Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ヨコハマたそがれ、ミニカーの街Part.1

今年は横浜開港150周年という事でいろんなイベントが目白押しの横浜市なのであります。
そんな中、我がベイスターズは今年もセ・リーグの迷走台風となり、多数のタイトルホルダーを出しつつも最下位になるのはほぼ間違いなしという所であります。ああ楽しみだなあ・・・弱い球団大好きです!!ベイスターズ最高!!!
横浜の素敵なお話はMooneyes Area-1の生けるカリスマ「成田店長」のブログ「なり散歩」じゃなくって「本牧Style」に任せまして、私は変態的な目で見た横浜をご紹介します。
生まれも育ちも横浜のWildmanですが、こんな世捨て人にしたのは全て横浜市のせいなのです、ホントだってば!!
ついこの前の1975年、小学生の変態はミニカーコレクターになると決心しましたが、こんな強い決心を持てたのも横浜に住んでいたからなのです。また訳のわからない事を言っているとお思いでしょうが、横浜には「ミニカーオタク」なんて低レベルな言葉が生まれる前から「ミニカーマニア養成所」ともいえるヘビーなお店があったのです。
2009年現在ならマニア向けの店なんていくらでもありますが、昭和の時代ではそんな店は数えるほどしか存在していませんでした。
もはや伝説となり、旧いミニカーコレクターの間では語り草となっているのがMooneyes創設の地、元町商店街にあった日本中の変態じゃなくってミニカーマニアの溜まり場「千代田ママストア」です。
mama3.jpg
元町商店街中ほどにある「ユニオン」という横浜市民にはおなじみのスーパーマーケットの近くにそのお店はひっそりとたたずんでおりました。マニア一年生の変態が訪れたそこはまさに夢の国でして、見た事もない大昔の絶版ミニカーや未輸入のミニカーが所狭しと並んでいて、そりゃもう一日いても時間が足りないようなお店だったのです。
しかも客は親子連ればかりではなく、背広を着た大人たちがミニカーを手にとって真剣に話し込んでいると言う恐ろしい光景を目の当たりにして「よし、僕もああいう大人になろう」と決心し、有言実行となった訳であります。
昔の元町商店街は山手に住む外国人相手に食料品や雑貨、衣料等を扱う店が多くあり千代田ママストアも元々は輸入食料品のお店「千代田商会」というお店を営まれていました。戦後すぐに進駐軍相手にスーベニアのお店を千代田商会のとなりにオープンしたのが千代田ママストアの発端だったそうです。
外国人のリクエストもあり昭和30年代、日本に最初にミニカーが輸入された頃から本格的にミニカーを扱い始め、昭和の著名なコレクターのコレクションと共に、日本一のミニカーショップという存在になりました。
mama.jpg
この画像は1970年頃の店内の様子です、ケース上段にはMoonのデカールが輝いております、素晴らしい!!小学生のWildmanは自転車激走で自宅より30分の距離にあったこの店に通い続け、変態への第一歩を歩み始めたのでした。
店内は独特の匂いがしていました。この匂いを嗅ぐと気持ちが落ち着いてハイな気分になれたのです。一体何の匂いなんだろうと不思議に思っていましたが、自分の部屋にミニカーが増えてくると千代田ママストアと同じ匂いがしてきたのです!!
「これはきっとミニカーのダイキャストの匂いなんだ」と結論づけて現在に至り、ついさっきも帰宅後自室に閉じこもり、ブログを書く前にこのいい香りを嗅いで気分を落ち着かせたところなのです・・・・
千代田ママストアはその後横浜駅の駅ビルやジョイナス等のテナントにも店舗を展開して行き、伊勢佐木町の日活会館には「ビッグボーイ」という店名でミニカー、プラモ、スロットカー、モデルガン等々を扱う巨大なホビーショップも立ち上げ、横浜に来ればマニア向けのオモチャは何でも揃うといった感じになりました。これは本当に大きなお店でした。中高生の頃Wildman もここではよくミニカーの交換をして頂きました。
bigboy.jpg
70年代後半になってビッグボーイをメインとした営業体系になって行き、パイオニアとしての役目を終えた元町店はひっそりと閉じてしまいました。閉店になるなんてぜんぜん知らなかったので、自転車で行った中学生の変態は場所を間違えたかと思って混乱し、ユニオン周辺をグルグルと探し続けてしまいました・・・・ついこの前の1977年頃の事であります。
housou.jpg
この包装紙は千代田ママストアの物で当時ミニカーを包んで頂いた物であります。当たり前の事ですが思い出もこうやってコレクションする訳なのです。
そんなこんなでビッグボーイも21世紀になってからお店を閉めてしまい、時代の流れと共に老舗中の老舗であった千代田ママストアは伝説となってしまいました。
でも私の心の中ではオープンしたままなのです、だって自分の部屋の匂いを嗅げばそれは千代田ママストアの匂いなのですから・・・・
生ける伝説、白昼夢はまだまだ続きます。

Be Sociable, Share!

???????????