Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

珍車のタローは横浜出身だぜ!!

長らく休眠中だった横浜のマリンタワーが今日23日にリニューアル オープンします。21日に行われたレセプション・パーティーには何とArea-1カリスマ店長も出席し、はまっ子の意地を見せて来たようです!? マリンタワーは横浜市民にとっては横浜の風景として欠かせない物になっていてランドマークタワーよりこっちの方が断然偉いのですな。Wildman的なマリンタワー最古の思い出といえば、ついこの前の昭和44年幼稚園の頃、親父に連れられて山下公園にダイハツ・フェローでドライブに行った時、マリンタワーの下で退役軍人がやっていたホット ドッグ屋さんで生まれて初めて「フローズン・コーク」を飲んだ事が思い出されます。 「うおー、冷たくて辛い!!でも美味しい」と強烈な印象をのこしてくれた飲み物でした。だからマリンタワーといえばあの不思議な飲み物の事を真っ先に思い出してしまうのです。どうでもいいですけど・・・ ということで横浜というのはいろんな歴史がある街なのです。4月11日のブログに記したように、我が故郷磯子区岡村町では日本初のオートマ車両「ミカサ」が1957年に生まれましたが、他にも変態的なカルトカーが横浜より生まれていたのです。 戦後間もない昭和20年代に横浜市南区の京浜急行井土ヶ谷駅のそばに「日本自動車工業」という一級自動車整備工場があったとさ。乗用車やバスの整備のほかに払い下げの軍用車やアメリカ軍人の車両なども持ち込まれていました。景気が安定してくると京急バスのボディ製作やこれも珍車の「オオタ」という乗用車のボディ製造なんかも出掛けてました。 こうして整備だけでなく製造に関してのノウハウも身につけていたこの会社の社長さんがある日「こんなの作ってみないか?」と一台のヘンテコ自動車を持ち込んで来ました。農業用の単気筒エンジンを積んだ幼稚なクルマは名古屋で作られた「オート・サンダル」という秀逸なネーミングの軽自動車でした。さっそくみんなで乗ってみると、チェーン駆動の無茶苦茶の騒音やフラフラの操縦性で「これなら、自分たちでもっとマシなクルマが作れるぜ!!」とみんな思ったそうです。 そして「車を作りたいヤツは全員集合!!」の掛け声のもとに開発チームが組まれ、バイトや助手の女性を入れても10人そこそこのスタッフで1953年の初旬から新型軽自動車の開発がスタートしました。「オート・サンダルは単気筒でバイクみたいな音だからやだ」という理由でエンジンは強制空冷のV型2気筒、しかもドライサンプ!!に決定。最終的に356ccで12馬力のスペックを達成しました。 エンジンテスト中に鋳物のファンが遠心力でブッ飛び、実験室の壁をブチ抜くというドリフのコント並みでありながら、命掛けのテストを繰り返しました。