Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

わが街、岡村町よりオートマチック発進!!

生まれも育ちも横浜のWildmanでございますが、横浜市磯子区の岡村町という街にずっと生息しております。途中8年間ほど旭区というとっても駐車場の安い所で生活していた時期も有りましたが、結局岡村に舞い戻ってきました。
ついこの前の1971年に岡村幼稚園を卒園して以来、岡村小学校、岡村中学校と岡村三味で切り抜けて来たのです。
岡村小学校の裏には全国的に有名な「三殿台遺跡」というのがありましてついこの前の縄文時代から弥生時代、古墳時代に掛けてのいろんな物が出土しています。小学生の頃、遺跡周辺の山を探検して土を掘り起こすと本当に土器の破片が出てきて集めておりました。この頃からビンテージの収集癖があったのかも・・・・ついこの前の6000年前から人が住む岡村町、最高であります!!
不良の殿堂として誉れ高き岡村中学校は、ミスター女子プロレス「神取忍参議院議員」フォークデュオの「ゆず」そして変態代表の”Wildman”を輩出しております。
ついこの前の1945年に創業した「岡村製作所」という会社がありまして創業当時は岡村中学校の校庭を半分使用していたそうです。
この会社は元は飛行機屋だった社長様が太平洋戦争の敗戦で仕事を失い、飛行機の金属加工技術を利用して進駐軍に納入するスチール家具を製造するようになり、それがビッグビジネスに繋がってオフィス家具の岡村製作所として有名になりました。
その後やっぱり飛行機の夢が捨てられず、昭和26年にアメリカと単独講和条約が締結されると軽飛行機を製作しました。しかし時代が悪く販売には繋がらなかったのでした。
「じゃあクルマでも作ってみましょう」と日本で最も早い時期にトルクコンバーターを開発し、1957年に空冷2気筒585cc、日本初のFFオートマ車輌の「ミカサ」という小型自動車を作っちまいました。トヨグライドよりぜんぜん早いぜ、凄えぞ岡村町!!!
mikasa.jpg
ミカサはライトバン「サービスカー」が最初に販売されの翌58年には2シーターのオープン・スポーツ「ミカサ・ツーリング」を発表しました。しかし実際には弱い販売網で大した数も売れず、1960年にはミカサは生産中止となってしまいました。ああ寂しい・・・
mikasa2.jpg
でも岡村製作所のトルコン技術は他メーカーの車に生かされ、マツダR360クーペなんかにも使われていたのです。
そして真打登場となり、Wildmanが国産ピックアップ史上最強のデザインと認定する愛知機械工業製「コニー・グッピー」が1961年に発売されるのです。
guppy004.jpg
全長2,565mm、全巾1,265mm、前高1,290mmという極小サイズのボディに空冷2サイクル200ccエンジン&岡村製作所製トルコンを組み合わせた100kg積みのトラックは真の意味でのミニ・トラックだったのです。タイヤなんか8インチであのメッサーシュミットを意識したそうです。カッコいいぜ、コニー・グッピーよ!!
フロントのエンブレムは3匹の可愛いグッピーがデザインされていて、これは設計者が「沢山繁殖して売れるように」という意味で考えたそうです。という事でWildmanの方程式「実車よりもミニカー」はグッピーも当てはまりまして当時物バンダイ製ティンプレート(ブリキ)のグッピーさんであります。
guppy 001.jpgguppy 002.jpgguppy 005.jpg
実車を上回る素晴らしいデザインにウットリしてしまいます。しかも2ペダルもプリントでちゃんと再現されているのです、さすがバンダイ、いい仕事していますね!!
わが街、岡村町の岡村製作所で生まれたトルクコンバーター技術はミカサやコニ・グッピーにて後世まで伝えられるのです。
そして岡村で生まれ育って、出てって又戻って来たWildmanはこのブログにより岡村町出身の変態として後世に伝えられるはずなのですが、その為には単行本化が必要なのです。出版社様宛てにSCNで署名運動と行きますか・・・・

Be Sociable, Share!

???????????