Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ヨコハマたそがれ、ミニカーの街 Part.2

ミニカーの街、横浜で生まれ育ってしまったWildmanは必然的に元町商店街の「千代田ママストア」に始まり、伊勢佐木町は日活会館の「ビッグボーイ」等のミニカー専門店に通いつめておりましたが、もう一店舗違うお店を探し当ててしまい、人生が今に続く迷走台風と化してしまいました。 ついこの前の1975年、伊勢佐木町にあった玩具店「おもちゃのマリア」で手にしてしまった日本ミニチュアカークラブ発行の「月刊ミニチュアカー」誌を見て、迷走台風から暴走に変わってしまった小学生はその小冊子に載っているお店の広告を見て愕然としました。「ヨコハマにもう1店、ミニカーの専門店があるのをご存知ですか?」というコピーに興奮した小学生は「いいえ、ぜんぜんご存知じゃありません、ここに行きたい、行きたい、行きたいぞ!」と興奮が止まらなくなってしまいました。 ちっちゃな広告にはちっちゃな地図が出ていて、それを見ると横浜市 鶴見区となっております。「なんだ親戚のおばさんの家の近くじゃないかこれなら簡単に行けそうだぞ!」ヤフーかんたん決済のごとく簡単に行って見ようと思いました。 広告によれば鶴見駅より下車7分となっていて、地図を見る限り1分で着きそうな感じだったのですが、実際に行ってみると小学生の足では軽く徒歩10分以上掛かり、このとき下車7分というのは徒歩7分じゃなくバスで7分と理解しなければいけないのだと理解し、この後こういった「徒歩何分」と言うのは一切信用しないと心に誓いました。 やっとたどり着いた「つくの商店街」というまさに昭和の風情の商店街の入り口付近にそのお店はたたずんでおりました。 ちっちゃい広告と同じくちっちゃな店舗でしたが一歩店内に入るとそこは別世界が広がっておりました。新製品のミニカーから旧い絶版ミニカーがショーケースに並び、他にはプラモデル、モデルガンとまさに昭和のホビーショップという品揃えでした。ちっちゃいですけど。 普通の商店街に、こんな変態相手のお店があるというミスマッチがたまりませんでした。ちっちゃいですけど。 そのお店の名前は「チェッカー」といい、昭和の時代からミニカーを集めていた方にはお馴染みのショップでした。 店主のTさんは突然現れた変態小学生の相手をきちんとしてくれて色々と在庫ミニカーの説明をして頂き「なんていい人なんだろう、お気に入りに追加!」となりました。 その後親戚のおばさんの家にわざと寄ってはおこづかいを頂き、そのままチェッカーに直行という、計算しつくされた行動を取るようになり、我ながらその件に関しては多少なりとも反省しております・・・・ちっちゃかったので。でも変態のいいところは決してそのお小遣いを無駄にする事はせず、当然30数年後の現在もその時に頂いたおこづかいで購入したミニカーは全て手元に残っているのです。 このジャガーEタイプは英国Corgi Toys製の1960年代に作られたものですが、ついこの前の75年にチェッカーで購入して以来34年間、私の手元にあるのであります。親や家族よりも長い間いっしょにいる訳なのです、ミニカー最高!! チェッカーはその後80年代に立ち退きか何かの理由で、つくの商店街の長崎屋のテナントに移った後、店主のTさんが病気でお亡くなりになってしまいその歴史を閉じてしまいました。ミニカーコレクションの楽しさを教えてくれたチェッカーが無くなってしまった事はとっても残念でありました。 と、ここまではすでにヨコハマの伝説?