Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

我が家に新車がやって来た!Part II

Wildman家では1965年から始まった親父のマイカーライフが続いており2台のスバル360を乗り継いだ後、1967年にはついに新車購入という暴挙に出まして、我が家ではテレビより高い買い物としてまっさらの新車であるダイハツ・フェロー360が導入されたのです。(5月31日ブログ参照) 中古のスバルと違い新車のフェロー君は2サイクル水冷エンジンも絶好調で故障知らずの毎日を過ごし、親父の通勤グルマおよび幼年Wildmanの移動用車輛として立派に任務を果しておりました。 そして5年が経過した1971年になって突然「よし、クルマを買い替えるぞ!!」と全くクルマに興味のない親父がまたもや新車購入の暴挙に出たのです。その年に横浜市立岡村小学校に入学したWildmanはたいそう喜び「ついにウチにも軽自動車じゃない大きな車がやってくるんだ!いったい車種は何だろう?」と一人期待に胸を膨らませ興奮しておりました。 しかし恐ろしい事実が我が家にはあったのです。激動の60年代が幕を閉じ、未来に向かって行く70年代になっても、なぜかウチの親父はかたくなに普通免許を取得しようとはせず、自動二輪免許から格上げとなった360ccまでの軽自動車しか運転の出来ない軽免許しか所持していませんでした。そんなことはよくわからず、大きな車しか眼中になかったWildmanは絶対に今度はクラウンかセドリックかスカイラインかグロリアかスプリンターかセリカかギャランかベレットかはたまた憧れの外車か・・・・・と猛烈な期待を持って新車導入を待ちわびておりました。 そして5年間連れ添ったフェロー君を下取りに出して我が家にやって来た新車は何とまたしてもフェロー君だったのです。「何これ?また軽自動車だよ」と不安と不満でいっぱいのWildmanをよそに「そうだ、また新車だ!今度のもきっと調子いいぞ」と喜びいっぱいのクルマに全く興味のない我が親父でありました。 1966年にデビューした初代フェローは水冷2サイクルエンジンでFRのレイアウトを持っていましたが、1970年にフルモデルチェンジしエンジンは圧縮比のアップにより一気に7ps増しの33psとなって駆動方式もFRからFFに変更となりました。スバルやスズキのRRに対し近代的なFFレイアウト&四輪独立懸架と強力なエンジンによりライバルに差を付けたのです。 ボディもロングノーズを意識し、旧フェローよりもシャープなデザインとなり70年代へGo!という感じでした。 何よりもそのネーミングも強力になりフェロー君は「フェロー・マックス」へと進化を遂げたのでした。マックスですよマックス!もうこれより偉いのはないというくらい素晴らしく豪快なネーミングなのであります。その名前に惚れてしまったのか、親父はこのフルチェンジしたフェロー・マックスの購入に踏み切ったのでした。 先代フェロー君と同じく近所のM自動車にて購入となったフェロー・マックス号はまたもや同じボディカラーであるホワイトで「せめて色くらい変えてくれ~」という変態の願いもむなしく無事納車されたのでした。この画像は納車直後のマックス号と私になります。 さて我が家にやってきたマックス号でしたが、確かに全体的なデザインは70年代的なものとなり、ダッシュパネルをはじめとしたインテリアも先代に比べるとグッとスポーティで豪華になりました。何よりもサイドミラーがメッキではなく、黒いプラスチック製になっていたことに小学一年生はなぜか強烈な先進性を感じたものでした。エンジンもパワフルで「やっぱり新車はいいな!」という結論に達しつつありました。ウチの車はフロントグリルに“P”という大きなエンブレムが付いていたのでおそらく「パーソナル」というグレードだったはずです。 しばらく満足して乗っていたようなのですが、なぜか日に日に親父の機嫌が悪くなって行くのです。当時はその理由がよくわからなかったのですが、後年親父に聞いてみると「新車のくせに強烈な振動がステアリングに伝わってきて真っ直ぐ走らない!」との事でした。ダイハツ初のFF車だったので何か問題があったのでしょうか?M自動車さんでいくら調べてもらっても原因がわからずお手上げ状態となってしまったのです。 そしてついこの前の1971年の冬休みになった頃、突然我が家の車が変わっていたのです。フェローマックス号がやって来てからわずか半年後のことでした。 そして新たにやって来たのはまたもやフェロー・マックス!!!!!「こ、これは色を塗り替えてしまったのか」と全身に衝撃が走りましたが、今度のはフロントグリルに“P”というエンブレムが付いてなく、なにやら大げさなでっかいエンブレムになっていました。ボディ・カラーはホワイトではなく薄いメタリック・ブルーで新鮮に感じました。「いったいどーいうことなの?」と聞いてみると「前のヤツは不良品だから取り替えてもらった、今度のは上級グレードのハイ・カスタムなんだぞ」と何やら自慢げでした。 これも後年親父聞いてみると「あの車はいくら修理しても直らなかったからM自動車さんに高く引き取ってもらい、追金をいくらか払って最上級のハイ・カスタムに買い直した」という事でした。当時は子供でよく事情がわからなかったとで「ウチは半年毎に車を買い替えるんだ」と何やら嬉しい気持ちになったものでした。 さて我が家に新たにやって来たダイハツ フェロー・マックス360 ハイ・カスタムはさすが最上級グレードだけあり、内装も一段と豪華になっていて親父自慢の豪華オプションが付いておりました。 それはWildman家としては初のハイテク装備、「ナショナル8トラックカーステレオがセンターコンソールに堂々と鎮座していたのです。「こ、こんなの初めて・・・スゲエ」と感動するWildmanでしたがそこから流れてくるのはなぜか軍歌ばかりでした・・・・ステレオのおまけに付いていたのがこの素敵なデザインのステッカーでした。フェローのボンネットに貼ったら思いっきり怒られました。 この画像は買い直したメタ・ブルーのハイ・カスタム君で8トラックのサウンドを響かせながら長きに渡り横浜の街を疾走しておりました。こいつは本当に絶好調だったそうで大きなトラブルもないまま70年代を過ごしたのでした。(ちなみにクルマと一緒に写真に写っているのは私の弟で私ではありません) これにてWildman家のフェロー・マックス物語は無事終了、と行きたいところなのですが、この後もフェローはまだ私の人生に絡んで来る事になるのです、お楽しみに。

