Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

体を張ってメッサーシュミット!!

まだまだ寒い日が続いておりまして、GarageでPinstripeの作業をする時は万全の体調が要求される今日この頃であります。きのうVW Type IIに大量の1-Shot Paintを積み込もうとして「ヨイショ!!」と持ち上げたところ「ピシッ!!」っと腰に痛みが走ってこりゃヤバいと思いましたが、その後気合を入れて2分30秒くらいじっとしていましたら、何とか切り抜けてギックリ腰にならずにすみました。やっぱり何事も「気合い!!」であります!!!!(でもちょっぴり痛いのです・・・・・) 痛いといえばですね、ついこの前の1988年の事なのですが、首が痛かったのですよ、首が・・・・ 身分不相応なシェルビー購入計画の為に(Wildman’s Blog初回参照)借金で首が回らなくなったのではなく、事故によるものだったのですな、これが。 このころ看板屋に勤務しておりましたが、たまに出張作業がありまして自動車ディーラーまで行って、事故車の看板文字補修をやってました。板金して消えてしまった部分の描き直しをするのですが、桜が舞う小春日和のとある日、湘南方面に補修の作業に出掛けてました。出張作業はとっても好きでして、仕事さえ終わってしまえばあとはフリータイム!!という感じで特に遠くへ行った時は、ダッシュで作業を終わらせてしまい、好きな所を廻ってから会社に戻ってました・・・この日もとっとと描いて、元町ムーンアイズ経由でコーヒーを頂いてから帰りましょうと計画していました。 藤沢市内に入りあともう少しで目的のディーラーに着くという所で、片側一車線の道になり出張用スペシャルマシンのトヨタ・コルサ(L30型、でもリトラのGPターボじゃないよ)のスピードを少し落としました。安全運転で走っていますと、前方反対車線でウィンカーを出し右折しようとしている車が道をふさいでいて、その後ろが少し渋滞していました。小心物で優しいWildmanは減速してパッシングをし、そのクルマを行かせてあげました、優しいなあ・・・ ドライバーが会釈をし、右折をした瞬間「ドッカーン」と物凄い衝撃が走り、一瞬何が起こったのか分かりませんでしたがバックミラーを見るとトラックが愛機コルサにくっついていました。 「ゲッ、これって追突されたの??マジ?」とビックリしてヨロヨロと路肩に寄って車を停めて後ろを見てみるとコルサのバンパーやテールゲートはぐっちゃりと潰れておりました。 ついこの前、社用車のカローラ・バンを雨の日にスピンしてぶつけてしまったばかりだったので「あ~あ、やばいまた社長に怒られる」とそっちが心配になって来ました。 「でもこれってオカマ掘られたんだから、あんまりこっちが悪くないのかも」と思っていると2tトラックのドライバーさんが降りて来ていきなり「何でこんな所で止まるんだよ、バカヤロー!」ととっても強気な発言をしてきました。変態と言われる分にはいいのですがバカと言われて黙っているわけには行きません。 小心者で温厚なWildmanも頭に来てしまい「止まってねえだろ、減速して道を譲っただけだ、悪いのはぶつかったお前の方だろ、このバカ!」とやり返し、口のバトルがはじまりました。口では負けるはずがないので強気に言い合っているうちにケーサツが来て現場検証となりました。やっぱり向こうが悪いみたいな感じになり、一応事故処理が終わるとお巡りさんが車のぶつかり具合を見て「病院に行った方がいいよ」と言われ、小心者だけに病院に行く事になりました。すぐ近くに救急病院があったのでそこで見てもらいましたが「別に骨とかに異常はないから安静にしてなさい」と診断されました。 「そんな事よりも出張の仕事が終わってねーじゃん、これじゃムーンアイズにも行けんぞ」と思い、あわてて会社に連絡して事情を説明すると、「いいから帰って来い、仕事はほかのヤツを回すから」と先輩にキレ気味に言われてしまいました。 「トホホ、事故車の補修に来たのに自分が事故車になってしまった、カッコ悪い」と傷心の小心物は一路横浜に戻ったのでした。 そして次の日、朝起きると「痛って~、なんじゃこりゃ、首が痛いぞ!!」と実家のコレクションルーム兼寝室で叫び声を上げている23歳の変態でありました・・・ カマ堀りによる生まれて初めてのムチ打ち症でした。原付免許を取ったばかりの頃、初代リード50で真紅のいすゞ・ピアッツァにオカマを掘った時は自分で突っ込んだのでちっとも痛くありませんでしたが、今度のはとっても痛いじゃありませんか!!「こりゃまいったもう一回病院に行こう」と小心者は会社を休んで診察してもらうと、通院しなければダメと言われ、病院リハビリ通いが始まったのです。 だって本当に痛いのですから、パワステの付いてなかったシェルビーなんかとてもじゃないけど運転出来なかったので「これは早く治さないといけないぞ」と思いせっせと通院したのでした。秋になった頃、本当はまだちょっぴり痛かったのですがもう面倒くさくなり「リハビリはやーめた!」と宣言し、事故の相手の保険会社とも示談を済ませこれにて一件落着となりました。 フフフ、こっからが本題なのです。生まれて初めての「被害者」となった私はまさかこんなにたくさん示談金がおりるとは夢にも思っておりませんでした。「こんな事ならもっと病院に通えばよかった」と後悔したのは言うまでもありません。口座に振り込まれた金額を見て昇天しそうになりました。 そしてタイミングのいい事におもちゃのマニアの祭典「ワンダーランドマーケット」が振り込み後、すぐに開催され暴走したのは言うまでもありません。 その時ゲットしたのがこの画像のバンダイ製ティントーイ(ブリキ)のメッサーシュミットKR200であります。ずっとずっと欲しかったのですが、限りなく当時の給料1ヶ月分に近いプレミア価格で夢のような存在でした。 体を張ってゲットしたブリキのおもちゃ、変態冥利に尽きますね。「吐息でネット」by南野陽子(Wildmanアイドル好き疑惑?)ならぬ「オカマでゲット」ブリキのメッサーシュミットでありました。 さらに有り余る?示談金に気が大きくなった変態は、当時とっても高かったこのB3フライトレザージャケットをも購入するという暴挙に出て自分がセレブだと勘違いし始めてました・・・・・バカです。 彼女(現カミサン)にも「何でも好きな物を買ってやるぞ」と豪語し、確かレザーのスカートとかを買ってあげたと記憶しております。 気が付けば約2週間ですべての示談金を使い果たし、束の間のセレブ生活を堪能した変態はまた元の生活に戻っておりました。 会社のコルサも保険で直って「これでみんなもハッピーだぜ!!」と本気で思っていたとってもハッピーな1988年の出来事でありました。

[…]