となってしまったお店ばかりを紹介してまいりましたが、やっと真打ち登場であります。 話が戻ってしまいますが元町の「千代田ママストア」に通っていた頃、変態小学生の相手をしてくれるお店のお兄さんがおりました。ヒゲをはやしたその方は、小学生が買えそうにないミニカーの解説も丁寧にしてくれて、嬉しいったらありゃしないと言う感じでした。あるときケースの最上段にあるミニカーを指差し「あれ見せてください」と言うとヒゲのお兄さんは冗談なのか本気だったのか、ヒョイと私を持ち上げ「ハイ、見ていいよ」と言われたのには閉口しましたが・・・ 千代田ママストアが元町のお店を閉めてしまった1977年、元町に新たなミニカーショップがオープンしたという情報をキャッチしました。それにしても何でヨコハマにばかり・・・・ 元町商店街を端から端まで探してみてもそのお店は見つかりません。「ガセネタかよ、おい!!」と怒り始めた中学生の変態でしたが、まさかと思い元町の裏通リに入ってみると、なんとまあ可愛らしいお店があるではないですか、そこが5坪からスタートし現在も盛業中のミニカーショップ「サンセット」でありました。 愛車ヤマハ・モトバイクを停めて、店内に入るとそこは全てビンテージの絶版ミニカーばかりが展示されていて完全にノックアウトされてしまいました。見たことも無いようなミニカーがずらりと並び、新譜だったビリー・ジョエルのストレンジャーが流れるお店はとってもオシャレで、それまでのミニカー屋さんとは一線を画しておりました。 「カ、カッコイイゼ、この店、なんかしゃれてるぞ!!」と興奮していましたがふとお店の人を見てみるとあのヒゲのお兄さんが立っているではありませんか。まぎれもない、千代田ママストアのお兄さんだと確信しました。 どーいう事?と思いましたが、千代田で修行?したヒゲのお兄さんは独立して超マニア向けのショップ「サンセット」をオープンさせたのでした。お兄さんの名前は宇野さんといいまして、現在はTVなんでも鑑定団のミニカーの鑑定士もこなしているミニカー界の重鎮となっております。しかも宇野さんのご実家は伝説の御所山Studioのすぐそばというのも何かの縁を感じるのです。 Wildmanはミニカーに関してはこの宇野さんを師と仰ぎ、現在に至っている訳であります。 日本には無かったビンテージ・ミニカーの専門店となったサンセットは独自のルートで海外からレアなミニカーを多数仕入れて、当時のマニアたちを狂喜させたのでした。ネットの無い時代では大変な事だったのですから・・・・・ その後とっても儲かった?サンセットは裏通りの小さな店からオシャレなCafeの2階の店舗へと移り、80年代になってから外人墓地の下にある現在の店舗になったのです。 すでに30年以上の歴史を持つショップとなった訳でありますが、年々営業時間が短くなるというとっても気ままな?お店になり、最近はだいたい3~4時頃から7時までというまさにサンセットと言う店名そのものという営業形態になっております。しかもたまに本当にやってない時があって、お店に行くのはある意味バクチ的なところがありますが、やっていれば嬉しいのでそれも夕暮れ時のサンセット来訪の楽しみなのであります。 いかがですか「ヨコハマたそがれ、ミニカーの街」すでに伝説となったお店から生ける伝説まで実際に横浜に来て味わってみて下さい。本牧Mooneyes Area-1からサンセットさんまではクルマで数分の距離なので、日没までに訪れるスケジュールを組んで来てみて下さい。運が良ければ私もご一緒致しますよ、バクチですが。