拝啓力道山先生、有言実行Wildmanであります!!

ついこの前の昭和38年6月5日の大安吉日、力道山先生の結婚式に出席して来ました。ホテルオークラは大変混み合っていて駐車場にクルマを入れるのがとっても大変でした。招待客の横綱大鵬や、ファイティング原田、金田正一さん、さらに三船敏郎さんたちとも交流を深め村田英雄の「王将」も聞くことが出来、大変素晴らしい一日となりました。 すみません、真っ赤なウソであります・・・・・まだ変態はこの世に生まれていませんでした。先生の結婚式に出席出来ないなんて・・・・不覚にも生まれる時期を間違えておりました、悔やまれます。 本当についこの前の昭和38年、一年後に東京オリンピックとWildmanの誕生日を控えたこの年に力道山先生は盛大な結婚式を挙げられたのです。 空前絶後のスケールで行われた結婚披露宴はホテルオークラに2000人を超える招待客を迎え入れ、費用は当時のお金で一億円とも言われています。さすが先生、スーパースターとしてそのビッグさを身をもって実証した訳であります。 ご結婚のお相手は横浜出身である日航スチュワーデスの田中敬子様で、先生は英雄として絶頂の時期を迎えられておりました。この頃はお車もメルセデス300SLガルウィングから300SLロードスターに乗り換えられていて、さらに最終目標のロールス・ロイスも手に入れられ「わたびき自動車」にてオールペン中でありました。 現在で言えば、ブガッティやマイバッハを同時所有しているような物です。普通ではありませんね・・・・・・ 結婚披露宴は4時間に渡り全てがビッグなスケール行われ、先生も大満足でありました。二日後には羽田発エールフランス217便でパリに向かい、そのまま約1ヶ月に渡る世界一周旅行となりました。昭和の日本なのにスケールが違います、さすが先生!! この結婚披露宴にて引出物として大変立派な宝石箱が来賓の方々に配られたことは6月20日のブログ「Wildmanの休日、力道山編」にてお伝え致しましたが、この引出物は式当日、あまりの来賓の多さに数が足りなくなってしまい、あとから追加注文して渡せなかった方々には後日贈りなおす事になってしまったのです。 つまりWildmanも人数に入っていなかったので戴いてないのであります。何と言う事でありましょうか!!ありえない!! 6月のブログの画像にて紹介した物は知り合いの知り合いの方の御好意により、その時お借りして撮影した物でしたが、変態としてはそれでは先生に合わせる顔がありません。やっぱり結婚式に出席して引出物を戴きたかったのです。しかし時間の壁は厚くどうしても結婚式には出席出来ません・・・参りました。 こうなったら力づくであります。ハイ、やって来ました引出物!!Wildmanが国宝に認定する「力道山先生ジュエリーボックス」が変態の手元にいらっしゃいました。有言実行Wildmanであります!!! 「う、美しい、なんて立派な引出物なんでしょう」と毎日仕事から戻ると拝んでいるのです。45年の時を超えて夢はかなったのです。あ~いい結婚式だった!! ピンストライプのような模様が入ったボックスの蓋にはインターナショナルヘビー級のチャンピオンベルトを模したアクセサリーがあしらわれ、ボックス中には結婚式の日付けと2人のお名前がプリントされています、なんと豪華な作りなんでしょう!! ボックス裏にはなぜか”PRINCE”の文字がプリントされています。PRINCEってまさかプリンス自動車?スカイウェイの設計者が型を作ったのでしょうか・・・・希望的観測であります。 興奮して来たので一番やりたかった事をやらさせて頂きます!! 宝石箱の中に入る先生のロールス・ロイス・シルバークラウド(のミニカー)これにて「力道山のロールスロイス」完成であります。(1月4日ブログ参照) 私は大変満足致しました。もう昇天してしまいそうです・・・・・ これで先生も存命中についぞ運転する事が出来なかったオールペン後のロールスを天国でドライブしている事でしょう。精一杯の手助けが出来たと自負しております、それでは夢の中へ・・・・いつも白昼夢Wildman!!

