Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

復刻版も成長したな、ナイキLD1000は完璧だぜ!

とにかくですね、ナイキの復刻版というのは90年代より色々と展開されていましたが、どいつもこいつもオリジナルとは程遠い造型となってしまい、Wildman的にはとても納得出来る物ではありませんでした。 製作する方々が「大体似たようなのを作っとけばいーや」という態度が見え見えで、丸出だめ夫なモデルばかりでした。 ところがここ数年ヴィンテージラインなる商品展開で70年代の復刻モデルを次々と発表してきたのですが、こいつらの出来は中々の物で(中にはイマイチの物もあるのですが・・・)変態にもある程度満足出来る仕上がりなのでした。 そして昨年の事なのですが「ナイキLD1000」というモデルがこのヴィンテージラインで復刻されました。このシューズは以前のブログ(ああ、憧れのMade in USAシリーズ)で紹介した「バミューダ」に匹敵するくらいWildmanが愛するナイキなのでした。 Wildmanがスニーカーに目覚めたついこの前の1980年頃、LD1000はすでに生産は終わっていましたが、売れ残りをスポーツ店などで見掛ける事は多々ありました。当時は「古臭いモデルだなコイツは」と思い最新鋭のナイキばかりを見ていましたが、時が経つにつれその独特の風貌がとっても70年代を感じられるように思えて来て、我がナイキベスト3に入るようになりました。 90年代のヴィンテージスニーカーブームの頃、LD1000は王様級の扱いを受けていまして、ユーズドでも軽く¥10万を超える金額で取引されていて、その世界では超人気者でした。ナイキもこの事実を見逃すはずは無く、復刻版の切り札として発表した感がありました。 オリジナルのナイキLD1000は1976年に新世代のシューズとして発表されました。もちろん日本ゴムの製造によるHigh QualityなMade in Japanでナイキとしては初めてアッパーにナイロンメッシュが採用されました。過剰なまでのフレアーソールにアウトソールはお得意のワッフルソールを組み合わせ、ネーミングのLDとはLong Distanceを表し、年間1000マイル以上走るランナーの為のシューズという事でLD1000というモデル名になったようです。 しかしながら実際にはかなり重いシューズとなってしまい、フレアーソールはあまりにもフレアー過ぎていて、ソールが自分の足に当たってしまいケガをするという冗談のようなヒストリーを持つモデルになってしまいました。当時の本気ランナーは頭にきてフレアー部を自分で削って使用するというカスタムに走った方々もいたようで、ヴィンテージ市場でもカスタムLD1000も流通していました。 しかしですねこのシューズはそのデザインが全てで、あとはどうでもいいといった昔のクルマのような感じなのです。パワステのついていない高出力V8搭載のマッスルカーと同じ風情を感じるのです。そう、マッスルスニーカーなのです。 まず76年に1枚目画像のブルーXイエローラインのUCLAカラーが発売となりました。 これはマニア憧れの筆記体ナイキロゴを持ち,生産期間も約1年と短くてとってもレアなモデルとなっています。翌77年にはLD1000のイメージカラーとなるイエローXオレンジラインにカラーが変更となりました。左のシューズが筆記体ロゴを持つモデルでちょうどロゴが筆記体からブロック体に変更される過度期に生産された物で生産数が少なくLD1000の中では最も入手難なモデルです。すぐにマイナーチェンジされブロック体ロゴになったのが右側のモデルで、これが79年頃まで生産された最終型ともいえる物です。これのバリエーションとしてはオレンジのスウォッシュラインが細めの物も少数存在しました。そしてフルチェンジ版ともいえるLDVというモデルにバトンタッチされLD1000は役目を終え消えてゆきました。 そして今回復刻されたのがこの画像になります。 どうです中々のものでしょう?基本的な形はバッチリでLD1000の特徴は上手く再現されています。メッシュの素材が違うのでちょっとオリジナルと違う面もありますが色合いも含めて上出来なのです。77年過度期の生産数の少なかった筆記体ロゴモデルを再現したのはマニア向けでしたが「ちょっと失敗」な部分でもあります。画像の左がオリジナルで右が復刻版のロゴになります。 どうです、オリジナルの書体の方がかっこいいでしょう?復刻版は文字全体が平べったくなってしまい、変倍コピーに失敗してしまったロゴのような感じです。あ~惜しい!!!後ろから見ると過激なフレアーソールも再現され、LD1000らしさが良く出ていますが、オリジナルとの最大の差は「軽い」という事ですね。 そうです30年のテクノロジーの進歩により、あの重かったLD1000はとっても軽いシューズになったのです。 しかし変態的にはこれが気に入りません。履いたあと心地よい疲労感のあるオリジナルのあの重さが良かったのです。また頭がおかしくなったと思われるでしょうがマニアとしては重要な部分なのです。「あ~70年代のランナーのように重くて幅広のクツでケガをしてみたい!」という欲望に駆られるのです。これでは古き良き時代のマッスルカーがエアコン&パワステ付きのV8搭載車になってしまったようなものです(1JZ搭載の50クラウンとは言いませんが・・・) そんな欠点を差し引いてもこの復刻版LD1000には及第点を付けられます。70年代ナイキの魅力は十分に復刻されました。 残念ながら最初期型のブルーXイエローラインのカラーは復刻されなかったのでオリジナルを持っている変態の同士はお互い大事にしましょうね。 復刻版の登場により私もオリジナルでの出撃は激減し、復刻版ばかり履いてしまうのも旧車の扱いと同じようになって来ました。復刻版は5足揃えたので何とか一生分は確保出来たと思います。足は2本しかありませんが・・・・

[…]