現在に至る訳なのです。ミニカーコレクション歴33年の変態が言うのですから間違いありません。 トーションバーサスペンションとベアリングシステムを装備し、強烈な走りを得たこの物体は、それまでのミニカーの概念を覆し、歴史ある欧州製のミニカーたちを瞬く間に撃破してしまい空前のセールスを記録しました。欧州製ミニカーたちは売れまくるホットホイールを参考にし、それまでの精密路線をやめにして「走るミニカー」を目指してホットホイールの二番煎じのようなスタイルのミニカーを作り始めてしまったのです。 このあたりの経緯がそれまでまじめにミニカーをコレクトしていた方々には気に入らなかったようでして「ホットホイールがミニカーをダメにした」という理論が70年代にはコレクター間で定説のようになっておりました。 しかしWildmanはそんな事は気に致しません、だってホットホイールはミニカーではないのですから・・・・何度も言うようにあれはホットホイールという物体であって決してミニカーではないのです。またこの変態がわけの分からないことを言っているとお思いでしょうが、40年近く唱え続ているWildmanの自論でございます。ですからホットホイールコレクターの方々はミニカーを集めているというのではなく自分はホットホイールを集めているという事を認識して下さい、宜しくお願いします。 「世界一はやいミニカー、ホットホイール」が日本に輸入された1960年代後半、一台あたりの価格は\250とそれまでの一般庶民クラスのチビッコたちの定番ミニカーであった英国製マッチボックスの\150と比べると\100も高いプライスを引っさげていましたが、なんてったって世界一はやかったので、チビッコたちはホットホイールを入手する事に必死になりました。幼年Wildmanも親に1台買ってもらいましたが、テレビCMでオレンジ色のレールの上をビュンビュン走りまくるあのシチュエーションは自宅の畳の上ではどうしても再現出来ません。 「あれ欲しい、どうしても欲しい」と必死のおねだりをした究極のホットホイールは「スーパーチャージャー」という加速装置付きのサーキットコースセットだったのです。 「あれさえあればビュンビュン走るんだ!あれがなきゃ話にならん」と思い込みましたが当時の定価は何と\2,900!!!モーレツに高価なオモチャだったのです。いくら頼んでも一般庶民の家ではそんな高い物おいそれと買ってくれるわけもなく幼年Wildmanはさんざんぶーたれておりました・・・・  そして時はついこの前の昭和44年のクリスマスにタイムスリップ致します。サンタクロースに今年の貢物は「ダイヤペットの日産プレジデント」か「スーパーチャージャー」をお願いしますとお祈りし、朝を迎えました。 奇跡の瞬間はやってきたのです。枕元には巨大なリボン付きの箱がありまして「今年もヤツはやって来たか!去年はブルーバードパトカーのブリキだったが、実はノーマルの方が欲しかったんだ」と回想に耽りながら巨大ボックスを開封すると夢にまで見たオレンジ色のレールと加速装置のピットが現れたのです。「ウギャ~出た、スーパーチャージャーだ!!!!」と叫ぶ幼稚園児は感無量で涙があふれそうでした。あんまり嬉しかったので今でも持っています。 この画像のコイツがワンオーナーのスーパーチャージャーでございます。40年間ずっといっしょです。レールもあるのですが500冊くらいの本を動かさないと出てこないので今回は勘弁して下さい・・・・・ 我が家にやって来たスーパーチャージャーでは遊びまくりました。「加速装置」の中ではグルングルンとスポンジ付きのローラーが回っていて、そこをクルマが通過するときにバビューンと押し出されモーレツなスピードでレールの上をホットホイールが走るのです。最初は仕組みがどうなってんのかなと思い、レールの上に顔を乗せ、バビューンと出てくるところを観察しようと思ったらバビューンとクルマが出てきて顔面直撃・・・・5分くらい泣いていた事を思い出します。このスーパーチャージャーではさんざん遊ばさせて頂きましたが、ついこの前の昭和48年頃突然動かなくなり、その時点で永久保存を決め、現在に至るわけです。 こんな高価なオモチャを買ってくれた両親に改めて感謝でございます。ご希望通リ立派な変態になってしまいました。そんなこんなでめでたく40周年のホットホイールでございますが、70年代には日本で「ミニカ」なんて冗談みたいなネーミングで売られていました。 これがその頃の広告です。ついこの前の出来事なので新しすぎて変態的にはこれらにはちっとも希少性を感じません。 そしてですね、40周年を記念して、オタク御用達?のネコ・パブリッシングよりモデル・カーズ誌の別冊としてビジュアルで振り返るホットウィール40年の歴史「ホットウィール・カルチャー」なる本が出版されました(だからウィールじゃなくってホイールだってば!!!)この中で私がホットホイールにピンストライプを描いたり、変態コレクションの紹介等をさせて頂いたりしておりますので、興味ある変態の方々は本屋さんに直行して下さい。 結論、ミニカーではないミニカーのような物体、それがホットホイールなのです。40周年おめでとうございます。(だからホットウィールではありませんって!)

[…]