Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

がんばれGM、あの輝きをもう一度!

猫話も一段落しとっても満足した日々を送っている今日この頃であります。たまには真面目にクルマの話をしないといけないので今回はちゃんとクルマ話を1回でまとめさせて頂きます1回で・・・・・ アメリカのビッグ・スリー(死語)の雄、GMが大変な事になっておりますなあ・・・世界一の自動車会社として君臨し、デザイン面でも技術面でも業界を引っ張って来た巨大企業が今や瀕死の状況で、そのGMをひっくり返してしまったトヨタさえ世界的不況の波にのまれてしまい、こちらも大変な事になっています。 60年代まではトヨタなんかGMの足元にも及ばないブランドでしたが熱心にコンパクトカーの開発や新技術の導入を続けた事によって21世紀に立場が逆転してしまうとは60年代では夢にも思わなかった事でしょう。 パクリ上手なトヨタさんはいつの時代も本家本元のいいとこ取りで、マネっこしつつもそれ以上に良い商品を作ってしまうという技術には目を見張るものがありますね。 しかしハイブリッドでは独り勝ち状態で、今度はGMを含めた世界中の自動車会社がその技術を追う状況になっています。 そんな21世紀の自動車界ですが、60年代にトヨタはGMから見事な「いいとこ取り」を見せて、自社を代表するイメージの車を作り上げてしまったのです。 Wildmanも大好きなそのクルマは過去のブログでも紹介していてみんなも知ってるあの名車「トヨタ2000GT」であります。 007ボンドカーにもなり、60年代の日本車としては、世界的な知名度のあるクルマで、現在はその希少性もあいまって¥2000万以上という法外な金額で取引されているすんごいヤツです・・・・・ 日本人としては誇れるクルマでありますが、やっぱり元ネタは海外からという感じでした。フレームはロータスを参考にしているのは明らかですが、その特徴的なボディ・デザインもいろんなクルマをミックスしてうまく仕上げたという物になっています。 ロングノーズ・ショートデッキのスタイルはジャガーEタイプら当時のヨーロッパ製スポーツカーが作り上げた60年代のトレンドですし、試作車の3本ワイパーや立ち気味のフロントガラスなんかはEタイプそのものに見えてしまいます。 でも全体的なデザインシルエットはヨーロッパ車ではなくアメリカはGMのコンセプトカーから来ているのです。 50年代から60年代にかけてGMが発表したコンセプトカーはどれもこれも強烈なデザインでしたが、それがその後市販車のデザインに流用され、テールフィンやカッコいいモール類の形状に生かされたのです。 60年代を迎えるにあたってアメリカにもコンパクトカーの波が来つつあり、ビートルは市民権を得ていて他のヨーロッパ製小型車もアメリカが重要なマーケットになっていました。 それらを無視できなくなった大フォードは「ファルコン」を大GMは「シボレー・コルベア」を発表して、アメリカ車にもコンパクトカーの時代がやって来ました。 ファルコンは直6エンジン&FRのオーソドックスなレイアウトでしたが、コルベアはヨーロッパ志向全開のデザインとなり空冷水平対向6気筒エンジンをリヤに積むというアメリカ車らしからぬレイアウトを採用した実に話題性のあるクルマになったのです。しかしこのレイアウトが仇となりその後コルベアはリアサスペンションに問題のある危険なクルマとして欠陥車扱いされ、はかなく消えていったのです。 さて2000GTの元ネタとなったコンセプトカーをミニカーで研究して行きましょう。やっぱり何でも実車よりミニカーですよね!!!まずはそのコンセプトカーのベースとなったコルベアからです。 左のブルーのがCorgi Toys製のコルベア4ドアセダンで、右の赤いヤツがDinky Toys製の2ドアクーペ、コルベア・モンツァになります。もちろん60年代の実車と同じ時期に製造された当時物ミニカーになります、じゃなきゃ全く意味ありませんから・・・・ コルベアのボディ・デザインは各国の自動車メーカーに刺激を与え、西ドイツのNSUや日本のプリンス・グロリアがコルベアのデザインを頂戴していて、一時は「コルベア・ルック」とも呼ばれていました。 さてGMは1962年に2ドアのコルベア・モンツァをベースとしたコンセプトカーを製作します。 空冷水平対向6気筒エンジンをミッドに積んだ超前鋭的デザインのクルマは「コルベア・モンツァGT」と名付けられ発表されました。