Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

悲しきオモチャたち、オキュパイド・ジャパン

先週のブログでジューシィ・フルーツのお話なんかしたところ、どーいう分けか「Wildmanアイドル好き疑惑」が持たれてしまい変態冥利に尽きましたが、別にアイドルなんかには興味無く、アイドルが履いていたスニーカーに興味があるだけなのでご心配なく・・・ハッとしてGood!なスニーカーぶるーすですよ。 そして今回のお話はグッと時間が巻き戻されまして、遂に終戦直後の時代までタイムスリップ致します。といってもさすがの私もそんな昔には生まれていませんのでオモチャたちでその時間に到達するのです。オモチャって本当に素晴らしいタイム・マシーンですね!!ということで今回は真面目に歴史のお勉強でございます。 第二次世界大戦が終わった頃、復興間もない日本で細々とオモチャが作られ始めました。オモチャといっても粗末なもので画像のブリキのジープがそのたぐいのモデルになるのですが、見ての通りとりあえずジープのような形をしているだけです。しかも裏板をみてビックリですが、何と空き缶をそのまま利用して組んであります。 進駐軍の捨てていったゴミも貴重な物資だったという事ですね、寂しいものです。 そして敗戦貧乏国日本は外貨獲得のために輸出産業に力を入れ始めます。その先陣を切って作られ始めたのがブリキのオモチャたちになるのです。 最初は空き缶ジープのような粗末なものからスタートしましたが、やがてそれは驚異的な進歩を見せ1950年代中期までには輸出の花形産業となって日本製のオモチャは海外で高い評価を受けるようになります。 そのような素晴らしいモデルが作られるちょっと前の時期に、やる気はあるがまだ技術が付いていっていない感じのオモチャたちがあります。それらは1947年から1952年までの約5年間の間に作られて海外に輸出されたものたちなのです。 この間はまだ日本は占領下にあったのでパッケージやモデルにその事を明記する義務がありました。聞いたことがあるかもしれませんが”Made in Ocuppied Japan”という言葉がプリントされているのです。 今や世界に誇るクオリティのメイド・イン・ジャパンではなく、メイド・イン・オキュパイド・ジャパンという長ったらしい文章は「占領下の日本製」を表している悲しいオモチャたちなのです、ああ悲しい・・・ しかし先人たちの苦労があったからこそ、日本は輸出大国になっていったのです。昭和万歳でございます。そんな悲しい歴史を持つオキュパイド・ジャパンのオモチャたちなのですが、Wildmanの手元にも何点かありますので今回強制的に紹介させて頂きます。 まず緑色のアメ車と思わしきモデルはゼンマイ駆動でパッケージ付きですが、そこにプリントされている文字が”Made in Ocupad Japan”となっていてOccupied のスペルを堂々と間違ったままプリントし、輸出されてしまった所に製作者の気合を感じます。何事も気合です! そしてまさに終戦直後の三輪トラックのモデルはバイクに荷台を付けただけの初期の三輪トラックですが、おそらくマツダかダイハツあたりをモチーフとしているのでしょう。ゼンマイも快調で変態部屋の中をあっちこっち走り回ります。エンジンのシリンダーや荷台の幌を一生懸命表現しているところに製作者の気合を感じます、何事も気合です! そしてついに車種を特定できるモデルの登場です。変態の皆様ならご存知の有名車は何とビックリ「タッカー・トーピード」でございます!!!!タッカーですよ、タッカー!映画にもあのなったタッカーです。1948年にビッグ3を脅かす存在として華々しくデビューしたタッカーは見事ビッグ3の妨害を受けて、たったの51台を作っただけであっさりと自動車業界から抹殺されてしまった悲運の名車(迷車?)になります。三つ目のヘッドライトやリアに搭載 されたエンジンは水冷SOHCのフラット6という変態的なメカをもっていたのです。それにしても当時でも珍しいタッカーをはるか極東の街工場の気合の入った職人さんがブリキのオモチャ化するなんて・・・・まったくもってナゾであります。だって当時日本にタッカーの情報なんてまともに入ってくるわけありませんから。きっと職人さんが進駐軍の兵隊さんにLIFE誌かなんかもらってそれの広告にでも写ってたタッカーの写真を見て「おお、これだ!」とひらめいてその写真だけを頼りに気合で作ったのでしょう、何事も気合であります!! しかもタッカーのモデルは2台あります。きっとその本を回し読みして隣の工場でも 「おお、これだ!」とひらめいて作ったと解釈しております。なんたって60年も前の事ですから・・・・ パッケージ付きのモデルはまさに写真一枚を頼りに作ったとしか思えない出来ですが、 ちゃんと3灯を表現し全体のスタイルはまさにタッカーしております。ゼンマイも60年たっても快調であります。しかもパッケージにはHappy Carというネーミングとトホホな富士山のイラストが・・・富士の裾野を走るハッピーな迷車タッカー、まさに気合であります。 2台目のタッカーはうって変って素晴らしいプロポーションを持っています。実は回し読みの 本を見たのではなくちゃんとシカゴのタッカー本社から図面をもらって作った としか思えないような出来を見せています。そんなものもらえるわけありませんが・・・・ しかしそこはやっぱり占領下の街工場製、適当な解釈はものすごいカスタムを生み、なんと屋根にごらんの通り巨大なスピーカーが並んでます。放送宣伝車で8ナンバー でも取るつもりだったのでしょうか。やっぱり気合いが違います。 そんなこんなで1952年サンフランシスコ講和条約により連合軍による占領解除が施さ れメイド・イン・オキュパイド・ジャパンの時代は終わりを告げて、やっとメイド・イン・ジャパンと堂々とプリントされるようになったのです。この後数年の内に日本製のオモチャは 驚異的な進歩を見せ数々の名作を生み、現在世界中のビンテージ市場でも高く評価されています。 この画像のジャガーXK120は米澤玩具製の50年代中期のモデルですがごらんの通り現代の目で見ても素晴らしいプロポーションでメイド・イン・ジャパン黄金期モデルとして評価されています。ちなみに力道山先生がこれとまったく同じボディカラーの実車に乗られておりました。さすが先生であります。 ついでにもうひとつの画像は日本同様敗戦国のドイツ製ですがオキュパイドジャパンと同時期のミニカーであります。プラメタというブランドのミニカーで1952年たったの一年間だけイギリス占領地区ドイツにて作られておりました。 “Made in British Zone Germany” と明記されています。同じ敗戦国でもこの時点では 全然技術が違いますね、ものすごい出来なのです。ダイキャスト・メタル製でゼンマイにより走行はするは、前輪はステアするは、プロポーションは猛烈に正確だはと同じ敗戦国とは思えない脅威の出来っぷりであります。ドイツ人も気合であります。ちなみにプラメタ全5車種を集めるのに30年掛かりました。こちらも気合であります。 それにしても戦後黄金時代を誇ったアメリカのビッグ3は現在最悪の時期を迎えていますが敗戦国の日本とドイツのクルマが世界を牛耳っているとは皮肉なものです。 日本もドイツも戦後のオモチャ作りから始まり、気合いでそれらが世界最高のものとなり、ついには世界最高水準のクルマを作り続けている両国となりましたが今後どうなって行くのでしょうか。かつて黄金時代を誇ったMade in USA車の逆襲はあるのでしょうか。 2030年のブログで書いてみたいと思います。 今回はオモチャにおける戦後の歴史を研究題材としてみました。いつも真面目なWildman’s Blog、今後も気合で長文を読破して下さい。何事も気合であります!

[…]