Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

クラウン3連発、思い出の“AQUA Tudoor”

どう考えても半年くらい前にしか感じられない、ついこの前の1989年にMooneyes Signs & Pinstriping Studioを立ち上げて創作活動に入ったのですが、最初に製作したStudioのデモカーはさらっとPinstripeを描いたクラウンRS56ピックアップ”The Magic of the Blue“でありまして、その次はガッツリと7色のPinstripeを描きまくったクラウンMS46ワゴンでした。当時でも貴重になりつつあったオールド・クラウンにPinstripeを描く事が出来てとっても幸せでしたが、その次はもっと大きなプロジェクトが待っておりました。 ある日Bossが「今度は’65年のマスターラインをカスタムするぞ」と言いましたが、すでに細々と活動を始めていた「クラウン・クラシックス」のストックであったそのクルマはとっても程度が良くて、ケチなようですがカスタム・ベースにするのはもったいないような感じでした。今思えばクラウン3連発のカスタムというのも凄いですが・・・・ それまでの2台のクラウン同様、大幅なボディ・ワークをすること無くオリジナル・デザインの良いところだけを引き出してカスタムするのかと思っていたら、板金塗装から仕上がってきたのはアクア・カラーの2ドア・セダンデリバリーというあまりにも浮世離れしたスタイルになっていたのです。 御所山Studioに運び込まれたそいつはそれまで見て来たどのクラウンよりもカッコ良くてスマートなデザインでした。アメリカ車の旧いワゴンと比較しても見劣りせず「クラウンてこんなにカッコ良かったのか」と一人感動しておりました。 車高を落とし、Weld RacingのDrag Liteを履くと「Chevy Nomadなんて目じゃねえぜ!」という感じで、テールゲートのガラスを下げてサーフ・ボードを突っ込めばまさにSurfin’ USAとなり、やりもしないでSurfer気分に浸れるとっても素敵なクルマでありました。 そんなこんなでどのようなStripeを入れようかと考えているうちに、急遽このクラウンをイベントに持って行く事になりました。それは懐かしの「名古屋パフォーマンスカーショー」で、他のクラウン共々自走で行くという強行策を取る事になったのです。とてもじゃないけど出発前にStripeを描いてる時間は無く、どうしようかと思っていたら「現地で描けばいいじゃん」という当時からおなじみのBossの無茶苦茶な一言で、クラウンの仕上げはショー会場で行うという前代未聞のスタイルを取る事になったのです。 インドアイベントなので雨の心配はありませんでしたが、ペンキやシンナーの匂いを会場内でプンプンさせながらゲリラ的にPinstripeを描くというのは小心物としてはとっても勇気のいる行動でした・・・・・ 「だれかがタバコを投げつけてシンナーに引火したらクラウンもろとも全焼だな、その前にお客さんがシンナー中毒でラリッちゃうかもしれんぞ」と小心者の悩みは尽きませんでした。 いざ現場に着くと当時から何でも手作りが好きなMooneyesは手作りブースを作り始めましたが、画像のバックに写る”Grant California Color”の文字等の看板までその場で手書きしました、気合いです。一緒に写っている皆様は当日お手伝いして頂いた地元名古屋の”Hot Stuff”の山口サンたちであります、皆様お若いですね。 そしてイベント期間中に会場内でエアーブラシまで使ってしまい、何とかこのクラウンのSigns & Pinstripeを「片面だけ」仕上げることが出来ました。 ”Surf Rider’s AQUA Tudoor”と名付けられたこいつはとってもCoolに仕上がり、各地のイベントでは人気物となってCal誌等の雑誌にも紹介され、90年代初頭のMooneyesの代表的なカスタムカーになりました。 その後時代の流れに沿ってビレット・パーツを装着したりして、少しイメージを変えた後、ひっそりとMooneyesの元を離れて行きました。しかしかなり長い間、若いオーナー様が乗り回していたのでしょっちゅう横浜近辺で見掛けることがありました。 数年後転売され、たまに見る機会もありましたが、最近はご無沙汰しています。 今年はクラウン・ピクニックも20周年なので、懐かしいクルマたちが集まってくれることを期待しております。懐かしいと言ってもついこの前のクルマたちですが・・・・

[…]

