Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

号外!!ムーン・イラストレイテッド#3が発売だぜ!!!

3冊揃って春ラララ♪・・・・この素晴らしい季節に皆様お待ちかねの素晴らしい本、「ムーン・イラストレイテッド#3」が発売となりました!!これまでの2冊に負けず劣らず濃い内容となっておりますので、どうぞ早いとこ御入手下さいませ。 エッ、#1や#2を持ってないって??それじゃどう考えても変態失格ですのでこの機会にまとめて揃えちゃってくださいな。 今回のはですね、隠れマニアの本領発揮?という感じでShige菅沼執筆のVW TypeII(デリバン)の記事が面白過ぎまして、参ってしまいました。 本当に衝撃的でした・・・ついこの前の70年代の写真だけでも一見の価値ありです。これだから本物のマニアは困りますよね・・・・ しかし我がページ”The Very Best of Wildman’s Blog”も負けていられません。残念ながら綴じ込み付録化は今回もお預けとなってしまいましたが、ブログよりクルマに関するお話を3話抜粋致しました。珍しくクルマ特集なのです。 その中でも「力道山先生と裕次郎の愛したガル・ウィング」がお気に入りなのであります。 日々先生の研究に勤しんでおります私ですが、今回のMIM#3にて秘蔵の先生直筆サインもついに公開となりました。ついこの前の昭和36年11月12日、日本プロレス北陸巡業の際に頂いたサインであります、嬉しかった!!エッ、お前はまだ生まれてないって!?ごもっとも・・・・本当に生まれる時期を間違えました・・・・・・ それにしてもどうです、この力強い書体、ななめ3文字のバランスの良さ、全くつけ入る隙が無いとはこのことであります、練習しないと・・・・ 先生のサインは漢字だけのものと、漢字にアルファベットの”Rikidozan”を組み合わせたデザインのものと2種類あるのです。 次回の池上本門寺お墓参りの際は、アルファベット入りのサインが手元に来るよう先生にお祈りをしてくる予定になっております。 ちょっとBGMが欲しくなって来たので、先生のかろやかな歌声を聴いてみようかと思います。 うお~!!歌詞も歌声も素晴らしいですね、エンターテイナー力道山先生の本領発揮といったところであります!! このなぜか四角いソノシートは力道山先生と芦川いづみさんのデュエット曲、ナショナル電気カミソリの歌「みんなの楽しいおひげそり」と言う曲なのです、ああ楽しい・・・・ 「店頭での宣伝放送・宣伝カー放送等にご利用下さい」とあるのでプロモーション用の物なのです。 ついこの前の昭和35年前後のものですが、当時先生はとっても人気物だったのでメインスポンサーの三菱電機以外にもいろんな会社とCM契約を結んでおられました。 ちょっと肩がこって来たので、先生に肩を揉んでもらおうかと思います。それスイッチ・オン!! イタタタタ、先生ちょっと強すぎますよ!!!あ~痛かった・・・ 立派な化粧箱に入ったこのバイブレーターは「ナショナルSV-2型」という昭和30年代のナショナル最強のハイスペックモデルなのです。「疲労回復に・健康管理に・・・」と先生がイメージキャラクターになっている力道山モデルなのです。 LowとHighの2段階の強さの調整が出来るのですが、あまりの強さにLowしか使えないシロモノです。さすが先生、パワーが違います。これでPinstripeによる肩こりも解消ですな!!!やっぱりパナソニックじゃなくてナショナルですよ、ナショナル!! アンケート用紙が入っていて「お勧めになった方は?」とあるので「力道山先生に勧められました」と書いて今度松下電器に送ってみようかと思います。 という事で何を話してるのかさっぱり分からなくなってきましたが、明日26日はお台場で23回目のストリートカーナショナルズ開催であります!! Wildmanブースにて恒例のムーン・イラストレイテッド#3発売記念サイン会を 勝手に開催致しますので、変態を自認する方はお集まり下さい、一緒に語り 合いましょう!!

[…]

赤レンガ倉庫

本日は赤レンガ倉庫にて、サイン会を開催。 1日います。

わが街、岡村町よりオートマチック発進!!

