Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

カニは食えずとも、嬉しい楽しい表彰式!?

先月にひき続き、カニを食べにアメリカまで行ってきました。しかし滞在4日間の中で、どうしても時間がとれなくて結局大好きなカニ食べ放題の銘店「北海道」に行く事が出来ず、カニも食べられなくてトホホでした・・・・残念無念。 じゃなくってPomonaにて開催された60th Grand NationalsRoadster Showに行ってまいりました。 といってもクルマを見に行った訳ではなく、会場内で開催されたVon Hot Rod主催のアートイベント”Pinstriper Reunion 2009”に参加したのであります。 2年前にも参加したこのイベントは、3日間開催されるRoadster Showの中で2日間だけ行われるもので、会場内の専用ブースに30名以上のArtistが集まり、それぞれ作品の展示やデモを行うスタイルなのです。 今回は日本からは,私と日本のMooneyesイベントでもおなじみのゴースト君の2名が参加となりました。 このイベントは朝10時から夜8時までというスケジュールになっていて、とってもハードな2日間なのです。それでもPinstripeのorderを頂ければ時間を忘れて作業に没頭し、あっという間に2日目の午後になりました。 午後から2回に分けて、Artistが提供する作品のライブ・オークションがあるのですが、その時に私の作品のヘルメットが$520の最高金額で落札され最高でした!!ビッドして頂いた方々本当にありがとうございます。 そしてこちらの方が落札してくれたRayさんであります。変態から心をこめて感謝致します。 そういえば2年前のこのオークションの時、ちょうどFord Deuceの75周年をデザインしたジャケットを出品したのですが、このときは$1000というひっくり返るような金額で落札され、こっちがひっくり返ってしまいました。 これがその時の画像であります。 そんなこんなでオークションも終わり、自分のブースに戻ろうとするとVon Hot Rod が「ちょっとここにいて」とステージの下の所で待っているように言われました。 早く戻って食べかけのハンバーガーを食べようと思っていたのに一体なんだろう?と思っているとマイク持ったVon Hot Rodにステージに上がるように言われて「一体何なんでしょ?」と思いつつ階段を上がると突然「アワード・オブ・エクセレンスのワイルドマンで~す!!」と紹介され、超サプライズな形でアワードを頂いてしまいました。あービックリした!!!! 合計4人のArtistが表彰され、私以外にもJimmy C、Dave Whittle、Tom Kellyといった超ベテランのArtistが表彰されました。こんな凄い方々と並んで表彰されるなんて嬉しい限りであります。 これまでのPinstriperとしての活動の功績をたたえて頂いたもので19年5ヶ月と23日やってきたかいがありました。これが頂いたトロフィーになりますが、このように傍らで力道山先生も喜んでくれているようです、感動です。 こんな風に表彰されるなんて小学校4年の時の書道コンクール金賞以来か、はたまた6年生の時に磯子区のコンクールに出展した「目黒のミツワモータースの工場風景」の水彩画以来の快挙か!?と思いましたが実は昨年も表彰されていたのですね、フフフ・・・・・ Kustom Kultureの伝道師でもあり、真の変態でもあるNash氏が主宰するKUSTOMKULTURE.JPより日本でのPinstriperとしての活動を評価してもらい”Achievement Award”を頂いたのです。しかもM&KのMakoto君が作ってくれた素晴らしい盾まで頂戴してしまい、それはそれは嬉しい出来事でありました、Thank You!! もっと表彰されてないかな??と思いましたが、ついこの前の91年頃カリスマ店長の地元である横浜市保土ヶ谷区の天王町商店街にて開催された、超ローカル・カスタムカー・イベント「天王町クルーズ」に愛車スバル360を出展し、見事表彰された時を思い出しました。これがその時の写真です。なんてローカルなんでしょう、いい時代です。 もう一個あった!これはMooneyes社員に贈られる、会社の皆勤賞であります。毎年2人くらいしかいない非常に貴重なアワードなのです。しかも3年連続・・・・変態は風邪をひかないのです。自分で自分の為に描くDisc Sign、自業自得じゃなくって自画自賛であります!!!ちなみにカリスマ店長はこの前風邪をひいて5日間寝込んだのでもらえません、フフフフフ。 次は誰かにこのブログの100回記念を真の変態としてたたえて 欲しいものですね。いつでも表彰をお待ちしております!!!(あと8回ですから)

[…]

いつも手元にフェロー・マックス!