「消えた天才ライダー」と「消えない変態」

ついこの前の1983年、日本は空前のバイクブームに沸き、多数のバイク雑誌が創刊されていました。そんな中、アメリカの”Cycle World”誌と提携した日本版「サイクルワールド」誌創刊号を本屋さんで手にしました。この頃は全てのバイク関連の本はチェックしておりましたので、この本もとりあえず見てみようと思いパラパラとページをめくると、興味津々の記事が出ておりました。 それまでバイク雑誌で日本のレースシーンの草創期の記事を読むと必ず別格扱いされているレーサーの事が気になっておりました。しかし伝説の1955年浅間火山レースの時代から60年代中期の頃のレースシーンまでの活躍で、それ以降はぱったりと名前が出てこなくなる不思議なレーサーでした。 「名前は知ってるけどどんな人なのかさっぱりわからん」と思っていたこのレーサーに関する物語(ノンフィクション)がサイクルワールド誌にて連載開始となったのです。 「うひょー、これでいろんな事が解明されるぞ!」と大喜びの19歳になった変態は早速サイクルワールド誌を買い込み、愛車KH250Bにまたがり颯爽と帰路についたのでした。 「19歳の変態ライダー」に対してこの連載の主人公は「消えた天才ライダー」というカッコいいサブタイトルがついておりました。「レーサーとしての絶頂期に忽然と姿を消した幻の英雄がいた。全てを謎に包んで失踪して以来、天才の行方を誰も知らない」な~んて感じのカッコいい文章で紹介されているこの天才レーサーは「伊藤史朗」というお名前でした。「シロー」じゃなくて「フミオ」と読むのであります。この連載では行方不明となっている伊藤史朗をスポーツライターの小林信也氏が追ってついに所在を突き止め失踪以来20年間秘密を解き明かすという物で、その後この連載はまとめられて一冊の本になりました。 「消えた天才ライダー、伊藤史朗の幻」という本でついこの前の1985年に初版発行となっております。私のも初版です。 とにかくこの伊藤史朗は60年代の現役時代、とんでもなく速いレーサーだったそうで、16歳で浅間山レースでデビューウィンを果たして以来、ヤマハのワークスライダーとなり世界グランプリを転戦し、デイトナやベルギーのグランプリでも優勝し、63年には世界ランキング3位まで上り詰め、チャンピオンまであと一歩というところまで来ました。60年代で世界に通用する二輪レーサーが日本にいたというだけで驚きでありました。 しかし翌64年のシンガポール・グランプリでトップを独走中に転倒し、頭部を強打するという重症を負って以来転落人生が始まったようです。思うように回復しないまま65年になんとピストルの不法所持で捕まってしまい、その後日本のレース界から追放されたような形になってしまったのです。同時期に捕まった芸能人は皆さん復帰出来たそうですが・・・・・ 4輪レース転向という噂もあり、プリンスから誘いを受けてテスト走行したところ3週目にあっさりとコース・レコードを出してしまいプリンス関係者を驚嘆させたというほどの変態、じゃなくて天才だったのです。華やかな芸能界との交流や、本人もレコードデビューまでしていた栄光の絶頂期に事件を起してしまい、天才は闇の中に消えて行きました。 翌66年執行猶予中にアメリカに渡ってしまったきり、完全に消息不明となってしまい、小林氏がこの連載で居場所を突き止めるまで19年間、これ程の人が行方不明だったのです。 本を読んで行くと、もう面白くて面白くて吸い込まれてしまいそうです。Wildman’s Blogもこうありたいものですね・・・・ 消えた19年間の事を激白してくれて、物語の最後にはなんとあの名チューナーのマシンに乗るという恐ろしい流れになります。 現役を離れて20年、45歳になったオジサンがレーサーに乗るというのはメチャクチャな話ですが、小林氏がその名チューナーにそんな奴が最新500ccレーサーに乗れるか乗れないか聞くくだりが感動物でした。 「レーサーに乗るのは35歳が限界、しかも20年のブランクがある45歳なんて絶対無理、下手すりゃ死んじゃうよ」と突き放されます。当時現役バリバリの4輪レーサー高橋国光でも絶対に無理と言われてしまいます。 (ちなみに国光さんは60年代、二輪のトップレーサーでした)「で、誰なんですか?」と名チューナーが小林氏に聞いて伊藤史朗の写真を見せると驚きの声を上げて「彼ならできる。できるかも知れない。アイツは化けもんだ。さっきいったのはあくまでも一般論で伊藤史朗だけは別だ。あいつは本当に化けものだった」と言い放ちます。「当時ヤツだけは別格で、かなうヤツは一人もいなかった、酒を飲んだ状態でサーキットを走っても速かった」と信じがたいような話をされます。 「伊藤史朗は今どこにいるんですか?あなた会ったんですか?それでまた乗りたいって?」と名チューナーは食いついてきます。そして物語はフィナーレを迎えるのですが、読んだことのない方はは本を探して2時間以内で読破して下さい。そしてその後、伊藤史朗はどうなったのか??自分で調べましょう。変態道は厳しいのです!!! そういえば数年前、ヤフオクに「伊藤史朗のヘルメット」というのが出品されていましたがあれは本物だったのでしょうか・・・・ それにしてもカッコいいな「消えた天才レーサー」だって!!でも変態はまだ消えません、皆にこういわせます。 「彼ならできる、アイツは変態だ、さっきいったのはあくまでも一般論でWildmanだけは別だ。あいつは本当に変態だった」「Wildmanは今どこにいるんですか?本牧で会ったんですか?それでまたしゃべりたいって?」と・・・・ 「消えない変態、Wildmanの幻」よしこれで行こう、単行本化は!!決まりだぜ!!!

