Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

やっぱりイリアは美形だぜ!ジューシィ・フルーツよ永遠に

またもや訳のわからないタイトルで皆さまを困らせる当ブログでございますが今回は2年位前に感じる1980年にタイムスリップ致します。本当についこの前の事のようですね。
当時わがKISSはぜんぜん日本に来なくなりとってもつまらない日々を過ごしておりました。ジュリーがパラシュートを背負ってTOKIOに飛来したのもこの頃でして、世はテクノポップなる不思議なジャンルの音楽が発生しつつあり、この後YMOが世界的にブレイクいたしました。
そしてたのきんトリオもブレイクしてトシちゃんは赤いナイキ・ナイロンコルテッツを履きマッチは黒のナイキ・マッハランナーを履いておりました。松田聖子も「青い珊瑚礁」が大ヒットして世の中はアイドルブームとなり・・・・そんな事はどうでもいいのです!また勝手に暴走しそうだ、危ない危ない・・・・・・・
1980年のある日、TVを見ておりますとなにやらギターを抱えた女性が男3人を従えセンターに立っているバンドが現れました。「何だコリャ、ランナウェイズじゃあるまいし一体なにやんの?」と思っていると突然演奏が始まりました。するとその女性ボーカリストは裏声で歌を歌い始めました、しかもサイドギターを弾いてるんじゃなくてギュイーンとリードギターじゃありませんか!!!「何だ、なんだこんなの初めて!!!カッコいいぞ、このお姉さん一体だれ??」というのがこのバンドとの出会いでございました。
この時の演奏曲はデビュー曲の「ジェニーはご機嫌ななめ」という曲でなんと36万枚を売り上げてしまいこれはテクノポップとしてはかなりの物で、このバンドはしょっちゅうTVに露出するようになりました、ついこの前のモスクワオリンピックの頃ですね。
ここまでお話すれば当ブログを訪れる変態の皆さまにはお分かりですよね。
そうですWildmanが大ファンになってしまった80年代伝説の?変態バンドの名前は「ジューシィ・フルーツ」でございます。この頃女性がメインボーカル&リードギタなんてバンドはまずありませんでしたからそれだけで偉かったのです、ハイ。しかもですよ、そのボーカルのイリアときたらとっても美形だったのです。ほんとだってば!それは最高のデザインだったんですよ。16歳のWildmanは将来絶対に結婚しようと思っていました。イリアは7歳も年上でしたが・・・
juicy1.jpg
そのうち画像のファーストアルバム”Drink!”が発売され、ジューシィ・フルーツは続けてヒットを飛ばして人気者となりTVCMなんかにも起用され、なつかしのTV番組「ザ・ベストテン」の常連となりました。ジューシィ・フルーツは奇才、近田春夫氏のプロデュースによるものでしたが、近田氏にはついこの前の1993年にマイカル本牧のエレベーターで遭遇しました。ただのヒッピーにしか見えませんでした・・・
juicy4.jpg
もともとイリアは70年代にガールズという女の子だけのバンドでレコードデビューしておりました。伝説の下着バンド「ランナウェイズ」のコピーみたいですが、なんとKISSの”Hard Luck Woman”をカバーしているのです。画像がガールズのLPレコードになります、変態はちゃんと持っております。
ガールズ解散後イリアは近田氏のBEEFというバンドに参加し、その流れでジューシィが結成されました。曲が売れても当の本人たちはテクノポップや、ロックや歌謡曲風、はたまたグループサウンズ風の勝手な音楽をシャレで?やっているのに何で売れてんだろと思っていた感がありますね。そういうスタンスがジューシィの魅力でもありました。
数枚のアルバムを出した後、ついこの前の1985年にあっさりと解散してしまったのもジューシィらしかったです。しかも最後の最後は何と「オレたちひょうきん族」に出演し「ひょうきんピヨコ隊」として演奏し、それで解散という無茶苦茶なものでございました。
juicy3.jpgjuicy2.jpg
こちらはジューシィの直筆サインとツアーパンフレットになりますがいつか再結成を夢見てずっと手元に置いてありました。解散後メンバーの方々はそれぞれソロ活動やスタジオミュージシャンとして活躍されていましたが、ギターの柴矢氏は作曲家として「おさかな天国」のヒットを飛ばしております。さすがだぜジューシィ・・・・・
そして21世紀になり久々メンバーに4人が集まってニューアレンジによる「ジェニーはご機嫌ななめ」を含むマキシ・シングルを発表して、当時のアルバムも何点かCD化されてとっても数少ない変態的な永遠のジューシィファンを喜ばせてくれました、感謝。さらにライブDVDまで発売されて変態たちを狂喜させたのです。
80年代にTV神奈川でやっていた宇崎竜童氏が司会の「ファイティング80’s」出演時の物で当時録画していましたがとっくにテープは紛失してしまったので奇跡のDVDとなりました。皆さまもぜひ御覧になってイリアのギターと美形を堪能して下さい。
もはや絶対に再結成のライブなんて考えられないジューシィ・フルーツですが、やっぱりもう一度レスポールやストラトキャスターを弾き捲くるイリアの雄姿(美形)を見てみたいものです。恋はベンチシートだぜ!!

Be Sociable, Share!

???????????