[…]

ヨコハマたそがれ、ミニカーの街Part.1

今年は横浜開港150周年という事でいろんなイベントが目白押しの横浜市なのであります。 そんな中、我がベイスターズは今年もセ・リーグの迷走台風となり、多数のタイトルホルダーを出しつつも最下位になるのはほぼ間違いなしという所であります。ああ楽しみだなあ・・・弱い球団大好きです!!ベイスターズ最高!!! 横浜の素敵なお話はMooneyes Area-1の生けるカリスマ「成田店長」のブログ「なり散歩」じゃなくって「本牧Style」に任せまして、私は変態的な目で見た横浜をご紹介します。 生まれも育ちも横浜のWildmanですが、こんな世捨て人にしたのは全て横浜市のせいなのです、ホントだってば!! ついこの前の1975年、小学生の変態はミニカーコレクターになると決心しましたが、こんな強い決心を持てたのも横浜に住んでいたからなのです。また訳のわからない事を言っているとお思いでしょうが、横浜には「ミニカーオタク」なんて低レベルな言葉が生まれる前から「ミニカーマニア養成所」ともいえるヘビーなお店があったのです。 2009年現在ならマニア向けの店なんていくらでもありますが、昭和の時代ではそんな店は数えるほどしか存在していませんでした。 もはや伝説となり、旧いミニカーコレクターの間では語り草となっているのがMooneyes創設の地、元町商店街にあった日本中の変態じゃなくってミニカーマニアの溜まり場「千代田ママストア」です。 元町商店街中ほどにある「ユニオン」という横浜市民にはおなじみのスーパーマーケットの近くにそのお店はひっそりとたたずんでおりました。マニア一年生の変態が訪れたそこはまさに夢の国でして、見た事もない大昔の絶版ミニカーや未輸入のミニカーが所狭しと並んでいて、そりゃもう一日いても時間が足りないようなお店だったのです。 しかも客は親子連ればかりではなく、背広を着た大人たちがミニカーを手にとって真剣に話し込んでいると言う恐ろしい光景を目の当たりにして「よし、僕もああいう大人になろう」と決心し、有言実行となった訳であります。 昔の元町商店街は山手に住む外国人相手に食料品や雑貨、衣料等を扱う店が多くあり千代田ママストアも元々は輸入食料品のお店「千代田商会」というお店を営まれていました。戦後すぐに進駐軍相手にスーベニアのお店を千代田商会のとなりにオープンしたのが千代田ママストアの発端だったそうです。 外国人のリクエストもあり昭和30年代、日本に最初にミニカーが輸入された頃から本格的にミニカーを扱い始め、昭和の著名なコレクターのコレクションと共に、日本一のミニカーショップという存在になりました。 この画像は1970年頃の店内の様子です、ケース上段にはMoonのデカールが輝いております、素晴らしい!!小学生のWildmanは自転車激走で自宅より30分の距離にあったこの店に通い続け、変態への第一歩を歩み始めたのでした。 店内は独特の匂いがしていました。この匂いを嗅ぐと気持ちが落ち着いてハイな気分になれたのです。一体何の匂いなんだろうと不思議に思っていましたが、自分の部屋にミニカーが増えてくると千代田ママストアと同じ匂いがしてきたのです!! 「これはきっとミニカーのダイキャストの匂いなんだ」と結論づけて現在に至り、ついさっきも帰宅後自室に閉じこもり、ブログを書く前にこのいい香りを嗅いで気分を落ち着かせたところなのです・・・・ 千代田ママストアはその後横浜駅の駅ビルやジョイナス等のテナントにも店舗を展開して行き、伊勢佐木町の日活会館には「ビッグボーイ」という店名でミニカー、プラモ、スロットカー、モデルガン等々を扱う巨大なホビーショップも立ち上げ、横浜に来ればマニア向けのオモチャは何でも揃うといった感じになりました。これは本当に大きなお店でした。中高生の頃Wildman もここではよくミニカーの交換をして頂きました。 70年代後半になってビッグボーイをメインとした営業体系になって行き、パイオニアとしての役目を終えた元町店はひっそりと閉じてしまいました。閉店になるなんてぜんぜん知らなかったので、自転車で行った中学生の変態は場所を間違えたかと思って混乱し、ユニオン周辺をグルグルと探し続けてしまいました・・・・ついこの前の1977年頃の事であります。 この包装紙は千代田ママストアの物で当時ミニカーを包んで頂いた物であります。当たり前の事ですが思い出もこうやってコレクションする訳なのです。 そんなこんなでビッグボーイも21世紀になってからお店を閉めてしまい、時代の流れと共に老舗中の老舗であった千代田ママストアは伝説となってしまいました。 でも私の心の中ではオープンしたままなのです、だって自分の部屋の匂いを嗅げばそれは千代田ママストアの匂いなのですから・・・・ 生ける伝説、白昼夢はまだまだ続きます。

[…]

まずはカッコから、スタン・スミスは最高だぜ!!

