Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

俺様は混血の三菱ヘンリーJだ!!

皆様!!先日の23rd Mooneyes Street Car Nationalsにご参加並びにご来場ありがとうございました。
当日は晴天には恵まれたのですが、猛烈な強風が吹き荒れるというコンディションの中、たくさんの変態の方々とお会い出来満足でした。ムーン・イラストレイテッド#3や記念ポスターにサインもさせて頂き満足な一日を過ごせました。
明日3日の日曜日は本牧のMooneyes Area-1にてサイドウォークセールが開催され、そこで私もPinstripeのデモを行いますので、まだイラストレイテッドにサインの無い方はぜひにお越し下さいませ。楽しいひと時を過ごしましょう!!
もう一つ、ゴールデンウィークのWildman Special企画として、Area-1店頭にて販売している自転車5台にたくさんのPinstripeを施しました。Pinstripe入りでも価格は据え置きの¥26,040という所がとってもSpecialなのです。それぞれ世界に一台の違うデザインになってますよ。早い者勝ちなのでゴールデンウィークはで本牧Area-1にGo!!です。
cycle.jpg
ということで真面目なお話はここまでにして、今度は変態なクルマのお話になります。最近は旧車というカテゴリーもあやふやで、80年代のクルマも旧車というジャンルに入るようになり、時代の流れを感じますね。Wildman的には1960年までのクルマが旧車というイメージで、戦後の匂いを感じさせてくれるのです。ついこの前の1960年は良い年でしたね・・・・
だって大洋ホエールズが初優勝し、日本シリーズではすべて1点差勝ちの4連勝という快挙を成し遂げたのですから(翌年最下位)
そんな事はいいとして、Wildmanが未だお目にかかったことのない国産旧車があるのです。1960年どころかもっと昔の車なのですが、ヘンテコな貧乏くさいデザインの中にも50年代の美を感じさせてくれる三菱のクルマです。コルトでもないギャランでもないデボネアでもないとっても旧ーいそいつは迷車「ヘンリーJ」であります。
henly-j.jpg
なんじゃそりゃ??と言われそうですが、戦後の復興期に3社に分割された三菱重工の内、東日本重工という会社がアメリカから部品を輸入し国内組み立てを行って販売したというクルマなのです。いわゆるノックダウン生産というやつで、これが戦後の外車組み立て販売の最初のケースだったそうです。販売はその後設立した東日本カイザー・フレイザー社で行いました。もともとビッグスリーに無理な勝負を仕掛けていたアメリカのカイザー・フレイザー社がT型フォードのような誰でも買える低価格のコンパクトカー路線を狙って1950年から販売したモデルなのですが初期型はコスト削減のためトランクリッドもないようなユーザーを舐め切ったような車でした(その後反省してマイナーチェンジでトランク追加)
1500ドル前後の低価格で販売しましたが、シボレーの廉価モデルもそのくらいの金額で変えたので勝負になるはずがありませんよね・・・・
でもこのクルマが面白かったのはアメリカの通販会社大手の「シアーズ」社の目にとまり、何とシアーズのカタログに載って通信販売を行ったという事実が残っているのです。シアーズでは「オールステート」というブランド名に変更されカタログ販売されました。でもやっぱり売れずに3年ほどで生産中止になってしまい、ヘンリーJは寂しく姿を消していったのでした。通販でクルマを買う・・・いかがなものかと。
三菱はカイザー社とライセンス契約を結び、この車を組み立てることによって自動車生産のノウハウを学んだようです。でもその後三菱お得意のエボリューション化はされずターボも付きませんでした。
国内生産分はタイや返還前の沖縄に輸出された物も含めて509台となっていますが、その割に現存数が少ないんですよね。「右ハンドルモデルもあった」とのことなのですが、Wildmanはそれを見てみたいのです。アメリカにはアメリカ生産の左ハンドルなんていっぱいあるし、日本の三菱オートギャラリーの展示車も左ハンドルですし・・・・
クルマとしては大失敗のヘンリーJさんでありますが、オモチャとしては大成功であります。
Henry J 001.jpgHenry J 002.jpgHenry J 003.jpgHenry J 004.jpg
紺色の怪しげなモデルは何と1951年に作られたプロモーションモデルであります。当時ディーラーで実車のカラーサンプルなんかとして扱っていたプラスチック製のおっきいモデルなのです。しかもグリルやバンパーはダイキャスト製でゼンマイ駆動という、ヘンテコな作りとなってます。58年の長ーい歳月を保存されてきた凄い奴なのです。トランクのないヘンリーJ初期型がモチーフですね。
Henry J 005.jpgHenry J 006.jpg
そしてクリーム色のミニカーはこれも1950年代にフランスの “solido” というメーカーで作られたゼンマイ駆動のミニカーなのです。当時フランスもアメリカに対する憧れがあったのか、フランス製のミニカーはやたらアメリカ車が多いのです。これはリアにトランクのモールドが施されていて、マイナーチェンジ後のヘンリーJをモチーフにしてますね。
「ミニカーで実車を学ぶ」これがWildman的人生哲学であります!!!それにしてもいつか右ハンドルのヘンリーさんに会ってみたいな・・・・

Be Sociable, Share!

???????????