箱根での走行テストの結果コイルスプリングの四輪独立懸架を採用し、ボディはセミモノコック構造で何と2座のロードスターとなりました。駆動方式はRRになっています。 そしてついこの前である1953年の秋、横浜生まれの新型軽自動車はデビューしたのです。その名は「NJ」号といい「スクーターの免許で乗れる」がキャッチコピーとなっていました。NJという名は会社名の日本自動車の頭文字からとった物でイギリスの「MG」を意識したところも洒落ててドリフしています・・・・・ それにしても遊園地の乗り物にしか見えない斬新なスタイルは素晴らしく魅力的ですね。後部のブランコのような囲いは、これによって貨物扱いになり税金が安くなる為の実益を兼ねたカスタムだそうです、リヤカーにしか見えませんが・・・定価\300,000でNJは華々し発売されたのですが、当時の日本では自家用車はまだまだとても庶民に買えるものではなく、販売は伸び悩み1954年に100台を売り切ったところで、資金難から会社はあえなく倒産となりました。 その後、債権者の一人が「日本軽自動車」という会社を作り、債権として押さえたNJの部品を生かして新たにクルマを作る計画が生まれました。この間、NJの開発者の中の二人は隣街にあるミカサの岡村製作所に移ってトルクコンバーターの設計をやっていたのですが、またクルマが作れるということで日本軽自動車に移動したのです、めでたし、めでたし。 そしてNJの経験を生かして、今度はボディ構成をフレーム式でFR駆動とし、エンジンもウェットサンプにして、ちょっぴりまともな自動車に変身しました。今度のは3種類のデザインがあって、ロードスター、ライトバン、ピックアップの贅沢なラインアップを揃えたのです。 そしてついこの前の1956年の全日本自動車ショーにて発表した新型軽自動車「ニッケイ・タロー」であります。社長自らが名づけた車名は日本自動車を略してニッケイとし、タローは日本男児の名前からとったそうです、いい時代です・・・・これがタローですが名前はともかく、デザインはNJ時代の独創性は薄れてしまってますね。 冗談のようなネーミングのタローでしたが、NJよりは自動車らしかったのでそこそこ販売数は伸び、一年目は169台も売りましたが、2年目以降は他の大メーカーから本格的な軽自動車がデビューしてしまったのでタローの販売はパタッと止まってしまい57年に17台を売ったのを最後にまたもや会社は倒産してしまいました。ああ、哀れなタローさんであります・・・・・ しかし横浜生まれの自動車としてNJやタローの名は永遠に不滅なのであります。変態的にはいつかNJが欲しいので、とりあえずカタログを入手しました!!もちろん当時ものオリジナルであります。 井土ヶ谷の日本自動車工業(株)本社の電話番号が記載されているのですが、連絡は取れませんでした・・・残念!!でもいつの日かNJ号ロードスターで本牧通りを疾走だぜ!!

