Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

迷いこんだ孤高の悪役スーパーカー

やっぱりですね、昔のスーパーカーはカッコいいんですよ。70年代のランボルギーニを中心としたウェッジ・シェイプのデザインは今見ても純粋にカッコいいと思っております。 あのスーパーカーブームを体験した世代は決して車離れという社会現象に惑わされることはないと信じております。 あの頃のスーパーカーなんてクルマ自体の作りはメチャクチャ、新車の頃からまともに動きそうもなく、30年たった今ではレストアというよりも作り直し&改善といったレベルで楽しむしかないようです。 でもそこはやっぱりスーパーカー、動かなくてもオブジェとして眺めているだけでも人生が変わりそうなので、ランボルギーニ・ウラッコあたりの不動車をタダで頂ければ終生オブジェとして大事にしますので宜しくお願い致します・・・・・ あのブームのころ、キングといえばカウンタックでしたね。ライバルが365BBとすれば脇役にポルシェ930ターボや、マセラティ・ボーラが並び、ちょっと古くても準主役を演じれたミウラも当時の人気物でしたし、神のような存在のイオタもありました。ランチア・ストラトスやロータス・ヨーロッパ、フェラーリ308なんかも12気筒スーパーカーに比べ格下とはいえ、ブーム時はアイドル並みの扱いでございました。 そんな中で1台、名前も通っていて性能もそこそこ、カッコもリトラクタブルのヘッドライトをはじめ完全にスーパーカーしているのにちょっと異色の存在だったヤツがいました。 イケメンのカウンタックに対し、不良のA君のような存在のスーパーカーは「デ・トマソ・パンテーラ」そう、パンテーラでございます。*注:シャレード・デ・トマソではありません。 漫画「サーキットの狼」の中でも暴走族「極道連」のスポンサーである通称「坊ちゃん」や悪の限りを尽くす「四国の獅子」の愛車として登場し、子供達に「あれは悪者のクルマと」というイメージがすり込められられ、フェラーリやランボら真のイタリアン・スーパーカー・オーナー達からは「あれはエンジンがアメリカ製の偽物スーパーカー」というレッテルを貼られていました。 しかし憎まれっ子、世にはばかるといった感じで、パンテーラは何と20年以上も製造された驚異の長寿スーパーカーとなりました。 数奇な運命を経てイタリアに渡ったアルゼンチン人のアレッサンドロ・デ・トマソは大富豪の娘と結婚し、巨万の富を得てレーシングカーの製造をはじめ、遂にはロードカーの量産にまで手を伸ばしました。 大フォードと組んでの一大プロジェクトはイタリア製のボディ&シャーシに安価で大パワーなアメリカンV8をZFミッションと組み合わせ、ミッドに搭載してフォード・ディーラーで売りましょう!という壮大なプランでした。 出来あがった大量生産スーパーカー「パンテーラ」は当初トラブル続出で、途中でフォードはさじを投げてしまい、結局デ・トマソが改良を続けて安定した人気を得てロングランなスーパーカーとなりました。 いい加減なクルマに思われそうなパンテーラですが、基本設計はランボルギーニから引き抜いたミウラの設計者であるダラーラが努め、ボディはイタリアのギアのデザインによるもので実際スーパーカーとしての基本は結構しっかりできていた車なのです。ただアメリカンV8という心臓が、スーパーカーファンには引っ掛かるところだったのでしょう。 実際には搭載されたフォード351クリーブランド・ユニットはかなりの高スペックを発揮していて、まともに動かないイタリア製12気筒なんかよりもよっぽど強烈なスピードを誇ったそうです。 しかし21世紀となった現在ではパンテーラはビンテージ・スーパーカーとしての地位を確立し、昔みたいにエアロ・パーツで着飾っただけの見てくれ重視仕様よりも、オリジナルな状態にレストアするパターンの方が主流になっています。 なんたって心臓はフォードV8ですからチューニング・パーツなんかいくらでもあり、現在の技術であればパワーはいくらでも稼げるのがパンテーラのいいところであります。 