Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

KISSを成功させた辣腕マネージャーが好き!

2007年2月より勝手にスタートしたこのブログも、今回で無事100回目を迎えることが出来ました、ありがとうございます。(号外があるので今回が正規の100回目となるのです)
今日Area-1にWheelをお求めに来られたお客様がいらっしゃったのですが、何と小田急ロマンスカーの運転手様という神のような御職業の方だったのです(2008年3月8日ブログ参照)Wildmanにとって永遠の憧れである名車NSE3100ロマンスカーを運転されていた経歴のある方で、いかにコストが掛かっていた作りだったという事や操縦性についての説明を丁寧にして頂きました。まるでブログ100回記念を祝福されたような出来事でありました。あ~嬉しかった!!
これからも当ブログは変態養成講座として責任を持ち、いくらでもある引き出しを随時開けて行こうかと思います。
ということで100回目のブログはしばらく封印しておりました”KISS”話になるのであります。
今年で結成36年目を迎え、つい先日おまけがいっぱいのDVD18枚セット「地獄大全」なる超豪華セットをリリースした我がKISSでありますが、デビュー当初はただの色もので、いつ消えてもおかしくないそこら辺にいくらでもあるようなバンドでした。
ただメイクをして演奏するといったスタイルは一貫していて、これが結局バンドとしての生命線になっていったのです。でもデビュー当初のメイクはごらんの有様で完成されておらず、素人丸出しといった感じでした、笑っちゃいますね。
Aucoin 005.jpg
ニューヨークの片隅にあるホテル・ディプロマットのとってもぼろい宴会場で数人の客を前にライブを行っていた初期のKISSでしたが、元祖ビジュアル系のスタイルはこの頃に固まりつつありました。このライブを見た「ビル・オーコイン」というTVプロデューサーが「こいつは当たるぜ、ウン、きっと当たる!!」とKISSに目を付けました。
KISSも何とかしてレコードデビューしたかったので、レコード会社との契約を2週間以内に取り付けるということを条件に、オーコインとマネージメント契約を結んで、KISSの初代マネージャーが誕生したのです。
binwan.jpg
しかしLPを3枚出しても全然売れず、過激なパフォーマンスで前座バンドとして全米を廻っても、お下劣さからコンサート会場から締め出しをくったりしてさんざんの時代が続いていました。
それでもオーコインは何とかしてKISSを「売れるバンド」にしたいと努力しジーン・シモンズに火吹きや血吐きを習わせて、振り付け師も雇ってメンバー全員をステージ上でアクション付きで演奏出来るようにしました。
金銭的にコンサートの運営が危うくなるとオーコインは自分のクレジットカードを目いっぱい切って何とか凌ぐような生活を続けていましたが、その地道な活動が実って’75年に出したライブアルバム「KISS ALIVE!地獄の狂獣」が大ヒットし、その後70年代後半に掛けて出すものは全部当たるといった感じとなってKISSは商業バンドとして大成功し、天文学的な売り上げを残して行きました。Wildmanもそれに貢献した事は間違いありません。
抜け目のないオーコインはKISSが売れる前から曲やメイクの著作権を自分名義で登録し、すべての売り上げから25%を受け取れるマネージメント契約としていました。バンドが売れたことによって、KISSもオーコインも70年代後半には大金持ちになった訳であります。
莫大なお金が動くようになってからメンバーはオーコインのあまりにも自分勝手なマネージメントに反発して、曲やメイクの著作権に関してはKISSに返還となりました。しかし総売り上げに対する25%のマネージメント料金は最後までずっとそのままの契約でした。
80年代に入りKISSの人気も下火となり、メンバーは「もうメイクを取って音楽だけで勝負したい」というスタイルに方向性を変えようとしましたが、オーコインはメイクを取ることを拒んで対立しました。結局’82年にオーコインはマネージャーをクビになり、メイク版第一期KISS黄金時代は幕を閉じてしまったのです。
その後KISSはメイクを取りメンバーも入れ替わって10年以上活動していましたが、かつての人気は取り戻せませんでした。しかし’96年にオリジナルメンバー&メイク復活で、あの’70年代第一期黄金期のオーコイン時代のスタイルに戻って活動再開となりメイクはまたもや莫大な稼ぎを生み出したのです。やっぱりKISSにとってあの歌舞伎メイクは生命線なのでありました。
ということでビル・オーコインがいなければKISSの成功もなく、ましてや東洋の島国で熱狂するWildman も生まれなわかった訳でありましてオーコイン・マネージャー様にはとっても感謝しているのです。ビル・オーコインなくしてKISSはこの世に存在していなかったのです。
なので私はオーコイン様に敬意を服し、もうKISSグッズに関しては、彼がマネージメントしていた’82年までに製造されたアイテムしか収集しない事にしているのです。いわゆるビンテージ物ですね。
(というかKISS物なんてどうやったって全部集めきれませんので・・・・)
Aucoin 006.jpgAucoin 007.jpg
画像のようなAUCOIN Managementのクレジットの入った物にこだわっての収集はまさに変態冥利に尽きるのですね、これが。頭の中はいつでも1982年以前であります!!
ランチボックス、未開封の’78年製ガム、メイクアップキット、お面、ラジオ・・・・・どいつもこいつもオーコイン時代の逸品であります。ありがとうビル・オーコイン!!!!(会ったこと無いけど・・・)
Aucoin 003.jpgAucoin 004.jpg
いつかオーコインに会うことがあったら、私もマネージメントしてもらい火を吹くピンストライパーを目指しましょう。

Be Sociable, Share!

???????????