生まれも育ちも横浜のWildmanでございますが、横浜市磯子区の岡村町という街にずっと生息しております。途中8年間ほど旭区というとっても駐車場の安い所で生活していた時期も有りましたが、結局岡村に舞い戻ってきました。 ついこの前の1971年に岡村幼稚園を卒園して以来、岡村小学校、岡村中学校と岡村三味で切り抜けて来たのです。 岡村小学校の裏には全国的に有名な「三殿台遺跡」というのがありましてついこの前の縄文時代から弥生時代、古墳時代に掛けてのいろんな物が出土しています。小学生の頃、遺跡周辺の山を探検して土を掘り起こすと本当に土器の破片が出てきて集めておりました。この頃からビンテージの収集癖があったのかも・・・・ついこの前の6000年前から人が住む岡村町、最高であります!! 不良の殿堂として誉れ高き岡村中学校は、ミスター女子プロレス「神取忍参議院議員」フォークデュオの「ゆず」そして変態代表の”Wildman”を輩出しております。 ついこの前の1945年に創業した「岡村製作所」という会社がありまして創業当時は岡村中学校の校庭を半分使用していたそうです。 この会社は元は飛行機屋だった社長様が太平洋戦争の敗戦で仕事を失い、飛行機の金属加工技術を利用して進駐軍に納入するスチール家具を製造するようになり、それがビッグビジネスに繋がってオフィス家具の岡村製作所として有名になりました。 その後やっぱり飛行機の夢が捨てられず、昭和26年にアメリカと単独講和条約が締結されると軽飛行機を製作しました。しかし時代が悪く販売には繋がらなかったのでした。 「じゃあクルマでも作ってみましょう」と日本で最も早い時期にトルクコンバーターを開発し、1957年に空冷2気筒585cc、日本初のFFオートマ車輌の「ミカサ」という小型自動車を作っちまいました。トヨグライドよりぜんぜん早いぜ、凄えぞ岡村町!!! ミカサはライトバン「サービスカー」が最初に販売されの翌58年には2シーターのオープン・スポーツ「ミカサ・ツーリング」を発表しました。しかし実際には弱い販売網で大した数も売れず、1960年にはミカサは生産中止となってしまいました。ああ寂しい・・・ でも岡村製作所のトルコン技術は他メーカーの車に生かされ、マツダR360クーペなんかにも使われていたのです。 そして真打登場となり、Wildmanが国産ピックアップ史上最強のデザインと認定する愛知機械工業製「コニー・グッピー」が1961年に発売されるのです。 全長2,565mm、全巾1,265mm、前高1,290mmという極小サイズのボディに空冷2サイクル200ccエンジン&岡村製作所製トルコンを組み合わせた100kg積みのトラックは真の意味でのミニ・トラックだったのです。タイヤなんか8インチであのメッサーシュミットを意識したそうです。カッコいいぜ、コニー・グッピーよ!! フロントのエンブレムは3匹の可愛いグッピーがデザインされていて、これは設計者が「沢山繁殖して売れるように」という意味で考えたそうです。という事でWildmanの方程式「実車よりもミニカー」はグッピーも当てはまりまして当時物バンダイ製ティンプレート(ブリキ)のグッピーさんであります。 実車を上回る素晴らしいデザインにウットリしてしまいます。しかも2ペダルもプリントでちゃんと再現されているのです、さすがバンダイ、いい仕事していますね!! わが街、岡村町の岡村製作所で生まれたトルクコンバーター技術はミカサやコニ・グッピーにて後世まで伝えられるのです。 そして岡村で生まれ育って、出てって又戻って来たWildmanはこのブログにより岡村町出身の変態として後世に伝えられるはずなのですが、その為には単行本化が必要なのです。出版社様宛てにSCNで署名運動と行きますか・・・・

[…]

KISSを成功させた辣腕マネージャーが好き!