ついこの前の6~70年代、幼稚園から小学生時代に掛けて、常に我が家にはダイハツ・フェロー・マックスが自家用車として君臨しておりました(2008年10月25日ブログ参照)60年代、親父が2台のスバル360の中古を乗り継いだ後、初めて新車で買った初代フェロー、そして70年代に入ってたて続けに導入された2台のフェロー・マックスと10年間に渡ってフェロー祭りが開催されていました。 しかし77年、ピンクレディーブームが巻き起こり、KISS初来日の年にフェロー・マックスは道具としての使命を終え引退となったのです。その後軽自動車はミニカー以外触れることもなく、自分が免許を取ってから初の愛車はTE71カローラ1600GTだったので(2008年1月18日ブログ参照)フェローの事なんかすっかり忘れておりました。 世捨て人は86年になると人生初のアメリカ車購入という暴挙に出て、’68 Shelby GT350が本当に手元にやって来てしまい(ブログ1回目参照)その維持に悪戦苦闘の毎日となった訳なのです。当然カローラは手放したのでしばらくShelbyが1台とミニカー1000台の生活が続いていました。 いくらアホでもエアコンも何も付いていない旧いマッスルカー1台で全てをまかなうというのはとってもきつくてですね、バイクもマッハ号や初代リード50が手元にありましたが、雨の日も風の日も荷物を積んで気楽に乗れる足車が欲しくなりました。この頃務めていた看板屋にはリードで通勤していましたが、週末等出掛ける度にShelbyのガス代を捻出するのはとっても大変な事でした。 「うーむ、気楽に乗れる小さな車が欲しい、しかしそんなもん買うお金もない、どうしましょう」と悩んでいたら神のお告げが聞こえて来たのです。親戚のおじさんがですね「もういらない軽自動車があるからタダであげる」というとっても素敵なオファーが舞い込んで来ました。 「やったぜ、これでとっても楽になるぞ!ガソリン代も心配なしだ!」と大喜びの変態は嬉し過ぎてリードで転んでしまいました。「ところでおじさんの車って何でしたっけ?」と今度は嬉しい反面心配になって来ました。そう、それはWildman家にとって懐かしいあの時代を共に過ごしたクルマと同じダイハツ・フェロー・マックスだったのです。子供の頃、さんざん乗ったフェローと同じようなのがまたもや目の前に現れ、まさか自分の愛車になるとは夢にも思いませんでした。 「うお~またもやフェローか!ダイハツ360ccは一生俺につきまとうのか??」と驚きましたが、タダで頂けるものを断るわけがありません。「でもこれで気兼ねなくクルマに乗れるな、雨の日濡れないし嬉しいな!」と車2台体制という超セレブな生活になったのです。 さて初代フェローから数えて4台目のお付き合いとなる今度のフェローは親戚のおじさんが73年頃に新車で購入しずっと乗られていたのですがさすがに360ccではきつくなり、買い替える事になりましたが、1987年の時点でこんなもの下取りにも取ってくれず、解体屋行きになるのを免れて変態のところに来たわけであります。内装には何と新車時のビニールが所々残っていてかなり大切にされていたようで、走行距離も実走3万キロ程度でした。グレードは最上級のハイカスタムで360ccながら4ドアという素晴らしくセレブなクルマでした。 しかし走ってビックリ、360ccで31psのエンジンは予想をはるかに上回る遅さで、昔の人はこれで家族を乗せてドライブに行ったなんて信じられませんでした。 でも慣れてくると回転を上げて走る2ストロークの走りは遅いながらも楽しく、横浜市内をあっちこっち走り回りとっても便利な乗り物になりました。しかも4ドアというセレブ仕様なので、リアシートにボンボン荷物が積めてそれは重宝致しました。 しまいにはShelbyよりも便利になってきて、ガソリン代が無い時は彼女(現カミサン)を迎えに行くのもフェロー君という事が多くなりました。気がつけば3万キロ弱だった走行距離も5万を超えて、パワーが落ちたような気がすると思っていたら、あっちこっちトラブル続出でラジエターがパンクし白煙もうもう、電気が全部消えちゃったり、深夜の鎌倉街道で立ち往生等々、トラブルが止まらなくなりパーツも中々揃わず、今度はShelbyよりも維持が大変になって来たのです。「ここらが潮時なのかな」と思い断腸の思い?で激動の90年代を迎えるにあたって廃車にする事になったのです、サヨウナラ・・・・・ とっても悲しかったのですが、親父が買った初代から数えて4代目のコイツで60年代から90年まで続いた我が家のフェローライフは幕を閉じたのであります。 でももしかしたら死ぬ前にもう一度、何らかの事情でフェローが手元にやって来るような気も致します。だって「男ど根性の40馬力」マックスSS欲しいもん・・・・・