[…]

2センチの悲劇、世界一美しいレーシングカーは日野サムライ

やっぱりですねCADなんか無い頃に、人間の想像力だけで作られたクルマはどれもこれもカッコいいのであります。 ここ数年の乗用車デザインなんてドイツ車を中心に回っているだけでしてBMWのプレスラインを頂戴して某国産メーカーが新車を発表し、今度はメルセデスSクラスのフェンダーラインがカッコいいからこれを頂きましょうとなること必至ですね・・・・・CADってやーね。 レーシングカーだって80年代前半まではどれも個性的なスタイルでしたが、その後はF-1を見れば分かるように、言われなければどこのクルマだかわかんないくらいみな同じに見えます。レーシングカーなんて性能を追えば同じようなカッコになってしまうのはわからなくもないですが、それでは夢がないですよね・・・・ そうなるとやっぱりタイムスリップするしかないのです。 60年代は各デザイナーが腕をふるってとっても個性的なレーシングカーをデザインされておりました。特にル・マン等の耐久レースを走っていたプロトなんかは個性派揃いで今見ても胸がときめいてしまいます。 そんな中でまともに走れなかったけど「世界一美しいレーシングカー」としてWildmanが認定するクルマが日本にあります。というより一瞬だけ日本にありました。 日本車の心臓を持っていましたが、純粋な日本車ではないので存在自体が中ぶらりんですが、何といってもその問答無用の美しいスタイルだけでこの世に存在する価値のあるクルマなのです。 同世代の日産Rシリーズよりもトヨタ7なんかよりも670倍くらい美しいデザインを持つクルマは日野さんのところのクルマでした。レンジャーの日野さんです。トラックではありませんが。 といっても日野製なのはエンジンだけでありまして、その他はプロトタイプレーシングカーとして一から設計されたもので、デザイナーはWildmanが変態として、いや天才として尊敬する「ピート・ブロック」さんであります。 そう日本ではBRE Datsun 510等の美しいトリコロールカラーで塗られた日産車のレーシングカーで有名なピートさんであります。 GMのデザイン室で腕を振るったあと、シェルビー・アメリカンに入りそこでかの有名な「コブラ・デイトナ・クーペ」等の歴史に残るレーシングカーを設計しました。これらもカッコいいですよね。その後独立してBRE(ブロック・エンタープライズ)という会社にてレース中心の活動を行います。 60年代中期に日野自動車と組んでアメリカにてコンテッサ900や1300でレースに出場していました。そうあのリア・エンジンのコンテッサであります。コンテッサ1300といえば、子供のころ一番怖かったクルマなのです。 何が怖かったといえばリア・エンジンのため、フロントにラジエーター・グリルが無くのっぺらぼうさんで、なぜか後ろにはグリルがある!!この後姿にたまらなく恐怖を感じ、コンテッサが走ってくるとそのたびに目を背けたものでした。ついこの前の昭和44年頃の事ですが・・・・ 日野コンテッサ1300のエンジンを軽くチューニングし、完全なプロトタイプレーシングカーに積んだのが今回のお話のクルマ「ヒノ・サムライ」です。 正式には“BRE Samurai”といった方が良いのでしょうか。まず名前からしてカッコいい、サムライですよサムライ!! スズキジムニーの輸出仕様のサムライではありませんのでご注意ください。日野がずーっと先に使っているネーミングなので。 ブロックのデザインの真骨頂が随所に表れていて、F-1が空気の流れを計算するもっと前に空力を意識したデザインがなされています、しかも美しい!!