Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

クラウン3連発、思い出の“AQUA Tudoor”

どう考えても半年くらい前にしか感じられない、ついこの前の1989年にMooneyes Signs & Pinstriping Studioを立ち上げて創作活動に入ったのですが、最初に製作したStudioのデモカーはさらっとPinstripeを描いたクラウンRS56ピックアップ”The Magic of the Blue“でありまして、その次はガッツリと7色のPinstripeを描きまくったクラウンMS46ワゴンでした。当時でも貴重になりつつあったオールド・クラウンにPinstripeを描く事が出来てとっても幸せでしたが、その次はもっと大きなプロジェクトが待っておりました。
aqua001.jpg
ある日Bossが「今度は’65年のマスターラインをカスタムするぞ」と言いましたが、すでに細々と活動を始めていた「クラウン・クラシックス」のストックであったそのクルマはとっても程度が良くて、ケチなようですがカスタム・ベースにするのはもったいないような感じでした。今思えばクラウン3連発のカスタムというのも凄いですが・・・・
それまでの2台のクラウン同様、大幅なボディ・ワークをすること無くオリジナル・デザインの良いところだけを引き出してカスタムするのかと思っていたら、板金塗装から仕上がってきたのはアクア・カラーの2ドア・セダンデリバリーというあまりにも浮世離れしたスタイルになっていたのです。
御所山Studioに運び込まれたそいつはそれまで見て来たどのクラウンよりもカッコ良くてスマートなデザインでした。アメリカ車の旧いワゴンと比較しても見劣りせず「クラウンてこんなにカッコ良かったのか」と一人感動しておりました。
車高を落とし、Weld RacingのDrag Liteを履くと「Chevy Nomadなんて目じゃねえぜ!」という感じで、テールゲートのガラスを下げてサーフ・ボードを突っ込めばまさにSurfin’ USAとなり、やりもしないでSurfer気分に浸れるとっても素敵なクルマでありました。
そんなこんなでどのようなStripeを入れようかと考えているうちに、急遽このクラウンをイベントに持って行く事になりました。それは懐かしの「名古屋パフォーマンスカーショー」で、他のクラウン共々自走で行くという強行策を取る事になったのです。とてもじゃないけど出発前にStripeを描いてる時間は無く、どうしようかと思っていたら「現地で描けばいいじゃん」という当時からおなじみのBossの無茶苦茶な一言で、クラウンの仕上げはショー会場で行うという前代未聞のスタイルを取る事になったのです。
インドアイベントなので雨の心配はありませんでしたが、ペンキやシンナーの匂いを会場内でプンプンさせながらゲリラ的にPinstripeを描くというのは小心物としてはとっても勇気のいる行動でした・・・・・
「だれかがタバコを投げつけてシンナーに引火したらクラウンもろとも全焼だな、その前にお客さんがシンナー中毒でラリッちゃうかもしれんぞ」と小心者の悩みは尽きませんでした。
いざ現場に着くと当時から何でも手作りが好きなMooneyesは手作りブースを作り始めましたが、画像のバックに写る”Grant California Color”の文字等の看板までその場で手書きしました、気合いです。一緒に写っている皆様は当日お手伝いして頂いた地元名古屋の”Hot Stuff”の山口サンたちであります、皆様お若いですね。
02282009-001.jpg02282009-002.jpg
そしてイベント期間中に会場内でエアーブラシまで使ってしまい、何とかこのクラウンのSigns & Pinstripeを「片面だけ」仕上げることが出来ました。
02282009-003.jpg
”Surf Rider’s AQUA Tudoor”と名付けられたこいつはとってもCoolに仕上がり、各地のイベントでは人気物となってCal誌等の雑誌にも紹介され、90年代初頭のMooneyesの代表的なカスタムカーになりました。
cal_7.jpg
cal2.jpg
その後時代の流れに沿ってビレット・パーツを装着したりして、少しイメージを変えた後、ひっそりとMooneyesの元を離れて行きました。しかしかなり長い間、若いオーナー様が乗り回していたのでしょっちゅう横浜近辺で見掛けることがありました。
数年後転売され、たまに見る機会もありましたが、最近はご無沙汰しています。
今年はクラウン・ピクニックも20周年なので、懐かしいクルマたちが集まってくれることを期待しております。懐かしいと言ってもついこの前のクルマたちですが・・・・

Be Sociable, Share!

???????????