Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

実車が先か?ミニカーが先か!?

ついこの前の1975年、一生ミニカーを集める事を決意して新米コレクターになった小学5年生の変態は、それまでとは比較にならないほど行動範囲が広がり、ミニカー欲しさにあっちこっち足を延ばすようになってしまいました。
小心物は地図を広げて行き先の場所を確認し、国鉄の駅でも十分に路線図を眺めて、それまで一人で行った事のない未知の世界「東京」へと旅立って行ったのです。
日本ミニチュアカークラブ発行「月刊ミニチュアカー誌」の広告を頼りにあの店、この店と片っぱしから訪ねて行きました。21世紀現在ではミニカー専門店なんてちっとも珍しくない存在ですが、昭和50年当時は本当のマニアが集まる変態の巣窟だったのです。
02142009-001.jpg
コレクションを始めて1年くらいが経過したとある日曜日、当時は東京の八丁堀にあったミニカーショップ「コジマ」さん行ってみようとターゲットを絞りました。
だってミニチュアカー誌の広告に「ミニカーショップの本格派」なんていう素敵なコピーが出ていたもんで「本格派だって、きっと本格的なマニアしか来ない本格派のお店なんだ、僕も今日から本格派だ!!」と決めつけて出掛けて行きました。
子供料金で磯子駅から国鉄京浜東北線に乗り込みましたが、途中根岸駅を過ぎたところの駐車場にフロントにもオーバーフェンダーを装着しディッシュホイールを履いたハコスカGT-R停まっていた事を覚えております。その後2年くらいそこにありましたね。昭和51年なんてついこの前の事ですから・・・・・
電車を降りてから迷いに迷ってやっとたどり着いたお店は半分がおもちゃ屋さんで半分がミニカー専門店になっていました。新製品から絶版モデルまで多数のミニカーが並んでいて、マニアになり立ての小学生はとっても楽しい時間が過ごせました。
ふとショーケースの上を見るとそこにちっちゃな本が置いてありました。「なんだこれ、見たこと無いぞ」と思い、手に取ってページをめくってみるとそこには信じがたい写真の数々が並んでいたのです。手のひらサイズの本なのに膨大な量のミニカーの画像がブランド別に掲載されていて、カラー写真もふんだんに使われているその本は、カラーブックス「世界のミニカー」というタイトルでした。
02142009-002.jpg
この本を手にした瞬間、まじめな小学生の人生は完全に狂い始め、「ミニカーコレクター」という絶対に抜け出せない泥沼にはまってしまい完全なる世捨て人になりました。
狂いっぱなしの人生はその後21世紀になっても狂いっぱなしが続いているわけであります・・・・・気が長いのう・・・・
この本は昭和の時代からミニカーコレクションをしている人にとっては絶対にはずせないバイブルでして、これを見て人生が狂った人は多数いるはずです、絶対に。
Wildmanも所属している日本最古のミニカーコレクタークラブ(Since 1960)Japan Miniature Automobile Club(JMAC)の会長、故中島登先生が著した本でありまして、初版は昭和42年ですので私は重版を昭和51年に手にした分けであります(もちろんその後初版を手に入れた事は言うまでもありません) 中島先生の日本一のミニカーコレクションを紹介するこの本はミニカーの歴史やブランドの事も事細かく説明されていて、ネットなんかない時代の島国のコレクターにとっては、世界に連れて行ってくれる夢のような情報源の本だったのです。ほんとだってば!!
「うお~こんなミニカーがあったのか!!うお~この車は一体何なんだ!!」とページをめくる度に叫びっぱなしの小学生はこの本によって実車の事を覚えていったのです。
また何をわけの分からない事を言ってるのかとお思いでしょうが、クルマの本で見た事のないクルマ(ミニカー)がこの本にはたくさん載っているのです。つまり実車の事を知る前にミニカーでそのクルマの存在を知り、そのあとに実車の知識を蓄えていったのです。
実車よりもミニカーの方が先だったのです。だから今でもミニカーの方が実車よりも好きなのかもしれません・・・・ミニカーの方が絶対にカッコいいって!!!!!
アームストロング・シドレー、ジェンセン、ブリストル、メドウス・フリスキー、ゴッゴモビル、ホルヒ、DKW、ロイト、タトラ・・・・・みーんなこの本が教えてくれました。
02142009-003.jpg
国産車だって、知らない車が載っていてビックリだったのです。国産車くらい変態としては全部知っていなければいけないはずなのに「何これ、こんな車見たこと無いよ??」と驚きのクルマもミニカーになっていました。
昭和40年に廃業した伝説のミニカーブランド「大盛屋ミクロペット」が製作した珍車はその名も「プリンス・スカイウェイ」でした。
Skyway.jpg
「何、スカイウェイって??スカイラインじゃなくってスカイウェイなの」と全く知らないクルマがミニカーになっていたのです。初代スカイラインの商用車バージョンであるスカイウェイというクルマは、この本を見てその存在を確認するまで恥ずかしながら知りませんでした、いくら自分が生まれる前のクルマとはいえ不覚でした・・・ミニカーって凄い!!と思いました。
しかもコイツは右側から見ると2ドアで左側から見ると4ドアという実車のスタイルをキチンと再現していました(昭和36年8月発売のミニカーです)
そしてこのミニカーを入手するまでにその後20年以上の歳月を費やしました・・・変態って凄い!!と思いました。
という事で、「実車が先か?、ミニカーが先か!?」と言われれば迷わず、「ミニカーが好き!」じゃなくて「ミニカーが先!」と答えてしまうのが正統派の変態という訳であります。
ミニカーより実車が先なんて言っているようでは、まだまだ甘いという事ですな。

Be Sociable, Share!

???????????