Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

「消えた天才ライダー」と「消えない変態」

ついこの前の1983年、日本は空前のバイクブームに沸き、多数のバイク雑誌が創刊されていました。そんな中、アメリカの”Cycle World”誌と提携した日本版「サイクルワールド」誌創刊号を本屋さんで手にしました。この頃は全てのバイク関連の本はチェックしておりましたので、この本もとりあえず見てみようと思いパラパラとページをめくると、興味津々の記事が出ておりました。 それまでバイク雑誌で日本のレースシーンの草創期の記事を読むと必ず別格扱いされているレーサーの事が気になっておりました。しかし伝説の1955年浅間火山レースの時代から60年代中期の頃のレースシーンまでの活躍で、それ以降はぱったりと名前が出てこなくなる不思議なレーサーでした。 「名前は知ってるけどどんな人なのかさっぱりわからん」と思っていたこのレーサーに関する物語(ノンフィクション)がサイクルワールド誌にて連載開始となったのです。 「うひょー、これでいろんな事が解明されるぞ!」と大喜びの19歳になった変態は早速サイクルワールド誌を買い込み、愛車KH250Bにまたがり颯爽と帰路についたのでした。 「19歳の変態ライダー」に対してこの連載の主人公は「消えた天才ライダー」というカッコいいサブタイトルがついておりました。「レーサーとしての絶頂期に忽然と姿を消した幻の英雄がいた。全てを謎に包んで失踪して以来、天才の行方を誰も知らない」な~んて感じのカッコいい文章で紹介されているこの天才レーサーは「伊藤史朗」というお名前でした。「シロー」じゃなくて「フミオ」と読むのであります。この連載では行方不明となっている伊藤史朗をスポーツライターの小林信也氏が追ってついに所在を突き止め失踪以来20年間秘密を解き明かすという物で、その後この連載はまとめられて一冊の本になりました。 「消えた天才ライダー、伊藤史朗の幻」という本でついこの前の1985年に初版発行となっております。私のも初版です。 とにかくこの伊藤史朗は60年代の現役時代、とんでもなく速いレーサーだったそうで、16歳で浅間山レースでデビューウィンを果たして以来、ヤマハのワークスライダーとなり世界グランプリを転戦し、デイトナやベルギーのグランプリでも優勝し、63年には世界ランキング3位まで上り詰め、チャンピオンまであと一歩というところまで来ました。60年代で世界に通用する二輪レーサーが日本にいたというだけで驚きでありました。 しかし翌64年のシンガポール・グランプリでトップを独走中に転倒し、頭部を強打するという重症を負って以来転落人生が始まったようです。思うように回復しないまま65年になんとピストルの不法所持で捕まってしまい、その後日本のレース界から追放されたような形になってしまったのです。同時期に捕まった芸能人は皆さん復帰出来たそうですが・・・・・ 4輪レース転向という噂もあり、プリンスから誘いを受けてテスト走行したところ3週目にあっさりとコース・レコードを出してしまいプリンス関係者を驚嘆させたというほどの変態、じゃなくて天才だったのです。華やかな芸能界との交流や、本人もレコードデビューまでしていた栄光の絶頂期に事件を起してしまい、天才は闇の中に消えて行きました。 翌66年執行猶予中にアメリカに渡ってしまったきり、完全に消息不明となってしまい、小林氏がこの連載で居場所を突き止めるまで19年間、これ程の人が行方不明だったのです。 本を読んで行くと、もう面白くて面白くて吸い込まれてしまいそうです。Wildman’s Blogもこうありたいものですね・・・・ 消えた19年間の事を激白してくれて、物語の最後にはなんとあの名チューナーのマシンに乗るという恐ろしい流れになります。 現役を離れて20年、45歳になったオジサンがレーサーに乗るというのはメチャクチャな話ですが、小林氏がその名チューナーにそんな奴が最新500ccレーサーに乗れるか乗れないか聞くくだりが感動物でした。 「レーサーに乗るのは35歳が限界、しかも20年のブランクがある45歳なんて絶対無理、下手すりゃ死んじゃうよ」と突き放されます。当時現役バリバリの4輪レーサー高橋国光でも絶対に無理と言われてしまいます。 (ちなみに国光さんは60年代、二輪のトップレーサーでした)「で、誰なんですか?」と名チューナーが小林氏に聞いて伊藤史朗の写真を見せると驚きの声を上げて「彼ならできる。できるかも知れない。アイツは化けもんだ。さっきいったのはあくまでも一般論で伊藤史朗だけは別だ。あいつは本当に化けものだった」と言い放ちます。「当時ヤツだけは別格で、かなうヤツは一人もいなかった、酒を飲んだ状態でサーキットを走っても速かった」と信じがたいような話をされます。 「伊藤史朗は今どこにいるんですか?あなた会ったんですか?それでまた乗りたいって?」と名チューナーは食いついてきます。そして物語はフィナーレを迎えるのですが、読んだことのない方はは本を探して2時間以内で読破して下さい。そしてその後、伊藤史朗はどうなったのか??自分で調べましょう。変態道は厳しいのです!!! そういえば数年前、ヤフオクに「伊藤史朗のヘルメット」というのが出品されていましたがあれは本物だったのでしょうか・・・・ それにしてもカッコいいな「消えた天才レーサー」だって!!でも変態はまだ消えません、皆にこういわせます。 「彼ならできる、アイツは変態だ、さっきいったのはあくまでも一般論でWildmanだけは別だ。あいつは本当に変態だった」「Wildmanは今どこにいるんですか?本牧で会ったんですか?それでまたしゃべりたいって?」と・・・・ 「消えない変態、Wildmanの幻」よしこれで行こう、単行本化は!!決まりだぜ!!!

[…]