[…]

実車が先か?ミニカーが先か!?

ついこの前の1975年、一生ミニカーを集める事を決意して新米コレクターになった小学5年生の変態は、それまでとは比較にならないほど行動範囲が広がり、ミニカー欲しさにあっちこっち足を延ばすようになってしまいました。 小心物は地図を広げて行き先の場所を確認し、国鉄の駅でも十分に路線図を眺めて、それまで一人で行った事のない未知の世界「東京」へと旅立って行ったのです。 日本ミニチュアカークラブ発行「月刊ミニチュアカー誌」の広告を頼りにあの店、この店と片っぱしから訪ねて行きました。21世紀現在ではミニカー専門店なんてちっとも珍しくない存在ですが、昭和50年当時は本当のマニアが集まる変態の巣窟だったのです。 コレクションを始めて1年くらいが経過したとある日曜日、当時は東京の八丁堀にあったミニカーショップ「コジマ」さん行ってみようとターゲットを絞りました。 だってミニチュアカー誌の広告に「ミニカーショップの本格派」なんていう素敵なコピーが出ていたもんで「本格派だって、きっと本格的なマニアしか来ない本格派のお店なんだ、僕も今日から本格派だ!!」と決めつけて出掛けて行きました。 子供料金で磯子駅から国鉄京浜東北線に乗り込みましたが、途中根岸駅を過ぎたところの駐車場にフロントにもオーバーフェンダーを装着しディッシュホイールを履いたハコスカGT-R停まっていた事を覚えております。その後2年くらいそこにありましたね。昭和51年なんてついこの前の事ですから・・・・・ 電車を降りてから迷いに迷ってやっとたどり着いたお店は半分がおもちゃ屋さんで半分がミニカー専門店になっていました。新製品から絶版モデルまで多数のミニカーが並んでいて、マニアになり立ての小学生はとっても楽しい時間が過ごせました。 ふとショーケースの上を見るとそこにちっちゃな本が置いてありました。「なんだこれ、見たこと無いぞ」と思い、手に取ってページをめくってみるとそこには信じがたい写真の数々が並んでいたのです。手のひらサイズの本なのに膨大な量のミニカーの画像がブランド別に掲載されていて、カラー写真もふんだんに使われているその本は、カラーブックス「世界のミニカー」というタイトルでした。 この本を手にした瞬間、まじめな小学生の人生は完全に狂い始め、「ミニカーコレクター」という絶対に抜け出せない泥沼にはまってしまい完全なる世捨て人になりました。 狂いっぱなしの人生はその後21世紀になっても狂いっぱなしが続いているわけであります・・・・・気が長いのう・・・・ この本は昭和の時代からミニカーコレクションをしている人にとっては絶対にはずせないバイブルでして、これを見て人生が狂った人は多数いるはずです、絶対に。 Wildmanも所属している日本最古のミニカーコレクタークラブ(Since 1960)Japan Miniature Automobile Club(JMAC)の会長、故中島登先生が著した本でありまして、初版は昭和42年ですので私は重版を昭和51年に手にした分けであります(もちろんその後初版を手に入れた事は言うまでもありません) 中島先生の日本一のミニカーコレクションを紹介するこの本はミニカーの歴史やブランドの事も事細かく説明されていて、ネットなんかない時代の島国のコレクターにとっては、世界に連れて行ってくれる夢のような情報源の本だったのです。ほんとだってば!! 「うお~こんなミニカーがあったのか!!うお~この車は一体何なんだ!!」とページをめくる度に叫びっぱなしの小学生はこの本によって実車の事を覚えていったのです。 また何をわけの分からない事を言ってるのかとお思いでしょうが、クルマの本で見た事のないクルマ(ミニカー)がこの本にはたくさん載っているのです。つまり実車の事を知る前にミニカーでそのクルマの存在を知り、そのあとに実車の知識を蓄えていったのです。 実車よりもミニカーの方が先だったのです。だから今でもミニカーの方が実車よりも好きなのかもしれません・・・・ミニカーの方が絶対にカッコいいって!!!!! アームストロング・シドレー、ジェンセン、ブリストル、メドウス・フリスキー、ゴッゴモビル、ホルヒ、DKW、ロイト、タトラ・・・・・みーんなこの本が教えてくれました。 国産車だって、知らない車が載っていてビックリだったのです。国産車くらい変態としては全部知っていなければいけないはずなのに「何これ、こんな車見たこと無いよ??」と驚きのクルマもミニカーになっていました。 昭和40年に廃業した伝説のミニカーブランド「大盛屋ミクロペット」が製作した珍車はその名も「プリンス・スカイウェイ」でした。 「何、スカイウェイって??スカイラインじゃなくってスカイウェイなの」と全く知らないクルマがミニカーになっていたのです。初代スカイラインの商用車バージョンであるスカイウェイというクルマは、この本を見てその存在を確認するまで恥ずかしながら知りませんでした、いくら自分が生まれる前のクルマとはいえ不覚でした・・・ミニカーって凄い!!と思いました。 しかもコイツは右側から見ると2ドアで左側から見ると4ドアという実車のスタイルをキチンと再現していました(昭和36年8月発売のミニカーです) そしてこのミニカーを入手するまでにその後20年以上の歳月を費やしました・・・変態って凄い!!と思いました。 という事で、「実車が先か?、ミニカーが先か!?」と言われれば迷わず、「ミニカーが好き!」じゃなくて「ミニカーが先!」と答えてしまうのが正統派の変態という訳であります。 ミニカーより実車が先なんて言っているようでは、まだまだ甘いという事ですな。