スーパーカー登場以前にこんなデザインが出来ていたかつてのGMはホントに凄いですね。 強烈デザインのモンツァGTのミニカーは当然60年代当時ミニカーになっていますが、極めつけがデンマークのTeknoというメーカーが作った1/43スケールのモデルで、特徴的なヘッドライトの開閉までも再現している60年代を代表するアクション付きミニカーになっています。 これに同じくTekno製ミニカーのトヨタ2000GTを並べてみると、あららビックリ「同じデザインコンセプトじゃん」という事になります。 特にフロントフェンダーあたりの盛り上がりは、まんまそのままですしフロントガラスのカーブの具合や、デュアルのテールレンズ、真横から見たスタイルなんかビックリするほど似ていますね・・・・・・・ 2000GTの特徴の一つであるリアサイド面のリフレクターはモンツァGTのデザインではマフラーになっているのですね。 さすが世界のトヨタ、この頃から上手くやってたなという感じです。昭和50年頃、弟にジャンク化されたモンツアGTのミニカーのフロント部にマジックで三角形のリトラクタブルを描いて2000GT化した事が思い出されますね、だって本当に2000GTになったんだもん・・・・ もう少し大きなサイズ(1/28)である日本のエーダイというブランドのミニカーで比べてもやっぱり同じようなクルマに見えてしまいます。シルバーがモンツァGTでブルーのが2000GTです。 どうです、2台はそっくりさんでしょ・・・・・これらは完全に兄弟車ですね。皆さん¥2000万もだして2000GTなんか買っている場合ではないですよ!! ジャンクのコルベアを$1000で買ってエンジンを前後逆さに積んでミッドシップ化しFRPでボディを作って¥1270万くらいでコルベア・モンツァGTのレプリカを作りましょう、あ~カッコいいなモンツァGTってば!!!!(でも2000GTも好きですよ!!) と言ってもやっぱり無理な話なので変態的にはミニカーで我慢致します。だって当たり前ですがミニカーの方が実車よりカッコいいので・・・・・・ コルベア・モンツァGTもトヨタ2000GTも良い時代に生まれたクルマ達ですが21世紀現在、こんな夢のあるクルマは作られないのでしょうか?GMさん頑張ってかつてのあの輝きを取り戻しましょう!!(だからモンツァGTの電気自動車を作って下さいね、絶対に買いますから)

[…]

我が家のペットはシックス・パック!? PartⅥ

Hot Rod Custom Showが終わった後、アメリカにカニを食べに行って来ました、美味しかった!!! なじみのカニ食べ放題のお店「北海道」は相変わらず素晴らしく、今回のカニは身も大きくて大満足の旅となりました。 唯一の問題はカニの出てくるタイミングが遅くなったことで、全体的な量が減ってしまった分、身は大きいのですが自分に合った量を確保する事が難しくなってしまいました。皆様もスーパーレストラン「北海道」にお越しの際は気をつけて下さい。 じゃなくって本当の目的はMooneyes USAのX-mas Partyに行って来た事であります。 当日は軽く1000台を超える車が集まったハチャメチャなイベントとなりました。不景気の風はどこえやら、Hot Rodder達は強烈に寒かったサザンカリフォルニアで熱く燃えていました。日本からも多数の方々がお見えになっているので、北海道のカニ食べ放題と組み合わせて、ぜひMooneyes X-mas Partyにお越し下さい。一緒にカニを食べましょう!! そして我が家のペット物語は最終章を迎えます。6回も連載してしまい変態的には大満足であります。 ノルウェージャン・フォレスト・キャットが2匹とロシアンブルーが1匹の計3匹の純血種が揃ってしまったのですが、3匹体制がこんなに大変だとは思いませんでした・・・・・ いるかいないか分からなかった人畜無害猫のポロン1匹の時はたいして苦労もなかったのですが、ポロン亡き後に登場したロビンの野郎はいたずらと脱走の常習犯で、さらに2匹も迎え入れてしまったノルウェージャンと組み合わさって、家の中は猫だらけでもうメチャクチャな状況になってしまいました。 それでもノルウェージャンの登場でカミサンのペットロス状態も緩和され「まあこれはこれでいいか」という感じになっていました。そして2匹のノルウェージャン子猫のクリスとラルフは順調に育ち、そろそろ去勢&避妊手術をしなければという時期になりました。 (ロビン野郎はとっくに去勢手術をしていました) 今思えば問答無用でその時点で手術をしておけばよかったのですが、カミサンがまたもや信じがたい一言を発したのです・・・・それは「ウチで1回だけ子猫を産ませたい」という気が狂ったとしか思えない発言でした。 「そ、そ、そ、そんな事になったら我が家は壊滅状態だぞ、絶対無理」と言っても「せっかく純血種がペアでいるのだから1回だけ」と言い、又もやわがままが始まったのでした。「じゃあもし産まれたら、子猫を欲しい人に譲ってしまうぞ」と切り返し納得させ、取りあえずその線で了承させました。 クリスとラルフのペアは血縁関係もないので、産ませてしまうのは問題無いのですが、猫の場合1回の出産で5匹位産まれてしまう事もあるので、そうなった時は本当に困ってしまいます。いくら純血種でもそうそう子猫を貰ってくれる人は見つからないと思われ、最悪の場合には実家にも1匹引き取ってもらおうと計画していました。 しかしクリスとラルフのペアは相性があまり良くなく、特に雄のラルフは図体がデカいだけのおっとり弱虫野郎で、雌のクリスはラルフなんかに目もくれず、なぜか去勢済みのロビンを追いかけている始末でありました。 「こりゃいいや、このままで行けば生まれそうにないぞ」とほくそ笑んでいたのですがやっぱりダメでした。 ある日クリスのお腹がやたら横に出っ張っていることに気付き、動物病院に行って診てもらうと目出たくご懐妊でありました・・・あ~あ・・・・ そして2ヶ月後、二人が仕事に行っている間に、クリスは勝手に子猫を生んでおりました。しかもあっちこっちに子猫を運んでいて「一体どこに隠しているんだ!」と飼い主を困らせてくれます。 結局3匹生まれた事がわかり、雄1匹と雌2匹の組み合わせでした。もうどうにでもなれという感じでしたが、3匹ならなんとか貰い手も見つかるでしょうと一安心でした。 どうせ誰かにあげちゃうんだから名前なんてどうでもいいと思い、勝手にカミサンが命名していて、雄が「ココア」で雌2匹が「メロディ」と「アリス」とのことでした。どうぞ勝手にして下さい・・・・毎日体重を量りせっせと記録するカミサンの姿はまさに変態でありました。 しかし生後2週間過ぎにココアの様子がおかしい事に気付き、病院に連れて行くと先天性の「横隔膜ヘルニア」という病気だそうで緊急入院となってしまいました。しかしあまりにも小さ過ぎて体力がなく、ココアはあっけなく旅立ってしまいました。さようなら・・・・さらに追い打ちをかけるように何とメロディまで同じ病気だということが発覚し、またも入院となりました。しかし今度はある程度大きくなっていたので体力もあり手術に耐えられてメロディは原付新車一台分の費用で一命を取りとめました。もう勝手にしやがれという感じです・・・・・・この2匹がメロディ(茶X白)とアリス(グレーX白)であります。 そしてこの2匹をもらってくれるアテはあったのですが、病気による手術までしてしまったので、予想通りカミサンは情が移ってしまい「絶対にウチで飼う」と言ってきかなくなり、結局ロビン、クリス、ラルフ、メロディ、アリス、合計5匹の猫を抱え込む事となってしまいました。信じられません、人ごとのようです・・・・ こんなものでは終わらないのがWildman家、さらに悲劇(喜劇)は続きます。クリスは子育てで大変だから避妊手術は子猫が大きくなってからにしましょうと思っていました。その間に2匹の子猫の病気による入院でドタバタとなり雄猫ラルフの去勢手術が遅れてしまったのです。でも何とか去勢手術をしてもらってこれで変態一家も一安心のはずでした。 メロディとアリスは元気に育ち始め、子猫から中猫になっていました。2匹は時間に関係なくドタバタと遊んでいてニャーニャーとうるさい毎日が続いていました。 ある日の夜、Wildman就寝中、あまりにもニャーニャーと鳴き声が凄いので「うるさいぞ、ガキ猫!なにやってんだ!!」と怒りまくり部屋の電気をつけてベッドから降りようと思って足元を見るとそこにおはぎのようなこげ茶色の物体が一つコロンと置いてありました。 「な、なに、コレ??何なの一体??」と寝ぼけ眼で見てみると、そこには見た事もない子猫が1匹ニャーニャーと物凄い鳴き声をあげて転がっていたのです。 「た、た、大変だ~!!誰かが子猫を置いてったぞ!!」と叫んでカミサンを叩き起すと「こりゃ大変だ!」と寝起きの悪いカミサンも飛び起きたのです。 恐る恐るこげ茶色の物体を見るとやっぱり生まれたての子猫以外何ものでもありません、これはクリスが産んだに違いないのです・・・・・ あろうことかクリスが子育て中に、遅れてしまっていた雄猫ラルフの去勢手術のタイミングが悪かったようで一瞬のスキをつき、クリスはまたもや妊娠していたのでした。