2007年2月より勝手にスタートしたこのブログも、今回で無事100回目を迎えることが出来ました、ありがとうございます。(号外があるので今回が正規の100回目となるのです) 今日Area-1にWheelをお求めに来られたお客様がいらっしゃったのですが、何と小田急ロマンスカーの運転手様という神のような御職業の方だったのです(2008年3月8日ブログ参照)Wildmanにとって永遠の憧れである名車NSE3100ロマンスカーを運転されていた経歴のある方で、いかにコストが掛かっていた作りだったという事や操縦性についての説明を丁寧にして頂きました。まるでブログ100回記念を祝福されたような出来事でありました。あ~嬉しかった!! これからも当ブログは変態養成講座として責任を持ち、いくらでもある引き出しを随時開けて行こうかと思います。 ということで100回目のブログはしばらく封印しておりました”KISS”話になるのであります。 今年で結成36年目を迎え、つい先日おまけがいっぱいのDVD18枚セット「地獄大全」なる超豪華セットをリリースした我がKISSでありますが、デビュー当初はただの色もので、いつ消えてもおかしくないそこら辺にいくらでもあるようなバンドでした。 ただメイクをして演奏するといったスタイルは一貫していて、これが結局バンドとしての生命線になっていったのです。でもデビュー当初のメイクはごらんの有様で完成されておらず、素人丸出しといった感じでした、笑っちゃいますね。 ニューヨークの片隅にあるホテル・ディプロマットのとってもぼろい宴会場で数人の客を前にライブを行っていた初期のKISSでしたが、元祖ビジュアル系のスタイルはこの頃に固まりつつありました。このライブを見た「ビル・オーコイン」というTVプロデューサーが「こいつは当たるぜ、ウン、きっと当たる!!」とKISSに目を付けました。 KISSも何とかしてレコードデビューしたかったので、レコード会社との契約を2週間以内に取り付けるということを条件に、オーコインとマネージメント契約を結んで、KISSの初代マネージャーが誕生したのです。 しかしLPを3枚出しても全然売れず、過激なパフォーマンスで前座バンドとして全米を廻っても、お下劣さからコンサート会場から締め出しをくったりしてさんざんの時代が続いていました。 それでもオーコインは何とかしてKISSを「売れるバンド」にしたいと努力しジーン・シモンズに火吹きや血吐きを習わせて、振り付け師も雇ってメンバー全員をステージ上でアクション付きで演奏出来るようにしました。 金銭的にコンサートの運営が危うくなるとオーコインは自分のクレジットカードを目いっぱい切って何とか凌ぐような生活を続けていましたが、その地道な活動が実って’75年に出したライブアルバム「KISS ALIVE!地獄の狂獣」が大ヒットし、その後70年代後半に掛けて出すものは全部当たるといった感じとなってKISSは商業バンドとして大成功し、天文学的な売り上げを残して行きました。Wildmanもそれに貢献した事は間違いありません。 抜け目のないオーコインはKISSが売れる前から曲やメイクの著作権を自分名義で登録し、すべての売り上げから25%を受け取れるマネージメント契約としていました。バンドが売れたことによって、KISSもオーコインも70年代後半には大金持ちになった訳であります。 莫大なお金が動くようになってからメンバーはオーコインのあまりにも自分勝手なマネージメントに反発して、曲やメイクの著作権に関してはKISSに返還となりました。しかし総売り上げに対する25%のマネージメント料金は最後までずっとそのままの契約でした。 80年代に入りKISSの人気も下火となり、メンバーは「もうメイクを取って音楽だけで勝負したい」というスタイルに方向性を変えようとしましたが、オーコインはメイクを取ることを拒んで対立しました。結局’82年にオーコインはマネージャーをクビになり、メイク版第一期KISS黄金時代は幕を閉じてしまったのです。 その後KISSはメイクを取りメンバーも入れ替わって10年以上活動していましたが、かつての人気は取り戻せませんでした。しかし’96年にオリジナルメンバー&メイク復活で、あの’70年代第一期黄金期のオーコイン時代のスタイルに戻って活動再開となりメイクはまたもや莫大な稼ぎを生み出したのです。やっぱりKISSにとってあの歌舞伎メイクは生命線なのでありました。 ということでビル・オーコインがいなければKISSの成功もなく、ましてや東洋の島国で熱狂するWildman も生まれなわかった訳でありましてオーコイン・マネージャー様にはとっても感謝しているのです。ビル・オーコインなくしてKISSはこの世に存在していなかったのです。 なので私はオーコイン様に敬意を服し、もうKISSグッズに関しては、彼がマネージメントしていた’82年までに製造されたアイテムしか収集しない事にしているのです。いわゆるビンテージ物ですね。 (というかKISS物なんてどうやったって全部集めきれませんので・・・・) 画像のようなAUCOIN Managementのクレジットの入った物にこだわっての収集はまさに変態冥利に尽きるのですね、これが。頭の中はいつでも1982年以前であります!! ランチボックス、未開封の’78年製ガム、メイクアップキット、お面、ラジオ・・・・・どいつもこいつもオーコイン時代の逸品であります。ありがとうビル・オーコイン!!!!(会ったこと無いけど・・・) いつかオーコインに会うことがあったら、私もマネージメントしてもらい火を吹くピンストライパーを目指しましょう。

[…]