めでたいな!!復刻ボルグ様と横浜開港150周年

Wildman無事アメリカより帰国致しました。先週末Long Beachにて開催された”All TOYOTAFEST”に行ってきたのですが、素晴らしいタイミングで新型インフルエンザ騒ぎがありまして、どうなることやらと思いましたが、普段何もなくても飛行機内では必ずマスクをしてのどぬーるスプレーを携帯し、鉄壁のガードをしている小心者の私にとって、この程度のウィルスは屁でもありませんな、ワハハハハ!!!!そして2009年5月17日の日曜日は、ムーンアイズの23周年記念となります。ということで16日と17日の2日間、本牧はArea-1にて記念のイベントを開催致します。 今年で23回目の開催となったStreet Car Nationalsの歴代ポスターを展示します。懐かしのポスターを見ればあの頃にフラッシュバック出来ますし、描いてあるクルマのイラストで日本のカスタムシーンの流れが分かって面白いのです。また、ムーンアイズが過去に製作した歴史的なカスタムカー3台をガレージに特別展示します。デボネア”Moon Glow” グロリア”Glory Rod” そしてV8エンジン搭載のクラウンピックアップ”Boulevard Cruiser”です。Area-1にて¥2,300以上の商品お買い上げの方にはこれら3台のハンドアウトをプレゼント致しますよ!! 23周年記念の限定販売のポロシャツも用意致しましたので今週末はArea-1にGo!であります。 まあ私的には23年前なんてついこの前なので、何でも思い出せてしまいます。ムーンアイズがオープンして記念の粗品として配っていたのがこのポスターになります。 昭和61年5月17日にコブラのワッペン1枚だけ買ってもらって来ました、ついこの前のことですね。 これはDean Moonが作ってたマップケースになります。カーナビの無い時代だったのでマップルを入れるのに重宝致しました、地図大好き!!このチェッカーデザインのボタンダウンシャツも当時買った物ですね。 そして80年代のオリジナルのVansはNikeばかり履いていた自分としては初のVansでした。 リプロダクションされるまでは貴重品でしたね。リプロダクションといえば今年の3月、新聞のチラシを見てて「うおお~」と叫び声を上げ、カミさんについに気が狂ったかと思われました。 それは横浜高島屋のチラシだったのですが、今年は横浜開港150周年記念としていろんなイベントの開催や記念の商品を販売しているのです。 3月末から4月に掛けての催しがチラシに載っていたのですが、そこにはFilaのテニス用ウォームアップスーツの画像が出ていて、それはまさにあのビヨン・ボルグ様のBorg Modelのデザインだったのです。 「こ、こ、これは何ということだ、あのフィラのボルグモデルが復活ではないか、どうしましょう!!!」とチラシを握りしめブルブル震えておりました。 そう、全くついこの前である28年前の1981年、高校生の私がボウリング場における必死のアルバイトにより手にした当時の超高級品、あのFila Borg Modelの再来だったのです(2007年11月16日ブログ参照) それは横浜開港150周年記念の特別企画品として横浜高島屋が製作した物で、ウソかまことか「限定10枚」という狭き門が設定されておりました。定価は¥21,000となっていて28年前もほぼ同じ金額だったのでいかに当時Borg Modelが法外な金額だったかが分かりますね・・・ そんな事はいいとして、何としてもこれを手に入れなくてはボルグ様に対する長年に渡る尊敬の義務が果たせないので、休みの日に横浜高島屋6階スポーツ用品売り場に朝一で向かいました。 そして2枚残っていたうちの1枚がマイサイズだったので、めでたく変態の元にやってきたのです、嬉しいな!!!それにしてもこれを買う人が他にいるとは驚きでした・・・・横浜ボルグファンクラブの結成も近いですな!! しかもお支払は長年ため込んでいた商品券で全てまかなえたので、ボウリング場でバイトしなくて済みました。デパートで洋服買ったのなんて何年振りだろ!?ネイビーカラーベースのが28年前に買ったオリジナルで、今回の復刻モデルは明るいブルーベースのカラーになります。 残念ながらボルグ様とフィラの契約は四半世紀前に切れているので、胸の“Bj”イニシャルマークは付いておりません。オリジナルは当然Made in Italyなのですがフィラ自体がとっくに身売りしているので、今回のはMade in Japanでした。おかげでとってもHigh Qualityなのでした。 これで交互に着ることが出来、あと28年は心配ないと思います。ボルグ様のコスプレレパートリーが増えて嬉しい限りであります。それにしてもこんな商品を復刻少量生産した横浜高島屋さんは素晴らしい!!! 担当者の中に変態さんがいたのは間違いありませんな。このブログを読んでる確信犯だと察します。これからも商品券を駆使してお買い物をしようと思います。

[…]

俺様は混血の三菱ヘンリーJだ!!