ぜんぜん気付きませんでした、アホです・・・・・ そして、どこをどう探してみても子猫は一匹しか見つからず、今度の出産は猫にしては珍しく一人っ子でした。 そしてどういう偶然なのかこの雄の子猫は前回の出産時、病気で死んでしまったココアとまったく同じカラーリングだったのです!!嘘のような本当のお話なのです・・・・・・ こうなってしまうともうこの子猫を誰かにあげてしまう事は出来ず、オマケのような形で生まれて来たコイツは、カミサンにより「レオ」と名付けられて死んでしまったココアの生まれ変わりとなって我が家で暮らす事となりました。しかも親父のラルフより巨大になってしまったのがこの姿です。 こうやって気がつけばこの10年の間に我が家の飼い猫は何とビックリ6匹体制の「シックス・パック」となってしまいました・・・・・ ロシアンブルーの雄猫ロビンが1匹、ノルウェイジャン・フォレスト・キャットの雄猫ラルフとレオ、雌猫クリスとメロディとアリスの5匹が内訳になります。キャッテリーと言われても何も言えませんな・・・・・ 家の中は玄関を開ければそこに猫、部屋のドアを開けばそこに猫、階段を登ればそこにも猫、トイレの中もロビンがドアをあけるのでそこでヤツがくつろいでいます。そしてロビンの野郎は朝夕と脱走し、家の周りをパトロールして悠々と帰ってくるのです、頼むから近所の家の庭で昼寝しないでくれよ。こんなヤツ拾わなきゃよかった・・・・・ 「ポロンさえ死ななきゃこんな事にはならんかった」と毎日口癖のように言っていますがもうどうにもなりません、後には引けないのです。幸いな事にもう去勢手術は完了なので、新たに子猫が生まれてくる可能性は無いのですが、あれれ、こんなところになぜか犬が一匹・・・・・ そうこいつはWildman家の飼い犬、キャバリアの「ポール」です。KISSにもそんな名前があったような無かったような・・・・ 猫6匹に犬が1匹、アニマルハウスWildman家、別名「岡村ZOO」とも言われているようです。 こうなったら1匹も7匹も同じような物ですな、ワハハハハハ!!!!!!つらいぜ・・・

[…]

我が家のペットはシックス・パック!? PartV

おかげさまで週末の17th Annual Yokohama Hot Rod Custom Showも無事開催されましてやっとブログ更新の運びとなりました。 Show当日はたくさんの変態の皆様がWildmanブースを訪れてくれましたのでとっても充実した1日となり感謝であります、有難うございました。ピンストライプ・チャレンジにも多数の皆様が参加され始めてブラシを握った方も多かったのですが、こっちも楽しくなって来たので興奮してゴールドリーフの貼り方まで披露してしまいました。来年もやりますので今年来れなかった方はぜひお集まり下さい。 限定ミニカーは2種のカラーリングで各48台の少数販売となりましたが物凄い競争率となり瞬時に完売してしまいました。入手されたラッキーな方々は大切にして下さいね。来年もパワーアップしたShowを開催しますのでパワーアップした変態のご来場をお待ちしております。 それではさようなら、じゃなくってやっとブログの続きとなります。ついに5回目の連載となってしまったペット話ですが、意外と猫好きの方も多いようでしてShow会場でも猫話に花が咲いたのです。 野良出身雑種猫ポロンの突然の死去から、御所山にて野良に帰化寸前の純血種悪役猫ロビン(書類無しロシアンブルー)が捕獲され我が家に住み着きました。さらにヨーロッパ原産、川崎市のキャッテリー出身である高貴な純血種猫「ノルウェージャン・フォレスト・キャット」の雌の子猫がWildmanの一目惚れにより迎え入れられる事になったのです。 本当はカミサンのポロンの死去によるペットロス状態を治す為に探した猫のはずが、気がつけば私のコレクションになってしまったのです・・・・・キャッテリーにて「これっきゃないぜ、コイツに決まり」と勝手に決めてしまい契約を済ませました。そのまま持ち帰ろうとしましたがいろいろと書類の作成もあるそうで、数日後自宅まで配達してくれるという事になりました。 「チェッ、ケチだなあ・・・すぐに欲しかったのに」と思っていましたが「さすが純血種だ、シーサイド・モータースでランボルギーニをオーダーするようなものだな、ややこしい手続きが必要なんだ、高級外車並みだぜ」と逆に感動してしまいました。 