[…]

体を張ってメッサーシュミット!!

まだまだ寒い日が続いておりまして、GarageでPinstripeの作業をする時は万全の体調が要求される今日この頃であります。きのうVW Type IIに大量の1-Shot Paintを積み込もうとして「ヨイショ!!」と持ち上げたところ「ピシッ!!」っと腰に痛みが走ってこりゃヤバいと思いましたが、その後気合を入れて2分30秒くらいじっとしていましたら、何とか切り抜けてギックリ腰にならずにすみました。やっぱり何事も「気合い!!」であります!!!!(でもちょっぴり痛いのです・・・・・) 痛いといえばですね、ついこの前の1988年の事なのですが、首が痛かったのですよ、首が・・・・ 身分不相応なシェルビー購入計画の為に(Wildman’s Blog初回参照)借金で首が回らなくなったのではなく、事故によるものだったのですな、これが。 このころ看板屋に勤務しておりましたが、たまに出張作業がありまして自動車ディーラーまで行って、事故車の看板文字補修をやってました。板金して消えてしまった部分の描き直しをするのですが、桜が舞う小春日和のとある日、湘南方面に補修の作業に出掛けてました。出張作業はとっても好きでして、仕事さえ終わってしまえばあとはフリータイム!!という感じで特に遠くへ行った時は、ダッシュで作業を終わらせてしまい、好きな所を廻ってから会社に戻ってました・・・この日もとっとと描いて、元町ムーンアイズ経由でコーヒーを頂いてから帰りましょうと計画していました。 藤沢市内に入りあともう少しで目的のディーラーに着くという所で、片側一車線の道になり出張用スペシャルマシンのトヨタ・コルサ(L30型、でもリトラのGPターボじゃないよ)のスピードを少し落としました。安全運転で走っていますと、前方反対車線でウィンカーを出し右折しようとしている車が道をふさいでいて、その後ろが少し渋滞していました。小心物で優しいWildmanは減速してパッシングをし、そのクルマを行かせてあげました、優しいなあ・・・ ドライバーが会釈をし、右折をした瞬間「ドッカーン」と物凄い衝撃が走り、一瞬何が起こったのか分かりませんでしたがバックミラーを見るとトラックが愛機コルサにくっついていました。 「ゲッ、これって追突されたの??マジ?」とビックリしてヨロヨロと路肩に寄って車を停めて後ろを見てみるとコルサのバンパーやテールゲートはぐっちゃりと潰れておりました。 ついこの前、社用車のカローラ・バンを雨の日にスピンしてぶつけてしまったばかりだったので「あ~あ、やばいまた社長に怒られる」とそっちが心配になって来ました。 「でもこれってオカマ掘られたんだから、あんまりこっちが悪くないのかも」と思っていると2tトラックのドライバーさんが降りて来ていきなり「何でこんな所で止まるんだよ、バカヤロー!」ととっても強気な発言をしてきました。変態と言われる分にはいいのですがバカと言われて黙っているわけには行きません。 小心者で温厚なWildmanも頭に来てしまい「止まってねえだろ、減速して道を譲っただけだ、悪いのはぶつかったお前の方だろ、このバカ!」とやり返し、口のバトルがはじまりました。口では負けるはずがないので強気に言い合っているうちにケーサツが来て現場検証となりました。