皆様!!先日の23rd Mooneyes Street Car Nationalsにご参加並びにご来場ありがとうございました。 当日は晴天には恵まれたのですが、猛烈な強風が吹き荒れるというコンディションの中、たくさんの変態の方々とお会い出来満足でした。ムーン・イラストレイテッド#3や記念ポスターにサインもさせて頂き満足な一日を過ごせました。 明日3日の日曜日は本牧のMooneyes Area-1にてサイドウォークセールが開催され、そこで私もPinstripeのデモを行いますので、まだイラストレイテッドにサインの無い方はぜひにお越し下さいませ。楽しいひと時を過ごしましょう!! もう一つ、ゴールデンウィークのWildman Special企画として、Area-1店頭にて販売している自転車5台にたくさんのPinstripeを施しました。Pinstripe入りでも価格は据え置きの¥26,040という所がとってもSpecialなのです。それぞれ世界に一台の違うデザインになってますよ。早い者勝ちなのでゴールデンウィークはで本牧Area-1にGo!!です。 ということで真面目なお話はここまでにして、今度は変態なクルマのお話になります。最近は旧車というカテゴリーもあやふやで、80年代のクルマも旧車というジャンルに入るようになり、時代の流れを感じますね。Wildman的には1960年までのクルマが旧車というイメージで、戦後の匂いを感じさせてくれるのです。ついこの前の1960年は良い年でしたね・・・・ だって大洋ホエールズが初優勝し、日本シリーズではすべて1点差勝ちの4連勝という快挙を成し遂げたのですから(翌年最下位) そんな事はいいとして、Wildmanが未だお目にかかったことのない国産旧車があるのです。1960年どころかもっと昔の車なのですが、ヘンテコな貧乏くさいデザインの中にも50年代の美を感じさせてくれる三菱のクルマです。コルトでもないギャランでもないデボネアでもないとっても旧ーいそいつは迷車「ヘンリーJ」であります。 なんじゃそりゃ??と言われそうですが、戦後の復興期に3社に分割された三菱重工の内、東日本重工という会社がアメリカから部品を輸入し国内組み立てを行って販売したというクルマなのです。いわゆるノックダウン生産というやつで、これが戦後の外車組み立て販売の最初のケースだったそうです。販売はその後設立した東日本カイザー・フレイザー社で行いました。もともとビッグスリーに無理な勝負を仕掛けていたアメリカのカイザー・フレイザー社がT型フォードのような誰でも買える低価格のコンパクトカー路線を狙って1950年から販売したモデルなのですが初期型はコスト削減のためトランクリッドもないようなユーザーを舐め切ったような車でした(その後反省してマイナーチェンジでトランク追加) 1500ドル前後の低価格で販売しましたが、シボレーの廉価モデルもそのくらいの金額で変えたので勝負になるはずがありませんよね・・・・ でもこのクルマが面白かったのはアメリカの通販会社大手の「シアーズ」社の目にとまり、何とシアーズのカタログに載って通信販売を行ったという事実が残っているのです。シアーズでは「オールステート」というブランド名に変更されカタログ販売されました。でもやっぱり売れずに3年ほどで生産中止になってしまい、ヘンリーJは寂しく姿を消していったのでした。通販でクルマを買う・・・いかがなものかと。 三菱はカイザー社とライセンス契約を結び、この車を組み立てることによって自動車生産のノウハウを学んだようです。でもその後三菱お得意のエボリューション化はされずターボも付きませんでした。 国内生産分はタイや返還前の沖縄に輸出された物も含めて509台となっていますが、その割に現存数が少ないんですよね。「右ハンドルモデルもあった」とのことなのですが、Wildmanはそれを見てみたいのです。アメリカにはアメリカ生産の左ハンドルなんていっぱいあるし、日本の三菱オートギャラリーの展示車も左ハンドルですし・・・・ クルマとしては大失敗のヘンリーJさんでありますが、オモチャとしては大成功であります。 紺色の怪しげなモデルは何と1951年に作られたプロモーションモデルであります。当時ディーラーで実車のカラーサンプルなんかとして扱っていたプラスチック製のおっきいモデルなのです。しかもグリルやバンパーはダイキャスト製でゼンマイ駆動という、ヘンテコな作りとなってます。58年の長ーい歳月を保存されてきた凄い奴なのです。トランクのないヘンリーJ初期型がモチーフですね。 そしてクリーム色のミニカーはこれも1950年代にフランスの “solido” というメーカーで作られたゼンマイ駆動のミニカーなのです。当時フランスもアメリカに対する憧れがあったのか、フランス製のミニカーはやたらアメリカ車が多いのです。これはリアにトランクのモールドが施されていて、マイナーチェンジ後のヘンリーJをモチーフにしてますね。 「ミニカーで実車を学ぶ」これがWildman的人生哲学であります!!!それにしてもいつか右ハンドルのヘンリーさんに会ってみたいな・・・・

[…]