数日後キャッテリーのTさんがカーナビの付いていない車で子猫を我が家まで配達してくれる事になったのでWildmanお得意のしつこいくらい正確な手書きの地図をFaxしたところTさんは感動してくれました。 約束の日、正確な地図により正確な時間にTさんと子猫は到着しました。そして久々に子猫とご対面となりましたがやっぱりカワイイのですなコレが。いろいろとTさんが育て方についてレクチャーしてくれたのですが、あまりの可愛さに感動してしまい、何も覚えていませんでした・・・・ Tさんにも感動してもらおうと思い、変態部屋にてミニカーのレクチャーを行ったのですが理解不能だったようで、そそくさと帰られてしまいました。 そして子猫との生活が始まったのですが、悪役ロビンのやつに何をされるかわからないので、しばらくの間は部屋を隔離し、ドアも開けられないようにして子猫を箱入り娘にして育てました。ざまあみろロビンめ・・・カミサンではなく私が溺愛しているので、ついに私に命名権が与えられノルウェージャン・フォレスト・キャットの子猫は「クリス」と名づけられました。クリス?どこかで聞いた事があるでしょう・・・・KISSのオリジナルメンバーであるドラマーのキャットマン「ピーター・クリス」に似ているような似ていないような・・・・偶然の一致なのかどうかWildmanにもよくわかりません、でもピッタリのネーミングなのです。 クリスは隔離されたままスクスクと育ち、Wildmanは毎日が楽しくなって来ました。家に帰ればミニカー部屋に直行ではなく、クリスの所へ直行となり新たな趣味が一つ増えた感じになりました。「ただいま~クリスは元気か~、ロビンはどいてろ~」とミニカーではない楽しみが増えたのです。 カミサンもクリスの事はもちろん気に入っていたのですが、今回は電撃入籍的に私が選んで迎え入れてしまったので、どうもポロンのように「自分の猫」という感じがしなかったようなのです。本当に欲しかったのはポロンのような雄の猫で顔の模様が猫用語で通称「八割れ」と言われている額の所で漢字の八の字のように模様が白と他の色でツートンに別れているデザインのやつで、クリスは八割れではなく顔全体に模様が入っているデザインだったのです。 さてまた嫌な予感がして来ました。カミサンはほぼ私がオーナーとなってしまったクリスや悪役猫ロビンでもなく、自分のお気に入りのポロン並みに愛情が持てる自分だけの猫を欲しがるようになったのです。しかもキャッテリーのTさんがクリス納品の帰り際に悪魔のささやきをしていったのです。 Tさんのところのシステムでは1匹目の猫を購入し、もし2匹目が欲しい場合はその金額は1匹目の半額との事で、さらに3匹目も欲しいという奇特な方にはFreeでプレゼント!というまるで「伊東に行くならハトヤ」の触れこみ、魚を釣れば釣るほど安くなるという「三段逆スライド方式」みたいだぜと驚いた記憶がよみがえりました。もうこうなったら止まりません、カミサンはTさんに想いを伝え「八割れデザインの雄の子猫が産まれたらスグ連絡ください」と恐ろしい展開になって来たのです。変態一家ここにありであります。 しかもすぐに生まれるんですなコレが・・・・・クリス納品数ヵ月後に「綺麗な八割れデザインの雄の子猫が産まれたと」連絡が入り、さっそくTさんの待つ川崎の山奥のキャッテリーに出撃となりました。ああ恐ろしい・・・そこにはカミサンの希望通りのデザインである雄の子猫さんがスタンバイしていました。猫用語で「ブラウンマッカレルタビー&ホワイト」というカラーリングの子猫はクリスに勝るとも劣らない?カワイさでカミサンは一発でノックアウトされてしまいました。 「これください」とすぐに契約はまとまりハトヤの「三段逆スライド方式」によりクリスの半額で雄の子猫は納品される事になったのでした。 今回の納品は自宅ではなく、Tさんからクリスのために紹介されて通っていた動物病院にて引き渡しとなりました。ちょうどクリスの予防接種かなんかがあり、そこでご対面となったのです。 そして新たに迎え入れたノルウェージャン・フォレスト・キャットの雄の子猫は今度はカミサンの命名のより「ラルフ」と名づけられました。ボルグの方が良かったのに・・・・ これで我が家は並行輸入書類無しのロシアンブルー「ロビン」と正規輸入書類付ディーラー物ノルウェージャンの「クリス」と「ラルフ」の3匹体制になってしまったのです。 「猫を3匹飼う」これだけでも恐ろしい行為だと思われますが、こんな物では済まされないのが我が家のいいところ、次回最終回「終わりなきノルウェージャン」をお送りいたします、お楽しみに!!!