Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ダース・ベイダーになりたい!シンプソンM30アルバイト編

まるで先週のように感じてしまう、ついこの前の1979年のF-1シーンにとっても衝撃的なヘルメットが登場しました。前年の1978年はグランドエフェクトカーのロータス79がシリーズを席巻し、見事マリオ・アンドレッティがチャンピオンになり、ドライバーズ・ポイントでは2位にもロータスのロニー・ピーターソンが入りロータスにとっては完全勝利のようなシーズンとなりました。
ブラックにゴールドピンストライプのJPSカラーのロータス79は70年代F-1マシンの完成形となりましたが、残念ながらイタリアGPにてロニー・ピーターソンが事故死してしまい、ロータスにとっては幸福と不幸がいっぺんにやってきたようなシーズンになってしまったのです。
そして79年になるとロータスは究極のグランドエフェクトカーと思われたロータス80を発表し、その衝撃的なデザインには皆度肝を抜かれました。「思われた」というのは実際にシーズンに入ってデビューするとコイツはちっとも走らないのです。まったくもって失敗作となってしまったロータス80にはマリオ・アンドレッティも手をやいていましたが、そんなマリオがクルマ以上に衝撃的なヘルメットを被っていたのです。「なんぢゃ、こりゃ!こんなヘルメット見たことない!!!」と中学生の少年Wildmanはクルマよりもヘルメットに興奮してしまったのです。
pole.jpg
この頃はF-1映画「ポール・ポジション」なんかも公開され、日本でも2回ほど富士にてF-1レースが開催されたので、少年WildmanもF-1にドップリつかっておりましたが、このヘルメットのデザインには本当に驚いてしまいました。「ロータスなんか遅いからもうどうでもいいけど、このヘルメットはカッコ良過ぎるぜ!」と、思い込みの激しい変態少年はヘルメット・フェチと化したのです。
そいつの名前は”SIMPSON”といいました。そうです現在でも人気のあのシンプソンです。
それまでカッコイイと思っていた舶来品のBELL、AGV、GPA等がみ~んな古臭く見えてしまったのです、それはSFを感じさせる未来からやって来たヘルメットに見えました。だってさ当時公開され世界的ブームとなった映画STAR WARSに出て来るダース・ベイダーにそっくりなんですもん、カッコイイったらありゃしない!!
そして時はちょっとだけ流れて80年代となり、バイクを運転するようになっていましたが、このころ原チャリはノーヘルOK時代でしたので、ボルグ様の初代リード号はノーヘルで颯爽と風を切って走って走っていました。そして中免を取ってからはAGVなんかを被っておりましたが、やっぱりシンプソンが欲しい、どーしても欲しい!あれじゃなきゃダメだ、絶対にダメだ!!といつもながらの激しい思い込みが始まったのです。
この頃シンプソンはあまり流通してなく、なんてったってとっても偉い”Made in USA”だったので80年代前半の為替レートではとんでもないプライスが掲げられ、当時のライダー達の憧れの超高級品だったのです。まだダース・ベイダー型を模したニセモノシンプソンなんて無い時代でした。
とんでもないプライスの高級ヘルメットをとんでもない学生が購入する為にはやっぱりアルバイトしかありません。久々のアルバイト話は「Wildmanガソリンスタンド編」となります。ついこの前の83年頃ですがシンプソン欲しさに、より時給の高いアルバイトを探していた青年Wildmanはガソリンスタンドの求人を発見しました。まだ普通免許を持っていませんでしたが、それどもOKということなので晴れて時給¥650の日石スタンドのバイト君となりました(まだENEOSではありませんでした)とっても小さなスタンドでしたが、所長はとっても優しくて失敗しても全然怒らないので失敗ばかりしていました。