先日とある変態の同士に「最近ブログでスニーカーねたが無いですね、もう醒めちゃったんですか?」などと挑戦的なお言葉を頂いたので今回はそれに答える事にしました。変態が30年近くスニーカーにハマっているのですから醒めるはずがありません!!! ついこの前の1980年に記念すべきマイ・ファースト・ナイキ(2007年3月13日のブログ参照)を手に入れてからやっぱり一番のお気に入りスニーカーはナイキでありまして、スニーカーはナイキを中心に回っていました。 しかしテニスを始めるようになってナイキ以外のスニーカーにも手を出すようになって来ました。 高校のクラスメートに”Ken”というアメリカ人のハーフがいたのですがコイツはテニスが無茶苦茶に上手くてカッコ良かったのです。私たち高校のテニス部のメンバーでは練習にもならず、一応テニス部には在籍していたのですが試合の時くらいしか顔を出さなくて、普段は横浜は山手の名門テニス・クラブで勝手にプレイしておりました。結局彼は高校在学中にアメリカに渡り、そのままテニス留学みたいになってしまい、帰ってきませんでした。 そんなKenが愛用していたテニスシューズがアディダスだったのです。単純な変態は「俺もあれを履けばテニスが上手くなれるぞ、そうだ、そうに決まってる!」と結論を出し同じ物を履かなければならないという脅迫観念が生まれました。 そのモデルはみんなが知っているアディダスの「スタン・スミス」でした。21世紀も生産され続け、その生産量がギネスブックにも載っているほどのメジャーモデルですが、この頃はフランス生産のオシャレスニーカーでポパイ少年必携のアイテムでもありました(80年代はMade in USAもありました)履いてみるとスムースレザーが心地よく、グリップもバツグンで(当時としては)「テニス・シューズはアディダスだな」という結論に達しました。しかしテニスの腕はKenのように上達しませんでしたが・・・・ スタン・スミスはお気に入りに追加となりましたが、ナイキに続いてアディダスの研究を開始しました。するとスタン・スミスというのは70年代から結構長く生産されていて、ポパイの創刊号を読み返してみると今自分が履いているのとデザインが微妙に違う事を発見しました。「ゲッ、昔のヤツの方がかっこいいじゃん、こっちが欲しいぞ」と1980年の時点で懐古趣味に浸っておりました・・・・ スタン・スミスはもともとHaillet(フランス語でハイレ)という名前で販売されていたのですが、60年代から70年代に掛けて活躍したアメリカ人のテニスプレーヤーであるスタン・スミスが愛用していたので、途中から彼のシグネーチャーモデルとなり、Hailletの商品名にプラスしてStan Smithの名前が付いた物になりました。それまでHailletとプリントされていた所がStan Smithの文字になり、シュータンには彼の顔のイラストがプリントされました。その後Hailletのネーミングが無くなり、ただのStan Smithとなりました。 画像左がHaillet時代の70年代Stan Smithで、右が皆様おなじみ80年代以降の普通のStan Smithであります。Hailletは横面に”STAN SMITH”と文字がプリントされていて、Stan Smithにはそのプリントがありません。パッと見ではコレが見分けるポイントになります。(Hailletでも後期にはこの文字プリントが無い物があります、Kenのがそれでした) 踵のヒールカウンターはHailletがグリーンのスウェードで文字プリント無し、Stan Smithはビニールレザーにアディダス・トレフォイル・マークとStan Smithの文字プリントになります。 誰がどう考えてもHaillet時代の方がカッコイイですよね。 という事でどうしてもHailletが欲しくなり捕獲作戦が始まりました。しかし中々見つからず焦りまくりましたが、スポーツ用品店で偶然見つけた時は狂喜爛漫といった感じでした。これだから変態はやめられません。 シュータンのスタン・スミスの顔のプリントもHaillet時代の物と、それ以降80年代のモデルではイラストが全く違っていて、なぜか旧いモデルのほうがおっさん顔になっているのが不思議でなりません・・・・ 画像左が70年代のHailletで右がおなじみの80年代以降のStan Smithの顔プリントです。ね、ぜんぜん違う顔でしょ?? その後29年、スタン・スミスは何足も履き潰しましたが、2009年現在手元に残ってる当時物オリジナルはHailletとStan Smith両方合わせてたったの4足となってしまいました。これからの人生これしかないとは不安で仕方ありません・・・ アメリカに渡ってしまったKenとは80年代バブル絶頂期に再会する事が出来て久々にテニスの相手をしてもらいましたが、昔以上に相手になりませんでした。スタン・スミスを何年履いても上手くならなかった訳であります・・・・

[…]