「リング・エアフォイル」と名付けられたリアの可変式ウィングはフェラーリF-40が登場する20年も前にそのコンセプトが確立されています。 繊細な鋼管スペースフレームにサスペンションはクロームメッキとなり、まるでカスタムカー並みのクオリティを誇る世界一美しいレーシングカーであります。あーカッコいい!!! さてミニカーでもこの美しい姿が堪能出来ます。60年代後期になんとイタリアの“Politoys”というメーカーからサムライのミニカーが発売されていたのです。 東洋の島国のレースに参戦するマイナーなレーシングカーをモデル化したのはPolitoysのスタッフが変態だったのか、BREのネームバリューが凄かったのかどちらかでしょうね。このミニカーは当時としては珍しくホイールまで実車を模しています。しかもウィングは可変式であります!!横に並べたのは当時の日本のダイヤペット製「コンテッサ1300クーペ」でコンテッサのリア・スタイルがいかに怖いか分かって頂けると思います・・・・・・ 実はヒノ・サムライの事を知ったのは実車の方が先ではなく、小学生の時このPolitoysのミニカーによってその存在を知りました。ミニカーは自動車史の勉強にもなるのです、素晴らしい!!! また、サムライは人気者だったので当時プラモデルにもなっていて芸術的なボックスアートを楽しむことが出来るのです。決して作ってはいけません。 ピート・ブロックがデザインしたサムライは1967年の日本グランプリに出場するべくこの年の4月末にPAN AM機に乗ってロスアンジェルスより羽田に空輸されて来ました。出来立てのホヤホヤであります。 そして富士スピードウェイに運ばれ日本グランプリにエントリーとなったわけです。その名も「チーム・サムライ」として出撃し、監督にはなんと世界的俳優の三船敏郎が起用されました。元気です!ミフネ。 しかしここから茶番劇が始まりまして、実際にサムライを走らせてみると富士の名物だった30度バンクにてオイルの片寄りが発生し、急遽オイルパンをコンテッサ用に変えてみたり、最後はブリスカトラック用のエンジンに換装!!したりとその場しのぎの対策を施しました。 しかしどうやってもサムライは既定のロードクリアランスの10cmを確保出来ず、たった2センチの為に車検をパスする事が不可能となり、せっかく日本に来たのについぞグランプリを1センチも走ることなく寂しくアメリカに帰って行ったのであります。三船敏郎がピットで逆ギレしての抗議もむなしくサムライは日本のファンの前から姿を消したのでした。 傷心の内、アメリカに帰ったサムライは何度かオーナーやスタイル以外のメカニズムが変わり70年代にSCCAのレースなんかに出走していました。その後長い間、消息不明となり「幻のレーシングカー」となっていましたが、この世には存在しています。それはヒミツです・・・・・ ピート・ブロックはサムライ・プロジェクトの後はアメリカで日産の510や240ZのBREレースカーで大活躍しました。 天才ピートは空気の流れの研究は地上だけでは済まされなくなったようでハンググライダーの世界に行ってしまい空高く飛んで行ってしまいました。やっぱり変態だったのでしょうか・・・・・ それにしても美しいヒノ・サムライ・・・・・たとえレースで走れなくてもこの形だけで優勝といった風情であり、Wildman的にはサムライより美しいレーシングカーはあり得なく、唯一無二の存在なのであります。 カッコいいぜ、ヒノ・サムライ!!!

[…]