Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

めでたいな!!復刻ボルグ様と横浜開港150周年

Wildman無事アメリカより帰国致しました。先週末Long Beachにて開催された”All TOYOTAFEST”に行ってきたのですが、素晴らしいタイミングで新型インフルエンザ騒ぎがありまして、どうなることやらと思いましたが、普段何もなくても飛行機内では必ずマスクをしてのどぬーるスプレーを携帯し、鉄壁のガードをしている小心者の私にとって、この程度のウィルスは屁でもありませんな、ワハハハハ!!!!そして2009年5月17日の日曜日は、ムーンアイズの23周年記念となります。ということで16日と17日の2日間、本牧はArea-1にて記念のイベントを開催致します。 今年で23回目の開催となったStreet Car Nationalsの歴代ポスターを展示します。懐かしのポスターを見ればあの頃にフラッシュバック出来ますし、描いてあるクルマのイラストで日本のカスタムシーンの流れが分かって面白いのです。また、ムーンアイズが過去に製作した歴史的なカスタムカー3台をガレージに特別展示します。デボネア”Moon Glow” グロリア”Glory Rod” そしてV8エンジン搭載のクラウンピックアップ”Boulevard Cruiser”です。Area-1にて¥2,300以上の商品お買い上げの方にはこれら3台のハンドアウトをプレゼント致しますよ!! 23周年記念の限定販売のポロシャツも用意致しましたので今週末はArea-1にGo!であります。 まあ私的には23年前なんてついこの前なので、何でも思い出せてしまいます。ムーンアイズがオープンして記念の粗品として配っていたのがこのポスターになります。 昭和61年5月17日にコブラのワッペン1枚だけ買ってもらって来ました、ついこの前のことですね。 これはDean Moonが作ってたマップケースになります。カーナビの無い時代だったのでマップルを入れるのに重宝致しました、地図大好き!!このチェッカーデザインのボタンダウンシャツも当時買った物ですね。 そして80年代のオリジナルのVansはNikeばかり履いていた自分としては初のVansでした。 リプロダクションされるまでは貴重品でしたね。リプロダクションといえば今年の3月、新聞のチラシを見てて「うおお~」と叫び声を上げ、カミさんについに気が狂ったかと思われました。 それは横浜高島屋のチラシだったのですが、今年は横浜開港150周年記念としていろんなイベントの開催や記念の商品を販売しているのです。 3月末から4月に掛けての催しがチラシに載っていたのですが、そこにはFilaのテニス用ウォームアップスーツの画像が出ていて、それはまさにあのビヨン・ボルグ様のBorg Modelのデザインだったのです。 「こ、こ、これは何ということだ、あのフィラのボルグモデルが復活ではないか、どうしましょう!!!」とチラシを握りしめブルブル震えておりました。 そう、全くついこの前である28年前の1981年、高校生の私がボウリング場における必死のアルバイトにより手にした当時の超高級品、あのFila Borg Modelの再来だったのです(2007年11月16日ブログ参照) それは横浜開港150周年記念の特別企画品として横浜高島屋が製作した物で、ウソかまことか「限定10枚」という狭き門が設定されておりました。定価は¥21,000となっていて28年前もほぼ同じ金額だったのでいかに当時Borg Modelが法外な金額だったかが分かりますね・・・ そんな事はいいとして、何としてもこれを手に入れなくてはボルグ様に対する長年に渡る尊敬の義務が果たせないので、休みの日に横浜高島屋6階スポーツ用品売り場に朝一で向かいました。 そして2枚残っていたうちの1枚がマイサイズだったので、めでたく変態の元にやってきたのです、嬉しいな!!!それにしてもこれを買う人が他にいるとは驚きでした・・・・横浜ボルグファンクラブの結成も近いですな!! しかもお支払は長年ため込んでいた商品券で全てまかなえたので、ボウリング場でバイトしなくて済みました。デパートで洋服買ったのなんて何年振りだろ!?ネイビーカラーベースのが28年前に買ったオリジナルで、今回の復刻モデルは明るいブルーベースのカラーになります。 残念ながらボルグ様とフィラの契約は四半世紀前に切れているので、胸の“Bj”イニシャルマークは付いておりません。オリジナルは当然Made in Italyなのですがフィラ自体がとっくに身売りしているので、今回のはMade in Japanでした。おかげでとってもHigh Qualityなのでした。 これで交互に着ることが出来、あと28年は心配ないと思います。ボルグ様のコスプレレパートリーが増えて嬉しい限りであります。それにしてもこんな商品を復刻少量生産した横浜高島屋さんは素晴らしい!!! 担当者の中に変態さんがいたのは間違いありませんな。このブログを読んでる確信犯だと察します。これからも商品券を駆使してお買い物をしようと思います。

[…]