ナゾ解きレポート、裕次郎のガル・ウィング

今更ながらでございますが、明けましておめでとうございます。2@@9年もMooneyes Signs & Pinstriping Studio並びにWildman’s Blogを宜しくお願い致します。 正月はですね、やっぱりミニカーやスニーカーの手入れに余念が無く、こんな感じで指を使ってミニカーにワックス掛けをしたり、こんな感じで一生履かない永久保存版のスニーカーにアーマオールを塗ったりしてそれは充実した日々を過ごしておりました。 初詣に行けばおみくじは3年連続で大吉が出たので、今年はきっとブログの単行本化も夢ではないのかもしれませんね・・・・・ 年末ジャンボは怖くていまだに結果を見ていませんが、3億円が手元に来る予定なので、公言通り力道山先生のメルセデス・ベンツ300SLを買う事になると思います、フフフ。 300SLといえば、全くついこの前である2008年7月26日の我がブログで大騒ぎしておりました「太陽にほえろ!変態の悩みは裕次郎のガル・ウィング」についての調査レポートを御報告致します。(内容を忘れてしまった方はもう一度読み直してくださいませ) 今も小樽の裕次郎記念館に大切に保存されている石原裕次郎氏の300SLガル・ウィングは本来オリジナルでは丸型のヘッドライトのはずが、なぜかロードスター用の異型縦型ヘッドライトが装着されています。この方がぜんぜんカッコいいんですが・・・ ついこの前の70年代、小学生の頃より悩んでいたこのヘッドライト問題ですがやっと一つの答えを出してみました。とある変態さんからの情報により1枚の画像を入手致しました。 画像というよりそれはパズルなのです。自分でバラバラのピースを貼り付けて作り上げるあのパズルですね。 これは「いいものだけを世界から」のヤナセが製作した物なのですが300SLの写真がモチーフににっています。しかもそれは大昔の写真に間違いなく、50年代にヤナセのショールームで撮影されたものだと思われます。当時ガル・ウィングはたった一台だけヤナセが正規輸入し、それが中古車として裕次郎氏の元にやって来ました。(だから7月26日のブログを読んでね) 初代オーナーの注文で輸入したクルマなので本来ならお店に飾る必要も無いはずですが、せっかく凄いクルマを輸入したのだから、何かの景気づけかイベントで展示したのでしょうか?写真の様子では新車から間もない頃だと推測されます。 オプションのセンターロックホイールや旅行用のバッグもセットされていて最高級仕様にて輸入された車輛であります。 さてこの写真が問題なのです。クルマが横向きで分かりにくいのですがヘッドライトの所をよく見てみますと、あらビックリ!!そこには異型縦型のヘッドライトではなく、丸型ヘッドライトのリムが確認出来ます。下には丸型のウィンカーも見えますので、明らかにこの車両はオリジナルの状態ではやっぱり普通の丸型ヘッドライト仕様だった事が伺えます。日本に来てから何らかの事情により改造され、ロードスター仕様の顔面にカスタムされたと推測されます。 それはオーナーの好みだったのか、事故による修復のついでにそうしてしまったのかナゾですが、裕次郎氏の手元に来た時はすでにこの顔になっていた訳であります。 「あー、すっきりした!これで30年来の悩みがやっと解決ですな」とパズルを眺めながら当時の板金職人さんの技術に感服しております。 この画像は裕次郎氏と力道山先生が二人で裕次郎宅前でガルウィングについて語り合っている貴重な瞬間のものです、現場にいたかった・・・ そして北米仕様のあかし、異型縦型ヘッドライトリムに無理やり丸型のライトを押し込んだロードスターは力道山先生がガルウィングから乗り換えた車輛になります。1962年の撮影で場所はおそらく赤坂の御自宅「リキ・アパート」前だと思われます。それにしても北米仕様のメルセデスはカッコ悪い・・・すみません先生、失言であります!!! このロードスターの写真は当時の雑誌等でよく見るのですが、すべてモノクロで実車の色がわかりません。誰かカラーを見たことがある方は教えて下さい、ちょっとした悩みなのであります。黒か赤か紺あたりでしょうか? さて裕次郎ガル・ウィングのナゾについてとりあえず結論が出ましたので、次なる探索は「力道山のロールスロイスは現存するのか?」であります。 先生最後の愛車となった「ロールスロイス・シルバークラウド」は2009年現在どこかに残っているのでしょうか?あの手のクルマですから簡単に潰してスクラップにする可能性は低いので、もしかして存在しているのではないかと夢を膨らませております。問題解決は2009年の課題であります。情報を知っている変態さんはぜひ御一報を!!!

[…]