やっぱり向こうが悪いみたいな感じになり、一応事故処理が終わるとお巡りさんが車のぶつかり具合を見て「病院に行った方がいいよ」と言われ、小心者だけに病院に行く事になりました。すぐ近くに救急病院があったのでそこで見てもらいましたが「別に骨とかに異常はないから安静にしてなさい」と診断されました。 「そんな事よりも出張の仕事が終わってねーじゃん、これじゃムーンアイズにも行けんぞ」と思い、あわてて会社に連絡して事情を説明すると、「いいから帰って来い、仕事はほかのヤツを回すから」と先輩にキレ気味に言われてしまいました。 「トホホ、事故車の補修に来たのに自分が事故車になってしまった、カッコ悪い」と傷心の小心物は一路横浜に戻ったのでした。 そして次の日、朝起きると「痛って~、なんじゃこりゃ、首が痛いぞ!!」と実家のコレクションルーム兼寝室で叫び声を上げている23歳の変態でありました・・・ カマ堀りによる生まれて初めてのムチ打ち症でした。原付免許を取ったばかりの頃、初代リード50で真紅のいすゞ・ピアッツァにオカマを掘った時は自分で突っ込んだのでちっとも痛くありませんでしたが、今度のはとっても痛いじゃありませんか!!「こりゃまいったもう一回病院に行こう」と小心者は会社を休んで診察してもらうと、通院しなければダメと言われ、病院リハビリ通いが始まったのです。 だって本当に痛いのですから、パワステの付いてなかったシェルビーなんかとてもじゃないけど運転出来なかったので「これは早く治さないといけないぞ」と思いせっせと通院したのでした。秋になった頃、本当はまだちょっぴり痛かったのですがもう面倒くさくなり「リハビリはやーめた!」と宣言し、事故の相手の保険会社とも示談を済ませこれにて一件落着となりました。 フフフ、こっからが本題なのです。生まれて初めての「被害者」となった私はまさかこんなにたくさん示談金がおりるとは夢にも思っておりませんでした。「こんな事ならもっと病院に通えばよかった」と後悔したのは言うまでもありません。口座に振り込まれた金額を見て昇天しそうになりました。 そしてタイミングのいい事におもちゃのマニアの祭典「ワンダーランドマーケット」が振り込み後、すぐに開催され暴走したのは言うまでもありません。 その時ゲットしたのがこの画像のバンダイ製ティントーイ(ブリキ)のメッサーシュミットKR200であります。ずっとずっと欲しかったのですが、限りなく当時の給料1ヶ月分に近いプレミア価格で夢のような存在でした。 体を張ってゲットしたブリキのおもちゃ、変態冥利に尽きますね。「吐息でネット」by南野陽子(Wildmanアイドル好き疑惑?)ならぬ「オカマでゲット」ブリキのメッサーシュミットでありました。 さらに有り余る?示談金に気が大きくなった変態は、当時とっても高かったこのB3フライトレザージャケットをも購入するという暴挙に出て自分がセレブだと勘違いし始めてました・・・・・バカです。 彼女(現カミサン)にも「何でも好きな物を買ってやるぞ」と豪語し、確かレザーのスカートとかを買ってあげたと記憶しております。 気が付けば約2週間ですべての示談金を使い果たし、束の間のセレブ生活を堪能した変態はまた元の生活に戻っておりました。 会社のコルサも保険で直って「これでみんなもハッピーだぜ!!」と本気で思っていたとってもハッピーな1988年の出来事でありました。

[…]