パンテーラを初めて間近で見たのはついこの前の1977年のことでした。この写真は、大磯ロングビーチで開催された77年のスーパーカーショーに友人の石川君と国鉄に乗り出撃したときのものでして、品川ナンバーのパンテーラGTSになります。後ろにはとっても70年代小学生ファッションのちびっこたちが写っております。 ついでにその隣にはこの真っ赤なフェラーリ365GT4ベルリネッタ・ボクサーが飾られておりました。「真っ赤なフェラーリ」なんて歌もありましたっけ・・・・(by:切替徹) そしてあまりにも最近の話で申し訳ないのですが、今年の22nd Mooneyes Street Car Nationalsのスワップミート・ブースに真紅のパンテーラがあったのを見た方はおりますでしょうか? 2台並んでいたうちの1台になるのですが、ほとんどの方々は「普通の綺麗なパンテーラ」と思って見過ごしてしまったと思います。そんなアナタは後悔することしきりでございます。 パンテーラは70年代にレースにも出場していました。当時のグループ4レギュレーションに合わせたレーシング・パンテーラはエンジンをアメリカのバッドムーアやガルツランドにより隅々までチューニングされ、アメ車ファンにはおなじみのホーリーやクレーン、アライアス等のホット・ロッドなパーツで武装し、更にドライサンプ化されて500hpの出力を誇る完全なレーシング・スペックとなりました。 エンジン以外では、ブレーキがロッキード製になり、室内はバケット・シートやロール・ゲージが組まれ、外観はぶっといマグホイールに巨大なFRPのオーバーフェンダーが付き、パースペックス製のサイド・ウィンドウとともにまさに70年代のレーシングカーの匂いプンプンといった雰囲気になっています。 このレーシング・スペックの特別な車が「パンテーラ・グループ4」としてたったの8台だけ生産されました。純血種の豹は8頭しかいないわけであります。そしてこのうちの最後の1台はついこの前である1972年12月22日にデリバリーされました。 そしてその後この最終車輌は走る舞台がほとんどないはずの日本にやって来てしまい、ずっと日本に生息していたのです。昔からのファンなら知っていると思いますが、当時のDrag Race等に出場したりしていたので走っている姿をずっと昔に見た事があるかもしれません・・・・この車こそ今年のSCNに現れた幻のパンテーラ・グループ4なのであります!変態は興奮してしまいカタログサイン会をやりつつ、パンテーラの所に出張にも行っていました。 ただのパンテーラだと思っていた皆様はこの写真をご覧下さい。グループ4カー専用デザインのオーバーフェンダーやパースペックス製のウィンドウが本物のオーラを漂わせていますよね。あーあ、もったいない、このクルマのこと誰も見ていなかったんだよな・・・・・・変態は寂しいです。 寂しさを紛らわすために変態はミニカーで楽しみます。70年代当時物のフランスはノレブ社製のこのミニカーは何とパンテーラ・グループ4をモチーフとしていました。GTSではなくグループ4をモデル化したところに製作者の変態性が感じられる好モデルです。独特のオーバーフェンダーやサイドウィンドウが見事にグループ4しております。最高です。ブルーのはついこの前である小学生の時に買ってもらったもので、他の2台は21世紀になってから入手致しました。気が長いのです・・・・ 日本上陸後20年以上が経過し、静かに余生を送っていたグループ4ですが最近またもやエンジンに火が入りレーシングカーが公道に乱入してきたのです。その勢いでSCNにも現われたのですが、オーナー様はとても大切にされているので、今後も末長くこのクルマは世界で一番程度のいいパンテーラ グループ4として走り続けるでしょう。 Mooneyesのイベントにはどんな車が来るかわかりません。今週末のAll Odds Nationalsにもこうご期待であります。Wildmanブースでお会いしましょう!

[…]