Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

さらば横浜松坂屋、プレジデントとの思い出と共に・・・

10月26日をもちまして横浜は伊勢佐木町のデパート「横浜松坂屋」が閉店となりました。昭和の時代からの横浜市民にとっては「横浜高島屋」と並び老舗のデパートだったのですがバブル以降の不況の波には勝てず144年の歴史に終止符を打ったのです。
144年ですよ、144年!!さすがのWildmanもついこの前とは軽く言えない重みのある歴史ですね。1864年に野澤屋呉服店として創業し、1910年に百貨店事業を開始した老舗中の老舗なんですよね。老舗って素敵な言葉ですね。
アールデコのデザインが随所に散りばめられた建物は何と1921年(大正10年)の建造で1945年の横浜空襲の際も奇跡的に破壊を免れた気合の入った建物だったのです。その後米軍の接収期間を経て、戦後の復興期より横浜市民にはとっても馴染みのあるデパートとなったのです。
名称も「野澤屋」から1974年には「ノザワ松坂屋」となり1977年には「横浜松坂屋」となりました。うわ~、これじゃカリスマ店長ブログ「本牧Style」並の「アド街ックWildman天国」みたいですね!(byテレビ東京)
Wildmanにとっても昭和の時代はとってもよく利用させて頂いたデパートだったのです。
いろんな思い出がありますが小学生の時、東京以外での初めてのマクドナルド体験はここ松坂屋1階にあったマックで御座いました。まだヨーグルト味のマックシェイクがあった頃であります。
一番盛り上がったのは昨日のようにしか思えない1998年に、横浜ベイスターズが38年ぶり優勝の時、松坂屋店頭でベイファンが盛り上がって、テレビ中継も行われていましたね。もちろん私もその場におりましたが。
店頭といえばフォーク・デュオの「ゆず」が松坂屋店頭で路上ライブを始めてそこからブレイクし全国区になりましたが彼らの壁画も松坂屋にありましたね。
ちなみにゆずのメンバーは私と同じ岡村町出身なので(中学校まで同じ)わが街、岡村町はゆずファンの聖地となっていますがそのうち私が変態の聖地にしてみせます・・・・・
そしてついこの前の1980年に松田聖子がデビューした時、この松坂屋店頭にてキャン
ペーンをやっていました。友人と偶然そこを通リ掛かり「だれ、コイツ?」と言いながら2曲ほど聴いておりました。その後あれよあれよと言う間に彼女はスターの座を獲得し、21世紀現在も現役というのは凄い事ですよね(Wildmanアイドル好き疑惑)
1978年には松坂屋催場にて「骨董市」が開催されまして、その時に発掘したのがこの真っ赤なブリキのスバル360で御座います。
NissanPresident001.jpg
骨董市にて古玩具をあさる14歳の少年・・・人に歴史あり、変態道まっしぐらであります!
そして最も古く最も強烈な松坂屋における記憶は、ついこの前の幼稚園時代である1969年の事になります。
この日60年代の庶民の典型的レジャーともいえる日曜日の百貨店散策に出かけたWildman家でしたが、オモチャ売り場にて幼年Wildmanはショーケースの中に燦然と輝く一台のミニカーに釘付けとなってしまいました。今でこそミニカーなんてデパートのオモチャ売り場のすみっこにトミカが置いてあるくらいですが、当時1/43スケールのミニカーは玩具の王者でありまして、それはそれはきらびやかにディスプレイされていたのです。トミカなんてまだ無い時代なのです。
ショーケースの特等席にデーンと鎮座するアイボリーのミニカーが一台、それは米澤玩具製、「ダイヤペット」のニッサン・プレジデント(初代)だったのです。
yonezawa.jpg
「こ、これは一体」と興奮した幼稚園児は失神寸前に追い込まれたのです。何でそんな事になったかといいますと、このプレジデントは国産ミニカー初の4ドア開閉のアクションを持っていたのです!!!だって4枚のドアが開くミニカーなんて生まれて初めて見たのですから・・・・・「ほ、欲しい~買うてくれ~」と必死のお願いを試みましたが、780円という1969年当時としては超高額なプライスタグを引っさげた超高級玩具は平均的庶民の我が家では誕生日やクリスマス等、特別な日にしか買ってもらえませんでした。ひっくり返って泣き叫んでも願いは通じず、しまいに親父は怒ってクルマの所まで帰ってしまいました(それは初代フェロー)どうやっても買ってもらえず、オフクロになだめられ150円のマッチボックスを買ってもらい、不二家でペコちゃんサンデーを食べ、悲しみの帰途についたのです・・・・・
このダイヤペットの初代プレジデントは5色のカラーが発売されていたのですが、この日松坂屋で出会ったアイボリーがもっとも生産量が少なく、コレクター間ではレアカラーとして珍重されていて1975年より本格的ミニカーコレクションを始めて以来いまだ入手出来ていないのです。
NissanPresident002.jpgNissanPresident003.jpgNissanPresident004.jpgNissanPresident005.jpg
それから30数年が経過し現在手元にあるのは21世紀になってから入手したもので、薄いメタリックブラウンのカラーですがとっても程度が良く、当時買ってもらえなかった腹いせに年に1回くらいの割合で4ドアオープンを楽しんでおります(あまり開閉すると壊れてしまうので)箱の裏には当時の定価780円とエンピツで書かれていて、あの日買ってもらった150円のマッチボックスとは比較にならない高価な物だったことが偲ばれます。
親父、その節は申し訳ありませんでした・・・・・
144年の歴史を誇った横浜松坂屋とダイヤペット製アイボリーの初代プレジデントはWildmanにとって永遠に消し去ることの出来ない思い出なのです。さようなら横浜松坂屋!!
そしてついに当ブログファンお待ちかねの別名Wildman Bookとも言われているマニア本、「ムーン・イラストレイテッド vol.2」が発売となりました。定価980円で全国書店にて好評発売中でございますが、明日の日曜日に本牧エリア-1にお越し下さればご希望の方に素敵なサインを一筆ふるまいますので宜しくお願いします。ジャンクフェアーを開催しておりますので夕方まで店頭にてピンストライプ・デモを行っていますよ。
さらに店舗裏のArea-1Fairgroundでは、第19回クラウンピクニックも同時開催していますのでまさに「マニアのためのマニアな1日」となりそうです。うわ~、やっぱりこれじゃ「アド街ックWildman天国」みたいですね!

Be Sociable, Share!

???????????