Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

まずはカッコから、スタン・スミスは最高だぜ!!

先日とある変態の同士に「最近ブログでスニーカーねたが無いですね、もう醒めちゃったんですか?」などと挑戦的なお言葉を頂いたので今回はそれに答える事にしました。変態が30年近くスニーカーにハマっているのですから醒めるはずがありません!!! ついこの前の1980年に記念すべきマイ・ファースト・ナイキ(2007年3月13日のブログ参照)を手に入れてからやっぱり一番のお気に入りスニーカーはナイキでありまして、スニーカーはナイキを中心に回っていました。 しかしテニスを始めるようになってナイキ以外のスニーカーにも手を出すようになって来ました。 高校のクラスメートに”Ken”というアメリカ人のハーフがいたのですがコイツはテニスが無茶苦茶に上手くてカッコ良かったのです。私たち高校のテニス部のメンバーでは練習にもならず、一応テニス部には在籍していたのですが試合の時くらいしか顔を出さなくて、普段は横浜は山手の名門テニス・クラブで勝手にプレイしておりました。結局彼は高校在学中にアメリカに渡り、そのままテニス留学みたいになってしまい、帰ってきませんでした。 そんなKenが愛用していたテニスシューズがアディダスだったのです。単純な変態は「俺もあれを履けばテニスが上手くなれるぞ、そうだ、そうに決まってる!」と結論を出し同じ物を履かなければならないという脅迫観念が生まれました。 そのモデルはみんなが知っているアディダスの「スタン・スミス」でした。21世紀も生産され続け、その生産量がギネスブックにも載っているほどのメジャーモデルですが、この頃はフランス生産のオシャレスニーカーでポパイ少年必携のアイテムでもありました(80年代はMade in USAもありました)履いてみるとスムースレザーが心地よく、グリップもバツグンで(当時としては)「テニス・シューズはアディダスだな」という結論に達しました。しかしテニスの腕はKenのように上達しませんでしたが・・・・ スタン・スミスはお気に入りに追加となりましたが、ナイキに続いてアディダスの研究を開始しました。するとスタン・スミスというのは70年代から結構長く生産されていて、ポパイの創刊号を読み返してみると今自分が履いているのとデザインが微妙に違う事を発見しました。「ゲッ、昔のヤツの方がかっこいいじゃん、こっちが欲しいぞ」と1980年の時点で懐古趣味に浸っておりました・・・・ スタン・スミスはもともとHaillet(フランス語でハイレ)という名前で販売されていたのですが、60年代から70年代に掛けて活躍したアメリカ人のテニスプレーヤーであるスタン・スミスが愛用していたので、途中から彼のシグネーチャーモデルとなり、Hailletの商品名にプラスしてStan Smithの名前が付いた物になりました。それまでHailletとプリントされていた所がStan Smithの文字になり、シュータンには彼の顔のイラストがプリントされました。その後Hailletのネーミングが無くなり、ただのStan Smithとなりました。 画像左がHaillet時代の70年代Stan Smithで、右が皆様おなじみ80年代以降の普通のStan Smithであります。Hailletは横面に”STAN SMITH”と文字がプリントされていて、Stan Smithにはそのプリントがありません。パッと見ではコレが見分けるポイントになります。(Hailletでも後期にはこの文字プリントが無い物があります、Kenのがそれでした) 踵のヒールカウンターはHailletがグリーンのスウェードで文字プリント無し、Stan Smithはビニールレザーにアディダス・トレフォイル・マークとStan Smithの文字プリントになります。 誰がどう考えてもHaillet時代の方がカッコイイですよね。 という事でどうしてもHailletが欲しくなり捕獲作戦が始まりました。しかし中々見つからず焦りまくりましたが、スポーツ用品店で偶然見つけた時は狂喜爛漫といった感じでした。これだから変態はやめられません。 シュータンのスタン・スミスの顔のプリントもHaillet時代の物と、それ以降80年代のモデルではイラストが全く違っていて、なぜか旧いモデルのほうがおっさん顔になっているのが不思議でなりません・・・・ 画像左が70年代のHailletで右がおなじみの80年代以降のStan Smithの顔プリントです。ね、ぜんぜん違う顔でしょ?? その後29年、スタン・スミスは何足も履き潰しましたが、2009年現在手元に残ってる当時物オリジナルはHailletとStan Smith両方合わせてたったの4足となってしまいました。これからの人生これしかないとは不安で仕方ありません・・・ アメリカに渡ってしまったKenとは80年代バブル絶頂期に再会する事が出来て久々にテニスの相手をしてもらいましたが、昔以上に相手になりませんでした。スタン・スミスを何年履いても上手くならなかった訳であります・・・・

[…]