「釣銭の両替に行って来てくれ」と言われ「ハーイ、全速力で行ってまいります」と社用車のホンダロード・パルにまたがり銀行に行った帰り道、横々道路高架下右コーナーにてハングオンを試みたところ、パルのカゴに積んであった釣銭袋をぶちまけてしまい、道路に10円玉が散乱しました。「ギャー、どうしよう」と慌てふためいていると、タクシーの運転手さんがあまりにもあわれな変態をみて、クルマをとめて10円玉を拾うのを手伝ってくれました。ありがとう運転手さん、ついこの前のあの日はお世話になりました。
ある時はスズキGT125なんて当時でもレアなバイクで灯油を買いにきたオッちゃんがいました。オッちゃんはGTのシートだったか荷台?あたりに18リットルのポリタンをくくりつけて来て、センタースタンドを立て、そのままの状態で給油を試みました。
オッちゃんと世間話をしながらドクドクとポリタンに給油していると、半分くらい入ったところでポリタンの重みで突然GTの後輪がガクンと下がりました。慌てたWildmanは思わず給油ノズルをポリタンから引き出したのですが、焦っていたのでノズルのレバーを引いたまま オッちゃんに向かって灯油を発射してしまったのです・・・・ずぶ濡れになるオッちゃん・・・・ゴメンナサイ、オッちゃん!本当に申し訳ありませんでした、ついこの前のあの日の事はいまだに深く反省しております。
さらにこれは一緒にスタンドで働いていた友人のH君のお話なのですが、ある日デビューしたてのマイナーチェンジ後、1G-GEU搭載のセリカXX新車に乗ってきたとっても美人のお姉さんがいました。「ガソリン満タンお願い」と言われましたが、H君は素敵なお姉さんに見とれてしまい、「ガソリン満タン」ではなく「軽油満タン」にしてしまったのです。セリカXXになみなみと注がれる軽油・・・・それはまさに狂気の世界でありました。
この惨状に慌てまくった所長は緊急態勢で見た事もない素早い動きをしXXをリフトアップして一生懸命軽油を抜いておりました。ゴメンナサイ所長、あの時はさすがに怒っていましたね。ついこの前の事のようですがあの事件は一生忘れません、XXのお姉さんの事も忘れません。
そんなこんなでやっとの事で大枚を手にした青年Wildmanは、憧れのシンプソンM30を求めて京浜東北線に乗り上野バイク街に出撃しました。いまや伝説となってしまった悪名高きコー○ンモータースに出向いてついに憧れのシンプソンを手にしたのです。
Simpson 001.jpgSimpson 002.jpg
色はアンドレッティと同じシルバーに決めていました。
しかしですねシンプソンときたら83年当時で6万ですよ6万!!!!!たかがヘルメットが・・・・相変わらず自分の無謀な行動が信じられませんでした。「でも欲しかったんだもん、これでオレもF-1ドライバーだぜ、今日からアンドレッティと呼ぶように!」と激しい思い込みがありましたが、買った後激しい空腹に襲われたので帰り道で上野の中華料理屋に入り昼定食を食べたところ財布の中には¥700円しか残っていませんでした・・・・帰りはバス代が無くなったので京急上大岡駅からシンプソンM30を抱えてトボトボと歩いて帰りました。いくら嬉しくてもさすがに歩きながら被りはしませんでしたが・・・・
そして四半世紀が過ぎましたが、まだ持ってますシンプソンM30・・・・カエル君やマッハ号と走りまくりましたが、もうとっくに対応年数は過ぎ、中身もグサグサで被ることは出来ません。
その御老体は変態部屋の中でひっそりと余生を過ごしております。
後にも先にもヘルメットを買ってあんなに嬉しかった事はないので、ぶちまけた釣銭と灯油の思い出と一緒にこのシンプソンはずっと手元にあることでしょう。
10数年前、優しかった所長の元を訪れようと、思い出の日石ガソリンスタンドに出向きましたが、もうそこにはスタンドはなくビルが建っておりました。せっかくセリカXX軽油の件でもう一度謝ろうと思っていたのに・・・・・
エッ、今は何を被っているかって??
Simpson 003.jpg
それはこれですよ、ついこの前の80年代のモデル、イタリアはJEB’Sの“クレイ・レガツォーニ”ですよ。エッ、知らない、レガツォーニなんて・・・・失礼な!
ちょっと前のホンダのTVCMに出ていたでしょうが、知らない人はちゃんと調べてレポート提出して下さい。

Be Sociable, Share!

???????????